〒624-0812 京都府舞鶴市字堀4-1 TEL0773-78-3133  FAX0773-78-3135  http://www.kyoto-be.ne.jp/maizuru-s 
 

トピックス

新着情報
2019/07/17new

中学部7組 生活単元学習「笹の葉さらさら願いよ届け!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

 7月4日(木)、小学部9組、中学部7組、高等部1・2組合同で七夕コンサートを実施しました。コンサートに向けて、生活単元学習の授業で願い事を書いた短冊を作りました。願い事の内容は指導者と一緒に考え、「たくさん勉強ができますように」など短冊になぞり書きをしたり、目とほほのシールや着物に見立てた画用紙を貼ったりして、かわいい短冊ができました。また、折り紙で四角つなぎや吹き流しの七夕飾りも作り、コンサート会場の笹の葉に結びました。
 当日、他学部の友達の前で、一人一人の願い事を、VOCA(音声出力会話補助装置)を使って発表しました。また、朝の会や学級音楽で取り組んできた「おはよう」という歌を、レインスティックやトライアングル、ハンドベルなどを使った楽器演奏で発表し、他学部の友達の発表についてもしっかりと見ることができました。少し緊張した様子でしたが、学級の発表などをとおして徐々に笑顔を見せて、いろいろな友達と交流することができました。

     
7組オリジナル短冊。願いが届くといいな!      楽器演奏をみんなの前で披露したよ!                力強く折り紙をちぎって吹き流しを作ったよ!
17:58 | 中学部
2019/07/11

小学部 合同体育 「水泳学習がはじまりました!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
  6月25日(火)に「水遊びを通して水に慣れ、親しむことができる。」「水中に顔をつけたり、息継ぎしたりすることができる。」などをねらいに、5つのグループに分かれ合同体育「水泳学習」の授業がありました。
 今年初めてのプールということもあり、みんなワクワク、ドキドキ期待いっぱい!「プールサイドは歩くこと」、「先生の話をしっかり聞くこと」を約束して入水しました。歌を歌いながらの「電車歩き」や、水中で鼻から息を吐き、顔を上げて「パー」と口から吐く「ぶくぶくパー」、中には壁につかまったり、歩いたりしながら「息継ぎ」をするグループもありそれぞれのねらいをもって、水泳学習をすることができました。

プールサイドに笑顔があふれ歓声が響きわたりました。今後も楽しく水に親しめるよう、外プールやトレーニングプール(室内)を使い様々な取組を行っていきます。

          
思いっきりバタ足で水を蹴りました!  ♪せ~んろは続く~よ!楽し~い

      
水に顔をつける練習もしたよ!    友達と一緒に浮島にチャレンジ!
17:00
2019/07/05

国語「新茶で一句!~俳句作り~」

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
  中学部5・6組は、国語の授業で「体験的な活動に触れ、いろいろな感情を表現できる。」ことをねらいに、「俳句の学習」に取り組んでいます。

5月、6月は、初夏の季語「新茶」に関連した体験を行い、俳句をつくりました。茶葉を茶筒に入れる「音」や、急須や湯吞みにお湯を注ぐ「音」。茶葉やお茶の「香り」「色」「味」など、「新茶」を味わうまでの様々な体験から自分なりに感じたことをそれぞれワークシートに記入し、それらの言葉を使って五七五の俳句にまとめました。

一回目の「選句」では、自分が作った俳句の中から気に入った一句を選びました。また、選んだ全員分を無記名で一覧にまとめ、その中からそれぞれが気に入った三句を選びみんなで鑑賞しました。自分の句が選ばれるかワクワクしていたり、選ばれると少しはにかんだりする生徒もいて微笑ましかったです。

自分の作品が評価される喜びを次の俳句作りの意欲につなげてほしいと思います。

               
  茶摘みは春の季語です!       この香りがまさにお茶!       温かくてほっとする!         奥深い五七五の世界!


16:25 | 中学部
2019/07/01

地域とつながる学習 「サツマイモの苗植えへ行ったよ!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
 6月3日(月)に、小学部1~3組、5~8組の児童は、「地域の方に農作業を教えていただく。」「サツマイモの成長を観察する。」ことをねらいに、生活単元学習「サツマイモの苗植え」の学習をしました。 

  事前学習では、サツマイモの成長する様子を映像で学びました。また、地域の方に学校に来ていただき、砂場に作っていただいた畝を使って、実際に苗植えの仕方をわかりやすく教えていただきました。苗植え当日も、地域の方の御指導のもと、事前学習で教えていただいた方法で100本もの苗を上手に植えることができました。今後は、児童たちが水やりや草引きなどの農作業を担いながら、苗の成長を観察していきます。
  また、2、3学期には、地域の方々を招待しての収穫祭、サツマイモのつるを利用してのリース作りなど、年間を通しての交流を計画しています。

         
学校の砂場で植える練習をしました。              畝に対して斜めに寝かせて植えました。                   指示をよく聞き、手本通りに植えました。


16:19 | 小学部
2019/06/25

大阪・神戸方面への修学旅行 「様々な社会体験ができました!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
 小学部の6年生8名は、5月30日(木)と31日(金)に「校外での学習を体験することにより、社会性を身につけ知識を深める。」「宿泊を伴う活動の中で、友達とのふれあいを深め、生活経験を広げる。」をねらいとして、修学旅行に行きました。
<1日目>
  海遊館では、魚の通り抜けトンネルや、巨大なジンベイザメの姿にみんなの目はくぎ付けに。また、ふれあい体験水槽では、サメやエイに実際にタッチして不思議な感触を味わいました。

キッズプラザ大阪では、パン屋さんやアナウンサーなど、様々な仕事を体験することができました。また、大きなシャボン玉に入ったり、クイズをしたり様々な経験をすることができました。
<2日目>
 ボウリングに挑戦!!重たいボールをそれぞれ工夫して1ゲーム投げ、みんなで交流しました。おもちゃ王国では、SLとうじょう号やメリーゴーランド、観覧車などにみんなで乗り、お土産を自分で選んで買うなど楽しい思い出ができました。 事前学習で学んだ、集団行動のルールをしっかりと守り、また、出発式・解散式や食事のあいさつなど担当した役割をしっかり果たし、楽しい旅行となりました。
   社会経験を通して、たくましくなった6年生が体育祭や文化祭など、様々な場面で小学部のリーダーとして活躍することを期待しています。

      


16:03 | 小学部
2019/06/24

災害時想定給食「もしもの時にも落ち着いて食べられるよ!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
  本校は毎年独自に「防災の日」を設定するとともに、年間を通し防災への意識を高めるための学習や取組を行っています。

   6月5日(水)には、地震想定避難訓練や起震車体験をした後、体育館を地域の公民館などに見立てて全校生徒が集まり「災害時想定給食」の取組を行いました(小学部は感染予防のため、自教室などに変更)。

当日は、保存食や支援物資で代表的なレトルトパックのカレーと御飯、常温保存が可能な野菜ジュースを喫食しました。給食の準備は、230名分の湯煎したレトルトパックを拭く作業を中学部の生徒が担いました。高等部の生徒は小学部の児童分を配る係や食品を並べる係、食後のゴミ回収の指示や整理をする係それぞれに分かれての役割を担いました。小学部の児童たちは配ってくれたお兄さんお姉さんたちに「ありがとう。」と伝えることができるなど、いつもとは違う環境や内容での給食でしたが、普段どおり落ち着いて食べる事ができました。

  災害時に必要な周りの人と協力することや、自分ができることを手伝うなど、集団生活の基本を体験する貴重な機会となりました。

        
湯煎した温かい御飯とカレー                  慎重にトレーで運びました。         災害時こそ食事が大事!


11:43 | 全校
2019/06/20

中学部 PTA親子行事 ボウリングで楽しく交流!

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 6月9日(日)、北吸のマリンボウルで親子行事を行い、御家族を含め67名の参加がありました。ゲームは2人1組になり、1投ずつ順に投げました。初めて参加された御家族ともゲームが進むうちに打ち解け、ストライクやスペアが出たときにはガッツポーズで喜びあったり、ハイタッチで迎えたりする様子があちこちで見られました。学校外での活動に、普段とは違った生徒の一面も見られ、学級を越えて生徒も保護者も交流できるとてもよい機会となりました。PTA役員様にも大変お世話になり、ありがとうございました。

           
やった!ストライクとったよ!    わたしすごい!     転がし台でストライクを目指しました。
16:17 | 中学部
2019/06/14

中学部 「マナー向上週間」でかっこいい自分を目指しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員

中学部は、5月27日(月)~31日(月)に、「かっこいい中学生を目指そう!」とマナー向上週間の取組を行いました。「姿勢を正して学習に向かう。」「当番活動を頑張る。」「元気にあいさつをする。」など、自分で決めた1~3個の目標を意識して生活し、目標が達成できたかを毎日「頑張りチェック表」に記入し振り返りました。

自分の目標を達成しようと意識して生活することで一人一人の行動が変わるだけでなく、教室にあいさつがあふれるなど、学級や学部としてもかっこいい集団となることができました。また、保護者とも連携して進めたため取組が終わった後、家庭においてもよい習慣が家庭や身につくきっかけともなりました。特に頑張った生徒は中学部集会で表彰され、これも大きな励みとなりました。

   今後、日常生活の中で、この取組で付けた力が発揮できるよう指導していきます。1月にも同じ取組を行います。

                        
朝のさわやかなあいさつ     みんなの机をきれいに      ウォーカーでゴミ捨て      友達のがんばりに拍手


16:58 | 中学部
2019/06/10

「心肺蘇生法」 の職員研修会を行いました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
  5月15日(水)、「救命についての危機感を持ち、発生時を想定した心肺蘇生法を学ぶ。」「AEDの使用方法を学ぶ。」ことをねらいに、職員対象の講習会を実施しました。本年度も、舞鶴市西消防署様の御協力のもと、心肺蘇生練習器具(あっぱくん)を使用した胸骨圧迫やAEDの使い方、水中事故の対応などを講義と実技を通じて学びました。

 講義では、心臓突然死はいつでも、どこでも、誰にでも起こりうる可能性があり、その場面に遭遇したときに、迷わず3つのPUSH(①勇気を出す。 ②胸骨圧迫で胸を押す。 ③AEDのボタンを押す。)を行うことを指導いただきました。実技では、倒れた人を想定して「あっぱくん」を使い、救急車が到着するまでの処置の流れを体験しました。意識や呼吸の有無がわからなくても迷わずに心臓マッサージやAEDを使用することが命を救うことにつながることも指導いただきました。
 講師の「その場にいるあなたにしか救えない命があります。」という言葉を忘れず、今後も研修を重ね、冷静かつ迅速に対応できる技術を身に付けていきます。

                              
   胸骨圧迫で2倍、AED使用でさらに2倍          AEDは玄関を入りすぐの保健室前に設置
 救命率が上がるそうです。                  しており、地域の方にも使っていただけます。  

 



19:15 | 研修
2019/06/10

高等部6・7・8組の授業紹介「体育」「美術」

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
   高等部6・7・8組は「体育」の授業で、ソフトボールに取り組んでいます。練習は、基本のキャッチボールを中心に、フライやゴロの捕球練習も行いグラブさばきを磨いています。 バッティング練習はみんな大好きで、「さすが高校生!」と感心するほどのパワーで外野まで打球を飛ばす生徒もいます。試合形式での練習もあり、ルールなどを生徒同士で教え合ったり確認したりしながら学習しています。

  「美術」の授業では、自分の好きな校舎まわりの風景をタブレット端末で撮影し、その写真の風景を貼り絵で描き出します。折り紙をちぎる作業も貼る作業もとても細かい作業なので集中力が必要ですが、みんな根気強く丁寧に取り組むことができています。友達の作品から刺激を受けて、自分なりの工夫をしながら少しずつ下絵に色がついてきています。完成がとても楽しみです。

         
        体育「ソフトボール」                   美術「貼り絵」


19:13 | 高等部
2019/06/10

中学部「駅伝大会」 7チームがタスキをつなぎました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
  5月19日(日)の参観日に、「ペースを守って一定の距離を完走し、体力の増進を図る。」「チームで協力してタスキをつなぐことで、自分の役割を果たすという意識を高める。」をねらいに、中学部駅伝大会を実施しました。

生徒たちは、朝のランニングや体育の時間などで練習を積み重ねてつけた力を存分に発揮し、7チーム全てタスキをつなぎ完走することができました。
   コースでは、前の走者を追いつこうと一所懸命走る姿や、友達の応援を励みに練習の時よりペースを上げて走る姿、次の走者にタスキをつなげようと最後まであきらめずにゴールを目指す姿など、「チームのために走る」という姿が見られました
  
また、チームを超えて、「頑張れ!」「ラストスパート!」などと力走している友達のことを応援することができ、中学部がひとつとなり盛大な大会となりました。
                             
 中間地点では、白熱したタスキの受け渡しが行われました。       みんなの声援を受けて、折り返し地点を目指します。


19:11 | 中学部
2019/06/10

小学部「遠足」 たくさんの遊具にチャレンジしました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
   5月17日(金)、「自然に親しむとともに地域社会の中で活動し、様々な体験を積む。」「友達と一緒に歌やゲーム、遊具遊びを楽しみ、友達関係を深める。」をねらいに、学校のバスを使って青葉山ろく公園へ遠足に行きました。
   はじまりの会では、みんなで「オブラディオブラダ」の曲に合わせてダンスをしたり、ボール送りゲームをしたりして交流し、大いに盛り上がりました。その後は、気持ちのよい青空のもとで、思い思いに遊具などで遊びました。一番人気の長いすべり台「竜の背くだり」は30m以上あり、頑張って斜面を登ると眺めは最高!さわやかに風を切って次々と笑顔の児童が滑り降りました。また、ターザンロープや揺れる橋などたくさんのアスレチック遊具にもチャレンジしました。
   青葉山麓の自然を感じながら、順番やルールを守って遊んだり、公共の場でのマナーや集団活動の約束を守ったりして、友達と一緒に楽しみ、社会経験を広げることができました。
                           
みんなで輪を作って、ダンス             曲が止まるまで隣の人へ                おもしろい遊具がたくさんあり子ども
で交流しました。                    ボールを送ります。                    たちはいろいろと工夫して遊びました。

                 
友達と一緒に滑るのも楽しいね。     のびのびと自由遊びを楽しみました。

19:06 | 小学部
2019/05/19

高等部1組 生活単元学習 「販売会で買った野菜の苗を育てよう」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
   高等部1組は、4月24日(水)生活単元学習で「苗を購入する手順を体験することができる。」「会計の順番を待って、買い物のやりとりをすることができる。」をねらいに、本校の「春の苗販売会」で苗を買いました。

事前学習では、どの野菜を育てて食べたいかを決めたり、買い方の練習をしたりしました。当日はVOCA(音声出力会話補助装置)なども使いながら、「かごにいれてください。」「ありがとうございました。」などと伝え苗を受け取ることができ、会計の順番も守って買うことができました。

 また、26日(金)には、購入した野菜の苗の移植作業をしました。苗や土の感触や臭いをたっぷり確かめた後、指導者と一緒に苗を植えたり、根元に土をかぶせたりすることができました。ひもを引くと水が出る補助具を使い、今後も水やりを続け成長を観察していきます。
   
                                
     VOCAのスイッチを押して「ナスを                              「大きくなあれ。」という気持ちを込
         ください。」と伝えました。                                    めて、みんなで水やりを続けます。


15:25 | 高等部
2019/05/14

春の苗販売会「おいしい野菜の苗ですよ!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
  4月24日(水)「作業学習で生徒たちが育てた野菜の苗を地域の人に買っていただくことにより、達成感や作業学習に向かう意欲を育む。」ことをねらいに春の苗販売会を本校で開催いたしました。

  事前学習では、「感謝の気持ち」を大切にしながら、あいさつや接客の仕方、会計シートの記入などの練習を積み重ねてきました。少しでもたくさんのお客様に買っていただけるように、苗のセールスポイントも覚えました。

  当日は、小雨が降る中でしたが、たくさんの地域の皆様に来ていただき、大きな声と笑顔で接客し、販売することができました。お客様からは、「毎年この日を楽しみにしています。」「苗の種類も多く、よく育つ苗でありがたいです。」などのうれしい声を聞くことができました。

  苗販売会を終えた生徒たちは事後学習の中で、「野菜の特徴を覚えて伝えることができました。」「聞かれたことに答えることができました。」「会計が大変だったけど頑張りました。」などの報告をすることができ、日頃の学習の成果を十分に発揮することができました。
  地域の皆様に「毎年楽しみにしています。」と言っていただけたことを励みに、次回の「秋の販売会」に向けて作業学習に一層励んでいきます。

自分たちで育てた夏野菜の苗(万願寺トウガラシ、
キュウリ、トマト、ナスなど)の販売をしました。


18:05 | 高等部
2019/05/07

新しい学級の目標や取組を発表「高等部集会」

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
  4月17日(水)「高等部の友達について知り、これから協力していく友達としての意識を高める。」ことをねらいに、高等部集会を行いました。学級の紹介では、自己紹介や学級目標の発表だけでなく、それぞれの学級で選んだ歌や楽器演奏、ダンス、スポーツなどのパフォーマンスを披露し、大いに盛り上がりました。新年度がスタートして取組期間が短い中で、どの学級も集会に向けてしっかり練習し、その成果を発揮することができました。集会の最後には、学級を越えて、行事や取組などみんなで協力して頑張ろう!とこれからの学校生活に向けて、結束を固めました。
     
     「学級目標の発表」                 「ダンスの発表」                   「楽器演奏」  
16:09 | 高等部
2019/04/18

桜満開 晴れやかな入学式となりました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 4月9日(火) 桜満開の下、保護者や御来賓等、多くの方々に温かく見守られながら、小学部8名、中学部17名、高等部22名、計47名が入学しました。

 新入生は、期待と希望に胸をふくらませ名前を呼ばれると元気に返事をしました。

 式の中で、校長先生が「今日から皆さんは、舞鶴支援学校で学びます。自分の夢や目標に向かい、学び、鍛え、常に新しい自分に挑戦し続けてください。新しい自分を見つけ、自分の力を伸ばし、夢の実現に向けて努力していきましょう。」と、式辞を述べられました。

 続いて、新入生代表生徒が、「人とのコミュニケーションがしっかりとれるようにしたいです。また、ものを作ることが好きなので、その力を伸ばしたいです。」と、力強く喜びの言葉を述べました。

 在校生は全員で、「入学おめでとうございます。いっしょに学び、自分をきたえ、いろいろなことに挑戦しましょう。」と、お祝いの言葉を伝えました。

 この日から、新しい友達や先生とともに、自立と社会参加を目指して第一歩を踏み出しました。

                    
17:04 | 全校
2019/03/22

卒業生を送る会

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
(小学部)
 2月22日(金)に「6年生を送る会」を行い、9名の卒業をお祝いしました。
 6年生は、自分が頑張っていることや中学部に向けた決意を発表しました。計算や漢字の読み、ボール投げや縄跳び・歩行・楽器の演奏やスイッチを使ったパソコンの操作など、それぞれが頑張ってきたことをしっかりと発表することができました。どの発表も6年生の頑張りがよく伝わり、在校生からは「がんばれ。」という応援の声や大きな拍手が起こりました。 
 5年生は、実行委員として、司会やあいさつ、お祝いのくす玉割りを担当し、また、在校生の中心となりみんなをリードし「ビリーブ」の歌を歌いました。

最後に小学部みんなで大きな円になり、「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」のダンスを踊ったり、ボール送りゲームをして楽しい会となりました。6年生は、みんなにお祝いをしてもらった喜びを感じながら、頑張ってきた自分自身を振り返り、また、中学部への期待を大きく膨らませることができました。


            
     「僕はわり算の勉強をがんばりました。」       卒業生3人で「ゆかいなまきば」を合奏し、
                                              在校生も一緒に歌いました。

(中学部)

 2月28日(木)に「卒業生を送る会」を行いました。卒業生10名は当日に向けて中学部3年間の思い出を振り返り、決意発表の内容を考えて、練習に取り組んできました。在校生はお祝いの気持ちを込めて寄せ書きを作ったり、会場準備や飾りつけをしてきました。 
 当日は、卒業生の思い出の写真の紹介や決意発表、保護者からのメッセージなどがありました。決意発表では、「修学旅行で初めて乗ったジェットコースターが楽しかった。」「たくさんの漢字を覚えた。」など中学部での思い出や、「部活動をがんばりたい。」などと高等部での目標を発表しました。思い出を振り返る中で、思いが込み上げ卒業生、在校生だけでなく保護者の方も涙ぐむ場面もあり、温かい雰囲気の送る会となりました。

 最後は、出席者全員で手話を交えて「友~旅立ちの時~」を歌い、花道を作って卒業生を送り出しました。たくさんの拍手と笑顔に包まれ、卒業生は晴れやかな表情で花道を歩んでいきました。


             
      在校生が寄せ書きのプレゼントを手渡し      みんなの拍手に応えながら、花道を
      ました。                              歩みました。



(高等部)

 高等部はグループごとに「卒業生を送る会」が行われましたが、3月5日(火)には、「高等部集会」という形で全員が体育館に集まり、卒業する20名の門出を祝いました。評議委員のあいさつの後、卒業生一人一人の思い出を映像で振り返りました。卒業生在校生ともにスクリーンに集中し、なつかしいシーンに笑みを浮かべたり、時には目をうるませたりして、思い出を振り返りました。次に、卒業生と在校生が向かい合い、全員で「旅立ちの日に」を合唱し、社会へ飛び立つ卒業生を祝福しました。 

最後は、在校生たちが花道を作り、お祝いの言葉を伝えハイタッチをして3年生を送り出しました。これからも大きく、たくましく成長した卒業生が、「社会」という新しいステージで活躍することを期待します。

             

     「旅立ちの日に」を在校生と卒業生が向かい       花道を歩く卒業生たちは笑顔いっぱいでした。
      合って合唱し別れを惜しみました。
14:17 | 全校
2019/03/14

高1組 生活単元学習 「剣道」を体験しよう!

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

生活単元学習「日本の伝統文化『剣道』を体験しよう」

高等部1組の訪問生は、3学期に、生活単元学習「日本の伝統文化『剣道』を体験しよう」に取り組みました。1回目は、有段者の本校職員から剣道の魅力や、学生時代の剣道にまつわる様々な話を聞き、試合の様子もVTRで鑑賞しました。また、ルールや所作、打突部位なども教えていただき本物の竹刀を触るなどして、興味・関心がふくらみました。
 2回目は実際に剣道着や手ぬぐいを頭に着け、30㎝ほどの竹刀を足指でしっかり握り試合をしました。所作もよく覚えていて、「礼」の後、しっかりと構え、「はじめ」の合図で迫力ある竹刀と竹刀の攻防が展開し、足を俊敏に動かして「小手」や「面」を決めました。試合後は「疲れたけれど楽しかったです。」「またやりたいです。」などと、生き生きとした表情で感想を伝えました。日本の伝統文化「剣道」を学ぶとてもよい機会となりました。

             
   竹刀の攻防の後            すかさず「小手」             「面」も決まりました
11:35 | 高等部
2019/03/08

よりよい製品作りへの意欲が高まりました!「西市民プラザ製品販売会」

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
   2月21日(木)、舞鶴市西市民プラザにおいて高等部約50名が参加し、本校の製品販売会を開催しました。販売会場には作業学習で製作した「農園芸」「ガラス工芸」「工芸」「陶芸」「木工」の製品が所狭しと並び、生徒たちの笑顔と元気な「いらっしゃいませ。」の声が広がりました。
 オープニングセレモニーでは、本校の太鼓組が日頃の練習の成果を発揮し、力強い和太鼓の音を会場やマナイ商店街に響かせ盛り上げていました。
 事前学習では、お客様に説明できるように製品の特徴を覚え、お客様を見て笑顔で対応できるようにと接客の練習を繰り返してきました。また、自分がデザインした製品のチラシを作ったり、おすすめポイントを書いたポップを準備したりする生徒もいました。その成果もあり、たくさんのお客様に御来店していただく中、生徒たちは「春が近いので、桜の模様はいかがでしょうか。」「在庫を確認してまいりますので少々お待ちくださいませ。」「割れ物ですので、お気をつけてお持ち帰りください。」など、一言添えた接客をすることができました。
 会場まで足を運んでいただきました保護者や地域の皆様、生徒たちへあたたかい御声援をいただき本当にありがとうございました。また、この日を迎えるにあたり、マナイ商店街の皆様には御協力いただきありがとうございました。

今回の経験で学んだお客様への感謝の気持ちや、よりよい製品作りを通して働く意欲を今後の学習で更に高めていけるように指導していきます。


         
      力強い演奏で会場を盛り上げた          笑顔で元気よく「いらっしゃいませ!」
      オープニングセレモニー。
18:45 | 高等部
2019/03/08

お客様に喜んでいただき、また頑張ろうと思いました!「舞ショップ」

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 中学部は、2月14日(木)に「人と関わる時の基本的なマナー、コミュニケーション力を身につける。」「自分たちが働いた結果、身近な人に喜んでもらうことで、働く意欲を持つ。」「身近な人から感想や評価を聞き、高等部や次年度の学習への意欲を高める。」などをねらいに「舞ショップ」の取組を行いました。

 「舞ショップ」(校内での模擬販売会)の店頭には、各学級が作業学習や生活単元学習で心を込めて製作した刺し子のふきん・コースター・トートバッグ・ランチョンマット・箸置きなど様々な製品が並び、保護者や教員を対象に模擬販売をしました。
 また、販売だけでなく、受付・お客様へのアンケート・案内などの役割を通じて、中学部全員が接客に携わりました。それぞれの生徒が、事前に何度も練習した接客の応対に従って、「いらっしゃいませ。」「アンケートに御協力ください。」など、大きな声でお客様に言葉をかけたり、アンケートのお願いをしたりして、責任を持って自分の役割をはたすことができました。

    取組後の振り返りでは、製品が完売し大盛況であったことやお客様アンケートでも高い評価を得られたことを知り、働く意欲や次年度の学習への意欲が高まる取組となりました。

      
  「ありがとうございました。」        シールを使ったお客様アンケ          受付にて、丁寧な言葉遣いで          スイッチを使って接客を
 としっかり伝える事ができま         ートの呼びかけをしています。         お客様を案内しています。         しています。
 した。


18:28 | 中学部
2019/03/07

給食月間の取組

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
  給食月間の取組を紹介します!

 

2月1日(金)~28日(木)、「自分の食生活を見直す機会とする。」「給食が多くの方々によって作られていることを知り、感謝の気持ちを深める。」「様々な食材に触れて、興味を持ったり、食に関する知識を高めたりする。」などのことをねらいに、全校で給食月間の取組を行いました。各学部の取組の一部を紹介します。

(小学部)

小学部では、集会の中で、たくさんの調理員の方が力を合わせて給食を作っておられる映像を見て、給食が作られるまでのイメージをふくらませました。また、調理員さんに来ていただき、実際に使っている大型しゃもじで混ぜる体験をしました。「からあげはどうやってつくっているのですか。」「給食はなんでこんなにおいしいのですか。」など、児童から出たたくさんの質問にも丁寧に答えていただきました。集会の後には、おいしい給食を作ってくださる調理員さんや栄養教諭の先生に、学級ごとに感謝の気持ちを込めて作った「ありがとうカード」を手渡しました。その他、給食月間に「三角食べをする」「器を持って食べる」など、給食に関する一人一人の課題に挑戦する「にこにこランチチャレンジ」にも取り組み、各自頑張ることができました。
             
       「よいしょ!よいしょ!」調理員さんが      毎日、おぼんと食器を片付けること
       実際に使っておられる大きなしゃもじ      を目標に頑張って取り組みました。
       で混ぜる体験をしました。        
(中学部)

中学部は、給食が作られる様子や給食にかかわる方の仕事の映像を見ました。その中で調理員さんの大変さや牛乳やパンを毎日届けてくださる方々がいることを学習しました。また、苦手な食材も食べられるように工夫して調理してくださっていることなどにも気づくことができました。給食にかかわる人たちへ感謝状を学級ごとに書くことや、実際に大変さを知ったことで「おいしい給食をありがとうございます。」「好き嫌いせずに食べます。」などと心を込めて感謝の手紙を書くことができました。また、手紙を調理員さんや牛乳屋さんに直接手渡し、感謝の気持ちを伝えることもできました。
                     

                         「ありがとうございます。」としっかり伝え
                           感謝状を渡すことができました。

(高等部)

 高等部4~6組は、総合的な学習の時間に栄養教諭の先生が「好き嫌いをなくそう」「正しい間食(おやつ)の食べ方」などをテーマに、実験も交えて授業を行いました。特に生徒が驚いたのはジュースを作る実験でした。目の前で500mLの炭酸水になんと20個の角砂糖が次々に入れられ、あっという間にできあがり!生徒たちからは「どんだけ!」「甘すぎる!」などと驚きの声が次々と聞こえてきました。また、ポテトチップス一袋には小瓶1本分の油が入っていることも見せていただき確認しました。

 「間食は時間や量を決めて食べる。」「食べる物のカロリーを考える。」など、上手な間食の取り方を具体的に教えていただき、自分の間食を見直すよい機会となりました。今回学んだことを生かした生活が送れるよう今後も指導していきます。



                          
                        野菜マンが登場!クイズ形式で野菜について
                        楽しく学習できました。

18:49 | 全校
2019/02/16

中学部 「総合的な学習の時間」 清掃技能を教えてもらいました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
  高等部の先輩から清掃技能を教えてもらいました!
  中学部2組は、1月30日(水)総合的な学習の時間に、高等部「職業自立コース」の先輩たちから「タオル・乾式モップ」「自在ほうき」の正しい使い方を教えてもらいました。高等部の先輩たちは、昨年11月に行われた京しごと技能検定(清掃部門)に出場し、技能検定の取組で身につけた方法を中学部生徒に教えました。

2組の生徒は高等部の先輩に直接教えてもらうのは初めての経験で、最初は少し緊張していましたが、道具の正しい使い方や、掃除の手順などを優しく教えてもらう中で少しずつうち解け会話も増えてきました。先輩たちの正確な清掃の仕方やてきぱきと動く姿に驚き刺激をもらいました。この学習を通し、道具を正しく使い教室のすみずみまできれいにする掃除の仕方を学ぶことができました。

今後も高等部の先輩に教えてもらったことを、日常の掃除活動に生かしていけるよう指導していきます。

         
シートの取り換え方を        先輩に教えてもらった            モップは教室の「へり」           さすが先輩!ほうきの
教えてもらいました!        手順で拭くとピカピカに!         が難しい。                     操作が巧みです。


15:04 | 中学部
2019/02/16

授業紹介シリーズ 「総合的な学習の時間」 選挙について学習しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

選挙について学習しました!
  高等部7・8・11組は、1月23日(水)の総合的な学習の時間に、「選挙に関心を持ち、選挙の意義や大切さを知る。」「投票の仕方を知り、支持したい候補者を考えて、正しい手順で投票する。」ことをねらいに選挙学習を行いました。
  舞鶴市選挙管理委員会から、実際使用されている投票箱や記載台をお借りして、本番さながらの設定で行いました。3人の教員が舞鶴市長候補者として立会演説を行い、その演説内容を聞いて自分の意見と同じ候補者を決め、模擬投票を行いました。

  正しい手順で投票できるか、不安を持っていた生徒も、友達の様子を見たり、自分でやってみたりすることで見通しを持つことができ、自信を持って投票することができました。18歳を迎えれば選挙に参加することになります。社会で自分の意見を示すために、この経験を生かしてほしいと思います。

    


14:47 | 高等部
2019/02/14

授業紹介シリーズ 中学部 「自立活動」 サーキットトレーニング

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 3学期、中学部1組は毎朝のランニングの後に、「様々な感覚を刺激し、学習に集中しやすくする。」「体力の向上や体幹を鍛える。」などをねらいにサーキットトレーニングに取り組んでいます。トランポリンやラダー、腕立てなど6種類の運動を1セットとし、30秒ずつ複数回繰り返し行っています。どの運動にも少しずつ慣れ、30秒内にできる回数が少しずつ増えてきています。自主的に次の運動に取り組むことや、準備や片付けもすべて自分たちでできるようになっています。また、友達と協力してトランポリンを運んだり、準備をしている友達を手伝ったりと、運動の面の向上だけではなく友達と関わる力も広がってきています。

 今後も、友達と関わりながら楽しく一緒に体を動かことができるよう指導していきます。


      
お腹を軸にして左右にツイスト!   「バービージャンプはしんどい!」  友達と協力しての準備親片付け!


17:46 | 中学部
2019/02/06

授業紹介シリーズ 中学部 2・4・5組 「音楽」 鑑賞・合唱・身体表現

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
  3学期、中学部2・4・5組は「日本各地の民謡を知る。」「歌いたい気持ちを引き出す。」「のびのびと身体表現をする。」ことをねらいに、合同で「音楽」の学習に取り組んでいます。
 鑑賞では民謡を聞き、「どんな場面が描かれているか」などについて考えます。それぞれ「山に花が咲いている様子。」など、頭に浮かんだ自分自身のイメージをみんなの前で発表する活動にも取り組んでいます。 
  合唱では元気よく、またきれいなハーモニーで歌うことをねらいにしています。「2組のみんなが大きな声で歌うから僕も声を出しやすい。」と、友達の頑張りに刺激を受けながら、練習に励んでいます。
  身体表現では、ボディーパーカッションの動きをグループごとに考えています。「この動きの方がかっこいい。」など、友達と意見を出し合いながら、みんなができる表現や、少し複雑な動きなども取り入れながら、のびのびと身体表現をすることができています。
 

              


16:17 | 中学部
2019/02/06

授業紹介シリーズ 小学部7組 「図工」 花文字に挑戦したよ!

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 小学部7組では、「色彩感覚を豊かにする。」「お正月のおめでたい雰囲気を感じる。」などをねらいに、図工の時間に「花文字」を作りました。花文字は、中国で生まれ、縁起がよいものとされています。子どもたちに紹介すると初めて見たようで、興味津々!目が輝きました。 まず、自分の好きな文字を決め、次に、一画ずつ色を変えるなど多彩な絵の具を使って書き進めました。文字は太く筆で書き、乾いた後に30色の細いペンで文字の所々に絵や柄を描いて装飾していきました。子どもたちは色を変えたり、書き方などを工夫したりしながら夢中で手を動かし、カラフルで素敵な作品を完成することができました。

   今後も、子どもたちが意欲的に制作できるよう指導していきます。


   


16:03 | 小学部
2019/02/06

授業紹介シリーズ 小学部3組 自立活動 「レッツチャレンジ」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 小学部3組は、2学期に引き続き「体幹を鍛える。」「バランス能力を高める。」などをねらいに、自立活動「レッツチャレンジ!サン・3・SASUKE!パート2」に取り組んでいます。

 「みてみてバランス」の課題では、バランスボードの上に片足で立ちながら、壁に貼られた数字を目で追い読んでいきます。バランスを取りながら読むという2つの活動を同時に行うため、かなり集中力が必要となります。子どもたちは頭がぐらぐらしないように体幹に力を入れ、全身を上手に使って少しずつバランスが保てるようになってきています。

 「けったらかち」の課題では、ロープを3人で持って輪っかを作り、自分の後ろに置かれたコーンを早く蹴った人の勝ちとなります。腰を低くして引っ張り、友達とのタイミングを図りながら上手に後ずさりできるようになってきました。

 「四つんばい」の課題では、前向きと背中向き(写真)の両方に挑戦しました。特に背中向きの移動は大変ですが、何度か取り組むうちにコツをつかんでスピードが上がり、さらにグループに分かれて競争すると白熱したバトルとなりました。

いろいろな身体を使った課題に楽しみながらチャレンジする中で、体幹やバランスをとる能力がついてきています。

         
ぐらぐら揺れる中で数字   友達の持つロープの張り加減を        「まけないぞ~!」        「ちょっとしんどい!」
に目をやるのは大変!    感じるのが大切!                                   でも、前に前に! 
                                


15:45 | 小学部
2019/01/07

高等部 ブックトーク「本って面白い!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
 12月12日(水)、13日(木)に、西舞鶴高等学校と東舞鶴高等学校の図書館司書の2名の方を講師に招き、「本って面白い!」というテーマで、高等部の生徒を対象にブックトークを行いました。

 生活自立コースでは、「愛らしいイラストの絵本」、「仕掛けのある本」、「心がほっこりする猫の写真集」、「楽しいご飯の本」など様々なジャンルの本をたくさん紹介していただきました。4組では、「だるまさんが」という絵本を使って、みんなで「だるまさんが・・・」と声を合わせて読んだ後、その後の「どてっ・ぷしゅー・びよ~ん」など、転んだり、縮こまったり、伸びたりする動作のまねをし、音やリズムの楽しさだけでなく、身体を使った読み聞かせの面白さを感じることができました。

    職業自立コースでも、小説、漫画、ポエム、写真集など、幅広い内容の本を紹介していただきました。ブックトーク終了後には、紹介していただいた本を手に取り、熱心にページをめくり、友達と情報交換する生徒が多く見られました。ブックトークを通して、本の面白さや、本への理解を深めることができました。


        
「だるまさんが」・・・「どてっ」         「この本をぜひ読んでみたくなりました。」        「こんな本があるんだ!」


14:12 | 高等部
2019/01/07

ランチルーム給食の取組

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
 小学部では11月29日(木)、30日(金)に、「みんなで楽しくランチルームで給食を食べる」「他学級の友達と一緒に文化祭を振り返る」ことをねらいに、「文化祭がんばったね給食」を行いました。給食の前の時間には、事後学習として文化祭のビデオを鑑賞し、みんなの頑張りを振り返ることができました。給食中は、文化祭で取り組んだグループの友達や指導者と席を並べ、舞台発表で使った音楽をBGMとして流し、楽しい雰囲気の中で食べることができました。文化祭の思い出話や「このおかずおいしいね。」などの会話がはずみ、交流を深めることもできました。友達と一緒においしく、楽しく食べることができ、笑顔いっぱいのランチルーム給食になりました。

              
小学部に人気のある献立になっています。   「ミートローフと鶏肉カレースープが     全粒粉パンとフルーツポンチに
                              美味しかったよ」              みんな大喜びでした。
14:05 | 小学部
2018/12/25

高等部7・8組の校内実習(生活自立コース)

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
 12月10日(月)~15日(金)までの5日間、「職場・施設体験に対する心構えをつくる。」「進路決定に向けて自分の課題を知り、これからの学校生活に生かす。」ことをねらいに7・8組の生徒5名が校内実習(農園芸)を行いました。

 実習中の作業は、水菜やほうれん草、小松菜などの冬野菜を収穫する→ていねいに水洗い→外葉を手作業で取る→袋詰め→販売の流れを全て行いました。大きな声で報告・連絡・相談すること、集中して最後まで作業をすること、すばやく行動することなど、自分の目標を意識して頑張ることができました。また、完売したときの達成感を味わうこともできました。

 寒い時期ではありましたが、一人一人が自分の課題と向き合い「1日を通して働く」という体験をすることができました。5日間の実習で学んだことを、今後の学校生活や3学期の職場・施設体験などで生かしていきたいです。


           
ほうれん草を計って袋詰めをします。 小松菜の葉幅が7~8㎝になると収穫  一本ずつていねいに水洗いをします。
                  できます。


12:39 | 高等部
2018/12/25

「手作り府民講座 親子おもしろ学び教室」に参加しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
 12月8日(土)、京都府総合教育センター北部研修所(綾部市)で行われた、「手作り府民講座 親子おもしろ学び教室」に、中学部生徒がスタッフとして参加しました。中学部2・4・5組の生徒から参加を募り、講座では、授業で取り組んでいるスポーツ「ボッチャ」のコーナーを担当しました。
 当日に向けて、「ボッチャ」のルールをわかりやすく伝える練習や見本の練習を何度も行い、また、当日参加できない生徒は、練習用コートやゲームに必要な道具を作るなど、参加する生徒をサポートしました。

当日会場には700人以上の方が訪れ、舞鶴支援学校の「ボッチャ」コーナーでは、100人を超える親子が体験されました。生徒たちは多くの参加者に緊張しながらも、「ボッチャ」のルールを丁寧にわかりやすく説明したり、小学生に優しく声かけをしたりしながらゲームの進行をサポートし、「ボッチャ」のおもしろさを参加者の方々に伝えることができました。また、講座の合間には、「実験しよう空気砲!」「夢はドローンパイロット!」など、他のコーナーを見学、体験し、普段できない貴重な経験をすることもできました。


          
まずは、ルールの説明をよく聞いて・・・。          ジャックボール(目標球)に向かって「それっ!」              「ミクロの世界をのぞいてみよう」の
                                                                                      コーナーも体験しました。



12:15 | 中学部
2018/12/25

就労に向けて頑張っています!京しごと技能検定(接客部門)

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員

 12月6日(木)、京都市にあるホテル「ルビノ京都堀川」で、府立特別支援学校高等部生徒の卒業後の就労に向けた力を育てる取組の一環として、「京しごと技能検定(接客部門)」が行われました。府立特別支援学校11校のうち6校から約50名が参加しました。本校からは、高等部職業自立コースの生徒6名が参加しました。

 検定は、レストランにお客様が来店されてから帰られるまでの一連の接客の流れを、身だしなみ、言葉づかい、態度など、定められた24の評価項目により審査され級が認定されました。大変緊張した雰囲気の中で6名の生徒は、学習の成果を発揮し、おもてなしの気持ちを忘れずお客様を温かくお迎えし、笑顔で最後まで接客することができました。また、他校の生徒の接客の様子を見学したり、交流したりすることもでき、大変有意義な時間を過ごすことができました。生徒たちは今年度の評価を励みに、「さらに上位級認定を目指して頑張りたい。」と、来年度への意欲を見せていました。

   
学んできた接客スキルを最大限発揮しました。      この自信と自己肯定感が、卒業後に大きな力となります。
12:11 | 高等部
2018/12/17

フクヤ販売会 ~たくさんのお客様にお買い求めいただきました~

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員

11月29日(木)にフクヤ白鳥店様の御協力により、「舞鶴支援学校製品販売会」を行いました。当日は、職業自立コースの生徒13名が、陶芸・ガラス工芸・工芸・木工・農園芸の製品を販売しました。

生徒たちはこの日に向けて、「丁寧な言葉遣いで販売する。」「笑顔でやりとりする。」「友達と協力してスムーズな対応をする。」など、一人一人が目標を持って販売練習に取り組んできました。寒い日でしたが、元気よく「舞鶴支援学校の製品はいかがですか?」「私たちが心を込めて作りました!」などとPRし、一つ一つの製品の紹介も丁寧に行い、たくさんのお客様にお買い求めいただくことができました。

  生徒たちは、自分たちが作った製品を買っていただける喜びを感じながら、「丁寧に」「笑顔で」「協力して」など、自分の目標を意識して販売することができました。

  この製品販売会での成果や課題を今後の製作活動や3学期に行われる「市民プラザ販売会」に生かしていきます。店頭へ足を運んでいただいた皆様、販売ブースを提供していただいたフクヤ白鳥店様、本当にありがとうございました。


 

 

13:21 | 高等部
2018/12/12

高等部 音楽部「グレイスヴィルまいづる」で発表と交流をしました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 11月28日(水)に、音楽部が「地域社会との交流を深める」「部活での学習の成果を発表する」をねらいに、「特別養護老人ホーム グレイスヴィルまいづる」を訪問しました。

ホールに集まっていただいたたくさんの利用者の方の前で、文化祭でも発表した「♪大きな古時計」の合奏や、手話付きで「♪きみとぼくの間に」を歌ったり、「♪明日があるさ」を踊ったりしました。最後は、みなさんと一緒に「♪ふるさと」を合唱すると、会場全体が盛り上がりました。

 歌に合わせて手拍子や大きな拍手をたくさんいただき、また、発表を通して利用者の方と一緒に楽しい時間を過ごすことができ、生徒の自信にもつながるとてもよい交流となりました。

      
      楽しい振り付けのダンス「明日があるさ」     ホールいっぱいに歌声が響いた「♪ふるさと」
08:22 | 高等部
2018/12/11

笑顔あふれる文化祭!~ひかり輝く最高のステージ~

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
    高等部1~6組「友だち ~手をつなごう~」
 高等部1~6組では、「ともだち」をテーマに発表をしました。冒頭、1~4組のみんなが友達全員の手形を押して作った「ともだち」の垂れ幕を力強く引いて、5~6組のみんなの「ともだち!!」の掛け声で元気にスタートしました。
 1~4組は『みんなスター』の曲でダンスを披露し、扇風機のスイッチを入れてヒラヒラテープの揺れで音楽を表現したりタンブリンやポンポンでリズムをしっかりと感じるダンスをしたりして会場に元気のうずを作りました。5~6組は『歩いて帰ろう』の曲でラインダンスを披露しました。一列に並んでぴったりとタイミングを合わせた動きは、リズミカルで楽しく見事なダンスができました。群読では、『手をつなごう』の詩で今の自分たちの友情を心を込めて表現しました。

最後は1~6組のみんなで『手をつなごう』の歌を手話付きで歌い、友達同士でしっかりと手をつないで心を一つにし、さらに友情を深めることができました。


    
   「みんなスター」の曲に合わせた      訪問学級の生徒は、ポンポン使ってダンス     「手をつなごう」の手話と歌の発表です。
   ダンスパフォーマンス。           をしている映像で参加しました。         1~6組が一つになりました。





    高等部7・8組「輝け、未来へ!」

7・8組は、「輝け、未来へ!」をテーマに、日頃の学習成果を発表しました。歌「日々~7・8組バージョン~」は、自分たちの日頃の思いを出し合い、みんなで歌詞を作りました。メロディーと歌詞が合わない所はどうしたら合うのかを考え、楽しみながら歌いました。エイサーの発表は3年目となり、3年生にとっては集大成でした。3年生をお手本に1・2年生も練習を重ね、自信を持って踊れるようになりました。文化祭を通して、日々の生活や将来について考えたり友達と協力したりすることができました。この経験を、日々の学習や未来の進路選択へとつなげてほしいです。


            

                    7・8組による「エイサー」は迫力満点でした。



    高等部9・10・11組「ファイト~夢に向かって」
 9・10・11組は、様々なことに挑戦し、成長していく自分や友達に、歌やダンスを通して応援メッセージを届けました。練習では、恥ずかしさに負けてしまったり歌詞を覚えられているか不安になったりして、自信が持てないこともありました。それでも笑顔あふれる最高の文化祭にしようと、自主的に声をかけ合って練習したり励まし合ったりしながら、本番では100%の力を発揮することができました。

 社会への巣立ちを前に、不安や悩みもたくさんありますが、一つの発表を作り上げた経験を力にして、自分たちの思い描いている将来の夢を実現させてほしいです。


       
      心を一つに「fight」を合唱しました。衣装は自分たちで     「明るく」「前向きに」をテーマに、力強くダイナミックなダンス
       デザインしたオリジナルTシャツです。            で観客の皆さんと盛り上がりました。

18:47 | 全校
2018/12/11

笑顔あふれる文化祭!~ひかり輝く最高のステージ~

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

    中学部「ふるさと舞鶴」

 中学部は「ふるさと舞鶴」をテーマに、音楽発表を行いました。
 「ふるさと(嵐)」の合奏は、それぞれの楽器がぴったりと合い、心温まる演奏ができました。合唱も、大きな声と美しいハーモニーが体育館いっぱいに響き、2学期から音楽の授業で練習を重ねてきた成果を遺憾なく発揮することができました。
 舞鶴市のイメージソング「My hometown 舞鶴」でも、それぞれが、担当する楽器を一所懸命に演奏し、合唱では手話を交え、「赤レンガ」「岸壁」「潮風」など舞鶴の街をイメージしながら歌うことができました。
 「ふるさと(唱歌)」のリズムパフォーマンスでは、各グループがそれぞれ違った動きで3拍子のリズムを表現し、会場全体が生徒たちの作り出したリズムと歌声でいっぱいになりました。
 「舞鶴小唄」は3年生がステージに立ち、歌や演奏、踊りで発表をリードしました。歌担当の生徒は、「♪佐風の朝霧湊は夜明け 喜多の灯かげもほのぼのと~♪」等、むずかしい歌詞にも挑戦しました。楽器担当の生徒は、みんなが歌い踊りやすいように一定のリズムを刻み続けました。踊り担当の生徒は、客席のすぐそばの花道で緊張感に包まれながら、鳴子を鳴らして踊りました。

中学部の生徒一人一人が役割を担い、全員が一つになり「ふるさと舞鶴」を表現することができました。



         
          「My hometown 舞鶴」を1・3・6組の生徒の演奏にのせ、手話・合唱で表現しました。

         
        2・4・5組の生徒の演奏に合わせ、「ふるさと   一所懸命練習してきた自分のパートの楽器を
          (嵐)」を合唱しました。             披露しています。

18:26 | 全校
2018/12/11

笑顔あふれる文化祭!~ひかり輝く最高のステージ~

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
     小学部「おーい、あつまれ!!~えい!えい!おーえんだん~」 
 小学部は、1・2・5・6・9組の「ほし組」と、3・4・7・8組の「おひさま組」に分かれて発表しました。
 「ほし組」は、自分や周りの人に元気を届けるために、「応援団」をテーマに楽器演奏やダンス、「巨大ドミノ」のパフォーマンスをしました。友達と協力してドミノを並べて倒したりペアでダンスをしたりしてたくさんの友達と力を合わせた発表となりました。また、練習を積み重ねていく中で、発表を頑張っている友達にも「えいえい!おーえんだん!」や「がんばれー!」と応援をし、ほし組が一つになってきずなを深めることができました。本番は、大勢の観客の中で緊張しましたが、笑顔で力いっぱい発表することができました。
 「おひさま組」は、「自分や周りの人に元気を届け、一人でも多くの人に笑顔を!」をテーマに発表しました。元気を届けるために、決意を言葉や元気ポーズで表現する「元気隊」、意欲と自信を持って合奏をする「音楽隊」、歌や踊りなど自分たちの得意なことに取り組み、力いっぱい「応援団」として表現しました。練習では、元気隊が頑張っているときには音楽隊が応援し、音楽隊が頑張っているときには元気隊が応援するなど、お互いにエールを送ることできずなを深めることができました。自分たちで作った衣装を着て、体全体を使ってパワー全開で発表、大成功を収めることができました。

        

 巨大ドミノを完成させる友達     みんなで協力して、     「小さな世界」を力いっぱい演奏       旗を持って応援ダンス      「ふぁいと!!」の曲で元気よく
 をみんなで応援しています。      ドミノを並べます。       しています。                                     を踊ります。                踊りました。
 「えい!えい!おーえんだん!」


         
      元気ポーズ「スカイツリー」がかっこよく     「レッツゴーいいことあるさ」大き                「がんばるぞ!」「えい!えい!おー!」と気合い   
      決まっています。                     な声で歌い、元気よく踊りました。              を入れ、「きらきらぼし」の演奏をしました。
                                      
17:49 | 全校
2018/12/10

芸術鑑賞会を行いました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 11月22日(木)に、「豊かな心や感性、創造性を育む」「舞台芸術への関心を高める」等をねらいに、芸術鑑賞会を行いました。今年度は、手づくり楽器の演奏等で京阪神を中心に活動されている「音楽劇団てんてこ」さんに来校いただきました。
 前半は、空き缶シロフォンやカズー作りや太鼓作り等の楽器の作り方の説明も交え、児童生徒たちのなじみのある曲が手作り楽器を使って次々と演奏されました。空き缶シロフォン作りでは、ばらばらだった音階がだんだんド・レ・ミ・・・とできあがるところが面白く、また、たまに音が外れると「シだよ!」等、心配した児童から声が出て、盛り上がりました。最後は、各学部代表の児童生徒がステージに上がり、ユニークな楽器をたくさんお借りして「♪さんぽ」の曲を「てんてこ」さんとセッションしました。
 後半は、動物の鳴き声(カエルから恐竜まで)を手作り楽器で表現され、クイズ形式で子どもたちが答える内容でした。空き缶シロフォン、スリッパで水道管をたたくスリッパン、フライパンシロフォン、バケツのドラムセットなどを使って、みごとな「♪剣の舞」を演奏されました。アンコールでは、全校共通教材「♪ビリーブ」をみんなで歌いました。手作り楽器とみんなの歌声が一つになり、体育館に大きく響いていました。
 公演後には、「楽しかった。」「おもしろかった。」等のたくさんの感想が聞かれました。1時間という短い時間でしたが、音楽への関心が高まるとてもよい機会となりました。

     
面白い手作り楽器が次々に登場しました。  空き缶でできたカンカラ三線は、    空き缶に砂利を入れるだけで、
                     南国ムードいっぱい!         マラカスのできあがり!

           
          迫力のあるバケツドラムは、低音を   空き缶シロフォンは、とてもカワイイ
          担当しました。            音がしました。
18:53 | 全校
2018/12/06

京しごと技能検定(清掃部門)

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 11月21日(水)に、生活自立コース・職業自立コースの7~11組の25名(乾式モップ9名、自在ほうき12名、複合4名)が、京都府立伏見港公園体育館で行われた「京しごと技能検定(清掃)」に挑みました。
 この検定は、「日頃の職業教育の学習成果を発揮し、評価、認定を受けることで、働く意欲や自信を高め次の目標を持つ」「清掃スキルやマナーを身につけることで、自立や社会参加の機会を広げ、府民や企業への理解を深め、雇用の促進を図ること」を目的としています。 
 当日は、検定員から名前が呼ばれると手順通りに、かつ丁寧にコート内の清掃作業を行い、技能に応じて1~10級までの検定証が授与されました。練習通りに力が発揮できた生徒や、悔しい思いをした生徒もいましたが、検定はこれまでの学習の成果を試すよい機会となりました。この取組を通じて、清掃技術だけでなく、「あいさつをする」「仕事の手順を覚える」「状況を把握し、道具を安全に使用する」などの広い意味での就労スキルを身に付けることができました。この成果を今後の学校生活や、進路選択において大いに生かしていきます。また、3学期には校内清掃や小学部、中学部の児童生徒に道具の使い方などを教えながら一緒に清掃をする活動も行います。

      
           
     〈乾式モップ〉4m✕4mのコートの中で、      〈自在ほうき〉床にまかれたオガクズを、
       検定が行われました。                  手順通りに集めます。  
17:39 | 高等部
2018/12/04

第37回舞鶴市ふれあいレクリエーション

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

 11月7日(水)に舞鶴東体育館で、舞鶴市の特別支援にかかわる児童、生徒、保護者、関係者が集まり、レクリエーションを通して交流、学習を深めることをねらいに「第37回舞鶴市ふれあいレクリエーション」が行われました。本校からは、小学部、中学部の児童生徒が参加をしました。

 オープニングでは「手のひらを太陽に」を手話付きで歌いました。各校の6年生は前へ出て見本となり、楽しい雰囲気で活動することができました。また、「じゃんけんサッカー」では、3人1組でゲームに参加しました。初めて出会う友達に緊張した様子もありましたが、仲良く手を繋ぎながら楽しく取り組む姿を見ることができました。
 歌やレクリエーションを通して、集団で活動することや他校の友達と交流を深める良い機会となりました。

   
     じゃんけんサッカー               「手のひらを太陽に」6年生見本
18:06
2018/11/30

学校防災の日(避難訓練、煙中体験、防災給食)

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 11月1日(木)に、「放送や指導者の指示に従って避難する。」「火災時に煙の中を避難する方法を知る。」等をねらいに避難訓練及び煙中体験を行いました。避難訓練では、地震発生後発生した火災を想定したために防火扉が閉まっていましたが、落ち着いてハンカチなどで口を覆い、姿勢を低くして素早く避難することができました。 
   煙中体験では、視界が悪くなることやハンカチ等で口を覆い、煙をなるべく吸わないようにすることの大切さを学ぶことができました。

また、「災害時を想定した非常食を体験すること。」をねらいに、災害時想定給食も行いました。今回は、長期保存のできるレトルト食品や缶詰を使った献立が提供され、あたためずにそのまま食べたり、お皿を使わずに食べたりしました。また、体育館やワークスペース等の場所で段ボールを敷いて食べる経験や、他学部にワゴンを運んだりする経験もできました。災害時には、普段と違う場所で喫食することや、メニューも違うということも学ぶことができました。


        

身をかがめ、煙を吸わないように       何も見えない!子どもたちは煙の恐ろしさを        避難所等での生活を想定し、床に座って
  ハンカチで口を押さえています。          身をもって体験しました。                給食を食べました。







 


18:18 | 全校
2018/11/21

中丹学校文化祭に出演

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
            

控え室で円陣を組み「頑張るぞ~!」                これまで、体育祭や文化祭の練習と平行して、一所懸命に練習を積み重ねてきました。
と気合を入れて臨みました。

 
  11月3日(土)に、舞鶴市総合文化会館において「中丹学校文化祭」が開催されました。中丹地域の6校の高等学校と2校の支援学校が参加し、本校からは高等部の太鼓組19名がオープニングでの和太鼓演奏を行いました。

 初めての大舞台で開演前はみんな緊張気味でしたが、本番では一人一人が練習の成果を発揮して素晴らしい発表をすることができました。演奏を終えた生徒たちからは「今までで一番いい演奏だった。」「音がきれいに聞こえて気持ちよかった。」等の感想が聞かれ、また、他校の生徒からは「支援学校の発表を観ていたら涙が出ました。」という感想もいただき、力強い太鼓の音が聴く人の心に響き、感動を与えることができました。。
 和太鼓演奏という伝統文化の活動を通して、地域の学校や関係の方々とのつながりをさらに深めることができた発表となりました。

 


11:14 | 高等部
2018/11/10

平成30年度インターンシップ表彰

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 平成30年度のインターンシップ表彰を8月から9月にかけて行いました。職場体験や職場実習を長期間受け入れていただいている企業に対して京都府教育委員会から感謝状を贈呈するもので、今年度は、下記の7社が対象になりました。各事業所を訪問して校長が伝達表彰(代読、贈呈)をさせていただきました。

 職場体験は、生徒が職場で働くことのイメージを持つための最も有効な手段であり、体験後、実習を経て雇用につながったケースもあります。

 今回、対象となった7社以外にも毎年多くの企業様で体験や実習をさせていただいており、その結果、開校以来80名(卒業生全体の約31%)を超える卒業生を雇用していただいています。

受け入れ企業数は、現在まで合計約70社。さらに、毎年新規に受け入れてくださる企業様が増えています。 今後も、引き続き体験や実習の受け入れしてくださるところを探していきます。よろしくお願いします。

【平成30年度インターンシップ表彰企業】
        
株式会社 嶋七              株式会社 太陽堂            株式会社 にしがき            株式会社 フクヤ  
       
   
 ホテルアマービレ舞鶴  有限会社サイン工芸     JA京都にのくに「彩菜館」東舞鶴     



09:39 | 全校
2018/11/07

第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
 10月13日(土)~15日(月)に、福井県で全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」が開催され、高等部から山中君(1年生)と福田さん(3年生)が陸上競技の部に、志賀君(3年生)が水泳競技の部にそれぞれ出場しました。5月末から本格的に練習を始め、体力や技術、精神力を着実に高めて本番を迎えることができました。

 今後、大会で経験したことや感じたこと等を障害者スポーツのよき発信者として周りの人たちに広め、またこの経験を自信にし、様々な場面での更なる活躍を期待します。
  
山中君の競技成績         福田さんの競技成績        志賀君の競技成績

<陸上競技 身体の部>     <陸上競技 療育の部>      <水泳競技 療育の部>
・ジャベリックスロー          ・ジャベリックスロー         ・50m背泳ぎ
  14m08  2位(銀メダル)          23m59  1位(金メダル)            49秒05 3位(銅メダル)  
・50m走                                      ・50m走                                ・25m背泳ぎ 
 10秒64 3位(銅メダル)         9秒07  7位                      22秒02 5位

        
初めての大舞台でしたが、練習の成果を発揮して堂々と競技を行い、見事3人全員がメダルを獲得!



16:15 | 高等部
2018/11/07

中学部修学旅行

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
 10月10日(水)~12日(金)に、3年生12名が名古屋方面へ修学旅行に行ってきました。
<1日目>

ナガシマスパーランドに行きました。たくさんの乗り物を目の前にして、乗る前からわくわくドキドキ!最初は、全員でジェットコースターに挑戦しました。ほとんどの生徒が「怖かったけど、楽しかった。」「もう一回乗りたい。」等と興奮気味に感想を話していました。その後、時間いっぱい友達と一緒にたくさんのアトラクションに乗って楽しみました。

<2日目>

午前は、ノリタケの森で、お皿やマグカップの絵付け体験をしました。それぞれ「なごやめし」や「いるか」「観覧車」など、修学旅行に関連した物の絵付けをし、思い出に残る作品が完成しました。

午後は班別で、リニア鉄道館班と名古屋城班に分かれて行動しました。公共交通機関を利用して、自分たちの力で計画通り見学場所に到着しました。リニア鉄道館では、電車の運転を体験できるシュミレーターが人気で、全員が挑戦しました。電車の運転は、思い通りにいかないところもありましたが、説明をよく聞き、慎重に運転することができました。 名古屋城では、大きな天守閣を見たり本丸御殿の中を見学したりして、歴史に興味を持った生徒が多かったです。

<3日目>

最終日の名古屋港水族館では、カツオやマグロが回遊する大水槽や6000匹の魚が泳ぐ水中トンネルをはじめ、世界生息する様々な海の生き物を見学しました。また、みんなで鑑賞したイルカショーは、迫力満点で6mものジャンプに自然と拍手が起こり、イルカのパフォーマンスに見入っていました。

3日間通して、自分の役割を果たしたり、友達と楽しく過ごしたりすることができ、達成感のある思い出に残る修学旅行になりました。また、事前学習で行程表を作ったり、行きたいところをポスターにまとめたりしたことでとても充実した修学旅行となりました。

<ナガシマスパーランド>                                                      <ノリタケの森>
      
友達と一緒にたくさんのアトラクションに乗りました。       修学旅行の思い出に残るように、
                                                コップやお皿に絵を描きました。

    <名古屋城、リニア鉄道館>                <名古屋港水族館>
      
名古屋城や新幹線の前でみんなと一緒に写真を撮りました。イルカやベルーガなど、たくさんの魚を見ました。


15:50 | 中学部
2018/11/07

中学部ランチルーム給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
 10月5日(金)に、「他学級の友達と楽しく会食をする」「ビュッフェ形式を知る」をねらいに中学部のランチルーム給食を行いました。生徒たちは、約束やルールを守り、『多い・普通・少ない』の3種類の中から「どれにしようかな・・・。」と迷いながらも自分で判断し、選ぶことができました。当日の献立には、生徒たちからのリクエストが一番多かったハンバーグとプリンがあり、大喜びでたくさん食べていました。いつもとは違う場所やたくさんの人数の中でしたが、他学級の友達や先生との会話も楽しみながら会食をすることができました。

      
好きな量のごはんやおかずをとりました。          片付けも友達と協力してできました。          他の学級の友達とも楽しくおしゃべりして食べました。
15:43 | 中学部
2018/11/01

生活単元学習「ゴーヤカーテンをつくろう」

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
 舞鶴市 みどりのカーテンコンテスト 『最優秀賞』に!

 小学部7組では、5月から「ゴーヤカーテンを通して栽培活動について知る。」「ゴーヤカーテンについて地域の方から学び交流する。」をねらいに、生活単元学習「ゴーヤカーテンをつくろう」に取り組みました。授業では、ゴーヤを触る、切る、においをかぐ等して観察したり、ゴーヤについて知りたいことを出し合ったり、緑のカーテン普及のための「ゴーヤダンス」を踊ったり、歌詞の意味を調べたりして学習を積み上げてきました。
 6月4日(月)には、舞鶴市民環境会議の方と一緒にいただいた苗の植え付けを行い、ゴーヤダンスも披露しました。また、ゴーヤについて知りたいことを質問し、教えていただくなどの交流も行いました。 
 その後子どもたちは、毎日の水やりや摘花等を頑張り、みごとなゴーヤカーテンができました。そして、更に「舞鶴市みどりのカーテンコンテスト」で『最優秀賞』に選ばれました。

 10月15日(月)には、本校で表彰式があり、市民環境会議の方から子どもたちの頑張りをたくさんほめていただきました。これからも地域とつながる機会を大切にして、様々な学習に取り組んでいきます。

     
舞鶴市民環境会議の方に、苗の植え付け                         ゴーヤダンスに出てくる                   表彰式(子どもたちの頑張りを、
作業等を教えていただきました。                               「すくすく育つ」のポーズ!                たくさんほめていただきました。)
  


 


18:13 | 小学部
2018/10/22

西舞鶴高等学校生と、高等部1組~6組の生徒が交流しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員

8月30日(木)、西舞鶴高等学校(以下西高)生徒を本校に招き、本校太鼓組と西高書道部との合同パフォーマンスを行いました。この日に向けて太鼓組の生徒は夏休みにも登校して練習をしてきました。当日は、その練習の成果を発揮し、西高生と太鼓組が一体となって素晴らしいパフォーマンスを見せました。ペア等に分かれた交流では、卓球バレーやボッチャ等で交流を深めることができました。

9月5日(水)に予定していた西高文化祭での交流会は、台風による休校のために1日順延され、急きょ内容を変更しての取組になりました。当日は、ペアの西高生の案内で、体育館や教室展示を見学したり、ステージ発表を見学したりしました。その後、4組~6組の生徒は西高生の交流委員の生徒が考えた「じゃんけんゲーム」や「○×クイズ」などで交流しました。○×クイズの内容については、交流委員から事前の問合せや確認があるなど、成功に向けて意欲的に交流会に取り組んでいただきました。

  今後も地域の高校生との交流が深まり、お互いを理解し、ともに楽しい時間を共有できるような取組として続けていきたいと考えています。
        
太鼓組と西高書道部とのすばらし      ボッチャでの交流!みんな真剣です!    歓声が響いた、卓球バレーでの交流!      じゃんけんゲームは、最高に盛り上がりました!

い合同パフォーマンス。(本校)        (本校)                       (本校)                       (西舞鶴高校)               

 

15:12
2018/10/22

ふれあい・心のステーション 「笑顔と真心で、お客様を迎えました!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
    9月5日(水)、6日(木)の両日、大丸京都店で毎年恒例の「ふれあい・心のステーション」が開催されました。府内11校の特別支援学校高等部の生徒たちが一堂に会し、笑顔と真心でお客様を迎えました。たくさんのお客様が足を止め、製品一つ一つを手に取って熱心に見入っておられました。 生徒たちは、この日に向け事前学習で接客の練習を繰り返し行い、自分たちが作った製品をしっかりとアピールすることができました。 
    PTAの皆様には、応援にバスで多数御来場いただきありがとうございました。生徒たちの大きな励みになりました。

                                                                                               

  農園芸、陶芸ブース                    陶芸、ガラス工芸ブース               工芸ブース                  自分たちが作った製品をしっかりと
                                                                        アピールし、販売することができました。
                                                                                            

                                        




13:25
2018/10/22

秋の苗販売会 「学習の成果が十分発揮できました!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 9月12日(水)、秋の苗販売会を本校バスプールで行いました。作業の授業で土作りをして育てた野菜<白菜、キャベツ(湖水、彩風)、レタス、ブロッコリー、カリフラワー>の苗を販売しました。

 当日は、販売開始時刻前からお客様による長蛇の列ができ、大盛況。たくさんの地域の方々に苗を販売することができました。

この日に向けて、4組~6組は「笑顔で接客し、お客様に喜んでもらおう。」7、8組は「苗のPRをしよう。」「苗の数を間違えずに数えて正しく会計しよう。」「あいさつを大きな声でしよう。」10組は「お客様に、気持ちのよい時間を過ごしていただこう。」というねらいを意識し、学習をしてきました。 
   苗販売会を終えた生徒たちからは、「笑顔で接客できました。」「しっかりと苗をPRできました。」「会計を間違えずにすることができました。」等の感想が聞かれ、学習の成果が十分に発揮できた販売会となりました。

         
たくさんの方々に苗を御購入いただきました。    「いらっしゃいませ!」 「とてもよく育つ苗          生徒が飲み物のサービスを行い、接客の

                                                                   です。」と、元気な声で販売しました。            学習にも取り組みました。

  



13:13
2018/10/18

スポーツの秋!高等部スポーツ交流会!

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
 10月6日(土)京丹波町の「グリーンランドみずほ」において、第26回京都府立特別支援学校高等部スポーツ交流会が行われました。府立支援学校11校から約250名の参加者が集まり、ドッチビー(雨天のためソフトボールから変更)・卓球・卓球バレーで各校と対戦し、日々の部活動で培った力を発揮しました。また昼休みには、オープン種目であるフライングディスクやボッチャを体験し、他校の生徒とも交流しました。 本校からは26名の生徒が参加し、どの競技においても奮闘し、生徒たちのナイスプレーが見られました。また、今年度はドッチビーの部の閉会式にソフトボール部キャプテンの中岡君が司会を務め進行に協力してしました。 
 オープン種目に参加した生徒の中には、競技を通して知り合った他校の生徒と仲良く会話する姿も見られました。勝ち負けだけでなく、スポーツを通して交流を深めることができ、有意義な一日となりました。

<結果>

ドッチビー:   都リーグ 3戦3敗     全 4チーム中 4位
卓      球:     Aチーム 3戦1勝2敗   全14チーム中 6位       
         Bチーム 3戦1勝2敗      全14チーム中 6位 

卓球バレー:         3戦3敗       全11チーム中 8位
       

ドッチビー              フライングディスク      卓球バレー                  卓球
17:06 | 高等部
2018/09/27

「気持ちのよい2学期がスタート!」 PTA環境美化活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員

 9月1日(土)に、PTA環境美化活動を行いました。この活動は、校内清掃作業を通して教育環境の改善充実を図り、PTA会員相互の親睦を深めることをねらいとしています。

 当日は雨の中、保護者、児童生徒、教職員合わせて135名の参加がありました。教室や廊下の他、普段はなかなか清掃できないベランダの窓や調理室の床、プール棟の清掃等、さまざまな場所の清掃に取り組みました。校舎のあちこちで親子一緒に清掃されている姿や、保護者同士で会話をしながら作業されている姿等があり、校内が美しくなり、そして、親睦も深まりました。
 月曜日に登校した児童・生徒からは「窓がピカピカやなあ。」等の声もあがり、気持ちのよい2学期のスタートを切ることができました。保護者の皆様、御協力ありがとうございました。

                    
      ベランダの窓がピカピカに!      教室の窓も美しく!    PTAの皆さんと一緒に取り組みました。  
    
                                              
                    
       高い窓にはクモの巣がいっぱい!  プール棟もお世話になりました。 プールの更衣室の床もきれいに!

    
16:43
2018/09/12

児童生徒の命を守るために! ~職員による初期消火訓練~

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

 舞鶴支援学校では、児童生徒が安心、安全に学習に向かえるよう、学校防災会議が中心となり、防犯訓練や地震、火災を想定した避難訓練等を計画し実施しています。

 7月25日(水)の不審者対応訓練に続き、8月23日(木)には、舞鶴市西消防署様に御協力いただき、全職員を対象に「初期消火訓練」を実施しました。

 訓練では、保健室横の倉庫からの出火を想定し、火災発見→火災報知器での通報→初期消火までの手順を共通確認しました。その後、実際に水消火器と消火栓を使っての消火訓練も行いました。消防署の方からは、「消火は、炎をめがけて水をかけるのではなく、炎の根元に水をかけること。」「多くの人の協力を得て消火活動をするために、大きな声で火災を知らせること。」等の御助言を頂きました。
 この経験を、子どもと教職員の命を守るため、今後の安全指導に生かしていきます。


                         
     姿勢を低くし煙を避け、常に逃げ道を確保       ホースは、折れやねじれがないように! 
     しながら火元をめがけて消火!            また、放水の反動力は大きいので、しっかり持つ!

18:32 | 研修
2018/09/03

「第38回全京都障害者総合スポーツ大会 水泳大会の部」

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 8月19日(日)に、京都市障害者スポーツセンターで、「第38回全京都障害者総合スポーツ大会水泳大会」が行われ、本校から中学部の櫻井君、高等部の志賀君が参加しました。

   スタートの合図が切られるまでは、緊張した様子でしたが、いざ泳ぎ始めると二人とも練習の成果を存分に発揮し、力強いフォームで水しぶきを上げ、最後まで泳ぎきることができました。結果の詳細は以下の通りです。

   表彰式では、2人ともとてもうれしそうな表情でメダルを手にし、お互いの健闘を讃え合いました。
 志賀君は、10月に福井県で開催される「第18回全国障害者スポーツ大会“福井しあわせ元気大会”」に京都府の代表選手として出場が決まっています。全国大会に向けて今後も練習に励み、更なる記録更新を目指します。

         
 接戦に観客席から大きな声援が送られました。   2個のメダルを手にし、笑顔で喜びを表しました。
                                                                         

                                           



18:12 | 全校
2018/09/03

「夏の就職フェア」に、運営スタッフとして参加しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 8月11日(土)に舞鶴市主催の「夏の就職フェア」が舞鶴市商工観光センターで開催され、高等部生徒2名が運営スタッフとして参加しました。
 「夏の就職フェア」は求職者対象の就職説明会で、前半は受付で資料を配付する役割を担当しました。北京都ジョブパークの方から当日の仕事の内容について説明を聞き、タイミングを見計らい、参加された方々に丁寧に資料を手渡すことができました。
 後半は、お帰りになる方のアンケート回収を行いました。「アンケート用紙はこちらにお願いします。」と、一人一人に声をかけ、にこやかにアンケートを受け取ることができました。 受付業務を行うかたわら、たくさんの会社や事業所の企業PRも聞かせていただき、いろいろな業種の仕事内容を知ることができ、大変貴重な体験となりました。

 また、就職フェアに参加した生徒たちの様子を、企業の方や多くの関係者の方々に直接見ていただくことで、本校生徒への理解、啓発の場ともなりました。

今後も進路実現の可能性を広げるため、生徒たちの頑張りを知っていただく活動を積極的に進めていきます。


 参加された方に丁寧に資料を手渡しました。
18:06 | 高等部
2018/09/03

交流を深める 中学生の集い

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 8月1日(水)に「第44回舞鶴市中学生の集い」の第3分科会が本校体育館で行われました。この分科会では、本校・行永分校の中学部生徒と舞鶴市内7つの中学校の代表生徒がレクリエーションを通して交流しました。
  5つの班に分かれて、自己紹介、ボール運びリレー、フルーツバスケット、フォークダンスに取り組みました。フルーツバスケットでは、ペアの友達と手をつないで移動したり、友達と相談しながらフルーツを決めたりすることができました。初めの自己紹介では、少し緊張した様子もありましたが、最後のフォークダンスのときには、とても和やかな表情で楽しみ踊っていました。

  感想発表では「ボール運びリレーが楽しかった。」「交流して学んだことを学校生活に生かしたい。」等の発表がありました。お互いのことを知り、触れ合うことの楽しさを感じられる時間となりました。

     
 


        


17:49 | 中学部
2018/08/22

不審者対応訓練 教職員研修

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
 7月25日(水)、「事件発生時から犯人確保までの職員の伝達システムと行動システムを確認する。」「事件発生時から児童生徒の安全確保システム及び避難システムを確認する。」をねらいに、舞鶴警察署様に御協力頂き、教職員対象の不審者対応訓練を実施しました。
 本年度は、凶器を持った不審者が、「①事務室②教室③昼休みのワークスペースに乱入する」という3パターンを想定しての訓練をそれぞれ行いました。警察署の方に不審者役をしていただき、緊迫感のある中で、児童生徒の安全確保や避難の方法などを学びました。訓練後は、ビデオで振り返りを行い、連絡を迅速に行うことや児童生徒の安全を守ることの大切さなどの御助言を頂きました。また、講義では、不審者との対応として、さすまたの使い方や護身術も学びました。
 今後も、児童生徒の安心・安全を第一に考えた対応ができるように研修を重ねていきます。

         
さすまた等を使っての訓練                      護身術の講義と実技             ビデオを使っての振り返り       
11:46 | 研修
2018/08/20

チャレンジ講座

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
 当初7月23日(月)・25日(水)の日程で計画していましたチャレンジ講座は、連日の猛暑に加え、当日の水温上昇もあり、子どもたちの安全を考慮し、23日のみの開催としました。  
   当日は、小・中・高等部から19名の児童生徒が参加し、予定の時間を1時間短縮した内容で行いました。「水慣れ」では、プールの中をぐるぐる歩いたり走ったり、前の人の肩や腰を持ち、電車を作って歩いたりしました。「アクアビクス」では、「エビカニクス」や「ガッツ」などの曲に合わせて、指示や手本をよく見聞きして、楽しく踊ることができました。「水中しっぽとりゲーム」では、「○○個取りましょう」という目標が伝えられ、小学部の低学年の児童も先輩や指導者に支えてもらいながら、一所懸命しっぽを追いかけ、高等部の生徒の中には一人で3~4本のしっぽを取る生徒もいました。
   短い時間でしたが、水の中で様々な感覚を使った全身運動に取り組むことができました。また、先輩や後輩と関わりながら、集団活動に取り組むこともでき、たくさんの笑顔が見られました。 
   保護者の皆様には、暑い中、送迎や参観をしていただきありがとうございました。       

        
エビカニクスでカニのポーズ!           全員が連結して電車になりました。            しっぽとったよ!
15:44 | 全校
2018/08/20

土砂災害想定訓練を行いました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
 「大雨が続き、地盤が緩み、学校が所在する地域に土砂災害警戒情報が発令された」という想定のもとに、土砂災害想定訓練を7月18日(水)に行いました。

6月に地震を想定した訓練をしていたこともあり、今回の避難訓練でも、「おさない・はしらない・しゃべらない・もどらない」などの「お・は・し・も」を守って、先生の指示をよく聞き、落ち着いて避難することができました。また、避難指示を受けてからの集合も速く、集合場所では児童生徒と教職員全員の人数確認も速やかにできました。     
    9時30分に土砂災害警戒情報が発令されたことを知らせる放送が流れると、児童生徒は速やかに教室に戻り、次の指示を待ちました。避難指示の放送がかかると担任の先生の指示をよく聞き、指定の避難経路を通って、集合場所の2階ワークスペースに集まりました。車椅子の児童生徒もスロープを通って安全に留意して集合できました。
   避難訓練は年間3回計画しており、今後も児童生徒の安全意識を高め、災害に備えての事前の準備や様々な場面を想定した防災教育に取り組んでいきます。

    
      土砂災害時には、2Fのワークスペースに避難します。

15:42 | 全校
2018/08/20

「校内販売会」で夏野菜を販売しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
 7月12日(木)・13日(金)の2日間、「自分たちが作った作物を販売し、認めてもらうことで自信と意欲を持つ。」「丁寧な言葉遣いなど、人と接する基本的なマナーを身につける。」をねらいに、ワークスペースを使って「校内販売会」を行いました。
   販売会では、中学部2・4・5組が作業学習(農園芸)の授業で丹精込めて育てた夏野菜(ナス・黒枝豆・トマトなど)を、校内の指導者や他学部の児童生徒に自分たちの手で販売しました。 当日まで、接客の流れや応対の練習をくり返し行ってきました。その練習が自信となり、当日は大きな声で「いらっしゃいませ。」「ありがとうございました。」などのあいさつや、丁寧な言葉遣いで接客をすることができました。
  夏野菜は20分程で完売し、販売会を終えた生徒たちには、達成感いっぱいの笑顔があふれました。今回の販売会での経験は、今後取り組む活動につながる、大きな自信となりました。
                          
黒枝豆の株からさやを外し、袋詰めの準備をしました。    上皿ばかりで250gずつミニトマトを分けます。
15:36 | 中学部
2018/07/30

全京都障害者総合スポーツ大会卓球の部

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員

7月15日(日)に、京都市障害者スポーツセンターで、全京都障害者総合スポーツ大会卓球の部が実施され、高等部の生徒2名が出場しました。大会には、学校だけではなく、各団体からも多くの参加がありました。生徒たちは目の前で繰り広げられる試合を見ながら、「すごいな。」「緊張する。」などと言いながらも、自分の気持ちを落ち着かせて試合に臨むことができました。

 試合が始まると、相手のスピードのある球に対して苦戦する場面もありましたが、得意なサーブを確実に入れるなど、練習の成果を発揮することができました。試合では、自分の課題もわかり、生徒たちは「次の大会に向けて練習を頑張りたい!」と前向きな決意をしていました。

スポーツを通して、自分の力を発揮したり、大会に参加された方々と交流したりでき、とてもよい経験となりました。

        
   日頃の練習の成果を存分に発揮しました。       京都市障害者スポーツセンターでは
                                               熱戦が繰り広げられました。


17:13 | 高等部
2018/07/13

人権教育全体研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
  6月27日(水)に舞鶴市教育委員会教育企画課指導主事の田中正信様を講師にお招きし、本校教職員を対象に人権教育の研修会を実施しました。「人権教育を推進するために」~同和問題、教職員間の人権意識の向上~と題した講演では、「中学校での実践」「今日の人権に関わる状況」「舞鶴市における人権教育の取組」など、御自身の経験などをふまえ、同和問題の歴史や同和教育の歩みについて分かりやすくお話をしていただきました。

    また、人権教育を進めるために、「自分の人権を守り他人の人権を守る」「人として認める・学び合う・互いに成長する」などの視点や、「あらゆる教育活動を通じた人権教育の推進・一人一人を大切にした教育の推進」など、改めて日々の実践や、日々の営みの中での人権教育の大切さを考える機会をいただいた研修会となりました。

                                



18:24 | 研修
2018/07/09

第18回全国障害者スポーツ大会 強化練習(陸上競技)

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
  10月13日(土)~15日(月)の3日間、第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」が福井県で開催されます。本校からは陸上競技の部に、高等部の山中君と福田さんがそれぞれ50mとジャベリックスロー2種目に出場します。

  大会本番まで、丹波自然運動公園や山城総合運動公園での強化練習会や、京都府チームの合同合宿が続き、他の学校の選手と競い合いながら競技力を向上させていきます。また、日々の学校生活の中でも、全国大会での優勝、入賞を目指し休み時間などを上手に活用しながら意欲的に練習に取り組んでいます。今後とも温かい御声援をお願いします。 

                
他の京都府代表選手と    ジャベリックスローで、フォーム     <ジャベリック> ロケット状のヤリ。 
ともに、ダッシュの練習    作りの反復練習を行っています。    長さ約70cm、重さ約300g、本体
をしています。                                 素材はポリエチレン製。



09:35 | 高等部
2018/07/02

地域とつながる学習 「サツマイモの苗植え」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
  6月1日(金)に、小学部2、4、5、6、7、8組の児童は、「地域の方に農作業を教えていただいたり、交流したりする。」「サツマイモの生長を観察する。」ことをねらいとして、生活単元学習「サツマイモの苗植え」の学習をしました。 

   事前学習では、地域の方に学校に来ていただき、実際に苗植えの仕方をわかりやすく教えていただきました。その後、一緒にダンスやゲームをしたりして交流もしました。当日はみんなで畑まで行き、教えていただいた方法で、何十本もの苗を上手に植えることができました。これからは、分担して水やり、草引きも行いながら、苗の生長を観察していきます。 
  2、3学期には、サツマイモの収穫や収穫したサツマイモでの調理、イモ版画の製作など、年間を通しての交流を計画しています。

          
事前学習では、もみ殻を土に見立てて苗を        たくさん収穫できるようにと教えていただいた、
植える練習をしました。                畝に対して斜めに寝かせる植え方ができました。



11:33 | 小学部
2018/06/27

第18回 全国障害者スポーツ大会 強化練習会(水泳部門)

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

10月13日(土)から3日間、福井県で「第18回全国障害者スポーツ大会(福井しあわせ元気大会)」が開催されます。本校からは、水泳部門(背泳ぎ)において、京都府の代表選手として、高等部3年生の志賀くんが選出されました。大会にむけての強化練習会が、京都市の障害者スポーツセンターで6月よりスタートし、他の代表選手3名と共に練習に取り組んでいます。監督やコーチから泳ぎ方の指導を受ける際には、話にしっかりと耳を傾け、少しでも速く泳げるように教えていただいたことを意識して一所懸命に泳いでいます。練習会を重ねるにつれ、自分から京都市の選手に「がんばれ!」と声を掛けたり、京都市の選手から「あと、少し!」と声を掛けられたりするなど、お互いに励まし合いながら練習に取り組む姿も見られるようになってきました。また、これまであまり取り組んでいなかったターンの練習にも挑戦し、壁にタッチした後、自分の体を上手くコントロールして、ターンすることができるようになってきています。

10月の大会にむけて、少しでも良い記録が出せるようにこれからも練習を頑張っていきます。

         

ストロークの腕をまっすぐ伸ばすことを      長身を生かしたダイナミックなフォーム!

意識しています!


 


16:48 | 高等部
2018/06/27

中学部 PTA親子行事

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

 6月17日(日)舞鶴市北吸にあるマリンボウルにて、親子行事を行い、保護者を含め70名の参加がありました。ゲームは2人1組になり、交互に1投ずつ投げるという中学部のオリジナルルールでボーリングを行いました。

はじめは少し緊張している様子でしたが、ゲームが進むうちに徐々に打ち解け、ストライクが出たときにはハイタッチで喜びあったり、大きな拍手で友達を迎えたりする様子が見られました。学校とは違った表情がみられ、また、保護者や友達、兄弟姉妹、さらには担任以外の教員とも交流を深め、楽しいひとときを過ごすことができました。

参加者からは「家族みんなで楽しめました。」「毎年楽しみにしています。」「初めてでしたが、とても楽しかったです。」などの感想が聞かれました。PTA役員の方にも大変お世話になり、ありがとうございました。

    
じ6レーンで、交流を深めました。       70名の参加で、みんな楽しく交流ができました。


16:39 | 中学部
2018/06/27

運動発達面、感覚面に関する教職員研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 6月1日(金)に、有限会社あーと・ねっとの作業療法士である灘裕介先生を講師に招き、「感覚統合理論の基礎知識と様々な欲求を満たす遊び」というテーマでワークショップ形式の研修会を行いました。トランポリンやロープ、ボール、ブルーシートなど校内にある物を使い、教員が実際に身体を動かしながら、触覚、前庭感(バランスを感じる感覚)、固有受容感(関節の曲げ伸ばしによって生じる感覚)を感じるためのセッションを体験しました。

一番のポイントは、誰しも感覚の感じ取り方には個人差や個人内差があることで、子どもたちの行動の背景にはどのような感覚の特徴があるのかを意識して観察し、感覚欲求が満たされるようなアプローチをすることが大切であるということを教えていただきました。 
  今回学んだことを、今後の指導に生かしていきます。

        
  


16:03 | 研修
2018/06/19

屋外プールをぴかぴかに!

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 6月初め、プール開きを前に、高等部の生徒たちが2日に分けて屋外プールの清掃をしました。自分たちが学習で使用するプールを自分たちできれいにしようと、清掃する場所を分担し、作業を進めました。1年近くたまった汚れをブラシやタワシ、スポンジ等を使って一所懸命に落としていきました。清掃中には「洗剤を貸してください。」や「一緒に持ってください。」など、生徒同士でコミュニケーションを取り、協力する場面を見ることができました。終わった後は「きれいになると気持ちいいですね!」などと感想を述べる生徒もいて、疲れを見せながらも充実した表情で活動することができました。

   

コケや水垢でヌルヌルでした。         みんな、てきぱき動きます。                 「力を入れないと、とれないね。」      「きれいになって気持ちいい!」



10:09 | 高等部
2018/06/19

様々な社会体験ができました!  【小学部 修学旅行】

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 小学部6年生は、5月31日(木)~6月1日(金)「校外での学習を経験することにより、社会性を身につけ知識を深める。」「宿泊を伴う活動の中で、友達とのふれあいを深め、生活経験を広げる。」をねらいに、大阪・兵庫方面へ修学旅行に行ってきました。
 1日目の「海遊館」では、世界最大級の水槽で優雅に泳ぐジンベイザメに子どもたちは釘づけになりました。また、熱帯から南極までの世界の海を再現した水槽を見学し、学習することもできました。多くの見学客の中で手をつなぐなどして、友達に気を配りながら一緒に見学することもできました。「キッズプラザ大阪」では、警察官やお寿司屋さん、アナウンサーなどいろいろな職業を体験しました。また、電気を起こしたり、世界各国の衣装を着て楽器を鳴らしたり、大きなシャボン玉に入ったりと、体験や遊びを通して科学や社会の仕組みを学ぶことができました。

2日目の「カップヌードルミュージアム」では、見学だけでなく、インスタントラーメンにまつわるクイズにも挑戦しました。友達同士で考えたり教え合ったりしてみごとに正解し、賞品がもらえて大喜びでした。事前学習から一番楽しみにしていた「おもちゃ王国」では、ジェットコースターやメリーゴーランド、SLとうじょう号などにみんなで乗り、他にも、ゴーカートなどに挑戦する児童など、それぞれいろいろなアトラクションを笑顔いっぱいで体験することができました。また、レストランで、全員で昼食を楽しく食べたり、自分でお金を払ってお土産を買ったりすることもできました。

 出発式・解散式や食事のあいさつなど、担当した役割をしっかり果たし、集団行動や公共の場所での約束やマナーなどを守り、楽しく旅行をすることができました。これらの社会経験を通して、たくましくなった6年生は、体育祭や文化祭などを初め、学校生活の中で小学部のリーダーとして力を発揮してほしいと思います。


      
ジンベイザメに「ギョッギョッ!」     アナウンサーとしてTVに出演!       「あっ!これ食べたことある!」    「みんなで乗ったよ、たのし~!」
08:28 | 小学部
2018/06/08

交通安全教室

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

 5月24日(木)に高等部、25日(金)には小・中学部を対象に交通安全教室を実施しました。ねらいは「交通安全に対する意識を高め、正しい横断歩行や自転車の乗り方の方法について学ぶ。」「交通ルールを学び、交通事故の実態を知ることで、交通安全に努めようとする態度を養う。」です。

 初めに警察署の方からの講話を通して、横断歩道の正しい渡り方や、道路の歩き方だけでなく、交通ルールを守ることの大切さなどを学習しました。

 次に、体育館に設置した道路に見立てたコースを、警察署の方の指導を受けながら、正しく渡る練習をしました。信号機のある横断歩道と、ない横断歩道の違いを意識し、「右・左・前・後ろ。」などと声を出して目視し、車が来ていないことを確認してから横断歩道を渡ることができました。
 その後、希望者はグラウンドで自転車の乗り方についての講習を受けました。実際に、見通しの悪い交差点や路上駐車がある道路を走行する体験を通し、走行時の注意点や安全に走行することの大切さを学ぶことができました。


       
 横断歩道の手前では、「止まる、見る、待つ」             中学部の代表生徒が「お礼の言葉」を述べました。
 を心がけ、車がきていないことを確認!

16:08 | 全校
2018/06/08

高等部 「和太鼓演奏の鑑賞」

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 5月20日(日)参観日の午後、高等部の総合的な学習で「和太鼓演奏の鑑賞」を行いました。また、希望のあった小、中学部の学級も一緒に参加しました。

力感あふれる和太鼓の魅力を存分に味わおうと、中丹地域で活躍されている和太鼓チーム「中丹太鼓おもてなし隊『絆』」16名の方々を招き、迫力満点の和太鼓演奏を披露していただきました。

 大太鼓を2人で力強く打ち込んだり、たくさんの太鼓を並べて素早いバチさばきで細かいリズムを演奏したり、全身の力で打ちこむ力強い太鼓の音が体育館一杯に響き渡り、児童生徒たちを魅了しました。
 締めくくりは、全校児童生徒の希望者が参加する合同演奏です。120名の児童生徒たちが会場に並んだ和太鼓110台を使い「わっしょい!わっしょい!」と大きな声を出してリズム打ちの練習をしました。
 最後に全員による合同大演奏。児童生徒たちは生き生きとした表情で、口々に「すごい!」「楽しい!」「圧倒される!」などと言って、力強く太鼓を打ち込みました。
 和太鼓の魅力とだいご味を、生徒たち一人一人が身体全体で存分に堪能することができました。

           
   大迫力の生演奏に、釘付けです!          全校児童生徒の合同合奏。様々な種類の
                                          太鼓を体験させていただきました。
15:52 | 高等部
2018/06/08

京都障害者フライングディスク競技大会2018

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 5月19日(土)、島津アリーナ京都で、「京都障害者フライングディスク競技大会2018」が開催され、140名が参加しました。
 本校からは、高等部の若本君、志賀君の2名が、アキュラシー競技(5m先の的に投げ、通過した数を競う)や、ディスタンス競技(投げた距離を競う)に参加し、練習の成果を発揮し、好成績を残しました。

 

<アキュラシー競技の成績> 
 ○C-2組 志賀君 10投中10投 (1位) ※参加者の中、唯一のパーフェクト!
 ○C-3組 若本君 10投中 1投 (7位)
<ディスタンス競技の成績>

 ○A-2組 志賀君 17.75m (7位)

           
   〈アキュラシー競技〉                〈ディスタンス競技〉         2人ともアキュラシーの競技で
 集中し、バックハンドで10投ずつ      広い体育館で、のびのびと      表彰されました。
 投げました。                    3投投げました。
08:30 | 高等部
2018/06/05

中学部 地域清掃

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 5月24日(木)、「地域社会に奉仕する活動を通して、地域社会とつながり、人の役に立つ経験を積む。」をねらいに、池内の堀地区の方6名とともに除草作業やゴミ拾いなど、「地域清掃」に取り組みました。
   事前学習では、池内振興協議会の会長さんからのビデオメッセージを学部集会で見ました。生徒たちのビデオメッセージは堀地区の集会所で上映され、それを見て、当日清掃場所まで来てくださった方もありました。
   当日は、青空のもと、地域の方が事前に刈ってくださった草をみんなで袋に詰めたり、ゴミや石を拾ったり、時間いっぱい集中して清掃を行いました。また、地域の方々と楽しく会話したり、上手な作業のやり方を教えていただいたりしながら、最後まで頑張ることができました。
   事後学習では、取組を振り返り、お世話になった地域の方へのメッセージカードも作りました。
   清掃活動を通して、地域の方々と交流でき、社会の役に立つことができた貴重な経験となりました。


          
草を両手いっぱい集めて袋へ入れました。       竹ぼうきを使い、生徒同士協力し合って
                                                                                      草集めをしました。



17:24 | 中学部
2018/06/03

中学部 「マナー向上週間」の取組

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 中学部では、5月と1月の年2回、「かっこいい中学生を目指そう!」とマナー向上週間に取り組んでいます。「相手の顔を見てあいさつをする」「丁寧な言葉遣いで話をする」「よい姿勢で給食を食べる」「エプロンをたたんでしまう」等、自分で決めた1~3個の目標を意識して学校生活を送り、目標が達成できたかを一日の終わりに自分で確認します。また、特にがんばった生徒は中学部集会で表彰され、これも大きな励みとなっています。 
  1週間の取組を終え、多くの生徒たちの「がんばった」「やりきった」「これからもがんばりたい!」という自信や意欲を持つ姿を見ることができました。また、目標を達成しようと意識することで、よい習慣として身につくきっかけともなりました。今後は、日常生活の中でも取組でつけた力を発揮できるように指導していきます。

                 

口の中が空になってから、        奥歯までしっかり磨くことを         苦手なうつ伏せ姿勢を、姿勢
次の物を食べることをがん        がんばりました。               保持具を使ってとりました。
ばりました。



16:44 | 中学部
2018/06/02

心肺蘇生の職員研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

5月16日(水)、「教職員一人一人の救命に対する意識を高める」ことをねらいに、教職員対象の救急講習会を実施いたしました。本年度も舞鶴西消防署様の御協力のもと、心肺蘇生練習器具を使用した胸骨圧迫やAEDの扱い方、水中事故の対応などを講義と実技を通して学びました。

 講義では、胸骨圧迫を絶え間なく続けることが救命のために最も重要であること、また、救急隊やAEDが到着するまでの間、胸骨圧迫だけの心肺蘇生でも、人工呼吸と同じかそれ以上の救命効果があることなどを教えていただきました。実技では、絶え間ない処置を意識し、ペアで交代しながらの胸骨圧迫なども体験しました。
 今後も、緊急時に対し、冷静かつ迅速に対応できるようさらに研修を重ねていきます。
 

   
胸骨の圧迫部位を全員で確認  胸骨圧迫で2倍、AEDを使えば  本校玄関自動ドアにある    玄関を入るとすぐ、保健室前の壁                  
                           さらに2倍救命率が上がります。  設置シール!
地域の方に  に設置されており、グラウンドか
                                                      も使っていただけます。      らとりに来る場合にも便利です。



16:06 | 研修
2018/05/29

部活動紹介オリエンテーション

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 5月10日(木)に、「部活動の種目とその活動内容を知り、体験を通して入部したい部を考える機会とする」をねらいに、部活動紹介オリエンテーションを行いました。

  前半は、昨年度ソフトボール部、卓球部、卓球バレー部、音楽部それぞれの部で活動していた部員が、デモンストレーションを通して活動内容を発表しました。

後半は、それぞれの活動場所で部活体験を行い、先輩と一緒に汗を流したり、歌や楽器の演奏を体験したりしました。

   本格的な部活動は、5月23日(水)にスタートしました。また、ソフトボール部、卓球部、卓球バレー部は、10月6日(土)に開催されるスポーツ交流会(京都府下の支援学校との交流試合)に向けての練習にも取り組みます。音楽部は、練習の成果を11月17日(土)の文化祭や、グレイヴィルまいづるで発表する予定にしています。
      
<ソフトボール部>         <卓球部>           <音楽部>             <卓球バレー部>
キャッチボールやフライの       30回ラリーを続けることを     音楽に合わせて楽しいダンス     試合形式での体験を行いました。

捕球練習を発表しました。      目標に発表しました。       を体験しました。

 

 

 



08:15 | 高等部
2018/05/11

春の苗販売会 おいしい野菜の苗をどうぞ!

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 4月25日(水)春の苗販売会を本校で開催いたしました。「作業学習で生徒たちが育てた野菜の苗を地域の人に買っていただくことにより、達成感や作業学習に向かう意欲を育む」こと、などをねらいに行っています。

事前学習では、「感謝の気持ち」を大切にしながら、あいさつや接客の仕方を学習しました。当日は小雨が降る時間帯もありましたが、たくさんの地域の皆さまに来ていただきました。生徒たちは練習の成果を発揮して、「いらっしゃいませ。」「とてもよく育つ苗です。」など、大きな声と笑顔で接客し、販売することができました。

   お客様からは、「この日を楽しみにしていました。」などのうれしい声も聞くことができました。また、「人気の苗はすぐに売れてしまうので、増やして欲しいです。」や「花の苗も欲しいです。」という声もたくさん聞かせていただきました。

   苗販売会を終えた生徒たちは、「オクラの苗が全部売れてうれしかったです。」「しっかりと苗をアピールすることができました。」「会計を間違えずにすることができました。」など、学習の成果を十分に発揮できたことに喜びを感じることができました。地域の皆様に喜んでいただけたことを力とし、次回の「秋の販売会」に向けて作業学習に一層励んでいきます。

       
         苗のセールスポイントも伝えて     「アンケートをお願いします。」と呼       生徒8名が飲み物のサービスを           「苗をお持ちします。」と声をかけ
          販売できました。 
           かけ、くの方に協力してもらう       行い、接客の学習にも取り組み          車まで一緒に運びました。
                              ことができました。                ました。

     


09:58 | 高等部
2018/05/03

期待に胸膨らませ 入学式

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
  4月10日(火) 桜の花もすでに満開を過ぎ、若葉が出始めの晴天の下、保護者や来賓等の多くの方々に温かく見守られながら、小学部7名、中学部9名、高等部22名、計38名が入学しました。

 新入生は、名前を呼ばれるとしっかり返事をして、期待と希望に胸を膨らませて入学しました。
 式の中で、校長先生が、「今日から皆さんは、舞鶴支援学校の子どもたちです。自分の夢や目標に向かい、学び、鍛え、常に新しい自分に挑戦し続けてください。皆さんには、まだ、自分が気付いていない力や良さがあります。たくさんの可能性があります。新しい自分を見つけ、自分の力を伸ばし、夢の実現に向けて努力していきましょう。」と、祝辞を述べました。

 続いて、新入生代表生徒は、「体験学習で行った作業学習をするのが今から楽しみです。今は期待と不安でいっぱいですが、新しい友達を作って、力を合わせて、充実した学校生活を送りたいです。そして、3年間、様々なことを勉強して、希望する進路を実現させたいです。」と、力強く喜びの言葉を述べました。

 在校生は全員で、「入学おめでとう。いっしょに学び、自分をきたえ、いろいろなことに挑戦しましょう。」と、お祝いの言葉を伝えました。

 この日から、新しい友達や先生とともに、自立と社会参加を目指して第一歩を踏み出しました。

                            

                                                 
高等部新入生代表の「喜びのことば」
           
13:18 | 全校
2018/03/10

シリーズ:授業紹介⑨ 小)自立活動「いきいき忍者、修行でござる!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 3学期の自立活動「いきいきからだ」では、「体を柔軟にすること」「体幹を鍛えること」を目標に、「忍術を身につけよう!」と、忍者のような動きに挑戦しています。

 「ぶら下がりの術」は、子どもたちが大好きな運動で、鉄棒をぎゅっと握って空中をかっこよく移動できるようになってきました。「豚の丸焼きの術」を始めた頃は、足を鉄棒に絡ませる動作が難しいようでしたが、練習を重ねることでコツをつかみ、ぶら下がれる時間が少しずつ長くなってきました。また、相手の動きに合わせる「箱運びの術」は、歩く速度や棒への力の入れ具合などを、相手を意識して調整できるようになってきました。普段あまり経験しない忍者の動きですが、楽しく、いきいきといろいろな忍術に挑戦することができました。
    
          横歩きの術            鉄棒ぶら下がりの術            

                 
 ブタの丸焼きの術      箱運びの術


09:18 | 小学部
2018/03/05

小学部 6年生を送る会

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 2月23日(金)に「6年生を送る会」を行い、6年生3名のお祝いをしました。当日は、実行委員の5年生が中心となって、進行をしました。
 最初に、6年生の思い出のアルバムをスライドで見て、これまでの成長を振り返りました。次に6年生の決意発表では、小学部の思い出を歌詞にした歌を歌ったり、鍵盤ハーモニカの演奏をしたり、友達が持つリングめがけてボールを投げるなど、これまでの学習でできるようになったことを発表することができました。また、6年生のそれぞれの児童が中学部に向けた決意も発表しました。
 在校生からは、みんなが大好きな「パレード」の歌をプレゼントしました。最後に、みんなで一つの円になり、「ハッピーソング」などのダンスを踊ったり、保護者の方も一緒にボール送りゲームをしたりして、賑やかで楽しいお祝いの会をすることができました。6年生は、みんなにお祝いをしてもらった喜びを感じるとともに、中学部進学への期待を膨らませることができました。

  
13:54 | 小学部
2018/03/05

体育委員会レクリエーション大会 大成功!

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 高等部の体育委員会は、小学部から高等部までのみんなが楽しめるようにアイデアを出し合い、レクリエーション大会の準備を進めてきました。
 2月14日当日は、「おみくじ付き魚釣り」や「フライングディスク」、「ストラックアウト」の各コーナーをそれぞれが担当をし、たくさんの参加者が楽しめるように運営しました。参加した人たちが、何度も同じコーナーでチャレンジをしたり、魚に付けていた大吉のおみくじを制服に貼って喜んだりしている姿を見て、体育委員としてやりがいを感じられる活動となり、また、全校児童生徒が交流できる場を作り上げることができました。

  
13:54 | 高等部
2018/03/05

小学部・中学部 楽しいブックトーク

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 2月9日(金)、舞鶴市立西・東図書館の司書の方を講師に招き、小・中学部の児童生徒を対象にブックトークを行いました。
 小学部と中学部3組・6組では、歌や指人形も交えながら、たくさん絵本を紹介していただきました。中でも、わらべうたでおなじみの『あぶくたった』は、ねずみさん一家が「♪にえたかどうだか たべてみよ」と味見しながら、おしるこが煮えるのを待っている楽しい絵本です。お鍋から小豆のにおいがしそうなステキな世界に、みんな引き込まれていきました。
 中学部1組・2組・4組・5組では、「そらまめ」や「カレーライス」といった食べ物をテーマにした本や、「くるくる」「うずまき」「こま」といった回転をテーマにした本を紹介していただきました。また、実際に、くるくる回って落下する紙を飛ばしたり、厚紙で作ったこまを回したりもしました。生徒たちは夢中になって回し、こまに描かれた様々な模様の変化も楽しみました。本の面白さや、読書の楽しさを知るとてもよい機会になりました。

      
13:53 | 小学部
2018/02/22

「全国特別支援学校肢体不自由教育校長賞」を受賞!

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 先日行われました、第24回全国特別支援学校文化祭において、高等部2年生の谷本さんが、書道部門で「全国特別支援学校肢体不自由教育校長会賞」を受賞しました!

 2月10日(土)に、東京のりそなグループ本社での表彰式には、お父さんが参加され、谷本さんは後日、動画と写真で表彰式の雰囲気を味わいました。

 持っている力が発揮でき、次は「文部科学大臣賞を目指します」と、さらなる学習意欲にもつながる受賞となりました。
      
                作品名「秋の虫」
   季節に合った難読漢字を書こうと決め、その漢字に合った色で折り染め」をして用紙を作りました。どの漢字も画数が多く、足指で筆ペンを持ち、足を長時間挙げて書くのは大変でしたがとてもバランスよく書けました



11:59
2018/02/14

シリーズ:授業紹介⑧ 小)あそびの指導「おもしろ大実験」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
  おもしろ大実験 ~空気ってすごい~
 1月16日(火)の遊びの指導では、段ボールで作った空気砲や送風機を使って、いろいろな実験をしました。まず、空気砲を撃ったり、受けたりする実験をしました。空気砲を「バン!」と叩くと穴から空気のかたまりが飛び出します。目に見えない衝撃を受けた子どもたちは、「空気ってすごい!」と歓声をあげ、段ボールの中を不思議そうに覗き込んでいました。次は、的当てです。空気砲でコップのタワーをねらって発射!一瞬でコップタワーが吹き飛ぶ不思議さを何度も楽しみました。最後は、送風機の風に物を浮かばせる実験です。見本に発泡スチロールの球を浮かせてみると、みんなの目がキラリと輝きました。「やりたい人?」と尋ねると、一斉に手が挙がり、それぞれいろんな形の物、軽い物、重たい物、身近にある物などを選び、風力も変えながら次々と試しました。「浮いたー!」「おもしろい!」などと思わず声に出てしまうぐらい楽しい「おもしろ実験」に取り組むことができました。

      
   コップをねらって・・・   送風機の風に「やったー浮いたー」      夢中になって、何度も挑戦!

14:34
2018/02/14

シリーズ:授業紹介⑦ 高)調理実習

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 高等部1組(訪問学級)は、週3回の訪問授業(自宅での学習)を行っています。

調理実習にも取り組み、「家族のために作ろう」をテーマに、毎月「卵焼き」や「お味噌汁」など色々なメニューに挑戦しています。今回は「トマトキーマカレーを作りたい!」という生徒の希望で、色々なレシピをタブレットで調べ、また、お母さんに尋ねて自分なりのレシピを作りました。

 調理では、ピーラーで野菜の皮をむいたり、フードプロセッサーにかけやすいように、包丁で小さく切ったりしました。切るのが一番大変だったのが人参で、思わず「硬い・・・」と苦笑い。しかし、色々な野菜やカレールーなどを切っていくごとに力を入れるコツをつかんで、身体全体を使って足に体重を乗せて切れるようになってきました。そして、レシピに沿って材料を炒めたり、煮込んだりと自分で取り組みました。材料が増えていくごとに重くなっていくしゃもじをがんばって動かし続けると、スパイシーな香りが部屋中に漂いました。

学習のまとめでは、「調理は本当に楽しい」「家族のみんなが、『おいしい』と言って食べてくれたことが嬉しかったです」などの感想を述べ、来月の調理実習に向け、更に意欲が高まった様子でした。

             
          ニンジンの皮むき名人           包丁を足で押さえてタマネギを切っています

            
 ベッドサイドの鏡を見ながら上手にミンチを炒めます            お鍋に具材を入れてかきまぜます

14:00 | 高等部
2018/01/17

シリーズ:授業紹介⑥ 中)生活単元学習 「まいづるをPR」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

 自分たちで考えたメニューが給食に採用されました!

中学部5組では、「地元舞鶴の『名産品』『観光地』『ご当地キャラクター』について学び、その良さや魅力を発信し、地元舞鶴に愛着と誇りを持つ」ことをねらいに、生活単元学習「まいづるをPR」に取り組みました。

特に舞鶴の「名産品」にかかわる学習では、自分たちも何かできないかと考えました。何度も話し合いを重ね、「我が家のおすすめメニュー」に名産品の特長を生かした商品を作ろうということになり、インターネットで舞鶴の名産品を調べたり、家族に「我が家のおすすめメニュー」をインタビューしたりしました。その結果、インタビューで人気の高かった「豆腐ハンバーグ」に、舞鶴の名産品「万願寺甘とう」を加えた「舞鶴オリジナルハンバーグ」を作り、全校にPRしてみようということに決まりました。

   実際に調理実習で、味の確認もしました。生徒からは、「野菜の切り方が粗く形が崩れていた」「作業に時間がかかりすぎ」などの反省点があがり、色々と工夫を重ねました。

   また「舞鶴オリジナルハンバーグ」のPRポスターを作り、本校の栄養教諭や給食調理員さんに宣伝したり、廊下に貼り出したりして全校に向けてもPRしたことで、自分たちが考えたメニューが実際に給食の献立に採用され、ねらい以上の結果を得ることができました。

当日、給食に出された「舞鶴オリジナルハンバーグ」を見た時、生徒たちは喜びと達成感でいっぱいの様子で、美味しく味わうだけでなく、他学級や他学部に感想を聞きに行く生徒もいました。

   地元舞鶴について考え、学ぶとてもよい機会になりました。

        
 5組が考えた豆腐ハンバーグが給食に           万願寺甘とうの香りと食感がいい感じ     ヘルシーなので女子生徒にも人気がありました           

採用され、全校で味わいました

            
舞鶴の名産品は「かまぼこ」や「へしこ」     満願寺甘とうの紹介など   豆腐ハンバーグの作り方など         隠し味にはなんと・・・        

「佐波賀大根」などたくさんありました



 


08:55 | 中学部
2018/01/12

シリーズ:授業紹介⑤中)生活単元「まいづる海軍カレーパーティー」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 中学部2組では、2学期に「自分たちが住んでいる舞鶴のご当地グルメである『海軍カレー』について学び、自分たちで、協力してカレーパーティーの準備する」をねらいに、生活単元学習で『まいづる海軍カレーパーティー!~先生たちをおもてなし~』に取り組みました。
 海軍カレーは船によってレシピが違う野が特徴なので、調理班を3グループ(2~3名)作り、カレーのベースを何にするのかを話し合いました。

調理では、カレーを焦がしてしまったり、出来上がりまでに1時間半以上かかったりしていましたが、繰り返し調理することで、役割分担から調理までを協力して行い、「あれ持ってきて」「代わって」などと言葉を掛け合うなどして手際よく、美味しく作ることができるようになりました。

 12月12日(火)には、「海軍カレーパーティー」に先生たちを招待しました。当日朝から、グループごとで考えたキャベツ入りのビーフカレーやパイナップル入りのチキンカレーなどを作り、クレープやシナモンバナナ、プリンなどのデザートも添え、どのグループもとても豪華なカレーセットを完成させることができました。

招待した先生たちから「美味しかった」「ありがとう」の評価をいただき、自分たちが考えたおもてなしができたことに、大いに満足していました。

     

友達と協力して、調理をすることができました    グループで話し合い、カレーの具材を決めました    役割分担して、パーティーの教室飾りを作りました

   

     

    パーティーの司会進行も自分たちで               飲み物をどうぞ!                心のこもったおもてなしができました






17:25 | 中学部
2018/01/11

京しごと技能検定(パソコン)に挑みました!~本校パソコンルーム~

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
 
 11月に行われた京しごと技能検定(清掃)に続き、12月14日(木)には、生活自立コース7~9組の18名と職業自立コースの15名、計33名が京しごと技能検定(パソコン実務)に挑戦しました。
 京都府立特別支援学校高等部の生徒が、「日頃の職業教育の学習成果を発揮し、評価認定を受けることで、働く意欲や自信を高め次の目標を持つ」「職業に関する技能を身につけることで、自立や社会参加の機会を広げ、府民や企業への理解を深め、雇用の促進を図る」ことを目的としています。
 10分間で何文字打ち込めるかという「速度」の部と、20分間で定型の案内文を作成する「文書作成」の部に分かれて受験しました。33名中、14名は両部門を行いました。
 普段から「情報」の授業で、パソコン技能のスキルアップを目指し、これまで努力してきた成果を試すよい機会となりました。結果を待って、できた成果を確かめながら、更に上級を目指せるよう今後もチャレンジしていきます。
            
               使い慣れたパソコンでも少しドキドキしました!              誤字脱字が無いように慎重に!

17:55 | 高等部
2018/01/11

小学部 6年生の中学部体験学習

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
  小学部6年生の3名は、「中学部での生活に見通しを持ち、進学への関心・意欲を高める」ことをねらいに11月に「チャレンジ中学部」として、給食や作業学習などを中心に中学部の生活を体験しました。また、12月4日(月)と5日(火)には、登校から下校まで中学部の学級に入り、中学部生と一緒に学習や生活をしました。
 一日体験のときは、朝の活動、特別教室への移動などもあり、緊張したり戸惑ったりすることもありましたが、中学部の指導者や生徒の親切でやさしい言葉かけもあり、徐々に緊張もほぐれ、中学部の授業にも積極的に参加し、先輩を見習って元気に発表することもできました。
 3学期は、制服着用に向けての身だしなみの学習などにも取り組み、中学部の生活にスムーズにスタートできるよう指導していきます。


  
    農園芸の授業で大根の芽を間引きました                    中学部の先生と数学の勉強                              美術はデザインの勉強でした


17:37 | 小学部
2018/01/11

シリーズ:授業紹介④ 小)校外学習 「プロの技に学ぶ」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
   12月6日(水)「マナーを守ってタクシーを利用する」「笑顔や身だしなみなど接客の仕方を知る」ことをねらいにして、11月にオープンした「マグ・la・カフェ・ゆるり」に校外学習に行きました。

  タクシーに乗っている時間は数分でしたが、運転手さんにあいさつをしたり、お礼を伝えたりすることができました。「ゆるり」では、開店前のお店の中を見学しました。また、店長さんに「お客さんがいない時はどんな仕事をしているのですか?」や「笑顔で接客していますか?」「仕事は楽しいですか?」など様々な質問をし、一つ一つ丁寧に教えてもらいました。その後はお楽しみのティータイム。各自で飲み物やケーキなどを注文し、美味しくいただきました。また、カフェで働いている方々の仕事ぶりを見学する中で、大きな声で挨拶されている様子や飲み物などを運ぶ姿、丁寧な言葉遣いなど、働くことについて学ぶよい機会となりました。

  学校ではこの校外学習を基に、生活単元学習「大切な人をもてなそう」で、身だしなみやお茶の入れ方など、見学したことを生かして、校内の先生を招待し、おもてなしをしました。取り組みの中で、身だしなみや言葉遣い、お茶やコーヒーの運び方など、働くことの大変さに気付くと共に、喜んでもらう経験からやりがいも感じることができました。学習のまとめでは、「マグ・la・カフェで働きたい」や「家族にコーヒーを入れてあげたい」などの声が聞かれ、校外学習を通じて、多くのことを学ぶことができました。

             
 カフェでの仕事について質問をしました     券売機で食券を買い、飲み物を注文しました   おいしい飲み物とケーキに子どもたちはにこにこでした


17:05 | 小学部
2018/01/09

小学部2組 「にこにこチャレンジ」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 小学部ではキャリア教育の視点から、「生活面や学習面での目標を設定し、一定期間主体的に取り組み、目標を達成することで、自信や意欲を高める」ことをねらいに「にこにこチャレンジ」に全学級取り組みました。 

  2組では、「手をきれいに洗う」「エプロンをたたんで片付ける」という生活面の目標を2つ設定し、一週間取り組みました。普段から手洗いや、エプロンの片付けは自分たちで行っていますが、チャレンジウィークでは、普段よりもさらに丁寧にしようと子どもたちにも気合いが入ります。取り組んだ後にはすぐに点検表を見ながら、振り返りをしました。「手がピカピカになったよ!」「エプロンたためました!」など自信をもって答えました。チャレンジウィークの後、校長先生から表彰状を頂きました。

これからも子どもたちがやりがいを感じ、「できた!」という気持ちがたくさん持てるよう取り組んでいきます。

      

   普段入ることのない校長室で表彰             さらに丁寧!・・・を意識して         たたんで袋や元の場所に片付ける
      してもらい嬉しそう                                                                                までを頑張りました

           
          チャレンジ当初は指導者が点検をしました                  後半は点検がなくてもOK!            自分でできているかを判断できる
                                                                                                      ように なってきました  


15:56 | 小学部
2018/01/09

シリーズ:授業紹介③ 小)図画工作 「クリスマスツリー作り」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 11月から図画工作の授業で、「手指や足を使い、紙や粘土をちぎる、叩くなどで成形したり、色を塗ったりすることができる」をねらいに、みんなでクリスマスツリーを作りました。
   まずは、大きなもみの木の土台に色付けをするところからスタートしました。絵の具を手や足にたっぷりとつけて、絵の具の感触を味わいながら模造紙4枚に色を塗ることができました。その中で、自分の手型や足型をとったり、色がついていない部分を探して塗ったりするなど、一人一人が活動の中で塗り方の工夫をしながら取り組むことができました。

 次に、ツリー飾りの「カラフルボール」を作りました。いろいろな色のお花紙を細かくちぎり、両面テープの付いたボールに貼ると、可愛いカラフルボールができます。児童たちはお花紙をちぎる、両面テープの粘着テープを外す、ボールに貼るなどと、それぞれの役割で取り組み、たくさんのカラフルボールを作ることができました。そして活動の後は、余ったお花紙を送風機で飛ばして遊び、教室はたくさんの笑顔と歓声で包まれました。
  ひとつの作品を仕上げていく中で「作るって楽しいな」と思えたり、友達意識が芽生えたりするよう活動を工夫しています。完成したクリスマスツリーは学級のクリスマス会で飾りました。みんなで作った大きなクリスマスツリーが、より一層雰囲気を盛り上げました。


     
  足で塗るのも気持ちいい                     粘着テープを外すのが上手くなりました          お花紙が勢いよく舞い上がって面白いよ 

       
  どうですか私たちのツリーの仕上がりは・・・




14:16 | 小学部
2017/12/29

シリーズ:授業紹介② 中)生活単元学習 「ピタゴラ映画祭を開こう」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 中学部1組では、学級の生徒みんなが大好きなピタゴラスイッチを題材として、生活単元学習「ピタゴラ映画祭を開こう」を準備や計画を含め2学期間に渡って行いました。「友達と協力して物事をやりとげる力をつける」「映画祭に招待した人に喜んでもらい、達成感を感じる」ことをねらいとしています。

 授業の中では、装置の色や模様を工夫し、ドミノや洗濯バサミを友達と協力して並べるなどして自作のピタゴラスイッチを作りました。始めた頃にはビー玉がうまく転がらない生徒もいましたが、「失敗しても大丈夫」「イライラした時は休憩」などの約束をしながら、スムーズに動くように何回も挑戦し、成功した時は友達や指導者とハイタッチをして喜び合いました。映画のBGMも、自分たちで鉄琴などの楽器を演奏して録音しました。また、「ピタゴラ映画祭」を宣伝するための看板やチラシ作りも行いました。

 映画祭当日は、小学部の児童を招待して、映画の上映とピタゴラ装置の体験コーナーを行いました。小学部の児童に「どうぞご覧ください」と優しく声をかけたり、体験コーナーで倒れたドミノを何度も並べ直したりと、各自の役割を一所懸命に果たし発表することができました。

 上映中は、みんな夢中で画面に見入っていました。映画祭終了後には「楽しかった」「またしたい」という感想を聞くことができ、中1組の生徒たちは「がんばりました」とやりきった表情でした。

装置作りから映画祭まで長い期間、〝映画祭の成功〟を目標に頑張る姿は、とても素晴らしかったです。この経験を今後の学習に生かせるように引き続き指導していきます。
              

            


10:11 | 中学部
2017/12/26

文化や歴史に触れることができた 高等部修学旅行

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   10月25日(水)~27日(金)に、2年生20名が広島方面へ修学旅行に行ってきました。旅行前にはグループごとに分かれて行程表を作ったり、行き先について調べたりして、旅行への期待を膨らませました。

【1日目】
 広島平和記念公園とマツダミュージアムに行きました。広島平和記念公園では、実行委員の司会で平和セレモニーを行いました。
 マツダミュージアムでは、自動車工場を見学しました。目の前で次々と車が組み立てられていく様子を、生徒は真剣な眼差しで見学しました。

【2日目】
 
事前に見学先や交通機関を調べて、生徒が計画した行程にそって、班別行動をしました。宮島や広島市内では、厳島神社や宮島水族館を訪れたり、原爆資料館で平和学習をしたりして、有意義な時間を過ごしました。

【3日目】

 
呉市の大和ミュージアムへ行きました。資料館には、「戦艦大和」が造られた背景に関する資料や設計図、その当時の人々の生活に関する戦時中の資料などがたくさん展示されていました。様々な展示物を見た生徒たちは、平和の大切さを改めて感じていました。
 修学旅行では、ルールやマナーを守って活動することができました。また、お互いの事を理解し合い、自分の役割を果たすなど協力して取り組むことができ、修学旅行の目的も達成することができました。


【平和記念公園】
 みんなで心を込めて作成した平和のボードを
 原爆の子の像に捧げました。


【マツダミュージアム】
 様々な車に試乗しました。

【班別行動】
 焼きたてのもみじ饅頭や広島焼きを食べました。


【大和ミュージアム】
 船を作る科学技術の原理を体験しました。
15:59 | 高等部
2017/12/21

高等部 ブックトークで本に親しむ

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員

 12月7日(木)、8日(金)の2日間、西舞鶴高等学校図書館司書の香西先生を講師に招き、高等部の生徒を対象にブックトークを行いました。

 生活自立コースでは、絵本や図鑑、写真集など様々なジャンルの本を紹介していただきました。中でも、『禁断のレシピ』という、美味しそうな食べ物の写真とカロリーが書いてある本が人気で、「おいしそう!でもカロリーが…」「ほんま禁断やな…」と生徒の中で会話が盛り上がりました。本の紹介だけでなく、新聞紙でトカゲを作ったり、豆本を作ったりする活動もあり、多くの生徒が興味を持って参加することができました。

 職業自立コースでは、「明日に向かって!」というテーマで、小説、漫画、ポエム、写真集など、幅広い内容の本を紹介していただきました。中でも、「小さな幸せの見つけかたの本」、「高校生の主人公が仕事やはたらく大人を観察しながら成長する話」、「あたりまえすぎてクスッと笑えるポエム」など、明日に向かって毎日を生きるためのヒントになる本の紹介に、生徒たちも「わかるわかる」「私もそれ好き!」と、口々に言いながら聞くことができました。ブックトーク終了後には香西先生に自分の好きな本の話をする生徒もいて、本を親しむとてもよい機会になりました。
   


13:43 | 高等部
2017/12/21

「中学部進路学習の取組~高等部体験学習~」

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
 11月28日(火)から12月1日(金)にかけ、「高等部進学への見通しを持ち、進学への意欲を高める」ことをねらいに、「高等部体験学習」を実施しました。中学部3年生では、これまで進路学習の取組として、高等部の授業を見学したり、1時間程度授業を体験したりしてきましたが、今回は終日各学級に分かれ、高等部生と一緒に様々な活動に取り組みました。

どの生徒も最初はとても緊張した表情をしていましたが、高等部の先輩が「優しく教えてくれる」こともあり、少しずつ慣れて昼休みには仲良く遊ぶ姿もありました。また、高等部の「作業学習」や「職業」、「家庭」といった授業にも、「どんなことをするのだろう?」と関心や不安もありましたが、先輩たちと一緒に楽しく学習する中で不安が減り、高等部進学への心の準備も少しできてきました。 今後は、1月に行われる入学選考に向けて、進学の意識を高めるために面接練習などに取り組んでいきます。
  
         
  先輩とペアで体育の授業を体験しました        調理学習では、「チキンナゲット」を作りました    作業学習では、「織機」を体験しました



12:08 | 中学部
2017/12/14

フクヤ販売会

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 今年度もフクヤ白鳥店様の御協力により、舞鶴支援学校製品販売会を行いました。今回は職業自立コース以外にも、生活自立コース5・6組の生徒が初参加し、それぞれが作業学習の中で一所懸命作った農園芸、陶芸、ガラス工芸、木工、工芸の製品を販売しました。
 生徒たちは、商品を1つでも沢山買っていただけるよう「いらっしゃいませ!」「舞鶴支援学校の製品はいかがですか!」「どうぞご覧ください!」と、道行く人に声をかけ、お客様に製品を勧めたり、お金のやりとりをしたり、製品を丁寧に手渡したりと、お客様に精一杯のまごころを届けることを頑張りました。
 お客様の中には、「きれいな製品ですね」「去年買って良かったからまた来たよ」などと言ってくださる方もあり、生徒たちにとっても大きな励みになりました。この自分たちの頑張りが報われた喜びとやりがいを、これからの製品作りに生かし、次の西市民プラザでの製品販売会で、より気持ちの込もった質の高い製品が出品できるようにしていきます。
 寒さの厳しい日でしたが、店頭へ足を運んでいただいた皆様、販売ブースを提供していただいたフクヤ白鳥店様、本当にありがとうございました。

  
  
18:03 | 高等部
2017/12/13

京しごと技能検定(清掃)に挑みました!~京都府中小企業会館~

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

 11月27日(月) 「日頃の職業教育の学習成果を発揮し、評価認定を受けることで、働く意欲や自信を高めて次の目標を持つ」、「清掃スキルやマナーを身につけることで、自立や社会参加の機会を広げ、府民や企業への理解を深め、雇用促進を図る」ことを目的として「京しごと技能検定(清掃)」が京都府中小企業会館(京都市)で行われました。
 本校からは生活自立コース・職業自立コースの7組~11組の23名が、「自在ほうき」、「乾式モップ」、「タオル」のうちいずれか1種、また、この3種を合わせた「複合」の4種目の検定に挑戦しました。
 生徒たちは2人の検定員を前にして少し緊張しながらも、1学期から「職業」の授業や普段の清掃活動の中で努力してきた成果を発揮することができ、技能に応じて1級~10級までの認定証が授与されました。
 この取組で得られた成果や自信を働く意欲につなげ、今後の学校生活や進路の取組に生かしていきます。

    

  帽子を取り「今から清掃を始めます」と大きな声で伝えることも評価になります。(複合)

    
   床にまかれたオガクズを、決められた手順で集めていきます。(自在ほうき)

    
           他校の生徒の様子からも刺激を受け頑張りました。(タオル)




17:11 | 高等部
2017/12/13

芸術鑑賞会を行いました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 11月22日(水)に芸術鑑賞会を行い、中国民族芸術団・中国黄河雑伎団の方々に、中国伝統の獅子舞や雑伎を披露していただきました。
 演目は、しなやかな柔術や絶妙なバランス感覚、スピーディーな輪くぐりなど驚きの連続でした。椅子を6脚積み上げて倒立をする大技では会場は静まりかえり、児童生徒は段々積み上げられていく椅子をドキドキワクワクしながら目で追いました。椅子の一番上で倒立をされたときは、大きな拍手がわき起こり、最初から最後までステージに釘付けでした。
 コミック雑伎では、小・中学部の児童生徒が麦わら帽子を上に投げて頭でキャッチする演目にチャレンジし、見事頭に載せられると、会場から「おーー!!」と歓声が上がりました。
 公演後教室では団員の方の決めポーズを真似する児童がいたり、「楽しかった。」「すごかった。」と感想を言ったりする生徒もいました。
 1時間という短い時間でしたが、舞台芸術への関心が高まるとても良い機会となりました。

  
  この高さでの輪くぐり      何度もチャレンジしました 

  
 体育館の天井に届きそうでした  獅子舞に頭を噛んでもらって大喜び
17:11 | 全校
2017/12/13

防災の日~災害時想定給食体験~

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

 『災害時の避難先の食事について考える機会にする。』『避難先の食事方法(配膳方式、割り箸使用、床に座って食べるなど)を実際に経験することができる。』をねらいに、本校の学校防災の日に合わせて災害時想定給食体験を行いました。非常時にはどのような環境で、どのようなものを食べるのかを学びました。
 小学部では、床に座って割り箸や紙皿を使用して食べることで、避難所などでの食事を想定した体験をし、中学部では、小学部に配膳ワゴンを運んだり、バスコースごとに分かれて食べたりして、避難時には同じ地域の人と一緒に協力しあい、過ごすことがあることを学びました。そして、高等部は、学級やグループの実態に応じて取り組み、体育館の床に座って食べたり、並んで受け取る配膳方式を取り入れたりするなど、実際に避難した場合と似た状況で喫食する経験をしたグループがありました。
 今後も災害時を想定して、様々な環境でも、人と協力したり、落ち着いて食事ができたりするように、体験的な取組をしていきます。

  ※今回の給食では、保存ができる食材(缶詰や乾物)を使った給食や、カレーと御飯が一緒に入ったレトルト食品が提供されました。

       

       


17:10 | 全校
2017/12/13

避難訓練と初期消火訓練を実施しました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 11月1日(火)に高等部棟2階調理室から火災が発生したという想定で、舞鶴西消防署の御協力のもと、避難訓練を行いました。目的は以下の2点です。
  ①児童生徒が火災についての危機意識を持ち、発生時を想定した避難の方法を学ぶ。
  ②指導者が火災についての危機意識を持ち、発生時を想定して、児童生徒を安全かつ迅速に誘導、避難できるようにする。
 今年度も舞鶴西消防署から署員の方に来ていただき、避難の仕方等の講評をしていただきました。消防署の方から「口にハンカチをあてながら、お(おさない)・は(はしらない)・し(しゃべらない)・も(もどらない)が守られていて、素晴らしい避難だった。」と評価していただきました。児童生徒も、消防署の方の講評をしっかりと聞き、火災の避難の仕方を再確認できました。
 避難訓練後は、消火器の使用方法を学ぶという目的で初期消火訓練を実施しました。生徒たちは、水消火器を運び、火元に向かって水をかけました。その体験から、初期消火の難しさや消火器の使い方を学びました。
 実際に災害に遭遇した際に、落ち着いて対応できるよう、今後も継続して防災教育に取り組んでいきます。

 


17:10 | 全校
2017/12/02

シリーズ:授業紹介① 小)生活単元学習「サンキュー、3組祭り」

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
小学部3組では、2学期の初めから「お客さんに喜んでもらえるお祭りのお店を考える」「友達と協力してお店の準備をする」「お客さんに大きな声で挨拶や宣伝をする」ことをねらいに、生活単元学習「サンキュー、3くみ祭り」に取り組みました。

授業では、お祭のイメージを少しずつ膨らませながら、自分たちでやりたいお店や必要な物を考えて作りました。また、招待状や看板作りも取り組み、単元の最後には2組の友達を招待しました。

お祭り当日は「輪投げ屋さん」「ボウリング屋さん」、それに、コマやカエル(輪ゴムの力で動くおもちゃ)などを使った「おもちゃ屋さん」が店開きし、招待した2組の友達が遊びに来ると一斉に「いらっしゃいませ。」「○○楽しいよ。」などの元気な声が教室に響きました。 

   これまでの学習の積み重ねで、自信を持ってあいさつをしたり、お店の説明をしたりすることができ、一緒に楽しく遊ぶこともできました。最後には、2組の友達から自然に「サンキュー!」と言ってもらい「サンキュー、3くみ祭り」は、大成功でした。

     

手作りの素敵なピンを使ったボウリング屋さん          手作りおもちゃのお店です   
         

        

輪になってコマやカエルのジャンプで遊びました    ペットボトルのピンと広告で作った輪投げ 

            


 


17:22 | 小学部
2017/12/02

小学部ランチルーム給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
11月16日(木) 小学部では、「みんなで楽しくランチルームで給食を食べることができる」「文化祭まで頑張ってきたことを振り返りながら、他学級の友達と一緒に給食を食べることができる」をねらいにランチルーム給食を行いました。

今回のランチルーム給食は「文化祭がんばったね会」ということで、「いただきます」の前には、みんなで文化祭のビデオを鑑賞し、自分や友達の頑張った姿を振り返りました。その後、文化祭の発表のグループごとに同じテーブルに分かれて会食がスタートしました。食事中も文化祭で歌ったり踊ったりしていた曲がBGMに流れ、楽しい雰囲気の中で食べることができました。給食を食べ終わった後も、周りの友達と交流を楽しむ姿を見ることができました。

 みんなで頑張った思い出を話しながら、おいしい給食を食べることができました。

       
文化祭で歌った「パレード」を元気よく歌いました!  いろんな学級の友だちとお話ししました!

 



17:04 | 小学部
2017/12/01

宿泊体験学習〜来年度の修学旅行に向けて〜

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   来年度の修学旅行に向けて、5年生児童9名が宿泊体験学習に取り組みました。「遊びや食事、お風呂等の生活のルールを守る」「同学年の友達との活動を通して、仲を深めたり、修学旅行への意識を高めたりする」ことをねらいとして、1泊2日の宿泊体験学習を行いました。
   当日は、いつもと違う環境にドキドキしながらも、食事の準備や片付け、布団の用意など、それぞれの役割を果たすことができました。また、友達と仲良く入浴したり、リラックスしたりと宿泊のルールを守り、仲良く生活することができました。
   来年度の修学旅行へ向け、これからも協力し合い、仲良く活動を進めていきます。



16:53 | 小学部
2017/11/22

思い出いっぱい!!中学部修学旅行

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   10月4日(水)~6日(金)に、中学部の3年生12名が名古屋方面へ修学旅行に行ってきました。3日間通して、自分の役割を果たしたり、友達と楽しく過ごしたりすることができ、思い出に残る修学旅行になりました。
   旅行前には、班別に分かれて行き先やお土産について調べて新聞を作り、旅行への期待を膨らませました。
  
<1日目>
  
ナガシマスパーランドに行きました。たくさんの乗り物を目の前に、生徒たちは、「これに乗りたい!」と乗る前からわくわくしていました。メリーゴーランドと急流すべりには、全員で乗ることができました。ジェットコースターにも挑戦し、「怖かったけど、楽しかった!」「もっと乗りたい!」と話をはずませていました。
   <2日目>
  
班別行動で、リニア鉄道館と名古屋市科学館に行きました。事前学習で、頑張って調べてきた内容を生かしながら、バスや電車等の公共交通機関を利用して、見学場所まで行くことができました。名古屋市科学館では、たくさんの展示物を見て、科学の不思議を体験しました。-40℃の世界を体験できる極寒ラボに行ったり、高く上がる竜巻の様子も見たりと、日頃できない貴重な経験をすることができました。
   リニア鉄道館では、シミュレーターでの電車運転に挑戦する生徒もいました。電車の運転は、難しかったですが、説明をしっかりと聞きながら慎重に運転していました。いろいろな種類の電車や新幹線の中の様子も見ることができ、たくさんの発見がありました。
   また、ノリタケの森では、お皿やマグカップの絵付け体験をしました。思い思いの絵付けをし、とっておきの作品が完成しました。
    <3日目>
  
最終日は、名古屋港水族館に行きました。いろいろな種類の海の生き物を見たり、触ったりしました。みんなで見た迫力満点のイルカショーには、思わず「すごい!」と歓声を上げて、イルカのパフォーマンスに見入っていました。修学旅行最終日もとても充実した時間を過ごし、思い出がいっぱいできました。
  
   【ナガシマスパーランド】
 体調に合わせていろいろな乗り物に挑戦しました。
 ジェットコースターもたくさん種類があり、どれに乗るのか迷いました。
  
 【名古屋市科学館】         【リニア鉄道館】
 極寒ラボにて。-40℃の世界を    シュミレーターで電車の運転
 体験しました。           を体験しました。
  
【ノリタケの森】           【味噌カツ】
 ノリタケの森での絵付け体験。   お昼には名古屋名物を食
 マグカップとお皿のどちらか    べました。
 を選んで絵付けをしました。

【名古屋港水族館】
 世界最大級のメインプールでの
 イルカショー。6メートルの大
 ジャンプには、大興奮でした。

  





19:45 | 中学部
2017/11/22

音楽部 「グレイスヴィルまいづる」で交流しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
 11月15日(水) 音楽部は「地域・社会との交流を深める」「日頃の学習の成果を発表する」ことをねらいに、池内地域にある「特別養護老人ホームグレイスヴィルまいづる」を訪問しました。

4月から部活動の中で練習してきた歌と手話で「にじいろ」・合奏で「シンコペイテッド・クロック」・ダンスで「サザエさん体操」を発表し、最後は利用者のみなさんと一緒に「ふるさと」を歌い交流しました。発表中は曲に合わせて手拍子や、発表後には大きな拍手もいただきました。短い時間でしたが、音楽部員も利用者の方々と交流し楽しい時間を過ごすことができました。また、校外での発表は生徒にとって自信となるとてもよい機会となりました。

        
部長の挨拶と、「サザエさん体操」の説明     みんなで考えた「ササエさん体操」を発表! 



10:28 | 高等部
2017/11/15

中学部ランチルーム給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   10月2日(月) 中学部では「他学級の友達と楽しく会食をする」「ビュッフェ形式での食事の決まりなどを知る」ことをねらいに、ランチルーム給食に取り組みました。当日のメニューには、事前のリクエストで1番希望の多かった「鯖の味噌煮」と、第3位の「肉じゃが」が出てきてみんな大喜び。自分の教室とは違う場所で、他学級の友達や先生との会話を楽しみながら会食ができました。また、「一列に並ぶ」「取った物を戻さない」などの約束を守り、「多い・普通・少ない」の3種類の量の中から自分で選び、食べることもできました。


18:36 | 中学部
2017/11/15

京都府北部雇用促進セミナー 

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   〜企業就労を目指し、働く力と意欲を発信〜

 京都府北部の企業等が集まり、障害者の雇用促進を目的としたセミナーが10月11日(水)ホテルロイヤルヒル福知山&スパで開催されました。
  
セミナーの中で、舞鶴支援学校・中丹支援学校・与謝の海支援学校の企業就労を目指す高等部生徒が「職業自立の取組」について発表を行いました。
   本校からは、高等部11組の生徒2名が参加し、3校によるプレゼンテーションの中で「作業学習と製品販売会」について実践発表をしたり、「将来の夢に向けて」と題して作文発表をしたりしました。それぞれが、企業での就職や自立と社会参加に向けて、作業学習や製品販売会、職場体験等を通して、目標を持ってチャレンジしていることを参加企業60社の方々の前で、堂々とアピールしました。
   障害者の理解と啓発、雇用の促進に向けて、今後も積極的に生徒の働く力と意欲を発信していきます。


18:23 | 高等部
2017/11/10

第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔」つなぐえひめ大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

17回全国障害者スポーツ大会「愛顔つなぐえひめ大会」     
  10
月28日(土)~30日(月) 全国障害者スポーツ大会「愛顔つなぐえひめ大会」に、京都府代表として高等部の角地君(陸上競技の部)と、大沢君(フライングディスクの部)が出場しました。6月から京都府の強化練習にも参加し、同じ京都府の選手たちとともにコツコツと体力や技術を高めてきました。当日は台風が急接近するといった事態に見舞われましたが、それぞれの競技で集中力を発揮し、見事にメダルを獲得することができました。二人ともメダルが決まった瞬間はとびきりの笑顔とガッツポーズを見せていました。

  この大会をとおして経験したことや感じたことを、今後の学校生活に生かし、また、障害者スポーツの良き発信者として周りの人たちに広めていってほしいと思います。

           
     角地君の競技成績                   大沢君の競技成績
     <陸上競技の部>                       <フライングディスクの部> 
    ・男子走幅跳                            ・アキュラシー競技
       4m72㎝  3位                              10投中8投成功 2位
    ・男子50m走                         ・ディスタンス競技
    ※荒天のため、競技中止                         38m45㎝    3位
11:19 | 高等部
2017/10/23

高等部 スポーツ交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

スポーツの秋!高等部スポーツ交流会!

  10月7日(土)京丹波町のグリーンランドみずほにおいて、特別支援学校高等部スポーツ交流会が行われました。府立支援学校11校から約300名の参加者が集まり、ソフトボール、卓球、卓球バレーなどの競技で順位を争ったり、昼休みのオープン種目であるフライングディスク、ボッチャ、円周走といった障害者スポーツを体験したりしました。
   本校からも29名の生徒が参加し、それぞれの競技で奮闘しました。結果は以下のとおりです。今年は惜しくも上位入賞とはなりませんでしたが、参加した生徒一人一人が日々の部活動で培った力を発揮することができました。どの競技においても、生徒たちのナイスプレーが見られ、上手くできた時の嬉しそうな表情がとても印象的でした。

競技を通して他校の生徒と仲良く話すことができました。勝ち負けだけでなく、スポーツを通して交流を深めることもできた、素晴らしい一日となりました。
<結果>
☆ソフトボール:都リーグ    2戦1敗1分け     全 5チーム中   3位
☆卓    球 :Aチーム      4戦2勝2敗      全  18チーム中   4位
         Bチーム    2戦0勝2敗
☆卓球バレー :           4戦2勝2敗      全   11チーム中  6位 
    

   



17:36 | 高等部
2017/10/15

体育祭 小学部

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

体育祭スローガン

「笑顔あふれる体育祭 ~力を合わせて~」

 さわやかな秋晴れのもと、御来賓の方々や保護者の皆様をはじめ、地域の方々、ボランティアの皆様の温かい応援、声援を受けて、9月23日(土)に第13回体育祭を開催しました。

<小学部>

競技 「にこにこアドベンチャー!」

3つのチームに分かれ、リレーをしながら宝物を集めました。第一走者がボールを転がしたり紐を引いたりして宝箱を開け、第二走者からは、それぞれの距離を走って、開いた宝箱から宝物を運びました。長い直線のコースも、練習を積み重ねて、全員が走り切ることができるようになりました。みんなで力を合わせて宝物を集め、最後に出てきたのは「なかよし」の文字とみんなの笑顔の絵でした。小学部みんなが力を合わせて素敵な宝物を手に入れることができました。

   
     


表現
  「にこにこ探検隊!」   
 かわいい衣装を身にまとった「にこにこ探検隊」のメンバーが、ウォーカーやスイッチなどを使い、頑張って集めてきたピースを貼り合わせてみると、宝箱になりました。
他の探検隊もこの宝箱を目標に出発します。そこで、探検の良いスタートとなるよう、『良いすた』の音楽に合わせてダンスをしました。ハイタッチをしながら全員で一列になるところでは、みんなが笑顔になりました。車いすダンスも見事に決まりました。また、全員で手を繋ぎ「ヤー」と言う最後の場面ではたくさんの拍手をいただきました。練習を重ねるごとに力をつけ、真の「にこにこ探検隊」へと成長しました。
     

       
17:26 | 小学部
2017/10/15

体育祭 中学部

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

<中学部>

「みんなでひとつに」を、体育祭のテーマとして、表現、競技を通して中学部39名がみんなでひとつになって、練習から本番まで毎日力を合わせて頑張りました。

競技  「全力 ~魅せるみんなの力~」

テーマ「全力~魅せるみんなの力~」には、一人一人が最後まで全力で走り抜け、みんなでひとつになるという意味が込められています。スラロームやハードルを越えたり、紐を引っ張ってゲットしたボールで的当てをしたりと様々な種目をクリアしていくと最後には宝物が待っています。みんなで集めた宝物を合わせると、「スマイル」の文字と、中学部39名の笑顔が輝くパネルが完成しました。生徒たちは、練習を積み重ねていくごとに、コツをつかみ、スピードアップしていきました。どの種目にも全力で取り組み、全員が諦めることなく走りきることができました。また、自分の順番ではないときにも、走っている友達を全力で応援し、みんなでひとつになることができました。
            

       

表現 「舞鶴の自然 ~山・空・海~」

 「舞鶴の自然~山・空・海~」と題して、自然をグループごとに表現し、最後には全員がひとつになり“舞鶴の自然”をダンスで表現しました。はじめは、振り付けを覚えて音楽に合わせてダンスをしたり、タイミングを合わせてウェーブしたりすることが難しかったですが、毎日の練習の成果で本番では、友達と息を合わせて演技をすることができました。

表現の最後には、友達と力を合わせて紐を引っ張り、大きな舞鶴の写真を広げることができました。自分たちが住んでいる美しい舞鶴の自然を、中学部みんながひとつになって表現し、発表することができました。

    
 
        


    


16:20 | 中学部
2017/10/15

体育祭 高等部

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

<高等部>

競 技

1~6組「虹~みんなの力をつなげて~」

 3~4人1組でトラックを半周走りました。7つの課題をクリアしながら、カラーボールを集めてゴール前の虹装置に入れ、全員で虹を完成させました。 

   
    

7~9組「MAIZURU五輪」 ~ゴールの先には何がある!?~

2チームに分かれ、1人または2人1組で7つの課題に取り組みました。各チームで作戦会議を繰り返し、試行錯誤しながらチームワークを高めていきました。競技後にはお互いの頑張りを握手やハイタッチで称え合いました。
   
   

10~12組「チーム対抗リレー」

ゴールを目指し、それぞれのチームが一丸となって走りきりました。両チームとも最後までバトンをしっかりと繋ぎ、見応えのあるレースでした。
   

  
 

表 現

「鼓舞光進」

4人1組で「よいさ~!」のかけ声に合わせて豊年太鼓を打ち鳴らしました。三宅太鼓では腰を深く落として力強く太鼓を打ち込み、まもなく漁に出港する船に向けての送り太鼓を披露しました。新しいリズムや交代しながら打つ動きに挑戦し、見事練習の成果を発揮することができました。

最後は、ソーラン節をみんなで踊りました。大漁まつりの歌に合わせた4名の漁部隊による練り歩きや大波を表現した法被のウェーブも、迫力いっぱいの表現をすることができました。そして、勇ましい「構え!」のかけ声を合図に全員が踊り出し、生徒の歌声に合わせて高等部みんなで大漁祈願のソーラン節を力強く踊りきることができました。

一人一人の頑張りが、「光り輝きながら進む」というテーマを表現することができました。
    
    





12:41 | 高等部
2017/10/13

全京都フライングディスク大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

全京都フライングディスク大会に出場しました! ~京都府立丹波自然公園~

10月1日()37回全京都障害者総合スポーツ大会フライングディスク大会の部が実施されました。本大会は、健康と体力の増進を図り、自立と社会参加を目指す機会とすることをねらいとしています。

本校からは、高等部の阪君、福田さん、若本君、柴山さんの4名がアキュラシー競技の部(5m)やディスタンス競技の部に出場しました。

 天候に恵まれた良いコンディションの中、自分の力を信じて競技に臨みました。本番では、フォームを意識し、集中力を切らさないよう力強く投げきることができ、全員が練習の成果を発揮することができました。スポーツ大会をとおして、競技のルールを学んだり、他の選手と競ったりしながら、意欲的に参加することができました。

   
    

 


18:45
2017/10/04

百花繚乱!陸上競技大会!!

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員

 9月10()に第37回全京都障害者総合スポーツ大会陸上競技大会の部が西京極陸上競技場で開催され、高等部から12名、中学部から4名の計16名が参加しました。当日は絶好の秋晴れのもと、夏から積み上げてきた練習の成果を存分に発揮し、多くの選手がメダルを獲得したり、自己ベストを出したりすることができました。結果として金メダル9つ、銀メダル1つ(※リレー含む)の計10個のメダルを獲得しました。

今回、惜しくも入賞できなかった選手からは、「次にまた頑張りたい!」と前向きな発言が聞かれました。また、当日に体調不良で出場できなかった選手についても、練習では大変意欲的に取り組み、自己ベストを何度も更新していく姿が見られたりしました。

 陸上大会に挑んだすべての生徒が生き生きと活動し、それぞれの目標に向かって全力を出し切ることができました。

                                                                                                                                    <結果の詳細は以下の通りです。>

<競技結果>

療育・男子50m競走       古賀君   1位
               
志賀君  1位

肢体・男子50m競走       山中君  1位

療育・男子100m競走      豊澤君

肢体・男子100m競走      長柄君  1位

療育・男子200m競走      柴田君  2位

療育・男子400m競走      大杉ゆ君

療育・男子800m競走      櫻井君

療育・男子1500m競走      鈴木君  1位
                              
大杉君

療育・女子50m競走       石井さん 1位
療育・男子走幅跳        角地君

療育・男子ジャベリックスロー  大沢君   1位

療育・女子ソフトボール投    一瀬さん

                高2年生

療育・女子ジャベリックスロー  福田さん 1位

療育・男子4×100mリレー   大杉ゆ君、大杉ま君、鈴木君、豊澤君

                柴田君、大沢君、角地君、古賀君   1位

療育・女子4×100mリレー   一瀬さん、石井さん、福田さん、高2年生


18:44
2017/09/26

西舞鶴高等学校との交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員

 今年で、本校の「太鼓組」と「西舞鶴高等学校書道部」との合同パフォーマンスは4年目を迎え、また、西舞鶴高校の文化祭の見学交流は2年目となりました。

8月31()には西舞鶴高等学校生を本校に招き、合同パフォーマンスのリハーサルと事前交流(高等部3~6組)を行いました。本校体育館での合同パフォーマンスには、本校のたくさんの児童生徒や教員の見学もあり、「太鼓組」の発表を見てもらう良い機会にもなりました。 

事前交流では、一緒に歌を歌ったり、自己紹介をしたりした後、学級に分かれて紙すき体験や音楽、卓球バレーなどで交流しました。西舞鶴高等学校からは交流のテーマソングの紹介もあり、和やかな雰囲気の中で交流することができました。

 9月5日()西舞鶴高等学校の文化祭当日、合同パフォーマンスでは、練習の成果を堂々と発表し、「太鼓組」と「書道部」がお互いのリズムを感じながら素晴らしい共演を果たすことができました。また、高等部3~6組は、西舞鶴高等学校の生徒が案内役となり、ペアの友達と一緒に時間いっぱい展示や舞台発表を見学し、楽しい時間を一緒に過ごすことができました。西舞鶴高等学校の生徒の中には、池内小学校との交流で出会った友達や、地域の学校で一緒に勉強した友達がいて、「懐かしい。」と声をかけてくれるなど、地域の中でのつながりが続いていることを感じる嬉しい場面も見られました。 

今後もさらに交流の輪が広がり、お互いの理解が深まっていくように取り組んでいきます。
  

 
       (合同パフォーマンスの発表当日)       (ペアでの展示等の見学)            (本校での事前の取組)
17:46 | 高等部
2017/09/20

平成29年度PTA環境美化活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 8月26日(土)に、PTA環境美化活動として校舎内や教室内の窓ふきや清掃を行いました。環境美化活動を通して教育環境の改善充実を図りながら、PTA会員相互の親睦を深めることをねらいとしています。
 当日は、136名の参加があり、朝早くから作業を開始しました。保護者同士、話をしながら窓拭きや清掃をし、作業を通して親睦を深めることができました。作業に参加した児童生徒もたくさんいて、保護者と協力して作業をしたり、児童生徒同士で楽しそうに話をしながら窓ふきや教室清掃をしたりしていました。自分たちが使用する校舎や教室がきれいになっていく様子に嬉しそうでした。「先生見てください!きれいになりました!」と報告してくれた児童生徒もいて、充実した活動になりました。
 蒸し暑い中でしたが、たくさんの保護者の皆様に御参加いただきました。御協力ありがとうございました。

  

18:55
2017/09/20

『児童生徒の命を守る』 ~教職員による初期消火訓練~

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 舞鶴支援学校では、学校防災会議が中心となり、防犯訓練や地震、火災を想定した避難訓練などを計画して実施しています。
 今回、8月23日(水)は、舞鶴市西消防署様の御協力のもと、教職員による「初期消火訓練」を実施しました。
 火災発見から通報までの手順を確認したあと、消防署職員の方から消火器の取り扱いや初期消火の注意点として「消火は、炎をめがけて水をかけるのではなく、炎の根元に水をかけること。」「一人ではなく、多くの人の協力を得て消火活動をするために、大きな声で火災を知らせること。」「初期消火には限界があること」などを教わり、教職員全員が消火活動の体験を行いました。
 この経験を11月1日の火災を想定した避難訓練に生かし、更に研修を深めていきます。

  
18:54
2017/09/20

舞鶴市主催「夏の就職フェア」に高等部生徒が運営スタッフとして協力

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

 8月9日(水)舞鶴市主催の「夏の就職フェア」が舞鶴市商工観光センターで開催され、高等部生徒4名が運営スタッフ(主に求職者対象のセミナー会場や事業所による就職説明会の会場受付)として参加しました。

北京都ジョブパークの方々に受付の仕事内容を教えていただき、会場に来られた方々に、「本日の資料です」と伝え、丁寧に資料を手渡す仕事に取り組みました。

就職説明会の後半には、企業や事業所の各ブースを訪問し、生徒がそれぞれ興味のある「スーパー」「介護福祉」「製造業」等の仕事の内容を聞かせていただきました。説明を聞くことで、働くことをより身近に感じることができました。

就職フェアに参加した生徒たちの様子を、参加された企業の方々をはじめ、多くの方々に知っていただき、理解・啓発の場にもなりました。今後も生徒たちの進路実現の可能性を広げる活動を積極的に進めていきます。

 


18:53
2017/09/11

笑顔がいっぱい!!チャレンジ講座

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   7月25日(火)、27日(木)に本校にてチャレンジ講座を行いました。チャレンジ講座では、「主体的に学ぶ姿勢を育む」「異年齢集団の中で活動することで社会性育む」ことをねらいに、小学部・中学部・高等部の生徒たちが一緒になって活動に取り組みました。
   25日(火)は雨天であったため、体育館でのレクリエーション活動を行い、27日(木)は晴天に恵まれ、プールで活動を行いました。
  
レクリエーションでは、仲間集めゲームやしっぽ取りゲーム、フォークダンス、玉入れ等、友達と協力して挑戦するゲームが多く、学部を超えて言葉を掛け合い、元気に活動することができました。
  
プールでは、水中玉入れやサーキット、水中ダンス、コップ運びリレー等、様々な活動に挑戦し、どの活動も「楽しい!」とたくさんの笑顔が見られました。他学部の友達と共に活動を進める中で、上級生が下級生に指導したり、言葉をかけたりする場面も見られ、充実したチャレンジ講座となりました。



18:34 | 全校
2017/09/11

子どもを守れ!!不審者対応訓練

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   7月28日(金)、舞鶴警察署様の御協力のもと、教職員を対象に不審者対応訓練を実施しました。不審者が校内に侵入したという想定のもと、実技講習や講話を交えながらの研修を通して、児童生徒の安全確保や避難の仕方を確認しました。
  
実技講習では、児童生徒と自分の身を護りながらも不審者に対峙する方法を教えていただきました。また、訓練の様子をビデオで撮り、そのビデオを見ながらの助言をいただき、教職員間で不審者に対する対応の仕方を共通確認することができました。
   
日々、常に危機意識を持ちながら、児童生徒の生命を第一に考えた対応ができるよう、今後も研修を重ねていきます。




18:24 | 研修
2017/09/06

高等部企業見学 10組

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部
「企業から」学び、将来の仕事に生かす 高等部企業見学


 7月24日(月) 高等部10組の生徒がトマト&オニオン創業店と特別養護老人ホーム『真愛の家 寿荘』へ企業見学に行きました。目的は「自己の職業適性や将来の仕事について考える機会とする」「舞鶴支援学校卒業生の働く様子を見学し、働くために必要な意欲や態度を身につける」「公共交通機関の利用体験、外食体験により、社会体験を広げる機会とする」です。

 トマト&オニオン創業店では、10年以上働いている卒業生から話を聞いたり、実際に厨房でたくさんのメニューを次々と調理している姿を見学させていただいたりしました。また、特別養護老人ホーム『真愛の家 寿荘』では、施設を見学させていただいたあと、施設の方や卒業生に話を聞いたり、質問に答えていただいたりしました。

どちらの卒業生も、仕事を長く続けてこられる中でつらさや悩みを感じたことがあったようでしたが、それを乗り越えて、夢や目標に向かって頑張っておられる姿が印象的でした。また、働くためには、「人とコミュニケーションをとれる力」「相談できる力」「集中力」などが必要だということは共通して言われました。卒業生の生の声を聞いて、卒業後の自分の姿が少しイメージでき、これからの学校生活で何を頑張っていくかを具体的に考えることができるよい機会となりました。
           
     「トマト&オニオン創業店」の厨房で大活躍している卒業生
                                                                        

 


15:57
2017/09/06

高等部企業見学 7~11組

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

働くために大切な力とは? 高等部企業見学

   7月5日(水) 高等部7~11組の生徒が舞鶴市平の「丸玉産業株式会社 舞鶴営業所」へ見学に行きました。「自己の職業適性や将来設計について考える機会とする」「働く人の様子を見学し、働くために必要な意欲や態度を身につける」をねらいとして実施しました。 工場内で木材を加工してフローリングの床板やクローゼットの板を製造しておられる工程を、間近で見学しました。また、働くために大切な力として、「あいさつ」「返事」「正しい言葉遣い」「身だしなみ」「5分前行動」の5つを教えていただきました。                                                               
     
                                                   
    説明を真剣に聞きながらメモをとりました。          大きな声で質問することができました。                 

  




15:28
2017/08/23

人権教育研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   7月28日(金)ルンビニ保育園園長の楠文範様を講師にお招きし、本校教職員を対象に人権教育の研修会を行いました。演題「保育園の現場から見える、今日の人権問題」と題した講演では、長年の保育園の現場の中で出会われた園児や保護者との関わりを通して気づいたり、学んだりされたことを経験や資料を交えお話しいただきました。
   保育園の現場に見られる子どもたちを取り巻く厳しい環境や「貧困」をキーワードに経済的な貧困だけでなく、心の貧困から来る自己肯定感の低下を危惧する実例など、それに対する保育園での取組をお話していただき、広い視点で人権について考えていくことができました。
   教職員の人権意識の高揚を図るとともに、普段の学校生活の中での指導方法を見つめ直す研修会となりました。



17:25 | 研修
2017/08/23

全京都障害者総合スポーツ大会(卓球の部)出場

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   7月16日(日)に、全京都障害者総合スポーツ大会卓球の部が実施されました。

 本校からは、高等部の柴山さんが出場しました。
   ゾーンでのトーナメント戦で1試合目は、不戦勝。2試合目は、成人の女性の方が相手で、惜しくも勝つことはできませんでしたが、練習を重ねていたサーブは確実に入り、ポイントを重ねることができました。
   試合後には、「次のスポーツ交流会にむけて、練習を頑張る!」と前向きな言葉でこの大会をしめくくりました。




14:15 | 高等部
2017/08/23

施設実習へ向けて②(高等部7〜9組)

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   7月3日(月)と10日(月)の二日間、高等部7〜9組の福祉就労を希望する3年生を対象に、校内実習を行いました。「一日通しての作業を経験し、卒業後の就労へ向けて働くための力を養う」、「校内実習の取組を通して、夏の施設実習に向けての心構えと見通しを持たせる」ことをねらいとしています。
   作業は、秋の苗販売会に向けて苗の土づくりを行いました。暑い中での作業でしたが、数種類の土や肥料をバケツの目盛りを見ながら、正しく量り混ぜ合わせる作業を行いました。取組を通して、大きな声で報告や連絡ができるようになるなど、夏の実習に向けて意欲の高まりを感じることのできる実習となりました。



14:02 | 高等部
2017/08/04

とれたての野菜いかがですか

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   7月13日(木)、14日(金)の2日間、中学部2、4、5組は、校内の指導者や他学部の児童生徒を対象に、校内販売会を行いました。
   作業学習(農園芸)の授業の中で、ビニールハウスから食べ頃の野菜を収穫し、大きさや形ごとに仕分けをしたり、はかりで重さを量ったりして袋詰めをし、販売会に向けて準備を進めました。
   また、当日まで、「いらっしゃいませ。」「ありがとうございました。」などの接客の用語を覚え、接客の流れや応対の仕方の練習を繰り返し行ってきました。その成果を発揮し、大きな声で呼び込みや丁寧な接客をすることができました。
   今後は、2月の西市民プラザの販売会に向けて、準備をしていくとともに、今回の販売会での経験を生かし、学習を深めていきます。



15:29 | 中学部
2017/08/04

高等部校内販売会〜作業学習で育てた新鮮な野菜〜

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   高等部5・6組は、作業学習で、生産から販売までの学習を行っています。7月13日(木)は、「ルールやマナーを守り協力して作業する」、「接客マナーを身につける」ことを目標に校内販売会を行いました。
   校内販売会に向け、練習を重ねる度に少しずつ大きな声で接客ができるようになり、「いらっしゃいませ。」や「ありがとうございます。」などの接客用語も上手に使えるようになりました。当日、自信を持って真剣に接客をしている生徒たちは輝いていました。
   販売会が終わった後の感想発表では、「また違う野菜も販売してみたい。」や「頑張りました。良かった。」と、達成感に満ち溢れた様子でした。
   販売会で経験したことを、今後の施設実習や就職に生かしていきます。



15:18 | 高等部
2017/07/25

施設実習に向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   高等部4・5・6組の3年生5名は夏の施設実習に向けて、①1日を通して3日間続けての作業を経験し、卒業後の就労へ向けて働く力を養う。②夏の施設実習に向けて、心構えと見通しを持たせる、ことをねらいに、7月4日〜6日まで校内実習を行いました。
   実習初日は、少し緊張した様子でしたが、それぞれが目標を持って作業を進めていく中で、長い時間の作業も気持ちを切らすことなく、作業をやりきることができるようになりました。最終日になると、働く意識も高くなり、指導者の指示を聞き、「はい。」「わかりました。」「お願いします。」等の適切な言葉が自然と出るようになり、成長を感じました。
   3日間の校内実習を経験し、見通しが持てただけでなく、「夏の実習も頑張りたい。」「作業所に行くのが楽しみです。」などの意欲的な感想を述べることができました。

15:19 | 高等部
2017/07/13

目指せ!むし歯ゼロ!!歯磨き指導

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   6月16日(金)に歯科に関する専門的な指導助言を受けること、正しい歯磨きの方法を身に付けることをねらいとして歯磨き指導を受けました。学校医の「たかいデンタルクリニック」より2名の歯科衛生士さんが来校され、小・中・高等部の希望する学級の児童生徒へ、正しい歯の磨き方を指導していただきました。
   プラークテスターを使い、磨き残しがある部分を鏡で確認した後、どのように歯ブラシを使えばよいかを指導していただきました。歯科衛生士さんと一緒に歯磨きをすることで、歯ブラシの動かし方を覚えることができ、「次回からは自分でもできるようになるといいですね。」とアドバイスをしていただきました。
   学校や家庭でも意識して歯磨きをしていくよう指導していきます。



18:29 | 小学部
2017/07/13

二分の一成人を祝う会

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
  6月23日(金)「自分の良さに気づき、今頑張っていることや、これから頑張ることをみんなの前で発表することができる」をねらいに、「二分の一成人を祝う会」を行いました。     

今年度は8名の4年生が10歳を迎え、小学部全員でお祝いをしました。最初は人前で発表することに緊張していた児童でしたが、練習を重ねるごとに自信をつけ、本番では多くの参加者の前で縄跳びやバランスボール、楽器の演奏、音読など、学校生活をいたの中で頑張っていることを堂々と発表することができました。参加された保護者からも一人一人の今の姿に、その成長を確かめることができて良かったと感想だくことができました。

 4年生以外の児童は、「10歳になった友達のお祝いをする」ことをねらいに、3つのグループに分かれてプレゼントの花束を作りました。各学級の代表の児童が「おめでとう」の気持ちを込めて4年生にプレゼントを渡し、最後にみんなで「ありがとうの花」を歌いました。会場が一つになり、あたたかい雰囲気の中で、4年生をお祝いすることができました。
                  
           

08:19
2017/07/07

宿泊体験学習について

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
 中学部3年生の生徒を対象に宿泊体験学習を行いました。期間は15日(木)~16日(金)、22日(木)~23日(金)、29日(木)~30日(金)の3回に分け、3つのグループで行いました。入浴や食事、睡眠などの生活経験を積むことや集団生活を通して社会性を身につけることを目指して行いました。

 当日は校外にタクシーを使って入浴と夕食をとりに行きました。夕食では自分で食べたいものを券売機で選択して、自分でお金の支払いをするなどして日々の学習の成果を発揮することができました。その後の入浴でも手順を考えて体を洗ったり、マナーよく湯船に浸かったりすることができました。

 休憩時間には、友達とカードゲームをしたり、リラックスしたりといつもと違う場所でみんなと一緒に過ごすことができました。

 翌朝は自分たちの朝食の用意も行いました。炊飯器でお米を炊き、ふりかけを混ぜておにぎりを握りました。そして焼いたソーセージと味噌汁を一緒にいただきました。使用した部屋の掃除も行い、自分たちの役割をきちんと果たすことができました。友達と仲良く過ごしたり、協力したりしながら様々なことにチャレンジすることができ、10月の修学旅行に向けて意識を高めることができました。
                                      
08:20
2017/07/04

地域清掃

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
    中学部が5月31日に地域清掃を行いました。

30℃近い暑さの中、校外活動「地域清掃組」は3組、6組の校内活動組の生徒たちに「がんばってね!」「行ってらっしゃい」と見送られて出発しました。高速道路出入口前~堀前橋までの歩道の草を、池内地域の5名の方と一緒に竹ほうきや手で集め、ゴミ袋に詰めました。「これ幼虫?」「これは小判草という草やで。」「お金持ちになれそうな名前やね。」など、地域の方と会話を交わしながら一緒に汗を流しました。

作業前には、歩道いっぱいに広がっていた草が、30分の作業で、見違えるほどきれいになりました。暑い中での作業で、くたくたに疲れた生徒たちでしたが、池内地域の方々の優しい笑顔や、言葉がけに励まされて、最後まで作業をがんばることができました。作業の終わりには、お世話になった方々にお礼を言ったり握手をしたりして感謝の気持ちを伝え、やりきった事への達成感を得ることができました。

草は全部で90ℓの袋、24袋分になりました。全員で手分けして、学校まで運び作業を終了しました。

取組に当たっては、池内振興協議会の方や、堀地区の区長さんに相談し、たくさんの協力をいただきました。

「地域の方と一緒に、学校のある池内地域きれいにするために、自分のできることを精一杯がんばる」という目標を達成することができ、有意義な活動となりました。

                
             


12:13 | 中学部
2017/06/28

サツマイモの苗植えに行ったよ!

Tweet ThisSend to Facebook | by 自立活動部

サツマイモの苗植えに行ったよ!

5月29日(月)池内振興協議会相談役をされている櫻井さんの畑に、小学部4・5・6組の児童が「サツマイモの苗植え」に行きました。

   畑では、櫻井さん御夫婦に苗のさし方、土のかぶせ方など、わかりやすく教えていただき、全員土まみれになりながら頑張って苗を植えることができました。「じょうずに穴が掘れたね。」「土のかけ方が上手だよ。」などとたくさん声をかけてもらい児童たちは大喜びでした。最後は、全員で「ありがとうございました。」「また草取りに来ます。」とお礼の気持ちを伝えました。

   地域を学習の場として、地域の方に協力していただくことで、より実りのある学習活動を行うことができています。今後、草取りやイモ掘りだけでなく、収穫したサツマイモを使っての調理学習も予定しています。
            
                                                                                                                                                                                                                                 

 


15:25
2017/06/26

わくわく どきどき 人形劇鑑賞会!

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員

6月15日(木)、お話に親しみ、読書活動への興味・関心が持てるよう、図書館教育の一環として、人形劇鑑賞会を実施しました。

今年も舞鶴市内のボランティアサークル「おはなしキャラバンたんぽぽ」のみなさんに来ていただき、楽しいひとときを過ごしました。今回は「王様の耳はロバの耳」というポルトガルの昔話の人形劇を鑑賞しました。始まるまでわくわくしていた子ども達ですが、次第にカワイイ人形や楽しいお話に引き込まれ、王様の耳がロバとわかった場面では思わず「うわー」と声を出して驚いたり、繰り返しの台詞を一緒に言ったりして、最後まで楽しく鑑賞できました。

鑑賞会の最後には、人形と握手をしたり、一緒に記念撮影をしたりして、人形を通してたんぽぽのみなさんと触れ合うこともできました。
                                                         


18:43 | 全校
2017/06/19

身体の特徴や課題を見つけるための教職員研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
6月2日(金)有限会社あーと・ねっとの作業療法士である灘 裕介先生を講師に招き、「子どもの姿勢について考えよう」というテーマで教職員研修会を行いました。 

研修はワークショップ形式で行われ、まず二人一組で「正座」や「三角座り」などいろいろな姿勢の写真を撮り合い、画面を見ながらお互いの姿勢の特徴を確認しました。正面や横から見ると「右肩が上がっている」「腰が反り気味」「背中がこれだけ曲がっているとは思わなかった」などの感想もあり、自分のボディイメージと実際との違いや、特徴を知ることができました。

次に、普段こども達が取り組んでいるストレッチを体験しました。同じようなポーズをとっているのに「人によって伸びている筋肉が違う」ということを教えていただきました。これは「代償動作」と言って、「ある特定の動作が困難な時に、別の筋肉や動きで形だけを真似てカバーしてしまう」ことです。代償動作背景には、身体の固さなどの要因があり、それを改善するためのストレッチの方法なども、実際に体験しながらわかりやすく教えていただきました。

今回、研修の中で教えていただいたたくさんの視点を生かして今後の授業改善に取り組みます。

                   



16:15
2017/06/14

プール学習の準備ができました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
6月1日(木)に高等部10~12組、2日(金)には7~9組の生徒たちが、屋外プールの清掃をしました。「自分たちが使うプールは自分たちできれいにしよう!」という目標を持って、頑固な汚れをブラシやタワシ、スポンジ等を使って懸命に落としていきました。「さすが高等部!」という奮闘ぶりを発揮して、プールの中だけでなく、プールの周りの溝やシャワー付近の汚れもきれいに落とし、ピカピカになりました。
 プール活動は6月下旬より始まります。このプールで学習する日が今から待ち遠しいです。
       
              

             

17:53 | 高等部
2017/06/09

心晴れ晴れ  大阪・神戸への修学旅行

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

 小学部6年生の3人は、5月25()26()と大阪・神戸方面へ修学旅行に行ってきました。

 1日目は、海遊館とキッズプラザ大阪に行きました。

 海遊館では、長いエスカレーターで8階まで上がり、ジンベイザメが泳ぐ大きな水槽を中心に、いろいろな水槽を見ながら階下へ降りていきました。目の前を素早く泳いだりジャンプしたりするイルカに、児童の目は釘付けになりました。たくさんの人であふれる海遊館でしたが、友達や指導者からはぐれないように歩くことができました。浅い水槽では、係の人の「しっぽに触らないように」等の注意を守って、小型のエイやサメの背中を触ることができました。

 キッズプラザ大阪には、自然や科学のコーナーから、いろんな職業のミニ体験、アスレチックのようなコーナー等、バラエティに富んだ体験コーナーがありました。子どもたちは実際に郵便局員さんの衣装を着たり、工事の人のヘルメットをかぶったりして、手紙の配達や配管組み等、働く人になりきって、仕事を体験することができました。

 2日目には、神戸ベイクルーズとおもちゃ王国へ行きました。

 神戸ベイクルーズでは、1階の客室からだんだん2階・3階のデッキへ足を踏み出し、神戸の街並みや、造船所の船や潜水艦、神戸空港を発着する飛行機など、舞鶴とは違った神戸港の風景を楽しみました。また、模型の舵を切って、船長さんになった気分も味わうことができました。

旅行の最後は、3人が一番楽しみにしていたおもちゃ王国です。ジェットコースターやメリーゴーランド、観覧車など、事前学習で相談して決めたアトラクションから順番に乗りました。ジェットコースターに2回乗った児童もいました。

 レストランでの注文やお土産の買い物も、児童の楽しみの一つでした。自分でメニューを見て注文をしたり、おこづかいからお金を払ってお土産を買ったりすることもできました。

出発式・解散式での言葉や食事のあいさつ等、担当した役割をしっかり果たし、集団や公共の場所での約束やマナーなどを守り、楽しく旅行をすることができました。これらの社会経験を通して、たくましくなった6年生は、体育祭や文化祭等を初め、様々な場面で、小学部のリーダーとして活躍できることを期待します。


  

  
18:12
2017/06/09

交通安全教室を実施しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

5月18()に高等部、19()は小・中学部を対象に「交通安全教室」を実施しました。舞鶴警察署の御協力のもとに「交通安全に対する意識を高め、安全な歩行の仕方や自転車の乗り方について学ぶ」「交通法規を学び、交通事故の実態を知ることで、交通安全に努めようとする態度を養う」ことをねらいに行いました。

高等部は、信号機などを使って交差点のある道路を設定し、歩行指導や自転車(希望者のみ)の実技指導を行いました。

自転車の実技指導では、見通しの悪い三さ路や路上駐車がある道路を設定することで、より実践的に交通ルールを学びました。また、警察署員の方の講話やDVDを通して、道路の安全な歩き方や自転車の乗り方、交通事故の怖さや交通ルールを守ることの大切さを学習しました。

小・中学部は、安全に道路を横断するためにどのような行動を取るべきかをDVDを視聴して学びました。また、実際に信号機のある横断歩道と、信号機のない横断歩道を安全に歩行する練習もしました。横断歩道の手前では、「止まる・見る・待つ」で車が来ていないことを確認し、手を挙げて横断することを学習しました。その後、希望者はグラウンドに移動し、自転車の安全走行についても学習しました。

学習の振り返りでは、「私は自転車でスピードを出す時があるので気をつけたい。」「今日学んだことを今後も生かしていきたい。」などの生徒の感想がありました。

  



18:05
2017/06/02

心肺蘇生の全体研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

 5月17()、本校体育館において「教職員一人一人の救命に対する意識を高める」ことを目標に、救急講習会を実施しました。本年度も舞鶴西消防署の御協力のもと、講義と心肺蘇生練習器具を使用した胸骨圧迫やAEDの扱い方を学びました。

講義では、心臓に関わる突然死は年間に約6万件あり、そのうち学校現場では約50件起きていることを知り、『いつでも どこでも だれにでも』起きる可能性があることを改めて考えさせられました。心肺蘇生を施すことで助かる命もたくさんあるので、緊急時に少しでも救命率が上がるように教職員としての自覚と責任を持ちながら職務に向かいます。

  

  


08:19 | 研修
2017/06/02

小学部 遠足に行ったよ

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

月9日(火)青葉山ろく公園へ遠足に行きました。天候に恵まれ、心地よい風を感じながら公園内に広がる木々や自然の中でさまざまな活動に取り組むことができました。はじまりの会では、他学級の友達と手をつないでダンスを踊ったり、ボール送りゲームをしたりしました。その後は自由遊びを行い、島わたりやお城の頂上を目指す遊具に挑戦しました。高い場所まで登るのが苦手な子も、友達と一緒に遊ぶ中で、「やってみよう!」という気持ちになり、遊具に挑戦する姿を見ることができました。一番人気は30m以上ある長い滑り台で、何度も何度も楽しんでいる児童もいました。

また、お楽しみのお弁当も友達同士で楽しく食べ、あっという間に完食していました。

気持ちのよい青空の下でのびのび遊び、「楽しかったー!」という声をたくさん聞けました。今回の遠足を通して、またひとつ思い出が増えたとともに友達同士の交流も深まりました。


    
08:06 | 小学部
2017/05/29

部活動がはじまります!

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

高等部 部活動がはじまります!

     ~部活動紹介オリエンテーション~

 

5月8日()に、部活動の種類とその活動内容を知り、体験を通して、入部したい部を考える機会とするために、オリエンテーションを行いました。 
 
昨年度、ソフトボール部、卓球部、卓球バレー部、音楽部それぞれの部で活動していた部員が、デモンストレーションを通して活動内容を発表しました。

部活体験では、希望する部の活動場所へ行き、先輩と一緒に汗を流したり、歌や楽器の演奏を楽しみました。他学級の人たちとも一緒に活動し、交流する機会となり、活発な取組となりました。
  
今後は、希望に基づいて入部し、本格的な部活動がスタートします。

    


18:08 | 高等部
2017/05/09

高等部生徒一堂に集う!

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   4月20日(木)に、「友達について知ること」、「仲間と協力していく意識を高めること」を目的に、高等部集会を行いました。各学級の紹介では、学年や名前の発表の他、歌、ダンス、楽器の演奏など、それぞれの学級が考えたパフォーマンスも披露しました。どの学級も、集会に向けて練習してきた成果を発揮し、堂々と発表することができました。集会の最後には「高等部62名、協力し合って一年間頑張ろう!」と唱和して、これからの学校生活に向けて結束を固めました。



17:07 | 高等部
2017/05/09

期待に胸膨らませ 入学式

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   4月11日(火)心配された雨も止み、少し肌寒い日になりましたが、保護者や来賓等の多くの方々に温かく見守られながら、小学部4名、中学部15名、高等部13名、計32名が入学しました。
   新入生は、名前を呼ばれるとしっかりと返事をして、期待と希望に胸をふくらませて式に参加しました。
   式の中で、校長先生は、「自分の夢に、目標に向かい、学び鍛え続ける。常に新しい自分に挑戦し続けてください。皆さんにはたくさんの可能性があります。新しい自分を見つけ、自分の力を伸ばし、夢の実現に向けて、決してあきらめず、努力していきましょう。」と式辞を述べました。続いて、新入生代表生徒は、「今は期待と不安でいっぱいですが、早く学校生活にも慣れ、勇気を持って何事にもチャレンジして自信をつけていきたいです。そして、3年間、様々なことを勉強して、希望する進路を実現させたいです。」と力強く喜びの言葉を述べました。
   在校生は全員で、「入学おめでとう。いっしょに学び、自分をきたえ、いろいろなことに挑戦しましょう。」と、歓迎の言葉を送り、今日から新しい友達や先生とともに、自立と社会参加を目指して第一歩を踏み出しました。

16:49 | 全校
2017/03/28

小学部6年生を送る会

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   2月24日(金)に6年生を送る会を行い、6年生7名の卒業のお祝いをしました。 
    当日は、実行委員の5年生が中心となり、送る会を進行し盛り上げました。
    最初に、スライドを観て、これまでの思い出を振り返りました。
    続く6年生の決意発表では、音読や歌、太鼓、スイッチを引っ張るなどして、これまでの学習でできるようになったことや中学部に向けた決意を発表することができました。在校生からは、感謝の気持ちを込めた「とどけようこのゆめを」の歌をプレゼントしました。
    最後に、みんなで元気に「オブラディオブラダ」、「LET’S GO!いいことあるさ」のダンスを踊ったり、保護者の方も一緒に「ボール送りゲーム」をしたりして、会場が一つになり、みんなの笑顔でいっぱいの会になりました。6年生は、みんなから心温まるお祝いをうけて喜びを感じるとともに中学部進学への期待を膨らませることができました。


10:13 | 小学部
2017/03/14

給食月間 高等部の取組②

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   高等部4〜6組は、1月27日(金)の総合的な学習の時間に、栄養教諭の先生から、「食事で得られる栄養素とその働き」についての話を聞きました。
   普段、何気なく摂っている食事ですが、ただ空腹を満たすだけではなく、とても大きな役割があることを学習しました。肉や野菜などが持つそれぞれの働きを学んだ後、「食品分類表」を使って実際に分類をしました。偏った食事をしているとどうなるのか、ということを理解した上で、バランスの良い献立を意欲的に考えました。
   生徒たちはこの学習を通して、好き嫌い無く何でも食べることの大切さを再確認することができました。


13:31 | 高等部
2017/03/14

人は考えて食べる ~給食月間 高等部の取組①~

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   2月を給食月間とし、「自分の食生活を見直す機会」「給食は多くの人たちの手によって作られていることを知り、感謝の気持ちを深める」ことのねらいを持ち、食に関する学習を行いました。
   高等部7〜9組は、1月20日(金)の総合的な学習の時間に、本校の栄養教諭の先生から「動物は本能で食べるが、人は考えて食べることができる」ということについて学習をしました。
   人は、乳児期、幼児期、青年期、壮年期、老年期と、それぞれ食事の内容や摂取カロリーが違うことを知りました。そして年齢ごとに留意し、考えて食べなくてはならない事を知りました。具体的に食べ物の組み合わせを見て、普段摂っている食事は好きな物ばかりを選んではいないか?と皆で考えたり、1日に必要とされる野菜量の簡単な計り方等を学習したりして、自分の食事の摂り方を振り返る良い機会となりました。


13:10 | 高等部
2017/03/13

給食月間  中学部の取組

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   中学部では、自分の食生活を見直したり、給食を作ってくださっている人がいることを知り感謝の気持ちを深めたりすることをねらいとして取り組みました。
   学級ごとに栄養のバランスや朝食の大切さなどの学習をしたり、給食を作ってくださっている調理員さんや栄養教諭の先生に感謝のメッセージを書いたりしました。
   栄養バランスを考える学習では、「赤・黄・緑」の栄養素が入る献立を自分たちで考えました。「これ、食べたい!」と自分が食べたい料理を選びながらも、3つの色の栄養素が入るようにサラダや味噌汁などを入れて、思い思いの献立を作りました。
   感謝のメッセージを書く取組では、調理員さんが、給食を作ってくださっている様子を見て、「大きい鍋だ!」「野菜がいっぱい!」など、全校児童生徒分の給食を作ってくださっている映像に驚きながら、集中して見ていました。「いつも、おいしい給食を作ってくれてありがとうございます。」「また、作ってください。」と感謝の手紙や絵を書いて渡しました。毎日給食を作ってくださっている人たちへの感謝の機会となりました。

18:00 | 中学部
2017/03/10

小学部・中学部ブックトーク 本の世界に触れよう

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
  2月9日、16日、22日の3日間、舞鶴市立西図書館の司書の方を招いて、ブックトークを行いました。「様々なジャンルの本に触れること」「本への興味関心をひろげること」をねらいとして小学部、中学部のそれぞれの学級で取り組みました。
   小学部では、パネルシアター『りんごがたべたいねずみくん』や絵本『てぶくろ』など動物が登場する本を中心に紹介していただきました。絵本の動物と一緒にジャンプをする場面やリズムに合わせて歌う場面があり、児童たちも楽しんで取り組むことができました。
   中学部では、竹の成長の仕方を知ることのできた絵本『たけ』や次の展開が気になる『ぶたのたね』など植物を中心とした話を紹介していただきました。読み聞かせやパネルシアター、手遊びなどを通して本への興味が広がる時間になりました。
   今回紹介していただいた本は、授業や昼休みでの読書活動にも生かしていきます。


  
18:38
2017/03/08

みんなニコニコ!レクリエーション大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
  2月15日(水)に体育館でレクリエーション大会が開催されました。これは、高等部体育委員会が、企画から準備、当日の運営をする取組で、体育委員会の生徒たちが小学部から高等部のみんなで楽しめる内容やルールを考えました。
   昼休みから5時間目にかけて行い、たくさんの児童生徒が体育館に集まりました。「ストラックアウト」「ボウリング」「魚釣りゲーム」のコーナーを設定し、参加した児童生徒が自由にコーナーを選び楽しみました。
  ストラックアウトでは、何とかして当てようと、必死でボールを投げる姿があり、1枚当てると歓声が体育館に響き渡りました。ボウリングでは、ボールの大きさを自分で選び、ストライクを狙って慎重に転がしたり、思い切って転がしたりするなどして、たくさんストライクをとる児童生徒もいて、楽しく挑戦することができました。魚釣りコーナーでは、長い釣り竿から垂らした糸の先の磁石が揺れ、魚のクリップになかなか付きません。どの魚を釣ろうか、お目当ての魚を一所懸命に釣り上げようと頑張る姿がとても印象的でした。
 
参加した児童生徒からは、「とても楽しかった。また、参加したい。」「どのコーナーも楽しかった。」「お兄さん、お姉さん、ありがとうございました。」等、たくさんの感想が聞かれました。終始笑顔の絶えない楽しい取組となりました。
 
16:35 | 全校
2017/03/08

給食月間 小学部の取組

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
  
「自分の食生活を見直す機会」と「給食が作られる過程を知り、給食に携わる方に感謝すること」をねらいに、2月を「給食月間」と設定し、様々な取組を行いました。
  
2月2日(木)に行った小学部集会では、給食調理員の多くの方が朝早くから力を合わせて作っていただいていることを知り、感謝の気持ちを持って残さず食べることの大切さを学びました。そして、集会の場に来てくださった調理員さんに、日頃の感謝の気持ちを込めて作った「ありがとうカード」を手渡しました。
 また、「他学級の友達や他学部の先輩と一緒に食べる楽しさを味わうこと」をねらいに、小学部と中学部を3つのグループに分けてランチルームで交流給食を行いました。普段、一緒に食べることのない中学部の先輩たちと楽しく会食することができ、「また交流給食がしたい。」と児童から感想が聞かれました。
 さらに、「食事のマナーを身につけたり、好き嫌いなく食べたりする力を向上させることをねらいに、ランチチャレンジに取り組みました。学級毎に「食器を持って食べる」「三角食べをする」「残さず食べる」「正しい姿勢で行儀良く食べる」「口を閉じて食べる」などの目標を決め、達成できるよう1ヶ月間頑張りました。
 
給食を通じて、児童それぞれが学びを深めることができる取組となりました。




15:43 | 小学部
2017/03/08

書き初めに挑戦しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   小学部の4,6,7組は書き初めに挑戦しました。どの学級も、「新年もがんばるぞ!」という気持ちを込めて字を書くことができました。
   4組では、半紙の大きさに合わせてバランスよく文字を書く練習をし、「光」「明日」などの新年に相応しい素敵な文字を書きました。6年生児童の中には、中学部への進学を心待ちにして、「中学部」と書いた児童もいました。
   6組では、酉年の「とり」という字や、お正月の「正」の字を、半紙に力いっぱい書きました。自分の名前の一文字を書いた児童もいました。
  
7組では、腕を自由に動かし、半紙にのびのびと書くことができました。
   どの児童も力強い筆運びで、一画一画丁寧に書き上げ、生き生きとした作品となりました。児童一人一人が、卒業や進級を前に、気持ちを込めて書くことができました。

15:16 | 小学部
2017/02/23

西市民プラザ販売会に向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
中学部 西市民プラザ販売会に向けて

 中学部では、西市民プラザ販売会に代表生徒が参加し、作業学習で制作したガーゼはんかちと冬野菜を販売しました。
 西市民プラザ販売会に向けて販売学習に取り組み、接客の時に使う8大用語や接客態度、マナーについて学びました。何度も練習を重ねることで自信をつけ、笑顔でハキハキと販売ができるようになりました。販売会の前日には、1・2年生がお客様役となり販売練習を行い、代表生徒は、みんなが心を込めて作った製品を販売することに対する思いが強くなりました。
 生徒のあいさつとドラの合図でスタートした販売会は、たくさんのお客様に御来店いただき、製品の売れ行きも好調でした。校外学習で見学に来た中学部4・5組の生徒の熱い眼差しに元気をもらい、「いらっしゃいませ」の声もいっそう大きくなりました。たくさんのお客様に「ありがとう」の言葉をいただき、喜びと達成感が持てる販売会になりました。


18:17 | 中学部
2017/02/03

マナー向上週間

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員

中学部 マナー向上週間の取組


 中学部では、あいさつや身だしなみ、ルールを守るといった基本的生活習慣や人とつきあう力を高めることを目的に、1年間に2度、「マナー向上週間」という取組を行っています。
 1回目は5月に取り組みました。今回は、1月30日(月)~2月3日(金)をマナー向上週間と位置づけ、生徒それぞれが目標を立て、1週間目標の達成を目指して取り組みました。
 生徒たちは、「自分から掃除場所を見つける」「忘れ物がないようにチェックする」「自分からあいさつをする」等、1回目に立てた目標をもとに、よりレベルアップした内容の目標を立て1週間取り組みました。

 この取組の間、苦手なことにも自分から取り組む等、目標を意識した行動が見られました。

  2月7日(火)には、マナー向上週間の表彰式を行いました。各学級から優秀者を1名選び表彰しました。選ばれた生徒たちは、中学

部の友だちから拍手でがんばりを認められ、自信をつけました。

 マナー向上週間の取組が終わった後も、身につけた力を発揮し、主体的に活躍する中学生、高校生となっていくことを期待すると同時に、今後も基本的生活習慣などを身につけるための指導を続けていきます。


19:01 | 中学部
2016/12/27

文化祭① みんなの心の響きを届けよう

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   ☆小学部「とどけようこの夢を ~王様と仲間たち~」
小学部では、「夢」をテーマに子どもたちの好きなことや得意なことを山・火・海・ミラクルの国に分かれて発表しました。
   山の国の夢は、ステキな音楽でみんなをつなぐことでした。音の妖精がひもを引っ張って素敵な音を出したり、森の動物が楽器の演奏をしたりしました。最後は妖精と動物たちが一緒に手をつなぎ、「みんなで1・2・3」のダンスをすることができました。火の国の夢は、かっこいい音楽でつながることでした。かっこいい音楽に合わせて長胴太鼓や平太鼓を力強く叩きました。練習を重ねることで、速いリズムもみんなで合わせて叩けるようになり、迫力のある演奏ができました。海の国の夢は、人を喜ばせることでした。王様に届けるためのヤシの実や魚を捕ったり、カーニバル隊が楽器やダンスで盛り上げたりしました。
   夢を知らなかったミラクルの国の王様たちは、みんなから色々な夢を教わり、力がもりもり湧いてきました。王様たちは夢を教えてもらったお返しに、マットで後転や開脚前転、鉄棒で足抜き回りやコウモリ降りなどの技を披露し、ミラクルな夢をみんなに伝えることができました。
   フィナーレでは、小学部全員で心をひとつにして「とどけようこの夢を」の手話の歌を歌い、夢のかけらを集めてできたハートに点灯することができました。練習を重ねるごとに自信を持って取り組み、本番はみんなが描いた夢の絵を背景に、笑顔いっぱいの表情で発表することができました。


10:04 | 小学部
2016/12/27

京しごと技能検定(清掃)

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   11月29日(火) 高等部7組〜9組の18名が、京都府中小企業会館で行われた「京しごと技能検定(清掃)」に出場しました。
   この検定は、京都府立特別支援学校の生徒が、日頃の職業教育の学習成果を発揮し、評価として認定を受けることで、働く意欲や自信を高め、就労に対する目標を持つことや、清掃スキルやマナーを身につけることで、自立や社会参加の機会を広げ、府民や企業への理解を深め、雇用の促進を図ることを目的として行われました。
   生徒たちは、職業の授業で、普段から清掃技能の向上を目指し練習してきました。練習の時から自分のスキルアップを目指し、積極的に取り組むことができました。そして、その成果を試す良い機会となりました。それぞれが認定書をいただき、自信をつけることができました。

08:46 | 高等部
2016/12/07

大盛況!高等部製品販売会!

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
    11月24日(木) フクヤ白鳥店様の店頭にて高等部製品販売会を行いました。
    当日は高等部職業自立コースの生徒18名が2班に分かれて販売しました。
    寒い日でしたが、たくさんのお客様に御来店いただきました。中には毎年お越しいただくお客様もおられ、大変嬉しく思いました。
 「笑顔」「挨拶」「大きな声」「返事」「機敏な行動」の5大行動を大切にし、事前の販売練習で学んだ接客方法や態度をしっかりと実践することができました。初めて販売会を経験する生徒もいましたが、上級生のお手本を見ながら生き生きと販売することができました。また、1年生はバックヤードの見学もさせていただき、進路学習の一環としても意義ある一日となりました。フクヤ白鳥店様の御協力、また保護者や地域の皆様に応援していただいたことに感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

(生徒の感想から)
   ※自分が作った製品が売れるってとても嬉しいし、作ってよかったなって思いました。
   ※葉ボタンを12個買ってくださったお客様がいて本当に嬉しかったです。
   ※お客様の目を見て接客ができるようになってきたので、これからも働く時に必要な力を学びたいです。
   ※3年生として1・2年生をフォローできるように頑張りました。卒業したら買いに行けたらいいなと思いました。



15:38 | 小学部
2016/12/07

第35回 舞鶴市ふれあいレクリエーション

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員

   11月16日(水)に舞鶴市東体育館で、舞鶴市の特別支援教育にかかわる児童生徒、 保護者、関係者が一堂に集まり交流と学習を深めることをねらいとした「ふれあいレクリエーション」が行われました。本校からは、小・中学部の児童生徒が参加し、舞鶴市内の小・中学校の児童生徒と、歌を歌ったり、レクリエーションをしたりして交流を深めました。
    内容は、始めに5つの代表校が考えたオリジナルバージョンの「幸せなら手をたたこう」を歌いました。本校中学部の生徒も、「幸せならピースしよう」というオリジナルの動きを考え、会場全体を盛り上げました。また、3人1組で取り組む「じゃんけんサッカー」ゲームでは、緊張していた児童生徒も、ゲームが進むにつれて徐々に児童生徒同士の距離が縮まり、「がんばれ!」「やったね!」と声を掛け合う姿を見ることができました。児童生徒たちは、「仲良くなれて嬉しかった。」「じゃんけんは負けたけど楽しかった。」と感想を述べました。歌やレクリエーションを通して、児童生徒が一緒に活動する楽しさを感じながら交流を深めることができました。

15:26
2016/12/02

避難訓練の様子

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員

 11月1日(火)に、「地震発生時の身の安全確保を行い、火災の発生に対する適切な対応を行うこと」を目的に、避難訓練を行いました。今回は、地震により調理室から出火したことを想定し、防火扉を閉めて避難用の小さな扉をくぐり避難しました。児童生徒は、これまでの避難訓練で学習した「お・は・し・も(おさない、はしらない、しゃべらない、もどらない)」の約束を守り、煙を吸わないように、口にハンカチなどをあてて防火扉を通り、体育館まで安全に避難することができました。
 消防署員の方からは、「『お・は・し・も』の約束を守って避難することができていた。」と評価をしていただき、「災害はいつおこるかわからないので、先生の話をよく聞き、落ち着いて行動をしてほしい。」と教えていただきました。
 今後も、避難訓練を継続的に行い、児童生徒全員が、安全にかつ迅速に避難や対応ができるよう防災教育に取り組んでいきます。

17:31 | 全校
2016/11/28

災害時想定給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
  
   11月1日(火) 本校の防災の日に合わせ、災害時想定給食に取り組みました。この日のメニューは、缶入りソフトパンや豚汁、ソーセージ、みかんで、災害時を想定した献立でした。
   高等部と中学部の生徒が、体育館にビニールシートを敷いたり、配膳や後片付けをしたりしました。生徒たちが役割を分担し協力することで、災害時を想定した状況で全校の児童・生徒が給食を食べることができました。
   児童生徒たちが災害時に落ち着いて集団生活ができ、自分ができることを考えて行動できるよう、今後も災害に対する学習を続けて取り組んでいきます。



19:00 | 全校
2016/11/25

「TANTAN見本市」

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   11月6日(日) JR福知山駅コンコースで「TANTAN見本市」が行われました。
   大江高等学校の主催で、丹後・丹波地域にある府立の高等学校と支援学校の製品などを販売する取組です。本校からも出店し、高等部作業学習の製品を販売しました。
   販売員として参加した高等部の生徒は、「いらっしゃいませ。」「万願寺トウガラシはいかがですか。」と元気な声で通る人に呼びかけ、これまでの販売会で身につけた8大用語を使って丁寧に接客をすることができました。また、他の高等学校のいろいろな製品を見たり、ブラスバンド部の演奏を聴いたりして、他校の生徒の活躍にも刺激を受けた一日でした。

18:32 | 高等部
2016/10/28

広島へ、修学旅行に行ってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
「高等部 広島へ、修学旅行に行ってきました!」

 高等部の2年生が、10月26日(水)から28日(金)までの3日間、修学旅行に行きました。行先は、広島・呉方面でした。
 生徒たちは、修学旅行委員を中心に5月から取組を始めました。 「みんなで協力して楽しく思い出に残る修学旅行にする。」「みんなが一丸となって広島について調べ学習をする。」という修学旅行の目標と、旅行を成功させるための修学旅行のきまりを2年生全員で決めました。
 2学期になり、平和学習や広島に関する調べ学習を事前学習で取り組むと同時に、千羽鶴の作成を始めました。生徒たちは、1・3年生にも協力してもらい、高等部全員で平和の願いを込め、1羽ずつ丁寧に鶴を折り、千羽を超える折り鶴を折り上げました。この千羽鶴は、1日目に訪れた広島平和記念公園で行った平和セレモニーにおいて、平和への想いを込めて原爆の子の像に捧げました。
 また、1日目はマツダミュージアムにも行き、実際に自動車を組み立てる作業場を見学したり、新車の運転席に乗ったりする体験ができました。
 2日目は、3班に分かれて班別行動でした。生徒たちは、担任と協力して見学先や交通機関を調べて立てた行程にそって行動しました。宮島に行き世界遺産の厳島神社を訪れたり、広島平和記念資料館で原爆の恐ろしさを学んだりと、様々な場所を訪れ有意義な時間を過ごしました。また、多くの班が、昼食に名物のお好み焼きを食べ、そのおいしさに舌鼓を打ち、思い出のひとつになりました。
 3日目は、呉市の大和ミュージアムへ行きました。巨大な戦艦大和の模型をはじめ、様々な展示物を見た生徒たちは、平和の大切さと科学技術のすごさを感じていました。
 3日間を通して、時間を意識して行動したり、ルールやマナーを守ったりと、集団行動を通してお互いに気を配り楽しい時間を過ごすことができ、目標を達成することができました。この経験を、今後の学校生活や進路希望の実現に繋げることができるよう取り組んでいきます。


19:13 | 高等部
2016/10/25

小学部 ウォーキングレース

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
学部 ウォーキングレース
     ~それぞれの目標に向かって~

 10月25日(火) グラウンドをスタート・ゴールとし、校舎の外周を使ってウォーキングレースを行いました。「決められたコースを自分の力で走ったり、歩いたりしてゴールする」、車いすで参加する児童は「リラックスして、車いすの揺れを感じながらゴールする」をねらいとして取り組みました。
 小学部では、今回のウォーキングレースに向けて、10月を練習月間として設定し、合同体育の時間や各学級の取組の中で、長い距離を継続的に走ったり、歩いたりする練習を行いました。
 今年初めてウォーキングレースで走る児童や昨年よりも長い距離を走る児童、昨年よりも速いタイムを目指して走る児童など、それぞれの目標に向かって全力を出し切ることができました。


19:46 | 小学部
2016/10/24

全国障害者スポーツ大会に出場

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
全国障害者スポーツ大会「希望郷いわて大会」に出場!

 10月22日(土)~24日(月) 岩手県で行われた全国障害者スポーツ大会「希望郷いわて大会」フライングディスク競技の部に、京都府代表として、高等部の吉村くんが出場しました。
 6月から始まった京都府全体での強化練習にも参加し、着実に技術を向上させて当日を迎えました。また、練習参加のために一人で公共交通機関を利用したり、初対面の人たちとコミュニケーションを図ったりと、たくさんの経験を積み重ねました。
 大会では、両種目とも、練習の成果を見事発揮しました。銅メダルを獲得したディスタンス競技の後には、力を出し切ったというとても充実した表情でした。
<成績>
 アキュラシー ディスリート・ファイブ
  10投中7投 成功
 ディスタンス メンズ・スタンディング
  44.76m   3位(銅メダル)


20:13 | 高等部
2016/10/22

中丹文化祭 和太鼓演奏

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
会場全体から絶賛の拍手!
 「中丹学校文化祭&由良川元気サミット」
  和太鼓ステージ演奏

 10月22日(土) 京都府中丹文化会館において、「中丹学校文化祭&由良川元気サミット」が開催されました。本校は作品・製品の展示とともに、オープニングで和太鼓演奏を行い、会場全体から絶賛の拍手を受けました。和太鼓演奏には、高等部生徒代表13名の太鼓秋組が出演し、創作の唄と太刀振りの舞い、親しんできた太鼓曲2曲を披露しました。初舞台のメンバーも多く緊張感いっぱいの発表でしたが、透き通った歌声と全身で打ちこむ力強い太鼓の音が、聴く人の心に響き、大きな感動を与えるものとなりました。
 和太鼓演奏という伝統文化の活動を通して、地域の学校や関係の方々とのつながりをさらに深めることができました。


18:08 | 高等部
2016/10/14

小学部 宿泊体験学習

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
小学部 宿泊体験学習    ~修学旅行に向けて~

 10月13日(木)、14日(金)に、5年生児童3名が、来年度の修学旅行に向けて宿泊体験学習に取り組みました。「遊びや食事、トイレやお風呂等の生活のルールやマナーを守る」、「他学級の友達とも一緒に仲良く過ごす」をねらいとして行いました。
 当日は、「校内探検」で、特別教室や体育館を回り、かくれんぼやコーナー遊びをして時間いっぱい楽しみました。また、夕食や入浴、就寝準備等も指導者の手本を見たり、事前学習での練習を生かしたりして、進んで行動することができました。
 来年度、一緒に修学旅行へ行く友達と過ごしたことで、修学旅行への意識が高まるとともに、見通しを持って行動することができました。


19:59 | 小学部
2016/10/12

中学部 修学旅行

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
中学部3年生 修学旅行に行ってきました!

 中学部3年生6名が、10月12日(水)から14日(金)までの3日間、東京に修学旅行へ行ってきました。
 3日間を通して全員元気で、自分の役割を果たしたり、友達と関わったりしながら楽しく過ごすことができました。
 旅行前には、旅先やお土産についてインターネットで調べてまとめ新聞を作ったり、旅行中の役割分担を決めたりして、修学旅行への期待を膨らませました。
1日日>
 特急と新幹線を乗り継ぎ品川駅に到着しました。最初の訪問先はNHKスタジオパークでした。
 NHKスタジオパークでは、ニュースキャスターやレポーター、お天気キャスター役となり、ニュース制作体験に挑戦しました。スラスラと原稿を読んだり、笑顔で天気図を示したりして役になりきって楽しみました。
<2日日>
 東京ディズニーランドに行きました。生徒たちはワクワクしながら、ハロウィンで楽しそうな園内の様子に目を奪われていました。
 蒸気船に乗ったり、ジェットコースターに挑戦したり、みんなで昼ご飯を食べたりして、一日中笑顔で楽しく過ごしました。
<3日日>
 3日日は東京タワーに行きました。エレベーターに乗って地上150mまで昇り、大展望台から東京を見渡しました。「スカイツリーが見える!」と指を指しながら景色を楽しみ、床がガラスになっている所では、恐る恐るガラスの上に乗って高さを体験しました。
 この修学旅行の思い出や経験を大切にして中学部生活をさらに充実させ、高等部進学に向けての気持ちを高めていきます。


17:47 | 中学部
2016/10/07

中学部 ランチルーム給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
「中学部ランチルーム給食」

 10月7日(金)に、中学部のランチルーム給食を行いました。
 ランチルーム給食は、他学級の友達と楽しく会食をすること、バイキング形式の食事の仕方を知ることをねらいに取り組んでいます。
 当日は、“食缶の前で一列に並んで待つ”“一度取った物を戻さない”などの約束を守り料理をお皿に取り分けました。この日の献立は、生徒が好きなカレーライスで、おいしい給食を楽しみながら友達や先生との会話も弾みました。
 また、今回は、お世話になっている先生方に「一緒にランチルームで給食を食べましょう。」と招待状を書き、給食に招待しました。
 いつもとは違う場所で、たくさんの人数で食べる経験ができました。


20:06 | 中学部
2016/10/02

全京都障害者総合スポーツ大会フライングディスク大会に出場!

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
第36回 全京都障害者総合スポーツ大会 フライングディスク大会に出場!!

 10月2日(日) 京都府立丹波自然運動公園にて、第36回全京都障害者総合スポーツ大会フライングディスク大会の部が実施され、本校から、高等部の小谷君、真鍋君、吉村君、大沢君の4名が出場しました。夏日ともいえる天候の中、集中を切らさないよう緊張感を持って、競技に臨みました。
 当日は、吉村君が選手宣誓を努め、多くの参加者を背に堂々と宣誓をすることができました。 
 競技中は選手同士でアドバイスや励ましの言葉を掛け合い、全員が見事にメダルを獲得することができました。
 競技結果は以下のとおりです。

<成績>
 アキュラシー競技の部(5m) 小谷君  10投中9投成功  1位(金メダル)
                    大沢君  10投中8投成功  2位(銀メダル)
                    真鍋君  10投中5投成功
                    吉村君  10投中6投成功

 ディスタンス競技の部     大沢君  44.12m  1位(金メダル)
                     小谷君  33.98m  2位(銀メダル)

                    真鍋君  16.93m  3位(銅メダル)
                    吉村君  38.92m  3位(銅メダル)




20:20 | 高等部
2016/10/01

高等部 スポーツ交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
第24回 京都府立特別支援学校高等部スポーツ交流会

 10月1日(土) グリーンランドみずほ(京丹波町)において、京都府立特別支援学校11校の高等部生徒が、スポーツを通して交流を深め、自立と社会参加の意欲と態度を育てる機会として、スポーツ交流会が開催され熱戦を繰り広げました。
 以下に、本校から出場した各種目の様子をお知らせします。
<卓球バレー部>
 昨年度より部員が増え8名の生徒が大会に参加しました。
 「今年は勝ちにいこう!」を目標に、みんなが思いをひとつに試合に臨みました。その甲斐あって、最終戦で見事勝利を収めることができました。試合を終えた選手のみんなは、「勝った!」「よかった。」と清々しい表情で話していました。
<卓球部>
 
 生徒14名が2チームに分かれて参加しました。
 友達に声援を送ったり、相手チームとのあいさつをしっかりしたりして、積極的な姿が見られました。試合では、練習の成果を発揮することができ、Aチームは3位、Bチームは惜しくも決勝リーグに進めませんでしたが、全力を出し切ることができました。
<ソフトボール部>
 今年度は都リーグで2試合を戦ったソフトボール部は、車イスで参加する生徒を含め13名の生徒が、最後まで粘り強く戦い抜きました。
 1試合目は、攻撃も守備も良い試合運びができ勝つことができました。2試合目は最終回まで1点差で勝っていましたが、惜しくも最終回にサヨナラ負けをしました。しかし、その諦めない姿勢が、チームの絆を強め、掛け合う声も徐々に大きくなり、良い試合ができました。
 成績は、参加チームの勝ち数と得失点差で決まります。対戦していないチームもありますが、結果は都リーグ3位の立派な成績でした。最後までボールを追いかけ、懸命の頑張りを見せた生徒たちに大きな拍手が送られました。

17:44 | 高等部
2016/09/30

秋の苗販売会

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
  9月2日(金)池内振興局前の駐車場をお借りして、秋の苗販売会を行いました。

 生徒たちは、事前に学習した「いらっしゃいませ」の声でお客様を迎え、販売を行いました。はじめは緊張していた生徒も、お客様の優しい言葉や笑顔に少しずつ緊張もほぐれ、自信を持って販売することができました。暑い中でしたが、販売が終わった後もテントの片付け、駐車場の掃除までしっかり頑張りました。

 お客様のアンケートからは、「いつも楽しみにしています」「これからもつづけてください」と暖かいお言葉をいただきました。会場にいらしてくださいましたみなさんをはじめ、地域のみなさん、御協力ありがとうございました。
 
17:40 | 中学部
2016/09/20

第36回 全京都障害者総合スポーツ大会 水泳大会の部に出場

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
  8月21日(日)京都市障害者スポーツセンターで、第36回全京都障害者総合スポーツ大会水泳大会の部が開催されました。本校中学部と高等部から5名の生徒が出場しました。
  どの生徒も、緊張した様子でしたが、優勝や自己ベストの更新を目指して健闘し、合計で6つのメダルを獲得しました。レース後は、生徒全員が力を出し切り、晴れやかな笑顔にあふれていました。
  結果の詳細は以下のとおりです。
 
〈出場種目と結果〉
  
・男子自由形25m        西野くん   3位  

                                 志賀くん 3位     

                                 若本くん
    ・男子背泳ぎ25m  志賀くん 3位  
    ・男子平泳ぎ25m  西野くん 2位
    ・女子自由形25m  今西さん

      

15:01 | 高等部
2016/09/13

舞鶴高専出前授業を共催で行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
  8月8日(月)に国立舞鶴工業高等専門学校(舞鶴高専)と府立舞鶴支援学校の地域連携部との共催による「出前授業」を実施し、27名の教員が参加しました。
  この取組は、「特別支援学校教員に対して、モノづくり力の向上を図る出前授業を実施する」を目的に、文部科学省の「科学技術研究費事業」の助成を受けており、平成25年度から年2回ずつ実施してきました。
  「実際に使用できる機器を自分たちで作製する」「故障時のメンテナンス技術を習得する」といった、特別支援学校の教員が自分で解決する力を養成することを目的としています。
  今回の出前授業では、「磁力スイッチの作成」を行いました。これは、ハンダ付けをして組み立てた小さな磁力センサーをマジックテープにホットボンドで貼り付けます。このセンサーと薄い板磁石を別々の指に巻き付け、それを近づけることでスイッチがONになります。腕を動かさずに指先の動きだけで操作できるので、不随意運動の大きい人にも使いやすいものとなります。このスイッチに電気機器を接続することで、機器のスイッチをON・OFFすることができるようになります。
  今後の授業において、児童生徒が動かしたい様々な装置を動かすスイッチとして活用していきたいと考えています。
 
   【磁気スイッチと板磁石】


 

17:46 | 研修
2016/08/27

PTA環境美化活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
平成28年度PTA環境美化活動

 8月27日(土)にPTA環境美化活動を行いました。125名の保護者や児童生徒が参加し、教室や廊下の窓や窓枠などの清掃を行いました。
 この取組は、環境美化活動を通して教育環境の改善充実を図ると同時に、PTA会員相互の親睦を深めることをねらいとしています。
 当日は、保護者同士、お話をしながら窓拭きや清掃をし、作業を通して親睦を深めることができました。作業に参加した児童生徒もいて、保護者と協力して作業をしたり、児童生徒同士で楽しそうに話をしながら窓ふきや教室清掃をしたり、自分たちが使用する校舎や教室がきれいになっていく様子を見て嬉しそうでした。
 雨が降り、蒸し暑い中でしたが、たくさんの保護者の皆様に御参加いただきました。
 御協力ありがとうございました。


20:28 | 全校
2016/08/26

「夏の就職フェア」に高等部生徒が運営スタッフとして協力

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
    8月9日(火) ふるさとコールMAIZURU実行委員会主催の「夏の就職フェア」が舞鶴市商工観光センターで開催され、高等部生徒6名が運営スタッフとして参加しました。
  生徒たちは、5階の企業や事業所による就職説明会の会場と、4階の求職者対象のセミナーの会場の受付を担当しました。
   生徒たちは、準備した資料を「本日の資料です」と受付に来られたみなさんに、両手で丁寧に手渡しました。途中、受付が混雑した時には、生徒たちは、市の雇用促進課や北京都ジョブパークの方々と一緒に一生懸命動きました。
   就職説明会の後半にできた時間に、生徒たちは、企業や事業所の各ブースに行かせてもらい、「スーパー」「清掃」「木工」といった興味のある仕事の内容について説明を聞かせていただきました。生徒たちは、就職説明会に参加し、様々な仕事を知ることで、働くことを身近に感じることがきました。
   就職フェアに参加した生徒たちの姿を、企業や事業所の方々に見ていただき、生徒たちを理解していただく場にもなりました。今後も生徒たちの進路実現の可能性を広げる活動を積極的に進めていきます。

15:08 | 高等部
2016/08/01

土砂災害警戒情報発令に備えて

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 土砂災害に備えて、6月28日(火)に全校で避難訓練を実施しました。137名の児童生徒は、避難指示に従い、「お・は・し・も」の注意点を守り、教職員の誘導のもとに、整然とワークスペースに避難することができました。また、点呼も迅速に行い、児童生徒、教職員全員の避難を確認することもできました。
 自然災害は、いつ、どこで起こるかわからないため、今後も継続して、想定される災害に対処できるように訓練を実施します。
      
  【一列に並んで避難します!!】    【「お・は・し・も」を守りましょう!!】
10:04 | 全校
2016/07/29

夏休みチャレンジ講座

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
休みのチャレンジ講座

 
7月28日(木)、29日(金)に、チャレンジ講座を行いました。
 チャレンジ講座では、児童生徒が、自ら主体的に学ぶ姿勢を育むことをねらいに、小学部・中学部・高等部の生徒たちが一緒になって活動に取り組みました。
 当日は、2日間とも晴天に恵まれ、プールでの活動を存分に楽しむことができました。
 チーム対抗の「水中玉入れ」や「水中しっぽとり」、2人ペアになって行う「フラフープリレー」「サーキット」等、様々な“チャレンジ”に取り組み、「楽しい!」とたくさんの笑顔が見られました。
 高等部の生徒が、小・中学部の児童生徒に優しく声をかける様子も見られ、友達と一緒になって活動することができました。
 
様々なことに友達とチャレンジし、達成感を得ることができました。



19:35 | 全校
2016/07/28

初期消火訓練

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
子どもと教職員の命を守る(初期消火訓練)

 舞鶴支援学校では、「児童生徒の安全を確保し、人命を守る」ことを目的に、地震・土砂災害・火災を想定した避難訓練、初期消火訓練、不審者対応訓練等の訓練を、年間を通じて行っています。
 7月28日(木)に、火災が起こった場合を想定し、火災の発見から消防署に通報するまでの職員間の連携確認と、水消火器を使った初期消火訓練を、舞鶴西消防署の協力により行いました。
 まず初めに、署員の方から、消火器の使い方と火の消し方について指導を受けた後、教職員で、消火器を使った初期消火訓練を行いました。
 今回の訓練では、「火災を発見した時には大きな声で周囲の人や事務室に知らせること」「消火を行うよりも人命を守ることの方が大切であること」を教えていただきました。
 子どもと教職員の命を守るため、今回の訓練で学んだことを、今後の安全指導に生かしていきます。



19:47 | 研修
2016/07/28

教員の施設体験研修

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
本校教員の施設体験研修

 「福祉施設の現状に触れ、日頃の教育実践において大切にすべきことについて卒業後の進路の視点から考えて今後の指導に生かす」ことを目的に、舞鶴市内の8箇所の福祉施設において15名(小6名、中2名、高7名)の本校教員が、7月25日(月)から28日(木)の期間に1日、施設体験研修をしました。参加者は、福祉施設での活動だけではなく、施設の成り立ちや歴史なども聞かせていただくことができました。
 研修に参加した多くの教員が、「在学中にこんな力をつけておかなければ」「こんな指導が大切」という思いを持ちました。以下に、事後感想の主なものを紹介します。


・利用者の方は長時間集中して落ち着いて作業に向かわれている印象だった。今後、作業に向かう力をつけるために高等部で忍耐力や集中力、手先の操作性、計算する力を育てていく必要がある。
はさみを使ったり裁縫をしたり、基礎的・基本的な、日常で使われる動作を生かして作業を設定されていた。
・させられているのではなく、自分たちでする力をつけることが卒業後大切だと実感した。学校生活全般を通して、主体性を身につけられるよう支援・指導していきたいと、改めて思った。
・働く上で、求められる人材は、「挨拶ができる」「分からないことを、分からないと言える」「時間を守る」「体の不調が伝えられる」「規則正しい生活ができる」であるという話があった。学校における指導においても改めて重視していきたいと思った。
・文字を読むことや数を数えることが苦手な人が、動物マークを使用してコーヒーの種類を間違えずに作ることが出来るようにしていることや、絵が得意な人は、色紙にイラストを描く仕事をすることなど、それぞれの強みを生かして仕事が出来るように工夫されていた。強みを生かした仕事の仕方を工夫することと、得意なことを伸ばしていくことの大切さを改めて感じた。
・休憩時の席を決めず、その日の気分で席を決めておられるのを見て、好きな場所を探すことは主体性につながると感じた。また、こだわりを持たないという点でも、一つの工夫だと感じた。
・なんとなく働いているのではなく、“このために頑張るんだ”という熱い思いが感じられた。将来、人のために働きたいという気持ちを持てるようになるには、自分の得意なことや好きなことを見つけることと、働く目標が必要なのだということを実感した。
シールを決められたところに貼る作業や、紙を半分に折ってスタンプを押す作業があり、作業学習の学習内容として参考になる点があった。
・マナーや一般常識を教えるとき、「なぜ」ということも教える必要があると感じた。
・生徒の姿や保護者の思いを受け止めて指導する気持ちを、また新たにすることができた。

19:16 | 研修
2016/07/25

進路協議会を開催!!(第1回5月9日(月)・第2回6月27日(月))

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

 本校では、「生徒の進路希望実現」に向けての協力を依頼するめたに、進路に関わる関係機関に出席いただき進路協議会を年2回開催しています。

5月9日(月)の第1回進路協議会では、公共職業安定所、福祉行政、舞鶴市教育委員会、生活支援センター、社会福祉法人等進路に関わる関係機関(14機関)に出席していただきました。昨年度までの進路の取組や卒業生の状況、本年度の生徒の進路希望状況と取組予定等を説明して、生徒の進路希望の実現のための協力を依頼しました。

 6月27日(月)の第2回進路協議会では、福祉行政、生活支援センター、市内の各福祉施設等、特に福祉就労に関わる関係機関(12機関)に出席していただきました。本年度の生徒の進路希望状況と施設実習等の取組予定等を説明して、受け入れを依頼しました。

 第1回、第2回どちらも3年生の授業を参観していただいた後、求人や雇用の状況、法人の今後の事業予定、施設の受け入れ状況など、貴重な情報を提供していただきました。得られた情報は今後の進路指導に生かしていきます。
15:04 | 全校
2016/07/25

小学部 PTA親子行事

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 6月25日(土)に、本校の体育館で、PTA学部委員主催の親子行事が行われました。
 
児童が家族と触れ合い充実した休日を過ごすことや、同じ小学部で学習する友達・家族・指導者との交流を深めることを目的にしました。

当日は、兄弟姉妹を含め、多くの御家族に参加していただきました。

内容は、点数の付いたしっぽを取るゲーム『しっぽでなんぼ』や、2家族が力を合わせて布製の御神輿で大玉を運ぶゲーム『親子でわっしょい』が行われ、家族と触れあったり、友達家族と協力しながら楽しい時間を共有することができました。また途中の休憩には『シャボンダマン』が登場し、たくさんのシャボン玉グッズを届けてくれました。児童たちはジュースを飲んだり、バブルマシーンから噴き出るシャボン玉を眺めたり、色々なシャボン玉を作って楽しむこともできました。

 後半には、指導者による『歌って踊ろう!ミニコンサート♪』を行いました。サックスやトランペット等の楽器による『ミッキーマウスマーチ』やミュージックベルによる『ドレミの歌』の演奏を聴いたり、楽器演奏に合わせて『オブラディオブラダ』のダンスを踊ったりする等して、音楽を「見たり」「聴いたり」しながら楽しむことができました。
 
今後も様々な取組を通して、学級を超えた交流を深めていきたいと思います。
      
14:55 | 小学部
2016/07/25

中学部 PTA親子行事

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 6月19日(日)、PTA学部委員主催の親子行事(ボウリング大会)が行われました。
 当日は、兄弟姉妹を含む多くの御家族に参加していただき、にぎやかにボウリングを楽しみました。

親子や先生・生徒でペアを組みゲームをしました。スペアやストライクがとれると、周りの友達や家族の方とハイタッチをして喜び合う姿が多くありました。また、自分の投げる番が終わると「がんばれー!」「おしいー!」と他のレーンの友達を応援する等、中学部一体となってボウリングを楽しむことができました。

 今後も親子行事等の様々な取組を通して、保護者同士、生徒同士の交流を深めていきたいと思います。
 

14:51 | 中学部
2016/07/25

医療専門職派遣事業

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
  6月23日(木)に、有限会社あーと・ねっとの作業療法士である灘裕介先生を講師に招いて、「感覚統合理論の基礎知識と様々な欲求を満たす遊び」というテーマで講演とワークショップ形式の研修会を行いました。

講演では、「感覚」とは、環境を把握したり、体温調節など体内環境を一定に保ったりするために必須なものであり、感覚の感じ取り方には個人差や個人内差があること。また、前庭覚(重力を感じる感覚)や固有受容覚(筋肉や関節から動きや圧を感じる感覚)、触覚をしっかり感じ取ることが自分の身体図式を確立させることにつながるということを学びました。ボディイメージを育てることが、運動や言葉の発達にもつながるため、子どもの行動の背景にどのような感覚の課題があるのかを意識することの重要性を知ることができました。

ワークショップでは、フラフープやコーン、毛布などを使って、運動発達面、感覚面へどんなアプローチができるのかを、体験を通して教えていただきました。シェービングクリームを使った感触遊びやトンネルを縦にして中に入り歩いてみる等、従来の使い方にとらわれず発想の転換をすることが、様々な運動や遊びにつながることを実感しました。

 今後の指導の中で、子どもたちが様々な感覚を感じとり、いろいろな身体の動かし方ができる授業作りに取り組んでいきます。

14:48 | 研修
2016/07/25

人権教育研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 6月15日(水)、若手教師応援セミナー「元気塾PLUS」代表 仲島正教様を講師にお招きし、本校教職員を対象に人権教育の研修会を行いました。演題は、「人権尊重の視点に立った学級経営のあり方について」~児童生徒の自己肯定感を高める学級・学習指導~と題した講演で、長年の教員生活の中で出会われた児童や保護者との関わりを通して、気づいたり、学んだりされたことを、圧倒されそうなほどのパワフルな話術で聴かせていただきました。

自己肯定感を高めるには、できることやできたことに目を向け、褒めてあげることで自尊感情を育てることが大切であること、そのためには、児童・生徒一人一人の気持ちに寄り添い、「認める言葉」や「いつも見ているよ」というメッセージを伝えることが大事であることを再確認することができました。

 教職員の人権意識の高揚を図るとともに、「明日からも頑張ろう!」というエネルギーを貰った研修会となりました。
 
14:45 | 研修
2016/07/17

全京都障害者総合スポーツ大会 卓球大会の部に出場

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
全京都障害者総合スポーツ大会 卓球大会の部に出場

 7月17日(日) スポーツを通じて健康及び体力の保持増進を図り、自立と社会参加を目指して、全京都障害者総合スポーツ大会 卓球大会の部が、京都市障害者スポーツセンターにおいて行われ、本校からは高等部の真鍋君が出場しました。
 学校では、放課後の部活動や昼休みを利用して練習に励み、当日を迎えました。
 大会は、予選リーグ戦で各組1位になれば決勝トーナメントに進めるという形式で行われました。その結果、真鍋君は、予選リーグ戦2位となり、惜しくも決勝トーナメントには進むことができませんでしたが、今回の経験を今後の大会に生かしてほしいです。
 今回の大会には、本校からの出場生徒が1名でしたが、本校は、卓球部活動にも熱心に活動しており、今後、多くの生徒が大会に出場し、活躍できるよう指導していきます。



13:28 | 高等部
2016/07/14

夏野菜の校内販売会

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
学部2組・4組・5組 夏野菜の校内販売会

 7月14日(木)、15日(金)に、中学部2組・4組・5組の生徒が、「生産から販売までの一貫した流れを知ること」「販売員として必要な販売の仕方や接客マナーを学ぶこと」をねらいに校内販売会を行いました。
 販売会の数日前に、生徒たちが、校内の先生方にチラシを配り、校内販売会のお知らせをし、その成果もあり、教職員や小学部、高等部の生徒等、たくさんのお客様に来ていただきました。
 当日は、自分たちで収穫したトマトやピーマン、なす等の夏野菜の袋詰め、値札付けといった準備から始めました。そして、販売会では、練習の成果を発揮して、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」等、接客の八大用語を使い、笑顔で接客することができました。
 また、「どんな料理に使いますか?」「どの野菜がおすすめですか?」とのお客様からの質問に対しても、「サラダにしたら美味しいです」「なすがおすすめです」と答えることができました。
 自分たちで心を込めて育てた夏野菜が完売し、生徒たちは喜びや達成感を得ることができ、今後の意欲につながりました。

13:18 | 中学部
2016/07/01

二分の一成人式 ~10歳の今、そして未来へ~

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
二分の一成人式 ~10歳の今、そして未来へ~

 7月1日(金)本校体育館において二分の一成人式を行いました。
 本年度は、7名の4年生の児童が10歳を迎え、小学部児童全員でお祝いをしました。4年生は、「10年間の育ちを振り返り、自分の良さに気付く」「10年間育ててもらった感謝の気持ちを伝える」ことを、4年生以外の児童は、「10歳になった友達のお祝いをする」をねらいに取り組みました。
 式当日は、小学部の児童全員に加え、出身幼稚園、保育所の先生方、居住地の小学校の先生方、放課後支援施設の職員のみなさんに見守られる中、校長が認定書を授与しました。
 その後、二分の一成人式を迎えた児童は、1人ずつ、これまでの成長を写真や動画で振り返りながら、これからの目標や、毎日がんばっていることを発表しました。「僕は、ランニングをがんばります」「私は、風船バレーがんばります」「かっこいいお兄さんになりたいです」などと、大きな声で発表したり、“手つなぎ歩行”や“一人で歩く”などのがんばっていることを発表したりして、列席者からたくさんの拍手をいただきました。
  また、4年生以外の児童は、「お花班」「葉っぱ班」「キラキラ包装紙班」に分かれて花束のプレゼントを作り、4年生に渡しました。
 最後には、各学級の代表の児童が、4年生に「おめでとう」とお祝いの言葉を送ることができました。
 式の後には、4年生の児童とその保護者、来賓の方々と、談話室において交流会を開きました。来賓のみなさんからは、成長した児童達の姿を見ていただいた感想など、温かい言葉をかけていただきました。
 児童たちは、多くのみなさんに認めていただくことで、達成感を得るとともに、これからの生活への自信を持つことができました。


 [『ありがとうの花』を唄います]     [おめでとう!]              [退場です]            


 [プレゼントを作っています]
13:36 | 小学部
2016/06/24

高等部3年生の1日作業実習(生活自立コース7~9組)

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 高等部7~9組の3年生5名は6月1日と6日の2日間、1日作業実習を行いました。「仕事をする上でのルールやマナーを学び、職場・施設体験に対する心構えを作る」「進路決定に向けて自分の課題を知り、これからの学校生活に生かす」ことをねらいに、働く体験をしました。今回は、日頃行っている工芸・木工・陶芸・農園芸の各分野で行いました。また、3年生だけでなく、現場の雰囲気を感じ働く意識を作るために1・2年生も一緒に行いました。

事前学習では、「自分から報告する」「手元に集中して作業する」「道具を丁寧に扱う」など、3年生それぞれが自分の課題と向き合い、実習の決意を発表することができました。

実習初日は緊張した様子でしたが、自分の掲げた目標を常に意識して、真剣な表情で実習に取り組むことができました。作業を進める中で、だんだんと声も大きくなり、気持ちの良いあいさつや返事、報告ができるようになりました。

 2日間の実習をとおして、一人一人が自分の得意なことやできること、身につけるべき力について考えることができました。今後も自分の課題としっかり向き合い、その課題を卒業までに克服して、希望進路の実現に向けて支援していきます。
 

15:52 | 高等部
2016/06/24

マナー向上週間の取組

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

 中学部では、あいさつや身だしなみといった基本的生活習慣や人とつきあう力を高めることを目的に、マナー向上週間の取組を行いました。5月23日(月)~27日(金)に、それぞれの生徒が目標を立て、一週間取り組みました。

 

生徒たちは、「きれいに三角巾をたたむ」「給食当番の仕事をがんばる」等、具体的に目標を立て、意欲的に取り組みました。最終日には「今日でマナー向上週間最後だなぁ」と話す生徒もおり、自分の目標を意識して一週間過ごすことができました。

 

  6月2日(木)には、中学部集会でマナー向上週間の表彰式を行い、各学級から1名優秀者が選ばれ、総括主事より表彰状を受け取りました。周りの友達から拍手でがんばりを認められ、さらなる自信につながりました。マナー向上週間が終わってからも、一週間意欲的に取り組めたことを自信にして、身につけた力を発揮できるように今後も指導していきます。

15:45 | 中学部
2016/06/24

避難訓練・起震車体験を実施!!

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 6月2日(木)に、京都府北部を震源としたマグニチュード7の地震が発生したことを想定して、避難訓練を実施しました。ねらいは、次の2点を設定しました。
  (1)児童生徒が地震についての危機意識を持ち、避難の方法を学ぶことで、実際に地震が起きた時への備えをすること
  (2)指導者が児童生徒を安全かつ迅速に避難・誘導させることができること

 各学級では、事前に地震についての学習や避難する時の注意点・避難経路の確認をしました。児童生徒は事前学習で学んだ「お(おさない)・は(はしらない)・し(しゃべらない)・も(もどらない)」と「頭を守りましょう」の約束を守り、速やかにグラウンドに避難することができました。また、職員の安否確認についてもしっかりとできるように、いくつかのグループに分けて責任者を決めて報告することができました。

避難訓練の後は、起震車で実際に揺れを体感する学習も行いました。児童生徒たちは、震度3から震度6強までの揺れを体験することで、揺れの大きさや身動きの取りにくさを体験し、地震の怖さを実感することができました。

 実際に災害に遭遇した際に、落ち着いて対応できるように今後も継続して防災教育に取り組んでいきます。
   
 【机の下に素早く避難します】        【頭を守って、避難します】


15:35 | 全校
2016/06/24

学校のプールをきれいに!!

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

6月2日(木)と3日(金)の2日間、プール清掃を実施しました。「自分たちが使うプールは自分たちできれいにしよう」と、高等部の生徒たちが自主的に取り組み、友達と協力し合うことで大きなプールがあっという間にきれいになりました。

≪10~12組≫
 プール内の清掃を担当しました。ブラシ、タワシ、スポンジ、洗剤を使って、1年間の汚れを一所懸命こすり落としました。みんなで協力し合い、励ましあいながら取り組むことができました。 
                  
     【壁までしっかりきれいに!!】         【ゴシゴシきれいにします!!】

≪7~9組≫

 「安全に留意し、友達と協力しながら清掃しよう」を目標に、プールサイドの溝とフロアを中心にデッキブラシで丁寧に磨きました。また、更衣室やトイレなども各学級で分担して時間いっぱい清掃しました。  

みんなが大好きなプールなので、ルールやマナーを守ってしっかり水泳の学習をしていきます。
                                 
【溝掃除!すみずみまできれいにします!!】       【シャワーエリアもしっかり磨きました。】
07:49 | 高等部
2016/06/17

大阪・神戸の修学旅行 楽しい思い出いっぱいできたよ

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   小学部6年生の7人は、5月26日(木)、27日(金)と大阪・神戸方面へ修学旅行に行ってきました。
   1日目は、海遊館とキッズプラザ大阪に行きました。
  海遊館には、たくさんの種類の魚といろいろな大きさの水槽がありました。水槽のトンネルをくぐると海の中を歩いているようでした。大きな水槽には、大きなジンベエザメが泳いでいて、児童は、自分たちの前を通るのを楽しみに見ていました。浅い水槽には、小型のサメやエイがいて、係の人の注意を守って、触ることができました。
   キッズプラザ大阪には、自然や科学のコーナーから、世界の衣装、いろんな職業のミニ体験、アスレチックのようなコーナー等、バラエティに富んだ体験コーナーがありました。青い布を羽織ると身体が消えて顔だけになる合成画像を見たり、郵便局員さんの衣装を着て手紙をポストに配っていったり、積極的にいろんな体験をチャレンジすることができました。
  
2日目に訪れたのは、神戸ベイクルーズとおもちゃ王国でした。
   神戸ベイクルーズでは、2階の客室で神戸港ガイドの放送を聞いたり、外に出て潮風や波を感じたりしました。
  旅行の最後は、6年生が楽しみにしていたおもちゃ王国です。最初にオムライスランチで腹ごしらえをして、後は思いきり遊びました。ジェットコースターや観覧車など、思い思いに乗りたかったアトラクションに乗りました。池の周りを走る列車には全員で乗り、それが一番の思い出になった児童もいました。最後に、家族に何を買うか考えていたお土産を買って、舞鶴への帰路につきました。
 家族と離れるさみしさや乗り物に長時間乗ること等、出発前は不安もありましたが、出発式・解散式での言葉や食事のあいさつ等の担当した役割をしっかり果たし、集団や公共の場所での約束やマナーなどを守って、楽しく旅行をすることができました。これらの社会経験を通して、6年生全員が、自信をつけ、たくましくなりました。






17:57 | 小学部
2016/06/15

交通安全教室を実施しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
  5月30日(月)に高等部が、31日(火)に小学部・中学部が交通安全教室を実施しました。体育館やグラウンドに信号機や横断歩道を設置して道路を再現し、歩行や自転車を運転する際の交通ルールをより実践的に学びました。 
  ねらいとしては次の2点を設定しました。
  (1) 交通安全に対する意識を高め、安全な歩行の仕方や自転車の乗り方について学ぶ。
  (2) 交通法規を学び、交通事故の実態を知ることで、交通安全に努めようとする態度を身につける。
   小・中学部では、まずDVDを見て安全に道路を横断するためにどのような行動をとるべきかを考えてから、信号機のある横断歩道と、信号機のない横断歩道を安全に横断する練習をしました。「右・左・右」と車が来ていないことを確認し、手を挙げて横断することを、実際に歩いて学習しました。その後、小学部と中学部の自転車に乗ることのできる児童生徒がグラウンドに出て、自転車での安全な走行について学習しました。
  高等部では、道路の安全な歩き方や自転車の乗り方、新しく改定された道路交通法などを教材と実技でしっかり学習した後、DVDの視聴を通して、交通事故の怖さや交通ルールを守ることの大切さを学びました。
 学習の振り返りでは、振り返りシートを使って交通安全教室で学んだことを再確認しました。学習した生徒は、「今まで確認が不十分だったので、右、左、前、後ろを確認することを忘れず、安全に歩行したり自転車に乗ったりしたい。」と感想を述べました。
 交通安全教室で学んだことは、普段の校外での活動の中でも実践できるように取り組んでいきます。



18:44 | 全校
2016/06/08

「選挙」について学習しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
主権者教育「選挙」について学習しました

 6月6日(月)、8日(水)の2回にわたり、職業自立コース3年生が、主権者教育を行いました。
 選挙権が18歳に引き下げられたことを受け、今回の主権者教育では、「選挙の仕組みや投票方法について正しく理解し、実際に投票に行けること」をねらいに実施しました。
 1回目の授業では、「なぜ選挙をするのか」「選挙で注意することは何か」等、「選挙」に関する基本的な知識について学びました。その後、『もし私が舞鶴市長だったら』というテーマで、マニフェスト作りを行いました。
 生徒たちは、「就職できる企業を増やす。」「新幹線を開通させる。」等、自分で考えたマニフェストを掲げて意欲的に学習に取り組みました。
 2回目の授業では、投票箱を使った模擬投票を行うことで、投票の一連の流れを体験しました。投票所の静かな雰囲気に、緊張しながらも、事前に学習したとおりに投票を行うことができました。
 この2回の授業を受け、生徒たちは、選挙に関して知りたいことが増え、投票への意欲が高まりました。
 7月に行われた参議院議員選挙では、今回の主権者教育を受講したことをきっかけにして選挙について関心を抱き、実際に投票に行った生徒もいました。生徒たちにとっては、選挙を身近に感じるよい機会となりました。


08:31 | 高等部
2016/06/02

心肺蘇生の全体研修会 ~私たちが救う~

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
  5月18日(水)に本校体育館において、教職員対象の救急救命講習会を実施しました。 
  本年度も「教職員一人一人の意識をより高める」ことを目標に、舞鶴西消防署様の御協力のもと、85個の心肺蘇生練習器具『CPR Training Box“あっぱくん”』を使い実施しました。
  講習会では、DVDを見ながら、消防署員の指導により、教職員一同、胸骨圧迫やAEDの扱い方の練習を行い、大変意義のあるものとなりました。
  今回の講習を通して、教職員全員が「『胸骨圧迫で2倍』『AED使用で2倍』と4倍も助かる可能性がある。」と言う言葉から、自ら進んで命を救う行動をとることの重要性を学びました。講習の中で繰り返し言われた言葉“倒れていて、呼吸が変だと思ったら、①救急車 ②胸骨圧迫 ③AED”を心に刻み、これからも、子どもの命を預かる教職員としての自覚を持って職務に向かいます。


19:27 | 研修
2016/06/02

和太鼓演奏の鑑賞

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
 5月15日(日)高等部の総合的な学習の時間に、力感あふれる和太鼓の魅力を存分に味わい、和太鼓に親しむことをめあてとして、「和太鼓演奏の鑑賞」を行いました。地元舞鶴で活躍されている和太鼓チーム「社堂奥和太鼓会」11名の方々を招き、そのメンバーである本校の倉橋先生を中心に迫力満点の和太鼓演奏を披露していただきました。
 
 篠笛とチャッパの祭り囃子に合わせた威勢のいい踊りと太鼓で始まり、獅子舞も登場する楽しい舞台に、会場全体が大きく盛り上がりました。全身の力で打ちこむ力強い太鼓の音が体育館一杯に響き渡り、生徒たちみんなを魅了しました。
 締めくくりは、全員参加の太鼓演奏です。参加した生徒たち70名が会場に用意した太鼓40台を使い2種類のリズムを教えてもらいました。そして最後に全員による大演奏を行い、和太鼓の魅力と醍醐味を、生徒たち一人一人が身体全体で存分に堪能することができました。

18:29 | 高等部
2016/05/27

京都障害者フライングディスク大会“2016

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
   5月21日(土)島津アリーナ京都(京都府立体育館)で、京都障害者フライングディスク大会が開催され、150名を超える参加者がフライングディスク競技をとおしてスポーツを楽しみました。
  本校からは高等部の山田君、吉村君、大沢君の3名が参加し、2つの競技に出場しました。
  7m先の的に入れたディスクの数を競うアキュラシー競技では、惜しくも入賞を逃しましたが、距離を競うディスタンス競技では、気持ちを切り替えて3名とも練習の成果を存分に発揮することができ、1位を含め上位入賞を果たしました。

<ディスタンス競技の成績>   
                                                1組 大沢君 37.90m (1位)
                                                2組 山田君 31.65m (4位)
                                                3組 吉村君 42.61m (1位)
  閉会式では、3名のみごとな奮闘を称え、舞鶴支援学校チームに特別賞としてフライングディスク協会会長賞が贈られました。「参加して良かった」と、全員が笑顔で会場を後にしました。








18:39 | 高等部
2016/05/19

高等部部活動オリエンテーション

Tweet ThisSend to Facebook | by 小学部教職員
  5月9日(月)に、「部活動の種類とその活動内容を知る」「部活動を体験して、入部したい部を考える機会とする」の2点をねらいにして、オリエンテーションを行いました。 
  今年度は、ソフトボール部、卓球部、卓球バレー部、音楽部の4つの部が活動をするので、昨年活動していた部員がデモンストレーションをとおして活動内容を知らせました。また、大会で優秀な成績をおさめた部は、その実績もアピールしました。
  部活体験では、希望する部の活動場所へ行き、先輩と一緒に汗を流したり、大きな声で歌を歌ったりし、いつもとは異なる人たちと一緒に活動し、交流する機会となり、活発な取組となりました。
   今後は、希望に基づいて入部し、本格的な部活動がスタートします。

19:09 | 高等部
2016/04/22

春の苗販売会 無農薬の野菜苗ですよ!

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
春の苗販売会 無農薬の野菜苗ですよ!


 4月22日(金) 池内地域において高等部5~9組の生徒32名が、自分たちで育てた夏野菜の苗(万願寺トウガラシ、キュウリ、トマト、ナス、ピーマン、カボチャ、トウモロコシ、ゴーヤ、オクラ、子供ピーマン、坊ちゃんかぼちゃ)の販売会を行いました。
 当日は天候にも恵まれ、地域のたくさんの方々にお越しいただき苗を販売することができました。お客様からは、「この日を楽しみにしていました。」「苗の種類も多く、よく育つ苗で嬉しいです。」等の嬉しい声を聞くことができました。
 生徒たちは、販売会の事前学習で、「感謝の気持ち」を込めて販売することを大切にしながら、挨拶や接客の仕方を学んできました。少しでもたくさんのお客様に買っていただけるように、苗のセールスポイントも覚えました。
 苗販売会を終えた生徒たちは、「トマトの苗が全部売れて嬉しかったです。」「しっかりと苗をアピールすることができました。」「アンケートに快く答えてくださいました。」「会計を間違えずにすることができました。」等、学習の成果が十分に発揮できたことに喜びを感じることができました。
 池内地域の皆様に「ありがとう。」「毎年楽しみにしています。」と言っていただけたことを励みに、次回の「秋の苗販売会」に向けて頑張ります。
 また、販売会を通して生徒の頑張りを見ていただくことができ、地域の方々との繋がりや交流を深める機会にもなりました。
 大変ありがとうございました。

19:46 | 高等部
2016/04/18

力を合わせてがんばろう!高等部集会

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
高等部71名、力を合わせてがんばろう!~高等部集会~

 4月18日(月) 高等部の友達としての意識を持ち、協力し合っていく気持ちを育てるために、高等部集会を行いました。
 高等部1組~12組の生徒が集まり、歌や寸劇、また、大縄跳びなど、それぞれの個性溢れるパフォーマンスを交えながら、学級紹介をしました。その中で、3年生の生徒は、「1・2年生の手本となれるように頑張る。」と最高学年としての決意を述べました。

 集会の最後には、これからの学習や行事に協力して取り組んでいくために、「71名、力を合わせてがんばろう!」と声を合わせて言うことで、高等部の結束を固めました。


18:59 | 高等部
2016/04/11

期待に胸膨らませ 入学式

Tweet ThisSend to Facebook | by 高等部教職員
期待に胸膨らませ 入学式

 4月11日(月) 前日の雨も止み、さわやかな春の陽気に包まれ、保護者や来賓等の多くの方々に温かく見守られながら、小学部5名、中学部12名、高等部22名、計39名が入学しました。
 新入生は、名前を呼ばれるとしっかりと返事をして、期待と希望に胸をふくらませて入学しました。
 式の中で、校長先生は、「自分の夢に、目標に向かい、学び鍛え続ける。常に新しい自分に挑戦し続けてください。皆さんにはたくさんの可能性があります。様々なことに挑戦する中で、きっとそのことに気付くはずです。目標をもって一緒にがんばりましょう。」と祝辞を述べられました。続いて、新入生代表生徒は、「これからこの学校で、勉強や行事、スポーツなどを取り組んでいく中で、お互いのことを理解しあって、楽しく、有意義な学校生活を送りたいです。3年間、様々なことを勉強して、希望の進路を実現させたいです。」と力強く喜びの言葉を述べました。
 在校生は全員で、「入学おめでとう。いっしょに学び、自分をきたえ、いろいろなことに挑戦しましょう。」と、お祝いの言葉を述べました。
 今日から、新しい友達や先生とともに、自立と社会参加を目指して第一歩を踏み出しました。

19:03 | 全校
2016/03/29

平成27年度 卒業証書授与式

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

 3月16日(水)、本校体育館において、卒業証書授与式が行われました。小学部6名、中学部10名、高等部17名、計33名の児童生徒が、人生の節目の一つである卒業証書授与式を終え、新たな出発をしました。

 式には、多くの来賓や保護者の方々にも出席いただき、卒業生の門出を祝福していただきました。学校長からは、「努力を重ね、ひかり続けてください。」と励ましの言葉があり、卒業生は新しい歩みへの希望と決意を胸に、力強く笑顔で巣立っていきました。
 
                 
17:09 | 全校
2016/03/29

高等部 卒業生を送る会

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 3月10日(木)に「卒業生を送る会」を行い、高等部1、2年生、指導者、保護者と共に卒業生17名の門出を祝福しました。

 当日は、卒業生の高等部での思い出をスライド写真で振り返り、一人一人が思い出と卒業後の決意や目標を発表しました。そして、卒業生代表生徒が、お世話になった先生や両親への感謝の気持ち、また社会に出て一生懸命に働くという決意を発表しました。
 1、2年生は、3年生と取り組む最後の行事で、3年生との思い出を胸に「翼をください」などを合唱し、また教職員は「卒業写真」の合唱とピアノなどによる生演奏を行いました。
 最後に、1、2年生みんなで花道をつくり、卒業生は3年間の思い出を胸に退場しました。
 大きくたくましく成長した卒業生のみなさんが、今後も新しい世界で活躍することを祈っています。
 


13:39 | 高等部
2016/03/29

中学部 卒業生を送る会

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 3月4日(金)に「卒業生を送る会」を行いました。卒業生10名は決意発表の内容を考え、練習に励んできました。また在校生は、卒業生との思い出を振り返り、「卒業おめでとう」の気持ちを込めて寄せ書きを作ったり会場の飾り付けをしたりしました。
 当日は、卒業生の思い出の写真を見たり、決意発表や保護者からのメッセージを聴いたりしました。決意発表では、「修学旅行が楽しかったです」などと楽しかった思い出を発表する生徒、詩の暗唱など頑張ったことを発表する生徒、「美術の授業を頑張ります」「部活動を頑張ります」などと高等部での目標を発表する生徒もいました。3年生らしく自分の言葉で、在校生や保護者の前で堂々と発表することができました。
 最後に、出席者全員で手話を交えて「友~旅立ちの時~」を歌い、花道を作って卒業生を送り出しました。在校生や保護者の温かい祝福の思いに包まれ、卒業生はとても晴れやかな表情で胸を張って退場しました。
 
13:33 | 中学部
2016/03/29

小学部 卒業生を送る会

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員
 2月26日(金)に「6年生を送る会」を行い、卒業生6名のお祝いをしました。
 当日は、実行委員の5年生が中心となり、会を進めました。
 最初に、スライドを使って卒業生の6年間の思い出を振り返りました。保護者の方からも温かいメッセージをいただきました。次に卒業生の決意発表では、「春の小川」の演奏や詩の朗読など、これまでの学習の中でできるようになったことや、「目標を立てて頑張ります」など中学部に向けた決意を、みんなの前で発表することができました。在校生からは、感謝の気持ちを込めたメッセージカードや歌をプレゼントしました。
 卒業生も在校生も、笑顔いっぱいの会になりました。卒業生は、中学部へ進学することへの期待を膨らませることができました。
  
13:19 | 小学部
2016/03/28

生きる力を育む授業研究(3学期2月②)

Tweet ThisSend to Facebook | by 中学部教職員

中学部【教科・領域】生活単元学習「お別れ会をしよう」


 本学級の生徒たちにとって、「働く生活」を充実させるために必要なことは、活動そのものに充実感を持って取り組むことと、その行動を褒められ認められていくことだと考えます。「働く」ことを支える基盤として「日常生活での身辺の自立」があります。自立を、「一人でできること」だけに捉えず、行動そのものに自信を持って確実に取り組める力をつけることが将来にとって必要であり、こうした力を培っていくことが、生活の中にある「働く」ということにつながっていくと考えます。

 生活単元学習では、生活する中で必要となる「買い物をする」「歩いて近くの自動販売機を活用する」「調理をする」力を身に付けることを目指し取り組んできました。
 3学期には、学級の1・2年生は、3年生を高等部へ送り出すことを、3年生は中学部での生活を振り返り、1・2年生に向けて最上級生としてモデルを示すことを目標にお別れ会に取り組みました。


【目標】
 ・調理器具などの道具や自動販売機の使い方がわかり、活用することができる。
 ・調理や自動販売機での買い物を通して、お別れ会への意欲を高めることができる。

【授業全体の様子】 最初は、お別れ会で飲みたい物を買うために、地域へ歩いて出かけました。自動販売機を前に、一人ずつ飲みたい物を選び、買うことができました。
 次は、お別れ会当日に自分たちの力でお好み焼きと焼きそばを作ることができるように、調理に取り組みました。生徒たちは、お好み焼き作り班と焼きそば作り班に分かれ、具材のキャベツとちくわを切りました。肉切りナイフを使ったので指を切る心配がなく、生徒たちは手元に集中して切ることができました。具材を切った後は、手順表や見本を見ながら、ホットプレートを使って焼きそばやお好み焼きを作りました。油をひく、野菜を炒める、卵や小麦粉を混ぜる等、それぞれ分担した役割を果たしながら作っていきました。出来上がった時に班員みんなで声を合わせて「できました!」と報告し合うと、生徒たちは「自分たちで作った!」という達成感と、「美味しそう!早く食べたいな」という期待感いっぱいの表情になりました。できあがった料理は、みんなで揃って食べ、感想を交流し、お別れ会への意欲を高めました。
 お別れ会の当日は、お好み焼きと焼きそば班がそれぞれ協力して調理に取り組みました。練習してきた成果を発揮し、上手にお好み焼きをひっくり返して、ふっくらとしたお好み焼きを作ったり、班毎に手順を教え合いながら、協力してたくさんの焼きそばを作ったりすることができました。
 自分たちが選んだ飲み物で乾杯し、作業学習で作成したコースターの上に乗せて、みんなで作ったお好み焼きと焼きそばを食べるお別れ会は、また一つ、学級みんなの思い出となりました。

 

【今後の取組】

 今後は、自分でできるという自信を持って家庭で調理に取り組んだり、必要なときに自動販売機で買い物をしたりする等、今回の学習が生かされるよう、家庭と連携をしていきます。

                   [手元に注意して野菜を切り、ホットプレートで調理]
 
   [友達と力を合わせてお皿に盛りつけました]


</
11:02 | 全校