建築科の取組
2016/07/15

滝上山 東屋製作

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
 3年生は滝上山中腹で東屋の工事に取り組んでいます。この日は(株)大村工務店の
2名の大工さんに本体の組立について指導をしていただきました。
 蒸し暑い天気の中、生徒たちは汗を流しながら、互いに役割を分担しつつ熱心に作業
に取り組みました。
学校で仮組をしていましたので、生徒たちは比較的簡単に組立ができ
ると考えていたようですが、現場での組み立ての難しさは予想以上だったようです。
 夕方には本体の組立作業がすべて完了し、生徒たちは満面の笑顔で記念撮影をしまし
た。今後、屋根葺き工事については地元の方に行っていただく予定です。
 

 
     現地への道具運搬              作業の準備      


 
     軸組の組み立て              構造材の組み立て  
        
 
     小屋組の組み立て             座椅子の組み立て


 
       記念撮影              宮津市街地を一望



      
17:20
2016/04/27

「福田地蔵の祠」の屋根工事を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
平成28年4月27日(水)建築科3年匠コースの実習で、水口板金所の水口進様の指導を受けながら、地域から依頼された「福田地蔵の祠」の屋根(大きさ2m×1.5m)の板金工事を行いました。厚さ3.5mmのガルバリウム鋼板を切ったり、曲げたりする作業は初めての経験でしたが、水口様から丁寧で熱心な指導を受けながら意欲的に取り組み、無事に屋根を完成させることができました。なお、水口様には、「ままごとハウス」の屋根工事でもお世話になる予定です。

19:17
2016/04/20

1年生 耐震補強工事 現場見学

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
 今年度 入学した建築科1年生が、本校 第2体育館の耐震補強工事の様子を現場見学しました。
 現在 ニュースでは、熊本での震災が大きく取り上げられ、その中で学校施設が避難所となっている場面があります。平成7年度より府内各校の耐震補強工事が進められ、本校の工事においては、設計・施工で本校の建築科を卒業された先輩が携われていることもあり、今回 先輩を講師に現場見学をさせていただくことになりました。

 生徒は、まだ入学して間もないため、意味の分からない専門用語など単語がたくさんありましたが、説明されることをしっかりとメモを取って、熱心に説明を聞いていました。
 今回の現場見学で、生徒たちは耐震補強の重要性や建物の安全性、そして学校の体育館が避難所としても使用される重要な施設だということが分かりました。

 今回見学した生徒たちの声(感想)
・体育館が避難場所として使うところだから、しっかりしないと安心できないし、みんな避難をしてこないから、工事が必要だと思いました。
・分からない言葉や形のものがたくさんあったけど、これから分かるようにいろいろ学んでいくことが楽しみです。
・実際の現場に入ることができたのは、建築科くらいしかできないので、宮津高校に入学して良かったです。
・工事が終わったら、この体育館は体育などで私たちが使いますが、耐震補強がされているので安心です。ありがとうございます。

 【見学の様子】

    現場の方より、諸注意と工事の説明            体育館内の様子(作業のために足場が組まれています)


             部材や工事の説明                 柱に鉄筋が組まれているの見上げる生徒たち


         説明を熱心にメモを取る生徒たち               生徒の代表が見学の感想とお礼
19:47
2016/02/23

(株)竹中工務店出前「設計」塾で”おもてなし”建築に挑戦

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
 2月23日(火)午後、建築科2年生28人が、(株)竹中工務店大阪本店設計部の出前塾講義を受け、「天橋立を訪れる人への”おもてなし”の建築」というテーマで設計に取り組みました。経験豊かな設計士の方々から建築の考え方や発想の仕方などを具体的に学びながら、一人一人が個性的なアイデアを絞り出し、模型に表現しました。最後の講評会では、それらの作品を全員で鑑賞するとともに、設計士の方々から、それらのアイデアをさらに魅力的なものにするための提案をいただき、設計の楽しさや醍醐味を体験することができました。





18:21
2015/11/12

建築科1年生 現場見学

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
 平成27年10月26日(月)午後、福知山市の「(仮称)医療法人福冨士会 京都ルネス病院新築工事」を1年生29人が見学しました。 

 工事現場は、鉄筋コンクリート構造の7階建ビルで、5階部分を施工中とのことでした。
1階では内装の仕上げ工事、5階では鉄筋組立やコンクリートの型枠などの躯体工事が行われ、工事の工程の流れがよく分かる見学となりました。
 生徒たちは、この日を楽しみにしていました。現場では、初めての実習服を身に纏い、説明されたことをメモ書きし、質疑応答では積極的に質問をしていました。
 このプロの現場を見学したことで、さらに多くの知識・技術を体得し、建築のプロを目指してもらいたいです。





16:00 | ニュース
2015/11/12

茶道体験

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
 11月5日、建築科1年生が、茶道を体験しました。この取組は、京都府にゆかりの深い茶道を通じて伝統文化への関心を高め、
豊かに生きる力を育むことを目的として、2年前から行っています。
 今回は今林様に御協力いただき、国指定登録有形文化財「今林家住宅分館」で実施しました。
 時間に限りがあるため、お茶を点てたり、作法の細かいとろこまではできませんでしたが、基本的な礼儀・作法を学び、
茶菓子と抹茶をいただきました。
 伝統ある建物で伝統文化の茶道を学び、建築と茶道の伝統文化を五感で感じる有意義な体験となりました。

  

  

  

13:30
2015/11/12

TanTan見本市

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
 11月3日(祝)、建築研究部1年生の2名が、大江高等学校主催の「TANTAN見本市」に参加しました。
 来客者の方に建築科で製作したコリントゲーム(スマートボール)、木製おもちゃ(積み木・魚釣り)、おもてなしベンチを体験していただきました。
 11時の開店から昼過ぎまで休む間もなく、多くの子どもたちがコリントゲームや木製おもちゃで楽しく遊んでくれていました。2名の生徒は、質問に
しっかり答え、接客も丁寧に対応していました。
 
 多くの来客者の方に、建築科の取組や製作した作品を知っていただくことができました。また、スタッフとして参加した2名の生徒は
「子どもたちが喜んでくれた。応援の言葉もいただいて嬉しかった。」「楽しかった。また来年も参加したいです。」と感想を述べていました。
 今回のイベントを通して、コミュニケーション力や接客対応など実践を通して学ぶことができました。

 

 
12:00
2015/10/09

出前講座「鉄筋組立」

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
 10月8日(木)関西鉄筋工業協同組合の皆様にお世話になり、2年生が鉄筋コンクリート構造の「鉄筋工事」について学習をしました。
 1時間の講義の後、4班に分かれて、基礎と柱、基礎梁の鉄筋を協力しながら2時間かかって組立ました。また、鉄筋と鉄筋をつなぐ「圧接」についても実際に経験しながら、理解を深めました。
 今回の出前講座を通して、建築の専門性を深めるとともに、建設業に対する職業意識も高めることができました。



08:01
2015/04/19

「夢のマイルームコンテスト」で奨励賞を受賞しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科

  昨年度末に締め切られた中央工学校主催の高校生対象「第6回夢のマイルームコンテスト」の審査結果が発表され、建築科2年生の真木伸之介君と吉田真太朗君が奨励賞を受賞しました。

 今回は、全国33校から628作品という多数の作品が提出され、夢のある豊かなアイデアに溢れた力作がしのぎを削る中、真木君の「変幻自在に模様替えができるブロックでできた合理的な部屋」と、吉田君の「部屋の中に部屋があり、またその部屋の中に部屋があるという不思議な部屋」の提案が見事、上位に食い込みました。(左が真木君の作品「変幻自在BlockRoom」、右が吉田君の作品「ROOM IN ROOM」)


13:34
2015/03/11

「駐輪小屋(伊根町)」の完成披露式

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
 建築科では、「『海の京都』伊根町実践推進会議」から、伊根町内の観光地巡りに使用するコミュニテイサイクルを駐輪する小屋の製作の依頼を受けて、建築科3年生14名が10月から製作に取り組んできました。
 3年生による部材加工・組立が終わり、先日、瓦職人による「瓦葺き」も終了し、駐輪小屋が完成、311日に完成披露式を行いました。
 駐輪小屋は、来年度にも1棟製作予定です。

記念撮影握手
14:00
2014/11/14

建築科1年生が「建築パース」に挑戦

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
 11月14日(金)には、1年生30人が1日、建築パースのプロを目指して頑張りました。講師は、昨日に引き続き、松山先生にお世話になりました。

 製図のような真っ直ぐな線を絵筆を使って引くテクニック、建物によく似合う青い空の描き方、透明感と奥行のある窓にするための色の重ね方と順に学びながら、仕上げの壁を塗る作業へと入っていきました。
 言われた色を作ったり、はみ出さないように塗るのに苦労しましたが、依頼された方から住んでみたいなと言ってもらえる心の籠った作品を完成することができました。

研修の様子1 研修の様子2

研修の様子3 研修の様子4
09:00 | ニュース
2014/11/13

建築科2年生が「透視図実技研修」を受講!

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
 11月13日(木)、建築科2年生が「透視図実技研修」を受講しました。
講師は、本校建築科卒業生で、伊根町在住の松山義宗様です。
空・窓・外壁・道路・点景と塗り進め、鉄筋コンクリート造の「専用事務所」の透視図を完成させました。
松山様には透視図の描き方だけでなく、自分が成長するために必要なことや卒業後に必要なことなどもお話していただきました。
明日は1年生が受講します。
描き方を真剣にきいています直し方も教えてもらいました。生徒が描いている様子完成作品
09:00 | ニュース
2014/11/07

建築科1年生現場見学

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
平成26年11月7日(金)午後、綾部市の「特別養護老人ホーム 綾部はなみずき南館増築工事」を
1年生25人(公式戦のため5人が公欠)が見学しました。

 初めて経験した工事現場は、鉄筋コンクリート構造、8階建と規模が大きく、建築を造るという仕事の
ダイナミックな魅力を心底体験することができました。

工事用エレベーターに乗せてもらった時の、空に向かって上っていくような高なり。


鉄筋が丸見えの、未完成の床の上を歩いた時のふわふわとした感触。
階を下りていくごとに、少しずつ完成した姿が現れてくる構造の博物館のような印象。

この大きな工事を計画的にかつ安全に進め、よりよいものを造り上げようとされているプロとしての
強い責任感に感銘を受けました。


09:00 | ニュース
2014/10/21

テレビ放送

Tweet ThisSend to Facebook | by 建築科
明日のお昼、NHKの番組「ぐるっと関西お昼前」で、
8月の台風により大きな被害を受けた福知山の保育園に、
手作りの木製おもちゃを寄贈した2年建築科生徒たちの取組が紹介されます。
是非ご覧ください!!
※10月22日(水)11:30~  NHK「ぐるっと関西お昼前」



12:19 | ニュース
 
  〒626-0034 京都府宮津市字滝馬23 TEL 0772-22-2116 FAX 0772-22-2117
Copyright © Miyazu Senior High School All Right Reserved.