〒601-0751 京都府南丹市美山町島 島台52番地 TEL:0771-75-0017 FAX:0771-75-0106 MAIL to:miyama-es@kyoto-be.ne.jp
通級指導教室(ことばの教室) TEL:0771-75-1097
 

since 2016.04.01

COUNTER270161

南丹市立美山小学校

〒601-0751
京都府南丹市美山町島 島台52番地
TEL  0771-75-0017
FAX  0771-75-0106
MAIL miyama-es@kyoto-be.ne.jp

http://www.kyoto-be.ne.jp/miyama-es/cms/

本ホームページの著作権は、南丹市立美山小学校に帰属します
 

お知らせ

本校の地域とともにある教育実践について発信していきます。
 

美山学 地域連携コーディネーター通信

地域連携コーディネーターの視点から発信していきます。
12345
2019/10/23

「美山クラス2019 ~3時間目~」

| by 美山学
「かまどでご飯を炊いて、八ヶ峰に登ろう!」美山クラス2019

  今年度から美山小学校コミュニティスクールの地域学校協働活動のひとつとなった
「美山クラス2019」が10月22日に開催されました。
    
  この企画の目的は・・・
「子どもとともにある地域づくり」の視点から、自分たちが暮らす美山町を知る、地域の魅力を再発見することをコンセプトに、地域と学校、保護者が一緒になって考えたプログラムです。親も子も、地域の方も、この活動を通して交流を深めることを目的としています。
   
  美山小学校PTA、美山中学校PTA、美山まちづくり委員会が企画し、3年目の取り組みとなった今年から、正式に美山小学校学校運営協議会が認める地域学校協働活動のひとつとなりました。

  今年は旧知井小学校を会場に、かまどで炊き込みご飯を炊いてそれを自分たちのお弁当箱に詰め、知井の八ヶ峰に登って山頂でお昼を食べて下山するという企画です。 
    
  小学生、中学生の児童生徒と兄弟、保護者、地域の方を合わせると総勢約80名の参加申し込みがあり、当日は約70名で登山を実施しました。
       
   中学生と6年生は、調理室でお母さんたちに教わりながら、炊き込みご飯の具材を調理します。
       
   5年生以下の子どもたちは、お父さんたちに教わりながら、かまどにくべる薪を割って準備しました。
       
   羽釜をすえて、いよいよ火を入れます!
        
   よく乾いた薪でも、火をつけるのにひと苦労!
   それでも、一度燃え始めるとあっという間に火が大きくなり、かまどの蓋が浮き上がって湯気が上がり始めました。
   かまどの火をワクワクしながら見つめる子どもたち、大人も一緒に目をキラキラさせながら炊き上がりを待ちました。
       
   炊き上がったら、しっかり蒸らして、冷まして、お弁当箱に詰めて…
   いよいよ八ヶ峰登山に出発です!
       
   知見の公民館へ移動して、登山の注意事項を確認した後、準備運動していざ出発です!
   登山口には八ヶ峰の地図が描かれた看板がありました。
       
   前日までの雨の天気予報にも関わらず、この日は朝から雨も上がり、足元は少ししめっていましたが、絶好の登山気候となりました。
       
   「知井坂」はその昔、西の鯖街道として若狭小浜から京の都へ鯖を運んだ街道のひとつと言われています。
   少し広くなったこの場所には、スキー場があったとか。昔の人は歩いて山に登り、スキーを楽しんでいたのですね 。
   地域のガイド役として、大萱安雄さんにお話をうかがいながら登りました。
       
   1時間半ほど登ると、尾根へ出て遠くの山を見渡すことができました。
       
   最後にひとふんばりして、坂道をのぼると山頂が見えてきます。
       
    13時ごろに山頂へついて、お待ちかねのお昼ご飯です。
    羽釜で炊いた、炊き込みご飯の味は格別でした!
       
   そして、お楽しみはドローンでの記念撮影。
   曇り空の影響で山頂にもガスがかかっていましたが、それでも見事に撮影していただきました。
       
   下りは足取りも軽く、登りよりもかなり速く下山しました。子どもたちは元気いっぱい、大人は少し膝が笑います。
   山頂を下った途中の尾根から、日本海を望むことができました!しばし足を止めて、遠くの眺望を楽しみました。
   これには、みんな「海!うみ~!」と大歓声。八ヶ峰登山の醍醐味とも言えます。
    
   下山して、ふたたび旧知井小学校へもどり、充実した1日の活動を振り返りました。
   ほとんどの参加者は八ヶ峰登山が初めてでしたが、みんなとても楽しみました。
   それに、炊き込みご飯もとてもおいしくて、薪割をしたり、火をつかったりとドキドキワクワクする活動に、子どもも大人も楽しい1日を過ごすことができました。

   次年度の美山クラス4時間目では、どんな活動が待ち受けているのでしょうか。
   楽しみが膨らんだ一日でした。

   活動を企画、準備してくださった、美山小学校・美山中学校PTA役員の皆さん、美山まちづくり委員会の皆さん、素敵な企画をありがとうございました。
 
   
   





 
13:36 | 美山学
2019/10/23

ホームステイを通じて

| by 美山学
美山町内のご家庭にホームステイするということ

   5年生は運動会が終わるとすぐに、大きなイベントが待ち受けています。
   1泊2日のホームステイ体験です。
       
   
   この取り組みは学校と地域、両局面での目的を併せ持っています。

   ひとつには、子どもたちが知らないご家庭でお世話になることによって、コミュニケーション能力を生かすこと、主体的な行動力を身に着けることなどを目的としています。
   ふたつめの地域の視点からは、地域の方が美山小学校の子どもたちを通じて、自分たちの地域の魅力を再発見したり、また、子どもたちとの関わりを通じて生きがいや、やりがいを感じていただき、地域活性につなげることを目的としています。

   今年は5年生26名を対象に美山町内12軒のご家庭にお世話になり、2名程度のグループごとにホームステイ体験をさせていただきました。
         
   送迎バスを降りて、初めてお会いするホームステイ先の皆さんにごあいさつ。
   少し緊張しながら、1泊2日の体験が始まりました。

   それぞれのご家庭では、農作業や夕食の調理作業などをご家族のみなさんと一緒に行いました。
      
      
      
       
      
      
   今日のこの日のために、農作業を残しておいてくださったご家庭もたくさんありました。
   また、農作業だけでなく、夜になったら何を話そうか、何をして一緒に遊ぼうかなどと考えてくださっていたご家庭もありました。

   夕食後は昔の地域のお話を聞いたり、美山町での農業のお話などをうかがいました。
      
      
      
      
      
   
   あっという間に1泊2日の体験が過ぎ、昼前にはご家庭のみなさんとお別れです。
   迎えのバスが来てしまうと、もうすっかりご家庭に慣れた子どもたちは残念そうに、でも「楽しかった!」とバスに乗車してきました。

   この日、子どもたちは自分の家に帰ると、どの子も、いつも以上にご家族の皆さんに、2日間の出来事をたくさん話したそうです。
   次から次から、お父さんお母さん、兄弟たちに伝えたいことがたくさんあったのですね。

   とても貴重な体験をさせていただいた地域のみなさん、大変お世話になりありがとうございました。

   また、来年度のホームステイ受け入れも、地域の皆様にお世話になります。
   受け入れしてみたい!どのような感じかお話だけでも聞いてみたい!という方いらっしゃいましたら、お気軽に美山小学校までお問い合わせください。
13:34 | 5年
2019/09/18

ホームステイに向けて

| by 美山学
5年生美山町内ホームステイ準備中

運動会を今週末に控え、小学校では児童も先生も準備や練習に余念がありません。
そんな中、運動会を終えるとすぐに待ち受けているのが
5年生ホームステイ体験です。

受け入れ先のご家庭12軒が決まり、皆さんと一緒にホームステイ受け入れに向けての説明会を開催しました。

 

みなさんとても熱心に、体験中のスケジュールや内容について確認していただきました。
中には、ご家族で児童の受け入れ中の体験内容をすでに考え始めてくださっている方も。

子どもたちは2人~3人のグループに分かれて、それぞれ自分の住んでいる地域とは異なる地域のご家庭にホームステイさせていただく予定です。

普段は小さいお子さんのいらっしゃらないご家庭にもお世話になります。
日程は9月26日から27日の1泊2日です。
子どもの声が日中に聞こえてきたら、ホームステイを受け入れてくださっているご家庭かもしれません。

子どもたちはこのホームステイを、上の学年の子たちを通して知っていますので、自分たちの番が来るのを楽しみに待っていました。

2日間お世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。
15:40 | 5年
2019/08/07

かやぶきの里へ

| by 美山学
美山のお宝WORLD!かやぶきの里へお宝さがしにLet’s Go!

 夏休みに入り、早くも2週間が過ぎました。毎日暑い日が続いていますが、子どもたちは家庭で、地域で元気に過ごしていることと思います。

 夏休み前の7月に、3年生は「
美山のお宝WORLD!お宝さがしにLet’s Go!」と題して総合の学習に取り組みました。7月2日に、かやぶき屋根職人をされている(株)茅葺き「ぶんな」の金谷さんに学校へ来ていただき、かやぶきについて教えていただきました。

 つづいて7月4日に、かやぶきの里へ行ってきましたので、その様子を振り返ってみましょう。

 
 
 案内していただいたのは、美山かやぶき民俗資料館館長の中野貞一さんです。
 はじめに、かやぶきの里を歩きながら集落のお話などを伺いました。
 
 
 資料館の中に入ると、約200年前の民家の様子がそのまま残されています。
 かやぶきの里が、重要伝統的建造物群保存地区に選定された当時に残されていた資料館は、火災により焼失してしまいましたが、現在の建物も約200年前の建物で移築されています。
 かやぶき民家を残す大変さや、そこに住みつづける良さ、また、地域の方同士の協力などについてお話をうかがったあと、班ごとでかやぶきの里内を探検しました。
 

 実際にかやぶき民家に住んでおられる地域の方にインタビューしました。
 みなさん、かやぶきの里やかやぶき民家に住んでいることに誇りを持っておられるように感じました。
 
 
 かやぶきの里を訪れる観光客はここ数年の間に、海外からの外国人観光客が急増しています。
 この日も、インタビューした多くの観光客は台湾やそのほかのアジア圏内からの外国人観光客でした。
 子どもたちはこの日のために用意した質問を、「インタビュー、オーケー?」などと片言の英語や中国語も交えながらインタビューすることに挑戦しました。
 授業でも英語学習がはじまっている3年生は、実際に英語を使う機会ができてドキドキわくわくしている様子でした。
 外国からの観光客の皆さんは、かやぶきの里や日本の風景をとてもいいと感じて来ておられ、美山小学校の子どもたちにもとても親切に対応してくださいました。また反対に質問されたり、写真を一緒に撮ってくださったりと子どもたちを楽しませてくださいました。 
 

 かやぶきの里やこの町の風景が、住んでいる地域の人にも、海外からの人たちにもとても魅力のあるものなのだと感じたインタビューになりました。
 夏休みの間に、家族でまた来てインタビューしてみたいな、と思った子たちもいたようです。
 夏休みの自由研究になるでしょうか・・・?
 


09:38 | 3年
2019/07/10

かやぶきを葺く!

| by 美山学
 美山のお宝WORLD!お宝さがしにLet’s Go!

  3年生の総合的な学習の時間に取り組んでいるのは、題して「美山のお宝WORLD!お宝さがしにLet’s Go!」。
 今年の3年生が目を付けた「お宝」とは、かやぶき民家です。
 7月2日に、かやぶき屋根職人をされている(株)茅葺き「ぶんな」の金谷さんに学校へ来ていただき、かやぶきについて教えていただきました。
 
 
 子どもたちがお宝と認めたかやぶき民家、そのかやぶき職人である金谷さんは、3年生の保護者さんでもあります。
 身近にお宝を作っている匠がおられるというのは、それだけでもすごいことだと感じます。
 最初に教室で、かやぶきがどんなふうにできているのか、材料のことなどかやぶきについてのお話をたくさん聞かせていただきました。
 そのあと、体育館で実際にかやぶきを葺く作業を体験させていただきました。
   
 準備だけでも、ものすごい作業量ですが、さすがに職人さんです。手際よくあっという間に組み上げられ、かやぶき屋根の構造が出来あがりました。いつもは見上げる位置にある屋根が、目の前に現れました。ここまでは子どもたちは実際には見ていない行程です。授業は組み上げられた状態からスタートしました。
  
 かやぶきを葺くための専用の道具がいくつもありました。
 これから実際に自分たちが手にして作業するということもあり、危険も伴いますからいつも以上に真剣に聞いています。
    かやぶきを葺く行程は、かや(ススキ)を丁寧に並べて、その上から竹で押さえて、まるで縫物をするかのように内側の骨組みに縄で縫い付けていきます。道具も大きな針(その名前もそのままハリと言います)を使います。
  
 かやの根元の切り口を上手にそろえてタタキで叩き、斜めの屋根の構造を作り上げます。
   3年生のかやぶき屋根が葺きあがりました。実は屋根の表面がかやの切り口で仕上がっているということ、こうしてみるとよく分かります。
 そして、雨が漏らないように工夫された昔の人の知恵も感じられます。
   
 あっという間に葺きあがった屋根は、終わった後にあっという間にバラバラに元通りにされました。
 実際の屋根葺き替えの作業も、バラバラにされると肥料になったり、土に返ったりしていくのです。
 捨てるけれどもゴミにならない、それもかやぶき屋根のすごいところです。

 話で聞くだけでは難しいこともありますが、こうして実際に体験してみると、子どもだけでなく大人もかやぶきの魅力をあらためて感じました。職人さんの思いも伝わります。貴重なお話と体験をさせてくださった金谷さん、ありがとうございました。

 これらを踏まえて、今度はかやぶき民家がたくさんあり、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている北地区「かやぶきの里」へ行ってきました。
 その様子は次回の美山学でご報告します。
15:29 | 3年
2019/06/26

カラフル野菜について発表しよう

| by 美山学
 カラフル野菜について発表しよう!

 2年生は、カラフル野菜についてもっと調べるために、6月18日に4つのグループに分かれて、生産者さんのところへ行ってお話を聞いたり、ふらっと美山へ行って販売の様子を見たり、生産者さんに調理の方法を教わったりしました。 

 今日は2つのグループが自分たちの調べてきたこと、見てきたこと、聞いてきたことなどをクラスのみんなの前で発表しました。

 
 
 2年生なりに考えて、様々な方法で発表をしていました。
 
 生産者さんの圃場へ見学に行ったグループは、クイズ形式で。
 クイズにすると、みんな参加できて楽しいですね。

 
 
 クイズのほかにも、生産者さんの役と見学に行った児童の役になって、インタビュー再現形式で発表したり。
 見る側も、聞く側もワクワクできる発表でした。おかげで、生産者さんの立場になって考えることもできました。

  
 聞いている子どもたちも真剣です。

 
 
 ふらっと美山での販売を見学してきたグループは、クイズのほかに自分たちが教えてもらったカラフル野菜について、写真を見せながら説明してくれました。

  
 このほかにも、自分たちで撮影してきた販売所の様子や、動画も紹介していました。

 それぞれのグループで工夫した発表がされていて、カラフル野菜に興味関心を持っていることが伝わりました。
 自分たちのワクワクを上手に伝えるプレゼンテーションで、野菜嫌いな子たちもカラフル野菜を食べてみたいと思ったようです。
 また、多くの子どもたちが、生産者さんが頑張って育てておられることや、おいしくなーれと大切に育てておられることが分かって、食べてみたいと思ったと感想を発表していました。
 
  




15:44
2019/06/12

芦生の体験をのぞいてみよう!

| by 美山学
 4年生グリーンワールドの体験をみんなに報告しました!

 5月23日に実施した4年生の芦生グリーンワールドの体験、つづいてちょうど今開催期間中の南丹市文化博物館企画展「芦生の森」の見学を通して、子どもたちはより深く自分たちの地域にある大自然、そしてそこに暮らす人々の営みを学ぶことができました。
 今日はその体験から、4年生が他のクラスのみんなに向けて発表をしました。

  

 美山小学校ではこれまでに芦生の森へいったことのある学年は、この4年生だけです。
 みんな、まだ行ったことのない森の様子を、写真や4年生の言葉を通して感じています。1年生から6年生までがとても静かに、興味深く聞き入っていました。

  

 芦生の森クイズも飛び出し、「由良川のはじまり、源流がある芦生の森から、由良川の河口がある舞鶴までの距離は何キロメートル?」や「オオカツラ」の木の高さは何メートル?など、全員が参加しながら楽しむことができました。
 芦生の森にある桂の木の巨木「オオカツラ」は高さ、30~40メートル、その周囲が11メートルもあるということで実際にどれくらいの太さなのか、4年生が円を作って見せてくれました。その大きさにどよめきが起きたほどです。

 

 4年生のグリーンワールドでの体験は、4年生だけにとどまらず、全校児童、先生たちにも感動とともに伝えることができました。
 全校を前にして、大きな声ではっきりと伝わるように発表すること、聞いている児童のみんなもしっかりと発表する人のほうを見て聞くことができていて、みんなとても関心を持っていることが伝わってきました。
 
 最後の先生の言葉のように、「みんながわくわくするような発表」だったと思います。
 こういったわくわくする気持ちが、学びの意欲につながるのでしょうね。コミュニケーション力、プレゼンテーション力にもつながる美山学に通じる発表でした。
 
 3年生はもう来年のグリーンワールドが楽しみで仕方ありません!
14:36 | 美山学
2019/05/22

清流美山川に鮎を放流

| by 美山学
 美山川の鮎放流体験

 若葉から新緑へと鮮やかな緑が移り変わるころ、由良川源流に近い美山の川(通称美山川)では、鮎の稚魚が放流され、6月には友釣りが解禁されます。
 
 美山漁業協同組合さんによる放流に5年生が参加体験させていただきました。

  

 最初に美山川にどのくらいの鮎を放流しているのか、今日はどれくらい放流するのかなど美山漁業協同組合の寺坂さんに伺いました。
 今年の放流量は全部で3,800kg、匹数にして約30万匹とか、そして今日この場所に放流されたのは120kg、約1万匹だそうです。

  

 通常の放流ではわざわざバケツに入れて放流するわけではありませんが、子どもたちは自分たちの手で直接川へ放流させてもらいました。
 バケツの中で元気に飛び跳ねる姿はとても元気で、これから美山川に出てますます元気に成長してくれることでしょう。

  
  

 バケツでそれぞれ放流した後は、残りの数千匹をまとめてトラックのタンクから川へと透明の管を通して放流します。流れてくる鮎が水の流れに逆らって泳ぐ様子は、鮎の本能を見せられているようで不思議な光景でした。子どもたちも興味津々です。
 こうやって美山川で生き抜いてきた鮎は友釣りや網入れで釣り上げられ、美山町内のレストランや旅館で鮎料理として提供されます。京都市内の料亭などでも人気があります。その証拠に、美山の鮎は「清流めぐり利き鮎会」で過去4回にわたり準グランプリを受賞しています。

  

 放流された鮎は群れをなして、あっという間に美山川深くへと泳いでいきました。

  

 お世話になった美山漁業組合の皆さま、ありがとうございました。
 6月1日の友釣り解禁には、5年生が放流した鮎を釣り上げる釣り人もおられることでしょう。
13:41 | 5年
2019/05/16

カラフル野菜を育ててみよう!

| by 美山学
 カラフル野菜を育ててみよう!
  ~ふらっと美山生産者の会さんと一緒に~


 2年生は1年生の時に朝顔を植えていた植木鉢で、今年はプチトマトを育てることに。お野菜作り名人がたくさんおられるふらっと美山生産者の会さんにお願いして、昨年から生産に力を入れておられるカラフル野菜について教えていただき、2年生も育ててみることにしました。

  
  
 植え付けや種まきの指導をお世話になったのは、ふらっと美山で野菜を生産販売されている生産者の会から代表の澤田さん、岩瀬さん、市原さんです。
 市原さんにカラフル野菜にはどんな野菜があるのか、写真を見せていただいたり、どうやって育てるのか聞かせていただきました。

  

 植木鉢に土を入れるところから、ひとつひとつ丁寧に教えていただきました。

  

 プチトマトは黄色と赤色の2種類です。澤田さんのお話では花芽が向いている方向にこのあとも実が付くのだそうです。実がとりやすいように、自分たちのほうに花を向けて植えつけました。なるほど、そうだったのか!
 
  

 次はプランターに、カラフルはつか大根、カラフルふだん菜、カラフル水菜(正式名称はほかにあります)の種をまきます。
 まずは、岩瀬さんに育て方を教えてもらいました。
 種をまいた時にはひとつひとつが近くに詰まっていて窮屈なので、間の苗を抜いて葉っぱを広げて大きく育つようにするんだよと、手を広げて実際に感じているところです。

 
 
 種まきをし始めると、プランターいっぱいに全部の種を撒いてしまったので、3~4日して芽が出だしたら間引きが大変そうです。

  

 家で、おじいちゃんおばあちゃんの畑仕事を見ている子どもたちも、実際に自分たちで苗を植えたり、種をまいたりしてみると多くの学びがあったようで、トマトの花の向きのことを知ることができたことなど、感想でも上手に伝えることができました。

 初夏を感じさせる厚い中での作業となりましたが、たっぷり水をやって、このあとの世話の仕方も教わりました。
 明日の朝から忘れずに水やりができるかな。

 お世話になったふらっと美山生産者の会の皆さん、ありがとうございました。
14:29 | 2年
2019/05/15

芦生の森へ

| by 美山学
 芦生の森で学ぶグリーンワールドに向けて

 美山には西日本最大級のブナ林、原生林、多くの研究者が足を運ぶ雄大な自然を誇る芦生の森があります。今年度から4年生が芦生の森でのフィールドワークをすることになります。
 先日はその下見に、ガイドをお世話になる芦生もりびと協会の皆さん、京都大学芦生研究林の方と一緒に行ってきました。

 
 

 5月の芦生の森はいろいろな木々の芽が、若葉から青葉へと変容する美しい季節になっています。実際に当日子どもたちが歩くコースに沿って、どのような話をするか想定しながら歩いていきます。
 4年生が今年度学習していく水のこと、例えば私たちが夏に遊んでいる川の水はどこから来るのかな?これまでに国語で学習してきたモチモチの木はどの木?キツツキの仕事って実際に見てみるとどんなだろう?もりのくまさんは芦生の森では何をしているのかな?などなど、たくさんの発見が期待できそうです。ホームページをご覧の皆さまには子どもたちより一足お先に、芦生の森の大自然をご覧いただこうと思います。

 
 

 実際に歩いてみると森の様子がよくわかり、子どもたちがこのフィールで何を見つけることができるかワクワクしてきます。

  

 上谷から杉尾峠へ向かうルートをガイドの皆さんの案内で歩くと、芦生の森に秘められた自然の偉大さに触れることができます。
 由良川の源流のはじまりを見つけることができるでしょうか。

   

 今年から美山小学校で実施するグリーンワールドと旧小学校合同で実施されていたグリーンワールドとの違いは、美山小学校がコミュニティスクールとして、また、美山学の一環としてこの学習に取り組むということです。つまり、このフィールドワークはガイドをお世話になる地域の皆さん、芦生もりびと協会の皆さん、熟議での話し合い、学校が一緒になって協議し作り上げているということです。
 
  

 コミュニティスクールは学校だけが子どもたちの教育に取り組むものではなく、地域、保護者、学校が一緒になって子どもたちの学びを深め、ともに教育に取り組みます。
 杉尾峠からの眺めは由良川の流れの先にある日本海を望むことができます。
 グリーンワールド当日も見ることができると良いですね。





13:32 | 美山学
12345