学校長あいさつ

 

    輝かそう! いのちを

          〜ともにくらし、ともに学び、育ちあう〜

平成284月、行永分校と北吸分校が統合され、新たな分校として、「行永分校」が開校し、今年度で、3年目となりました。

 今年は、桜の開花が早く、始業式、入学式の頃には若葉が芽吹きはじめ、木々の緑の輝きとともに、小学部に2名、中学部に2名の子どもたちの入学に心躍るスタートとなりました。 

 新しい友だちの入学をとても楽しみにしていた子どもたちも、笑顔いっぱいで迎えました。新たな友だちとともに、元気に勉強したり、一緒に仲良く遊んだり、様々な挑戦をすることで、いろいろなことに興味をもち、子どもたちの持っている力をさらに豊かにし、次の「できる」力につなげてまいりたいと思います。

 また、地域の皆様とのふれあいや地域の学校の子ども達との交流及び共同学習など、地域や地域の学校とのつながりを大切にした取組をすすめ、社会性を育むとともに、学校での学びをより確かなものにしてまいります。

 さらに、分校内には、舞鶴こども療育センターに入所している舞鶴支援学校の本校高等部の生徒で、本校へ毎日通学することが困難な生徒が学ぶ、分教室を設置しています。本校と分校が連携し、卒業後のよりよい社会参加をめざした学びに取り組んでまいります。

 行永分校は、隣接する独立行政法人国立病院機構舞鶴医療センターに入院または、京都府立舞鶴こども療育センターに入所している病弱・肢体不自由の児童生徒が共に学ぶ学校です。子ども達が「元気」に毎日、登校し、「笑顔」いっぱいで学習し、生き生きと学校生活を送るためには医療との連携が欠かせません。医療と連携・協働し、「ともにくらし、ともに学び、育ち合う」環境を築き、子ども達、一人一人が、いのちを輝かせ、「生きる力」をはぐくめるよう、全力で取り組んでまいります。

今年度も保護者の皆様、医療、地域、関係機関の皆様のより一層の御協力と御支援をお願いいたします。

                                校 長  細見 惠美