校長あいさつ

 宮津高等学校ホームページを御覧いただき誠にありがとうございます。
 私は令和3年4月1日付けで、宮津高等学校長として着任しました深田 聡でございます。
 宮津高校は、明治36年(1903年)4月に「京都府立第四中学校」として創立され、以来、時代の変遷とともに戦後の学制改革などを経て現在に至っています。卒業生は3万5千人を超え、国内のみならず海外においても様々な分野で活躍しています。創立当初から向学心に燃えた若者達が多く集まってきた歴史と伝統を受け継ぎ、現在も京都府北部地域の多数の中学校から入学してきた生徒が、互いに切磋琢磨しながら大きく成長し、青雲の志を持って巣立っています。
 令和2年度から宮津高校と加悦谷高校に学舎制が導入され、令和2年4月9日に宮津天橋高校の開校式並びに第1回入学式を挙行しました。宮津学舎に普通科と建築科、加悦谷学舎に普通科を置く学舎制単位制の高校が誕生し、令和3年4月9日には宮津天橋高校第2期生が入学します。令和3年度は3年生の宮津高校生と、1・2年生の宮津天橋高校宮津学舎の生徒が同じ校舎で学びます。また、部活動におきましては加悦谷高校生及び宮津天橋高校加悦谷学舎の生徒と同一チームで公式戦等に出場します。
 
 さて、予測できない未来に対応するためには、社会の変化に受け身で対処するのではなく、主体的に向き合って関わり合い、その過程を通して、一人一人が自らの可能性を最大限に発揮し、よりよい社会と幸福な人生を創り出していくことが重要です。宮津高校は、その伝統や文化によって、正に今必要とされているこの力を身につけることができる場所です。宮津学舎も宮津高校の伝統と文化を継承するとともに、変化が激しく予測困難であるといわれている時代を生き抜くために必要な力を身につけさせ、幸せな人生と社会を創造する人間を育成していきます。

 本年も京都府教育委員会をはじめ、関係機関とより一層緊密に連携し、生徒たちに「『幸せに』生きる力」をはぐくむことができるよう全力を尽くして参ります。
 今後とも、皆様の御支援と御協力を賜りますようお願い申し上げます。

 学校の様子など最新の情報を随時ホームページに掲載して参りますので、ぜひ御覧いただき本校への御理解を深めていただければ幸いです。
  
                                               令和3年4月1日   
                                               京都府立宮津高等学校 
                                                校 長 深 田  聡 


 
 
  〒626-0034 京都府宮津市字滝馬23 TEL 0772-22-2116 FAX 0772-22-2117
Copyright © Miyazu Senior High School All Right Reserved.