〒601-0751 京都府南丹市美山町島 島台52番地 TEL:0771-75-0017 FAX:0771-75-0106 MAIL to:miyama-es@kyoto-be.ne.jp
 

since 2016.04.01

COUNTER16347

南丹市立美山小学校

〒601-0751
京都府南丹市美山町島 島台52番地
TEL  0771-75-0017
FAX  0771-75-0106
MAIL miyama-es@kyoto-be.ne.jp

http://www.kyoto-be.ne.jp/miyama-es/cms/

本ホームページの著作権は、南丹市立美山小学校に帰属します
 
図書室から本こと、読み聞かせのこと、言葉にかかわる話題などお伝えします!!
 

日誌

図書室からのお知らせ
12345
2017/04/23new

お話の木

| by 美山小N
去年1年間で たくさん花を咲かせたお話の木も リニューアル。
学年ごとに読んでもらった本を肥やしに また 新しい花を咲かせます。

1年生は 早速 2冊の本を読んでもらったので 二つのお話の花が咲きましたよ。



黄色と水色のバックをつけたので 廊下の明るくなりました。



今年は どんな お話の木が育つでしょう! 楽しみですね。
17:41 | 掲示物
2017/04/23new

4月の掲示

| by 美山小N

図書室前の掲示も春らしく模様替えです。
明るく桜色の空に 淡いブルーの雲が浮かびます。



本のカバーで作った バックが浮かんでいます。
始まりにふさわしい雰囲気の荒井良二さんや 力強いタッチで最近人気急上昇のミロマチコさんの絵本カバーバックで 明るく楽しいムードが伝わればいいな。


17:30 | 掲示物
2017/04/17

「よむよむ」による朝の読み聞かせ

| by 美山小N
今年度も読書ボランティア「よむよむ」さんの読み聞かせが始まりました。
みんな楽しみに待っています。

1年生
「おこる」
作) 中川 ひろたか  金の星社

人に「怒る」、子どもに「怒る」、自分に「怒る」・・・。
そして、子どもたちは大いに「怒られる」。
でも、ちょっと立ち止まってみる。想像力を働かせてみる。
今、なんで怒ったんだろう?
あの人は、どうして怒ってるんだろう?
ぼくは、どうして・・・?
そう考えてみると、怒り方ってみんな違う。
「怒る」のが好きな人っているのかな?



みんなはどんな時に怒られるのかな?、と問いかけて読んでいくと「そんなことせーへん」とか言ってました(笑)



続いてもう一冊
「おにぎりにんじゃ」

作) 北村 裕花  講談社

あっぱれ、おにぎりにんじゃがきょうもゆく!ごましおにぎりのじゅつ、うめぼししゅりけん……。おにぎりにんじゃは、さまざまなにんぽうをくりだして、うばわれたまきもの、みごととりかえすことができるのか!?



絵も可愛いしおにぎりの忍者なんて面白い! と思ったのだけど 意外と反応が少なかったです。
おにぎりがたくさん出てくる場面は「わぁ〜!!」となったんだけど・・・。
入学したての1年生には 意味のわからない言葉や内容もあったのかもしれません。
もう少し単純なものをしばらくは選んだ方が良さそうです。

2年生
「はるのカスタネット」
作) よしだ あつこ  すずき出版

わがままで不器用なうさぎさんと、きどりやで何でもうまくできるきつねくん。
そんな二人をあたたかく見守るくまえ先生。
自分の思い通りにいかないことでも、周りの友だちや先生といっしょに乗り越えていけたらすばらしいですよね。



なんと このお話の作者 よしだあつこさんが ご自分のお話が読まれると聞いて 美山小学校に聞きにきてくれました。
実は よしださんは京北町出身で 「よむよむ」のメンバーのご親戚なのだそうです。



特別によしださんのもう一冊の本
「ハシビロコウのはっちゃん」をよしださん自らが子どもたちに読み聞かせをしてくださいました。



作者による読み聞かせとは なんと素敵なことでしょう。迫力満点の読み聞かせに子どもたちもお話の世界に引き込まれていたようです。
ありがとうございました。

3年生
「じいじのさくら山」
作)成松真理子  白泉社

ちびすけは、じいじと一緒にさくら山へ行くのが大好き。ところがある日、じいじが病気になって――。祖父と孫の交流を温かく描いた感動の絵本です。



最初はざわついていた男の子もいましたが だんだんシリアスな場面になってくると みんな真剣な表情になってきました。
最後は拍手もしてくれて、じいじと男の子の心の繋がりみたいなものをみんなも感じてくれたのだと思います。
絵もとっても綺麗で 満開の桜の場面はため息が漏れていました。

もう一冊
「ひろったらっぱ」
作) 新美南吉  新樹社



戦争で手柄をたてようとでかけた男が、ラッパを拾い、戦争で荒らされた田や畑、悲しんでいる人々にあって、戦争ではなく、人々を元気にしようと決意して、行動していく話。



時間があまりなかったので 本は読んでいませんが あらすじを話しました。
「戦争になったら 親・兄弟もいなくなったり、家もなくなったりする。」
「戦争は誰がすると決めたんだろ?」
子どもたちに問いかけると 色々な答えが返ってきました。
難しい話かもしれないけど 子どもなにりに感じる部分もあるはずです。

4年生
「先生のあだ名は 女すもうとり」
作)山本なおこ ポプラ社



相撲の強い女先生になんとか勝つために色々な作戦を考える3人組。



いたずらを考えるあたりから 興味を持って聞いてくれました。
ちょうど担任の先生も若い元気な女の先生なのでちょうどいいかな、と思って読んだら 終わってから 担任の先生は指相撲も腕相撲も強いんだと教えてくれました。

5年生
「たんぽぽ」
作) 甲斐信枝 福音館書店



道ばたの花・たんぽぽは、つぼみから花ひらいたあと、綿毛となって空へ舞いあがり、見知らぬ土地に根をおろします。ドラマチックな一生をたどるたんぽぽのすがたを、精緻なタッチで描いた絵本。



2年生の国語の教科書に載っているお話ですが、今もう一度読むことによって 植物の仕組みや不思議を改めて味わってもらえたかな、と思います。
とても工夫された本で 縦長のアップや見開きのページなど見応えもあり、真剣に聞いてくれました。

6年生
「お母ちゃんが つくったる」
作) 長谷川義史 講談社
 


「あれ、こうて」とぼくが言うと、おかあちゃんは「そんなん、つくったる!」と、なんでもミシンで作ってしまう。
それが、ちょっとかっこわるい。あるひ、ぼくは思ってもいないことを口にしてしまった。そして、おかあちゃんは……。
せつなくて、あたたかくて、でも笑える、いとおしい家族の物語。



読んだことある人を聞いたら 三分の二ぐらいが手を挙げたので ちよっとしまった・・・と思ったのですが、好きなお話だったのでしょうか、ページをめくる時期待している顔つきでした。集中して聞いてくれたので ほっとしました。







15:08 | 読み聞かせ
2017/04/17

装いも新たに新年度を迎えました

| by 美山小N

図書室の入り口には 卒業生が作ってくれた案内板。


今年度は「おひさまパン」という絵本の世界を表してみました。


楽しそうな動物たちがいっぱい♬





みんなが本を手に取ってくれるのを 上から見守ってまーす。
00:54 | 掲示物
2017/03/22

卒業おめでとう!!

| by 美山小N
明日はいよいよ 卒業式です。

六年生のみんなに 卒業記念として図書室から しおりをプレゼントしました。



ひとりひとり 思い浮かべながら作りました。



裏面は「平成29年3月 美山小学校 卒業1期生」の文字と 名前の漢字一字、校章を入れました。
校章は たった1年間だったので あんまり馴染みがないかもしれないけど、覚えていてね。

本のカバーで作った紙バックも 好きなカバーを選んでもらって一緒に渡しました。
それぞれが 選ぶカバーも みんなの個性がちらりと見えた気がしました。

中学校生になっても 本が好きな人で いてくださいね。
15:59 | その他
2017/03/15

6年生のおすすめ本

| by 美山小N
色々卒業を間近に控えた6年生に ぜひとも 美山小学校の在校生に読んでほしい お気に入りの本を紹介してもらいました。



「グレックのダメ日記」(ジェフ・キニー)
「飛ぶ教室」(エーリッヒ・ケストナー)
「にゃんにゃん探偵団」(杉山亮)
「都会のトム&ソーヤ」(はやみねかおる)
「ガフールの勇者たち」(キャスリン・ラスキー)
「引き出しの中の家」(朽木祥)
「ざんねんないきもの事典」(今泉忠明)
「こども電車」(岡田潤)
「チョコレート・アンダーグラウンド」(アレックス・シアラー)
「あなたの夢におじゃまします」(岡田喜久子)
「日本史恐怖の館」(藤田晋一)
「きらめきレシピ」(大瀬由生子・芳野詩子)



名作から生物事典、ファンタジーや 青春もの、歴史、謎解き などなど バラエティーたっぷりの おすすめ本が並びました。

早速 借りていく在校生もいました。

中学生になっても たくさんの本を読んでほしいです。
14:23 | 本のこと
2017/03/13

「よむよむ」による朝の読み聞かせ

| by 美山小N
1年生
「ねこの看護師ラディ」
作) 渕上 サトリーノ   講談社

ポーランドの動物保護シェルターで暮らすある黒猫の、実際にあったお話です。

ある日、シェルターに黒い子猫が運び込まれてきました。重い病気で、全身の毛も抜けていました。
「せめて少しでも楽に死なせてあげよう」スタッフたちはみんなそう思ったほどでした。
それでも、小さな体で一生懸命生きようとして、数ヶ月後、奇跡的に回復したのです。
あるとき、シェルターに今度は車にはねられ大けがをした犬がやってきました。
黒猫は、ベッドに苦しそうに横たわる犬をじっと見ていましたが、そっと近づいて、犬にぴったりと寄りそって、体をなでつけはじめました。
大きな犬を怖がる気配はまったくありません。
いつしか、ふるえていた犬は落ち着いて、静かに眠りはじめました。
それが、猫が看護師として働きはじめた最初でした--。

看護ねこ・ラディのけなげな姿に、絵本を読む人も元気づけられます。


もう一冊
「おにころちゃんと りゅうのはな」
作) やぎ たみこ  岩崎書店

鬼の子どものおにころちゃんが、家宝の龍の鼻を持って人間の村へ行きました。龍の鼻の鼻息で、いろんなものをふくらませて遊んでいると、たき火の火が燃え広がってさあ大変!好奇心旺盛な鬼の子が、人間界を大冒険!




「龍って九つの動物が合体してできているんだけど なんだかわかる?」 と問いかけると 「うし!」「くまー」などなど、口々にいろんな動物を言ってくれました。
正解は・・・
ラクダ(頭)・鹿(ツノ)・蛇(首)・鯉(ウロコ)・鷹(爪)・虎(手)・牛(耳)・うさぎ(目)・ミズチ(腹)  だそうです。



2年生
「うみのそこたいけん」
作) 中川 ひろたか アリス館

「海の底はどうなっているんだろう」とつぶやくと、海坊主があらわれて、海の水を飲み干してしまいます。男の子は、海坊主の子どもたちとともに海底を探検。くじらのホネ、海底温泉などで、様々な不思議な生き物に出会います。
単純なお話ですけど、興味をひく内容です。
カバーの裏には深海生物が登場するすごろくが載っています。

最初はざわざわしていたまのですが、お話が始まると スーッと絵本の世界に入って来てくれるのが嬉しかった!


「もっと知りたい」とていう気にさせてくれる絵本です。



もう一冊は
もったいないばあさんのてんごくとじごくのはなし」
作)  真珠まりこ 講談社

みんなよくよくご存知の もったいないばあさん。
今回のもったいないばあさんは、説話や寓話として古くから伝えられているお話がもとになっている、ちょっぴり不思議な物語。地獄や天国を舞台にしたって、「もったいないばあさん」はやっぱり「もったいないばあさん」。いつだって教えてくれるのは、やさしい思いやりと感謝の気持ちを持つことの大切さなのです。もったいないという精神は、「食べ物」や「もの」に限ったことではないのですよね。




「シリーズで持ってるー」という声もありましたが、じっくりと聞いてくれました。

3年生
「なぞなぞはじまるよ」
作) おおなり 修司  絵本館

タイトルの通り なぞなぞの本です。



みんなとってもカンがよく、なぞなぞもほとんど正解!! とても楽しかったです。



4年生
「おなら」
作) 長新太  福音館書店

プー。ブー。ブープー。おならはどうしてでるのだろうか? くさいおなら、くさくないおなら。大きい一発のおなら。おならの仕組みを科学的にユーモラスに描きます。
てまで、確かに科学的にコミカルな絵で説明してくれています。



もう一冊は
「だいじょうぶ だいじょうぶ」
作) いとうひろし  講談社

小さかったころの ぼくを いつも たすけてくれたのは
おじいちゃんの ことばだった。

心配しなくても「だいじょうぶ」。無理しなくても「だいじょうぶ」。
それは、おじいちゃんのやさしいおまじない。



みんな静かに聞いてくれました。



5年生
「あほろくの川だいこ」
作) 岸 武雄   ポプラ社



印象的な梶山敏夫さんの絵です。
「におい山脈」「ごろはちだいみょうじん」など 梶山さんの絵本を何冊か紹介しました。

荒れ狂う川の中で、あほろくは洪水を村の人たちに知らせるために、ひっしになって川だいこを打ちつづけるのです。
切ないけれど いいお話です。
ものすごく静かに シーンとして聞いてくれたので 読んでいて思わず泣きそうになりました。



6年生
「小鳥の贈りもの」
作) ピルック・バイニーオ  PHP研究所

◎生まれてきたわけ 
◎今を大切に生きること 
◎過去にはこだわらないこと 
◎未来を心配しないこと 
◎人とくらべないこと 
◎人生を楽しむこと 
◎勇気をもって一歩を踏みだすこと 
◎自分を信じること 
◎忍耐づよくなること 
◎夢は必ず実現すること……

などなど とても可愛いメッセージブックです。



もうすぐ卒業を迎える6年生に・・・。
1人にひとつでも 響く言葉があればいいなぁと思います。



今日で最後の読み聞かせです。



小さな絵本なので 電子黒板に映しました。



音楽付きです。



読み聞かせが終わって 1人ずつ 今までの感想を言ってくれました。



「絵本はあまり読まないけど、読み聞かせしてもらって いい絵本があるんだなぁと思いました」
「これからも 本を読んで知識を増やしていきたい」
などなど・・・。
12:46 | 読み聞かせ
2017/03/06

「よむよむ」による朝の読み聞かせ

| by 美山小N
1年生
「ぼくのきんぎょをやつらがねらう」
作) 武田 美穂   小学館


「やつら、って何だと思う?」と 問いかけてはじめました。

夜店で買った、赤いすてきな金魚は、ぼくの宝物。でも、その大事な金魚をねらって、やつらがやってくる! にわとり、いぬ、のらねこ…。ぼくは気が気じゃなくて、ごはんも学校も野球も手に付かない。そんなぼくを見て、ある日、ついにおかあさんが…。おねがい! だれかぼくの金魚を助けてよ!!

続いて もう一冊
「アリゲイタばあさんは がんこもの」
作) 松山 円香   小学館


表紙を見て 「だれ?」 「○○先生や!!」と いう声(笑)

がんこもののおばあさん愉快なお話です。

がんこもののアリゲイタばあさんは、一人でぬまのほとりに暮らしていました。森の仲間が訪ねてきても、追い返しちゃうがんこものです。でも、本当は、心優しいさみししがり屋。ひまだから、編んでいたマフラーを、森のみんなにプレゼントしようと思いつきます。森の仲間も、そんなばあさんのことを、ちゃんとわかっているんです。強がっているけど心優しい、そんなほのぼのとしたあたたかいお話しです。

「がんこやけど ほんとは やさしいやん」と言う子どもたちの言葉に 嬉しくなりました。

2年生
「ゴリラのパンやさん」
作) 白井 三香子  金の星社


「読んだことある」という子もいましたが、「いわんといて!」と。

本日開店のパンやさん、とってもおいしいパンはいかが? でもあんまり売れません。だって顔がこわいんだもの…。そこでいろいろ考えて。

みんなはどんなパンが好き? と尋ねると、それぞれ好きなパンを言い合って盛り上がりました。

3年生
「おばけのトッケビ」



不可解な出来事に出くわした時、韓国・朝鮮では「トッケビの仕業だ」といいます。自由自在に飛び回る闇の帝王トッケビは姿形とも得体の知れない化け物ですが、庶民の心の中に深く住みついています。

表紙の絵がちょっと怖いですが、内容はおもしろいです。
トッケビに死人と間違えられ、なりきる若者はなかなかの知恵者です。
トッケビが生き返られてやるといって、若い娘のいのちをくれます。
若者はそれをちゃっかり利用して幸せになります。

最後に あーあ、という感じがあるのかな、と思っていたけど しーんとしていたので あれ?・・・と。

4年生
「アナグマのもちよりパーティ」
作) ハーウィン・オラム   評論社

アナグマが、パーティをひらく。みんながそれぞれ何かをもっていく、もちよりパーティだ。でもモグラは何ももっていくものがない。するとアナグマは「じゃあ、きみじしんをもってきてよ」という。そしてパーティの日がきて…。『わすれられないおくりもの』のアナグマさん登場。



とっても大好きな本です。みんなも自分に自信をもってほしいと思います。

5年生
「希望の牧場」
作) 森 絵都   岩崎書店



「希望」ってなんだろう? そして「放射能」っていったいなに? 生き物が「生きる」ってなに?
いろんなことを考えるきっかけになると思います。
みじかい文章で場面は構成され、「牛飼い」の語りが一場面、一場面、まっすぐ読み手にとどいてきます。
言葉の意味がすべてはわからなくても、吉田尚令さんの絵と森絵都さんの文から伝わるなにかが、きっと子どもたちの糧となるでしょう。これからの時代、なおさらに。
いまもエサ不足が深刻な牧場。絵本売上げの一部が活動資金として寄付されるそうです。

音楽付き、電子黒板に映して読みました。
ざわざわしていた教室が 読み始めるとシーンとなり 真剣な子どもたちの視線をすごく感じました。
答えはないけど、いろいろ考える、一生懸命考える、それが大事なことなのだと 改めて感じさせてもらいました。

6年生
「あなたが うまれたひ」
作)デブラ フライヤー   福音館書店



赤ちゃんの誕生は、家族だけでなく太陽や月や地球など自然界すべてから祝福されています。赤ちゃん誕生の喜びを謳いあげたこの本を子どもといっしょに読んでください。
絵本のおわりに 科学的にな説明もあります。

卒業をむかえる六年生に「ありがとう」という歌をCDで聴いてもらいました。

「ありがとう」 作詞 岩堀美雪 作曲 くまひげ 歌 ミネハハ
小さな命宿った時は 母さん、父さん 大喜びだったよ
生まれた時は ただうれしくて毎日寝顔を眺めていたよ
あなたの笑顔 あなたの泣き顔
握り返した小さな手 歩き始めた小さな足
あれからどれだけ過ぎただろう あっという間の今日でした

ただまっすぐにまっすぐに ただしあわせにしあわせにと
生まれてくれてありがとう 母さんのこどもでありがとう
しあわせ その手でつかんでね 愛しいあなたの今よ輝け

入学式のランドセル あなたの背中で大きかったよ
運動会で転んだ時は 泣きながらゴールまで走ってきたね
うるさいだけの親だったかもしれない
十分な事は何一つ できなかったかもしれない
それでもこんなに大きくなった とってもやさしい人に育った
ただまっすぐにまっすぐに ただしあわせにしあわせにと
生まれてくれてありがとう 母さんの子どもでありがとう

まずは元気で 心豊かに 人を愛して 愛される人に
18:18 | 読み聞かせ
2017/02/27

「きらり・本のことば」コンクール受賞作品

| by 美山小N
南丹市内の小中学校を巡回している「きらり・本のことば」コンクールの入選作品が 美山小学校にやってきて図工室前の廊下に掲示されています。

「きらり・本のことばコンクール」は 子供達の読書活動への意欲を高め、本に手を伸ばすきっかけとなることを目的に 南丹市内の小中学校を対象に平成23年度から実施されています。

自分が読んだ本の中から 感動したり、心に残った言葉やフレーズを一枚のカードに 文章や絵で表現するものです。

美山小学校 からは 3年生の平川ななみさんが入選


同じく3年生の増田ももかさんが佳作


4年生の太田あおいさんも佳作にえらばれました。


その他の入賞作品もご紹介します。














18:14 | その他
2017/02/27

「よむよむ」による朝の読み聞かせ

| by 美山小N

1年生
「ちびゴリラのちびちび」 
 作) ルース・ボーンスタイン   ほるぷ出版

子供の成長を見守り、お誕生日をお祝いする絵本です。
家族、友だち、みんなから愛され、嬉しそうな表情を見せる小さなちびちびの姿が何とも愛らしく描かれています。抱っこされたり、花を差し出したり、つるにぶら下がったり……、その子供らしいしぐさや表情には、いつも安心感がいっぱい。 パステル画の温かい風合いの中、ちびちびの成長をお祝いしながら、読んでいてもたっぷりと愛情に包まれた気分になります。



最後の「うたをうたった」とあったので 「なんの歌やと思う?」ときくと 「ハッピーバースデイ!!」と答えてくれました。うれしいなぁ。
大型絵本だったので ちっちゃなちっゃなちびゴリラがどんどん大きくなっていく様子が迫力があってよかったです。


もう一冊
「もうぬげない」 作) ヨシタケシンスケ   ブロンズ新社

わりと新しい本なので みんな知らないかと思ったら・・・意外や意外こっちの本のほうが知ってる子が多かった。(ヨシタケシンスケさんの本は こどもにも大人にも大人気の注目絵本作家です)



タイトルの通りの内容で、服が脱げなくなった子の葛藤と、そのオチです。
脱ごうとした服が頭でつかえて脱げなくなったとき・・・妄想が膨らみます(笑)
だれでも想像しそうなことと、ちょっと奇想天外なこと、その都度こどもたちの素直なつっこみも面白くたのしく読ませてもらいました。

2年生
「あかんぼばあさん」 作) 川崎 大冶

ゆかいな昔話の紙芝居です。
山へ しばかりにでかけたおじいさん、のどがかわいていたので、わき水をのむと、ふしぎなことに、みるみる若者に…。



昔話によくある展開とオチです。
最近はあまり語り継がれないお話なので、知らない子がほとんどのようでした。
最初はざわざわしていた子どもたちも 集中して聞いてくれました。

3年生
「はずかしがりやのバナナくん」
 作) 岡田 よしたか    PHP出版



はずかしがりやのバナナくんは、学校で行われる「歌の発表会」の練習が嫌いです。
バナナくんは、顔を隠してしまって歌えません。
近所のくしカツのおじさんが「みられてると おもうから ハズカシイ。まわりは みんな イモとか カボチャやと おもたら ええんや」といってくれ、歌の練習がはじまりました。
バナナくん、最初はハズカシイという気持ちがありましたが、「みんな いしころ いしころ」と心の中で唱えたあと、ついに歌い出します。最後のどんでん返しにわらっちゃいます。

以前 おなじ作家さんの「くしカツさんちはまんいんです」 を読んで大好評だったので 選びました。
表紙を見たとたん「あっ、くしカツがおる!!」と。
バナナくんの歌の場面では みんなも一緒に歌ってくれて とっても楽しいよみきかせでした。

4・6年生
「まゆとりゅう」 作) 富安 洋子   福音館書店

山姥母さんと、まゆが、龍の背に乗って、春一番の雨を降らせます。
激しい雨で、雪が溶け、雪解け水が川になる……。
ダイナミックな季節の変わり目に、山姥母さんとまゆが大活躍します。




音楽つきで電子黒板に映して読みました。
美山の雪解けの風景と重なる様子に 春の待ち遠しい立春から今頃までにぴったりの絵本です。


5年
「あったかい雪」  作) 鎌田 實  ポプラ社


何事もなければしあわせのままのはずのアンドレイでした。
事故が起こったのは、離れた土地のチェルノブイリ。
風に運ばれた放射能の雨がアンドレイの人生を変えてしまいました。わずか14年の人生。
日本人医師の治療、アンドレイの食べたいといったパイナップルを探し求める看護師、、事実の中に温かみもありました。

重たい話ですが、ぜひ 聞いてほしい話です。

09:56 | 読み聞かせ
12345