トップ > 5月21日(月)の金環日食の観察について


5月21日(月)の金環日食の観察について


 平成24年5月21日(月曜日)は、全国各地で日食(京都府を含む一部の地域では金環日食)を観測することができます。
 このような機会は、幼児・児童・生徒の自然や科学への関心を深める好機となる一方、過去の日食において、不適切な観察方法により目に障害を与えた例があるなど、その観察に当たっては注意が求められるところです。
 つきましては、日食の観察方法や注意点について、以下のとおり資料やホームページの情報を掲載しました。学校、社会教育施設や、ご家庭などでもご覧いただき、子どもたちが安全に日食を観察できるよう参考にしてください。


<京都府教育委員会からの通知>
  平成24年5月21日の日食の観察における幼児・児童・生徒の安全確保に係る注意事項について」

<参考ホームページ(各ウェブサイトへリンク)>
  文部科学省「5月21日の日食の観察における注意事項」

  ・国立天文台 
   日食の時刻や観察方法が一般向けに解説されています。 

  ・2012年金環日食日本委員会
 
   日食に関する知識、安全な観察方法などの情報提供があります。

  ・財団法人日本眼科学会
 
   日食の安全な観察方法や啓発ポスターがあります。 

  ・消費者庁ニュースリリース
 
   日食観察用グラスの使用に当たっての注意喚起です。



 なお、府内の様々な学校で当日に観察イベントについては、下記の資料を参照してください。


京都府教育委員会プレスリリース>

  ・「府立高校生たちの日食観測」
  ・「京大連携出前授業 86校で実施」
  ・「福島-京都 金環日食同時観測」