各種様式のダウンロード

各種様式

出席停止の様式について


保護者のみなさまへ

 お子さまが学校保健安全法の規定による感染症(インフルエンザ等)と診断されたら出席停止の扱いとなります。
 担任と連絡の上、手続き用の用紙をプリントしてお使いください。

出席停止手続き用紙(PDF)ダウンロード→ 出席停止手続き用紙.pdf



学校保健安全法に定められている感染症について(保健部より)

主な感染症の出席停止期間の基準表
医師から以下の感染症と診断されたときは、出席停止の手続きを行ってください。
治療を受けている医師から、登校許可をもらえば登校できるようになります。
感染症名出席停止期間主な症状侵入経路潜伏期間感染可能期間予防方法
インフルエンザ発症後5日を経過し、かつ、解熱後2日を経過するまで発熱、頭痛、腰痛、全身倦怠感、鼻づまり、くしゃみ、たん
気道
飛沫
1~3日発病後3~4日流行時には人ごみの中ではマスク、うがい、手洗いを。予防注射も効果があるが菌型が異なると効力がない。
百日咳特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまではじめは軽い咳、のどの発赤がみられる。発病後1週間くらいからコンコンという咳が出る。

気道 
飛沫

1~2週発病後28日患者に近づけない。
予防接種
①生後3~48ヶ月
②①の予防接種後12~18ヶ月
③12歳に達する年
麻しん
(はしか)
解熱した後3日を経過するまで発熱、咳、鼻水、目やに、頬の内側に白い斑点コプリック斑ができる。発熱後4日目より皮膚に発疹。
気道
飛沫
9~12日発疹のでる5日前から、でた後4日間患者の隔離 予防接種
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで37~38℃の発熱。まず片側、ついで両側のあごの後ろが大きく腫れて痛む。食欲不振、えん下困難。
飛沫
1~2週発病前7日から発病後9日患者の隔離、患者の唾液のついたものが健康な人の口に触れないようにする。
風しん
(3日はしか)
発疹が消失するまで発熱、発疹、耳の後ろ、首、わきの下などが腫れる。咳や結膜の充血がある。
気道
飛沫
2~3週発疹のでる7日前から、でた後の7日間患者の隔離
予防接種
 水痘
(水ぼうそう)
 すべての発疹が痂皮化するまで 水泡のある発疹が体中に次々と出る。かさぶたとなり、先に出たものから治っていく。
気道
飛沫
2~3週 発疹のでる1日前から、でた後の6~7日間 患者の隔離
 咽頭結膜熱
(プール熱)
 主要症状が消退した後2日を経過するまで 発熱、喉の痛み、結膜炎、首のリンパ節の腫れ。
気道
結膜
接触
汚染物
 5~7日発病後2~3週 目や喉の健康観察を行い、充血している者や目やにのでている者は水泳禁止とする。水泳後よく流水で洗う。
 結核 病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで疲労感、寝汗、微熱、体重減少、肩こり、咳、たん。 
飛沫 
 1~2ヵ月  BCG接種
X線による早期発見
栄養と休養に注意


各種証明書の発行について 

 
本校の卒業生で、各種証明書の発行を希望される方は以下の手順で申請をお願いします。

1 発行できる証明書
卒業証明書すべての卒業生について発行可能
単位修得証明書卒業後20年以内の卒業生について発行可能
成績証明書平成5年以前の入学生については卒業後20年間発行可能
平成6年以降の入学生については卒業後5年間発行可能
調査書成績等、指導に関する記録が証明できるのは卒業後5年間
※ただし、5年を越え20年未満については修得単位数のみ証明

2 申請手続き
次のものを持参の上、事務室窓口までお越し下さい。
*証明書交付
申請書
学校窓口にあります。ダウンロードもできます。 証明書交付申請書.pdf
*印鑑(スタンプ印は不可)
*手数料 1通につき400円
受付時間  8:30~17:00(土・日・祝日・年末年始を除きます)

3 郵送希望の場合
遠方等で直接学校に来られない方は、郵送での申請を受け付けています。
御希望の場合は、事前にお問い合わせ下さい。

4 発行までの日数
*卒業証明書当日発行
*成績・単位修得証明書1週間程度必要
*調査書1週間程度必要

5 申請先、問い合わせ先
〒626-0034
京都府宮津市字滝馬23番地 京都府立宮津高等学校 事務部
TEL:0772-22-2116 FAX:0772-22-2117

 
<
 
  〒626-0034 京都府宮津市字滝馬23 TEL 0772-22-2116 FAX 0772-22-2117
Copyright © Miyazu Senior High School All Right Reserved.