就・修学支援、奨学金等(援護制度等)

 京都府では、経済的理由によって就・修学、技能修得や就職が実現できないということが生じないよう、各種の援護制度を設けています。

就・修学及び進学・就職を支援するための援護制度一覧(日本語全体版)

◆編
 
表紙・はじめに・担当機関一覧
 第1編 乳・幼児のために
 第2編 小学校入学準備のために
 第3編 小学生のために
 第4編 中学校入学準備のために
 第5編 中学生のために
 第6編 高等学校等入学準備のために
 第7編 高校生等のために 
 第8編 大学等入学準備のために
 第9編  中学校・高等学校(特別支援学校含む。)等、卒業後の就職準備のために
 参考資料
 各制度担当課一覧

◆外国語版
 英語版(English) 韓国・朝鮮語版(한국・조선어) 中国語版(中文) (令和3年度版)

◆大学、地方公共団体や民間の奨学事業団体が行っている制度の
一部については、日本学生支援機構のHPで「条件」や「大学名、団体名」から検索を行うこともできます。