ユニバーサルデザイン推進計画

UD2.gif
 ユニバーサルデザインは、「人々がもつさまざまな個性やちがいを越えて、多様性を認め合い、すべての人が利用しやすい」という考え方をいいます。このような考えは、一人一人の個性を生かし、豊かな心をはぐくむ学校教育においてもたいへん重要な位置をしめています。
 すでに八幡市においては、平成17年11月に「八幡市学校UD化構想」が策定され、ユニバーサルデザインの視点に立った学校教育の実現が目指されていますが、本校においても普通科に「ユニバーサル・エリア」、専門学科に「人間科学科」「介護福祉科」を設置しており、平成22年度には八幡支援学校が併設されました。
 この計画は、そのような教育環境の変化に対応し、生徒がユニバーサルデザインの視点を身につけるためのUD教育を実施し、さらにその実現に向けて本校の教育システムそのもののUD化を推進するために策定されたものです。

ユニバーサルデザイン推進計画.pdfLinkIcon=PDF形式でご覧になれます。