生産システム科では、メカトロニクス工学を中心に、機械実習、電気実習、電子工作、コンピュータ制御などの内容を重点的に学習します.

生産システム科では、メカトロニクス工学を中心に、機械実習、電気実習、電子工作、コンピュータ制御など幅広く学習する学科です.

Topics

  • 9月2日 京都府高等学校ロボット大会において、生産システム科課題研究チームが3位となりました。
    メカトロ部とともに全国高等学校ロボット競技大会への出場が決定しました。
    詳細は「日々の活動」ページに掲載。(京都府高等学校ロボット大会)
  • 7月25日「実習」ページを更新しました。
  • 7月20日「日々の活動」ページを更新しました。(ポリテクカレッジ京都による出前授業)
  • 7月7日「日々の活動」ページを更新しました。(資格・検定の講習)
    7月7日「トップページ」写真を更新しました。
  • 5月2日 平成28年度後期技能検定3級「電気機器組立て」シーケンス制御作業賞状授与式を行いました。
    合格者は本科で最多の総勢28名(平成28年度3年生1名、2年生27名)となりました。
  • 3月18日 本校でドリームテクノピアを開催しました。生産システム科では体育館の外を走るChinchin電車や土俵の上を走り回るロボット相撲、小さい子どもに人気の木馬やLEDイルミネーションなどの展示と、ネームプレートの製作体験を行いました。大変盛況で、ネームプレートは終了時間前に売り切れてしまいました。写真はそのときの様子です。
  • 3月8・9日 舞鶴市立城南中学校で出前授業を行いました。2年生の全クラスに対して、センサで黒線を感知し、止まったり向きを変えるクルマの制御の授業をを行いました。各クラス1時間と大変短い時間でしたので、事前の授業でプログラミングの仕方を学んでいただいておいて、当日は実車を使って実際の動きを実践してもらいました。シミュレーションではうまく動くのに実車では動かず、その原因を探ったところセンサの設定値が不適切であったなどと、実際の制御の難しさや、ものが動く楽しさなどの体験をしてもらいました。写真はそのときの様子です。
  • 2月4日 舞鶴市立三笠小学校で出前授業を行いました。内容はLEGOマインドストームを使ったプログラミング実習と、生産システム科作製のロボット犬「エスボ」および2足歩行ロボット「まだ名はない」の操作体験でした。出前授業は中学校が多く、小学生は珍しいのですが、大変意欲的に目を輝かせて取り組んでくれました。三笠小学校のHPにも記事を載せていただきました。そのURLは→http://mikasa.maizuru.ed.jp/siennnetto_4127.html です。
  • 1月26日 生産システム科の課題研究発表会を行いました。3年生が6班に分かれて、今年一年間かけて研究した内容を1・2年生の前で発表しました。テーマは「エコデンカー」「競技ロボット」「4足ロボット」「ボランティア(木馬)・(昇降式テーブル)」「LEDイルミネーション」「相撲ロボット」でした。各班とも工夫を凝らした発表で興味深い内容でした。その中から「エコデンカー」チームが2月9日の、課題研究発表大会に出場します。(写真1は全体の様子、写真2はイルミネーション班、写真3はエコデンカー班、写真4は競技ロボット班、写真5は4足歩行ロボット班、写真6はボランティア班、写真7は相撲ロボット班、写真8は回路図で説明している様子です。)



  • 11月27日 生産システム科の課題研究チームが取り組んだ『ロボット相撲』の全国大会が埼玉県のものつくり大学で行われました。本科から出場した「錯乱坊(チェリー)」は近畿大会で四位になり、全国大会に出場していました。初戦は東北地区二位の仙台工業高校と対戦し、2対1の接戦で勝つことができました。2回戦は関東地区二位の埼玉狭山工業高校に0対2で敗れ、ベスト16という結果になりました。
  • 11月23日 生産システム科の課題研究チームが取り組んだ『エコデンレース』が大阪万博記念公園で行われました。生産システム科から出場した1台は40分の時間いっぱい完走し、21回周でき、97台中71位でした。
  • 11月21日 生産システム科の課題研究チームが取り組んだ『花時計イルミネーション』の点灯式が開催されました。『福知山市市民憲章推進協議会』の依頼で福知山駅北側の花時計をLEDとマイクロコンピュータを使った電飾で彩りました。12月21日まで毎夕点灯されますので、是非ともご覧ください。

生産システム Style!!
確かな技術と確かな進路を実現