目標「地域で科学、地域を科学」
部員数3年生:16名   2年生:6名   1年生:8名
活動内容[人文科学系] 丹後地域の歴史文化・地域社会を研究する。
[自然科学系] 丹後地域の自然・生物を研究する。
活動時間平日放課後に探究活動 土曜日にフィールドワーク
顧問[人文科学系] 橋本 学  折戸 純  大塚好之  西村和哲
[自然科学系] 多々納智  安見孝政  小畑響子  木谷真介  中井巧也
活動実績「第10回全国高校生歴史フォーラム」優秀賞・審査委員特別賞(2016年)
「第11回全国高校生歴史フォーラム」優秀賞・知事賞(2017年)
「第12回全国高校生歴史フォーラム」佳作(2018年)
「京都サイエンスフェスタ」
 部員より一言
 
フィールド探究部情報
12345
2019/02/25

今年度の活動報告

Tweet ThisSend to Facebook | by フィールド探究部
 平成31年2月17日(日)午前、宮津市日置の金剛心院様の御協力を得て、御本堂において報告会を開催させていただきました。フィールド探究部の生徒および教員がこれまでに宮津市上世屋地区を中心に活動をしてきた内容や今後の活動予定について、生徒の司会進行のもとで発表を行いました。

 
 

 始めに1年生が今年度、上世屋地区において取り組んできた活動や在来タンポポの分布に関する研究内容について概要を報告しました。その後、3年生からは棚田を活用した夏野菜作りや森林問題に関する報告を行い、これまでの学びを通して自分自身の将来像を見出し、大学卒業後には丹後地域で活躍したいという夢を語りました。

  

 次に、フィールド探究部顧問である多々納教諭から、丹後地域における巨樹調査の概要を解説しました。巨樹とは胸高(130cm)で樹木の周径が300cm以上ある樹木をいいます。現在の巨樹は、人が踏み入れられない山中や寺社仏閣に多く存在し、地域の自然環境の豊かさを示す指標であると考えられ、丹後地域の保全されるべき財産であると話しました。



 この後、フィールド探究部顧問である橋本教諭からは、戦国時代における宮津を取り巻く状況を解説しました。現在の巨樹がその当時に芽生えたのではないかと想像しながら、明智光秀を父に持つ細川玉子(ガラシャ)がなぜ味土野地区(京丹後市弥栄町)に幽閉されたのか、またどのように時代が変動したのかについて話をしました。



 多くの地域の皆様に御来場いただき、会場である御本堂が一杯になりました。高校生がどのように学びを深め、丹後地域の将来展望を考えているかを地域の皆様にお伝えすることができたと思います。「地域の方々との交流を深めながら、丹後地域の自然や歴史に学ぶことができる良い機会であった」との感想をいただき、今後も「里山の日常を珍しいものとせず、体験したことや得た価値観を広く伝えてほしい」との御意見をいただきました。
 快く会場を御提供いただきました金剛心院様、また御来場いただきました地域の皆様にお礼を申し上げます。今後とも御支援、御指導をお願いいたします。

フィールド通信を御覧ください。→fieldnews.pdf


12:00
2019/02/19

ポスター発表会・コウノトリの郷公園訪問

Tweet ThisSend to Facebook | by フィールド探究部
 平成31年2月9日(土)午後、兵庫県立豊岡高等学校において「豊高アカデミア~探究・課題研究発表会~」が開催され、フィールド探究部が参加してポスター発表を行いました。
 「丹後における各種タンポポの分布と繁殖能力」、「NaClが植物の生育に及ぼす影響」との内容でポスター発表を2本行いました。宮津市上世屋地区において発見した在来種であるタンポポの種子を持ち帰り、校内で質量や落下速度について西洋タンポポとの比較を行いました。また、学校近辺の大手川は海水が入ってくる汽水域となっており、そのような環境で植物は生育するのか興味を持ち、様々なNaCl濃度においてケイヌビエが発芽するのか実験を行いました。実験等の結果をまとめて考察した内容を来場者に伝え、質疑応答をすることができました。
 


 また、午前中には兵庫県立コウノトリの郷公園を訪問しました。学芸員の北垣様からコウノトリの生態について解説いただき、たくさんのコウノトリを間近で観察することができ、学びの多い1日となりました。
 
12:00
2019/02/01

フィールド探究部 活動報告会(御案内)

Tweet ThisSend to Facebook | by フィールド探究部
 平成31年2月17日(日)、これまで宮津市上世屋地区を中心に活動をしてきた内容について、日置地区の金剛心院様の御協力を得て、御本堂において報告会を開催させていただきます。フィールド探究部の生徒および教員が以下の内容で発表します。地域の方々を始め、多くの皆様にお集まりいただき御指導を賜りたく、御参加いただきますよう御案内申し上げます。

 (1)里山が教えてくれたこと(生徒)
 (2)丹後の巨樹調査(生徒および多々納教諭、宮津エコツアーガイドの会)
 (3)丹後は「麒麟」をどう迎えたか!戦国丹後(橋本教諭)

 高校生が上世屋地区を舞台にどのように学びを深め、今後の将来展望に結び付けようとしているのか。また、教員がどのように生徒を支え、また研究活動に取り組んだかを発表させていただきます。地域の方々とつながり、今後の丹後地域の将来展望を考えていく時間を共有できればと願っています。

里山発表ポスター.pdf
15:00
2018/12/12

フィールドワーク報告(10・11月)

Tweet ThisSend to Facebook | by フィールド探究部
 10・11月のフィールドワーク、活動の様子をレポートします。
 平成30年度 第2回京都サイエンスフェスタでの発表準備を行いながら、地域でのボランティア活動やフィールドワークに取り組みました。平成30年11月18日(日)京都府立 海と星の見える丘公園において「第1回TANGOはぐくみフェスティバル」が開催され、本校から18人の生徒がボランティアとして参加しました。このイベントでは、丹後地域で子育てに関わる様々な支援団体が集まり、未来を担う子どもたちが健やかに育つ環境づくりを推進していくことをねらいとしています。本校のフィールド探究部員は準備・企画段階から運営に携わり、フェスティバル当日は、受付や案内、イベント会場での補助など多くの生徒がボランティア活動に取り組み、フィールド探究部のブースも多くの子どもたちでにぎわいました。
 イベント実施に向けて仲間と共に議論を交わしながら準備を進め、地域の方々と打ち合わせをしならがら、当日の運営も柔軟に対応することができました。学校の外で多くの方々とつながりながら活動に取り組む経験は、大きな財産になったと思います。これらの活動を通して、今後も丹後を舞台として、地域に学び、未来を展望していきます。

 ☆第1回TANGOはぐくみフェスティバル実施へ向けた打ち合わせ(うみほし公園)☆
 
 


 ☆第1回TANGOはぐくみフェスティバル当日の様子☆
 
 

16:00
2018/10/04

夏季フィールドワーク報告

Tweet ThisSend to Facebook | by フィールド探究部
 夏休み(8月)および9月に行ったフィールドワークの様子をレポートします。
 のべ10日間以上、宮津市上世屋地区、京都府立海と星の見える丘公園(うみほし公園)を中心として京都府北部地域を巡検し、自然観察を行い森林活用、地域再生、地層や歴史について理解を深めました。
 普段見慣れている丹後半島に自らの足で分け入り、様々な巨木を見上げ、また足元にも目を向け、丹後の自然の豊かさ・偉大さに大いに感動しました。今後も丹後を舞台として、自然に学び、未来を展望していきます。

 ☆炭出し、収穫物を用いてのスイーツ作り(宮津市上世屋地区)☆
 
 
 


 ☆丹後の湧水巡り・地質調査・登山☆
 
 


 ☆うみほし公園でのキャンプ~大学生との交流・地域巡検☆
 
 



 ☆日本の鬼交流博物館訪問(福知山市大江町)☆
 


 ☆キノコ調査(琴引浜)と樹木周径測定☆
 



 ☆はぐくみフェスタ準備と園内整備ボランティア(うみほし公園)☆
 


 ☆森林伐採と棚田での稲刈り(宮津市上世屋地区)☆
 
09:00
2018/07/31

夏季フィールドワーク①

Tweet ThisSend to Facebook | by フィールド探究部
 夏休みに入り、宮津市上世屋地区や京都府立海と星が見える丘公園(うみほし公園)、波見地区においてフィールドワークを行っています。
 これまでから継続して活動している棚田を活用した畑や、炭焼き窯の様子を観察しました。また、うみほし公園において化石や地層の観察も行い、波見地区を歩き地域の様子を巡検しました。今年の夏休みも地域を歩き、地域で研究に取り組んでいきます。

 
 
 
09:00
2018/07/18

森林観察・炭作り体験

Tweet ThisSend to Facebook | by フィールド探究部
 平成30年7月15日(日)、1~3年生の10人が宮津市上世屋地区においてフィールドワークを行いました。地域の方に案内していただきながら、森林づくりのポイントを解説していただきました。杉林における植生や広葉樹林の様子を観察し、巨樹調査も行いました。
 また、前回のフィールドワークに引き続き、炭作りの体験もさせていただきました。伐採した樹木を裁断して運び、炭窯に搬入しました。その後、棚田を活用した畑の草取りなどをして作物の生育具合を観察したり、ジャガイモの収穫もしました。次回も森林観察や炭作り体験を行う予定です。


 
 
 
 
 
 
09:00
2018/06/26

植生調査・樹木伐採

Tweet ThisSend to Facebook | by フィールド探究部
 平成30年6月24日(日)、1~3年生の8人が宮津市上世屋地区においてフィールドワークを行いました。地域の方に案内していただきながら、薪炭林として活用されている雑木林の植生調査をしたり、樹木の伐採の様子を見学したりしました。また、切った薪をみんなで力を合わせて運び、てこの原理や摩擦力についても体感することができました。
 その後は、棚田を活用した畑の草取りなどをして作物の生育具合も観察したりしました。次回は伐採した樹木を薪炭にする窯入れなどを体験させていただく予定です。

 
 
 
 
10:30
2018/06/21

公園作り、動物相調査

Tweet ThisSend to Facebook | by フィールド探究部
 平成30年6月16日(土)、1・2年生の7人が京都府立丹後海と星のみえる丘公園(うみほし公園)で活動しました。うみほし公園では、これまでに様々なキャンプなどの企画に参加し、ボランティアスタッフとしても活躍してきました。今回は公園作りのプロフェッショナル「たそがれさん」のお三方の指導の下、遊歩道の階段作りにチャレンジしました。大きな「かけや」を振り下ろし、杭を打ち込み、一段一段心を込めて作りました。
 後半は、探究活動で動物調査を行う生徒を中心に、観察用カメラの設置や動物の痕跡の調査を行いました。足跡やフンから得られる情報を頼りに、今後の探究活動を一層充実させるヒントを得ることができました。

 

12:37
2018/06/06

巨樹測定・森林観察

Tweet ThisSend to Facebook | by SSN京都
 平成30年6月3日(日)、1・2年生の10人が京丹後市小野小町公園および丹後縦貫林道、宮津市上世屋地区でフィールドワークを行いました。
 午前中は京丹後市大宮町五十河地区の小野小町公園や丹後縦貫林道において、全員で協力して巨樹の周径測定を行いました。測定結果は以下のとおりです。
  アベマキ 423cm(小野小町公園)
  イヌシデ  330cm(丹後縦貫林道)
  ホオノキ  275cm 255cm(株立ち2つ・丹後縦貫林道)
  ブナ    318cm(丹後縦貫林道)
 午後からは、上世屋地区において森林の形成過程を観察して丹後の樹木について理解を深めたり、棚田を活用した畑の草取りなどをして作物の生育具合も観察したりしました。今後も継続して地域でフィールドワークや研究を行い、地域活性化にもつなげていく予定です。

 
 
   
 
 
13:00
12345
 
  〒626-0034 京都府宮津市字滝23 TEL 0772-22-2116 FAX 0772-22-2117
Copyright © Miyazu Senior High School All Right Reserved.