沿革

北校舎.JPG南キャンパス.JPG


  平成18年 9月 1日 京都府立京都八幡高等学校開設
              初代校長 小田垣 勉(八幡高等学校長兼務)着任

  平成18年 9月16日 八幡市域再編校開設準備委員会設置

  平成19年 3月24日 開校記念式典挙行

  平成19年 4月 1日 開校

  平成21年 4月 1日 第2代校長 大槻 恭作 着任

  平成25年 4月 1日 第3代校長 宮村 仁 着任

基本コンセプト

コンセプト.png 
 京都八幡高校では「科学」「共生」「感動」の3つをコンセプトに、以下の目標を掲げ教育活動を行っています。

Mission
学習合宿 (1).JPG

 私たちは、"安心できる学びの場"と"感動できる集いの場"を通じて優れた教育的価値を提供することにより、ワンランク上の自己実現をめざし、人と社会に貢献する自立した人間を育成します。

 ワンランク上の自己実現とは・・・・・・

 あるところに3人の石切工が働いていました。

 旅人から「何をしているのですか?」と訊ねられた石切工たちは、それぞれに「飯を食うために働いている」、「俺の技術を発揮している」、「すばらしい教会を建てている」と答えます。これは、社会学者のP・F・ドラッカーの著書『現代の経営』に書かれた挿話です。

 1番目の石切工にとって、仕事の目的はお金を得ることです。確かにお金を得ることは仕事をする大前提と言えるでしょう。しかし、人生の大半を仕事場で過ごす私たちにとって、そのような考え方は、少しさみしいものではないでしょうか。

 みなさんはこれまで、「自分の力を発揮したい」と思ったことはありませんか? 2番目の石切工にとって、仕事は自己実現です。他の人にはない、自分の技術や能力を発揮できているからです。しかし、ドラッカーはこのようなタイプを「厄介な職人気質」と評しました。つまり、自分の能力や技術を過信するあまり、自分の城に閉じこもり、チームワークには関心をもたず、みんながもっている共通の目標からはずれてしまうのです。

 3番目の石切工が優れていることは明らかでしょう。将来多くの人々が祈り、心を癒すことができる建物をつくるという目標に向かって、他の人々と協力して仕事をしています。自分の能力を発揮したうえで、その仕事を通じて社会の役に立つことができる・・・。私たちは、これを「ワンランク上の自己実現」と呼んでいます。

 将来、京都八幡高校の卒業生がこのような人間になっていることが私たちの願いであり、また、このような人間を育成することが私たちの使命と考えています。


Vision
資格取得本.JPG
img_vision.jpg







 多様な生徒を受け入れつつ、難関大学への接続や福祉のスペシャリストの育成に信頼がおけるとともに、どこよりも魅力的な学校行事を実施する挑戦者として、『さすが』と呼ばれる学校を目指します。





Value
全員集合.JPG
「倫理」「安心」「感動」「挑戦」「生徒志向の価値創造」