平成23年度京都府公立学校教員採用試験

公開セミナー

HEARTセミナー

平成22年5月22()に平成23年度京都府立公立学校教員採用選考試験の公開セミナー(HEARTセミナー)を実施しました。

 約800名の参加があり、会場となった京都府総合教育センター(京都市伏見区桃山)内の4会場(講堂棟他)は、参加者の熱気、まさに「熱いHEART」に満ちあふれていました。

[当日の内容]

1 開 会

2 あいさつ (京都府教育委員会教育次長 宮野文穂)

3 講 演  

4 パネルディスカッション 「そこが知りたい、教師の魅力」

5 質問に対する回答

※ 先輩教員によるアドバイスコーナー・採用選考試験Q&Aコーナー・教員採用試験志願書の受付・過去問題の配布

 
        
 
              

 

<開会・あいさつ>

京都府教育委員会

    教育次長  宮野文穂

      


 

<講演>

「教員を目指す人たちへ」

長岡京市立神足小学校        校 長  岡花 秀樹

 
     

 

<パネルディスカッション>

「そこが知りたい、教師の魅力」というテーマで、京都府立洛北高等学校附属中学校 首席副校長 沖田悟傳先生の助言のもと、教員になって3~6年目の先生(小学校、中学校、高等学校、特別支援学校)から、学校の状況(児童生徒の様子、教員生活について)、体験談(教員になってよかったこと、苦労していること、教員の魅力など)、教員志願者へのアドバイス(心構え、身に付けておくべき資質など)等を語っていただきました。  

<質問に対する回答>

 採用試験関係の主な質問への回答

<先輩教員によるアドバイスコーナー>

<採用選考試験Q&Aコーナー>

<教員採用試験志願書の受付>

<過去問題の配布>


 

<参加者の方からの主な感想>

講演について
  ・ 現場での取組を聞いたり、学校の様子が分かる写真を見たりして、「教員になりたい!!」と強く思える内容でした。子ども達の変容を見て、ともに過ごせる喜びを感じられるように頑張りたいです。教材の工夫もとても参考になりました。
  ・ 「子どもに考えさせる」ことについて、改めて考えるきっかけになりました。時計の教材などを使っていただいたことで、自分自身も「考える」ことの楽しさを思い出すことができました。
  ・ 現場での体験や実際の様子を踏まえて今の子どもの現状や問題点を聞く事ができ、大学で学んだりボランティアで小学校に行ったりするだけではわからない多くのことを学ぶことができました。
  ・ 「時代が変わるとともに子どもも変わる。」という言葉が印象深いです。日々の教材研究について手を抜かないように、いつも変化ある授業を心がけたいと思いました。
  ・ 具体例を示しながら話していただきわかりやすかったです。一番印象に残ったのは、「いい表情をしてるでしょ。」と同じ学校の先生を紹介されたことです。児童の成長はもちろんですが、教師の成長にも力を注がれている校長先生だと感じました。現場で直接ご指導いただきたいと感じました。
  ・ 教育への情熱や実践力が話を通して伝わり、岡花先生の人間としての魅力が伝わる内容でした。そういう方々がいらっしゃる京都府にますます魅力を感じました。
 
パネルディスカッションについて
  ・ 小学校、中学校、高等学校、特別支援学校それぞれの指導の難しさを現場の先生が話してくださり、身が引き締まる思いでした。子どもたちから信頼されるということが教師としての喜びであり、それを感じられる職業だということが教師の魅力だろうなと思いました。
  ・ 私たちの立場に近い教員の方々のお話が聞けて、大変参考になりました。どの先生方も、「やった分だけ返ってくる」と話されていたのが記憶に残りました。日々が大切であり、全力でぶつかっていくことの重要性がいかに大きいかということを感じました。
  ・ 発達段階の違いの中に見られる相違点に驚きました。現場の大変さやよさなど、一つ一つをイメージすることができ、よかったです。
  ・ 地域や校種によって違いがあるんだなと思いました。でも、変わらないのは子どもに対する熱い思いで、苦労した分、たくさん喜びもあるということだったので、それを体験できるように頑張りたいと思いました。
  ・ 教師として苦労した点、「教師になってよかった!」と思えるやりがいについて学校別に知ることができ、参考になりました。また、助言者の先生からの「魅力ある教師像」は、今の自分の熱意と重なるところもあり、感激しました。「こんな先生が子どもたちに必要とされているんだ。」ということを再確認できてよかったです。
 
全般に関して
  ・ 教員を目指す学生に対してこのようなセミナーを開催していただけることは、非常にありがたいです。とても有意義な時間を過ごすことができました。
  ・ 2時間半では、短いと思うぐらい面白いセミナーでした。自分の校種以外のことを知る機会がなかったので、いい刺激になりました。また、たくさんの京都府を目指す仲間がいると実感でき、心強くなりました。
  ・ 「よしがんばろう!」と、改めて思える時間でした。今できること、やらなければならないことを、しっかりとがんばろうと思っています。
  ・ 各先生方の話を聞き、「自分が教師となること」の意味をより深く考える必要性を実感しました。教壇に立ったことがない私にとっても現実味あふれ有意義な時間を過ごすことができました。
  ・ 一貫して京都府の求める教員像や教育方針が出てきたのでとても意識することができました。大学でやれることはまだまだあると実感しました。
  ・ 終わった後の個別相談では、じっくりと相談に乗ってくださり、よかったです。