リンクリスト

カウンタ

COUNTER575583

各種証明書発行について

新着情報

 

2017秋季大会

2017-夏季大会

2017年春季大会

2016年-夏季大会

日誌

ソフトボール部
2019/01/15

勝負の2019年

| by manager

あけましておめでとうございます。

 

 

 

2018年を終え、新チームとして積み重ねてきた練習試合は全81試合。


勝敗は38勝39敗4引で締めくくりました。


対戦の中には全国常連チームや全国優勝チーム、クラブチームや高校生なども含まれており、2018年は本当にためになる充実した活動になったと思います。

 

 

そして、、2019年。

勝負の年がはじまります。


ここまで6試合を終え、5勝1敗といいスタートがきれています。また得点力が大幅にアップしているようにも思えます。これは12月に取り組んだ1人5000スイングが成果となって出ているのだと思います。


 限られた時間の中で目標である山城№1に向けて9人の部員でさらに努力していきたいと思います。


 

山城優勝するチームにふさわしい努力、人間に。
久御山中ソフト部は本気で挑戦します。

 

 

今年も久御山中ソフト部をよろしくお願いします。


19:47
2018/11/05

大きな経験

| by manager


こんにちは。


山城大会、府下大会の結果を報告します。

初戦 VS 西小倉中 10-4勝ち
準々決勝 VS 北宇治中 3-3 タイブレーク4-3勝ち
準決勝  VS 維孝館中 1-2負け
久 01000  1
維 0002   2

結果 山城3位

 はじめての山城大会の舞台でもってる力を出し切りもぎ取った3位。普段から練習していることを信じて戦えたと思います。準決勝も終盤まで勝っていましたが、最終回に力の差を見つけられました。1つのハプニングと1球に泣いた試合となりました。
しかし、大健闘です。おめでとう!!






また、11月4日には府下大会がありました。
この大会は城久新人大会優勝校のみ参加を許される大会で、各地域の上位チームばかり集まるレベルの高い大会です。

久御山中は1回戦京都市3位の洛南中と対戦でした。
VS 洛南中 8-0勝ち
2回戦 VS 宇治中 2-12コールド負け

 一回戦でこの夏近畿大会3位の実績をもつ洛南中でしたが、今できる当たり前のプレーを全力でやり、1点ずつ積み重ねていくことができました。相手は強くても全員で戦えば勝てるということがわかった大きな府下1勝でした。
 2回戦の宇治中戦は初回に久御山中らしい攻撃で2点を先取しましたが、一切雰囲気の落ちない相手にその裏すぐに3ランホームランで逆転され、その後は圧倒された試合展開になりました。
相手の全力プレーはプレーだけでなく、ベンチやランナーコーチ含めすべての者が応援や言葉掛け、またミスをした者がそれを取り替えすために全力で切り替える雰囲気など技術+チーム力でも圧倒されていたように思えます。すごく勉強になった試合となりました。


この2つの大会は久御山中にとって大きな経験になり、さらに強くなれる1つのきっかけになると思います。維孝館、宇治中をはじめまだまだ勝てないチームはたくさんあります。何度も何度も挑戦し、学び、気づき、強くなっていきましょう。


今週から冬の強化期間に入ります。基礎体力、技術、心を鍛え、部員全員で取り組んでいきます。

がんばれ!久御山中ソフト部!!
11:14
2018/10/22

山城、府下大会に向けて。

| by manager

こんにちは。

 

 ↑これはソフト部が全校集会で新人戦の表彰をしてもらっている様子です。改めて部長の久岡瑠奈、副部長の田中更がチーム代表として優勝盾、賞状を受け取りました。

 

 

 

 

そしてもう部員たちは新たな目標[山城優勝]へスタートをきっています。

 

練習の質も上がり、チームの雰囲気も明るく、たくましくなったように思えます。

 

<ここ最近の練習試合の結果>

 

VS北宇治 3-8●

VS宮津  14-0○

VS西城陽 18-3○

VS木津  7-8●

VS東宇治 5-3○

VS高穂(滋賀)9-2○

        0-3●

VS音羽 2-3●

VS下京 9-5○

VS旭丘 3-6●

VS西宇治 8-7○

VS宇治 2-7●

VS桜井(奈良)5-5△

VS木津南 5-0○

VS富雄(奈良)2-2△

VS木幡 5-4○

 

16戦8勝6敗2引

 

滋賀県や奈良県のトップレベルの学校などレベルの高い練習試合をさせてもらい、たくさんの学びがあります。まだまだ個々の力はこれからですが、今できることを一人一人がその一瞬で一生懸命やることでチームとして戦えています。

山城大会まで残り1週間。府下大会まで残り2週間です。今の自分たちがどこまで通用するのかとても楽しみになってきました。

 

 

山城の初戦は西城陽中にて西小倉VS城陽の勝者と戦います。

府下大会の初戦は木津南中にてVS洛南中です。

強い学校との戦いにはなりますが、チーム力を磨き最高の戦う準備をして挑みます。

応援よろしくお願いします。


17:09
2018/09/29

秋季大会 結果 

| by manager

先週秋季新人城久大会が行われました。

たくさんの応援ありがとうございました。

結果は以下の通りです↓


1日目 予選リーグ

VS南城陽中

南城陽  0010  1
久御山  1001  2 サヨナラ勝ち


 大会初戦でもあり、緊張した雰囲気の中、接戦をものにし、目標であった[公式戦1勝]を達成することができました。エース亀山が1失点と好投し、最終回にキャプテン久岡の2塁打からチャンスを広げ、田中彩来のサヨナラタイムリー内野安打で試合を決めました。

 またこの日雨でグランド復旧後の試合開始になりましたが、部員たちはその際も朝1番にグランドへいき、自分たちで進んで動いてくれました。勝つチームにふさわしい働きだったと思います。


予選2試合目

VS西城陽中

久御山  21  21  1回時間切れコールド勝ち
西城陽  0   0



 予選2試合目は相手のミスからチャンスを作り、初回に21得点。初のコールド勝ちとなりました。投げては1年生加川が1回をパーフェクトに抑え予選2勝で1位通過となりました。




大会2日目 決勝トーナメント

準決勝 VS城陽中

城陽中  2000  2
久御山  4022  8 決勝進出



 初の決勝進出を決めたこの試合は初回に2失点と追う展開に。負ければ終わりというプレッシャーの中ですぐさま逆転。その後も得点を重ね勝ちきることができました。

決勝 VS南城陽中

久御山  3103030  10  19年ぶり城久優勝
南城陽  2100230  8  



 初の決勝の舞台でガチガチに緊張する中、初回から大ピンチを迎えました。普段なにげなくできるプレーができなくなり、部員全員が焦っていました。しかし、自分たちでタイムをとり、2失点で乗り越えることができました。その後もとってはとられの我慢の時間帯が続きましたが、エース亀山、抑えの田中彩来の継投で粘り強く戦いきり、7イニング2時間半の戦いをものにすることができました。

 1年前のこの大会は0-35、0-20の大敗。春も0-16、夏も0-8となかなか勝てなかったチームでしたが、冬のトレーニングや夏休みの練習などこれまでの努力がようやく結果となって出てくれました。努力は必ず報われる、ということを証明してくれた久御山中ソフト部にとって大きな2日間となりました。



さあ、スタートラインに立ちました。ここからが本当の戦いです。苦しかったこれまでの時期を忘れず次の目標[山城優勝]へ向け、また夏季大会で勝てるチームを部員全員でつくっていきます。

顔晴れ!久御山中ソフトボール部!!


15:36
2018/08/24

新チーム

| by manager
 

<新チーム>

 

夏季大会が終わり、新チームがスタートしました。

新しい目標設定のため夏季大会
城久、山城、府下と補助員として志願し、
試合を見に行き、自分たちの目指すところを決めました。

 

そして、

ミーティングを行い

 
新チームの目標は





<山城大会出場>に決まりました。
部長、副部長も決まり、
久御山中ソフト部がまた新しくスタートしました。



 

8月11日には新チーム中心で挑んだ全京都大会があり、

 

準優勝した維孝館中に2-3と惜敗。

 

確かな手ごたえを感じつつ、
1勝の難しさと遠さを改めて感じました。

勝てそうで勝てない日々が続いていますが、

焦らず、信じてやり続けていきます。


 

 

 

新人戦では
[公式戦1勝]を果たし、城久優勝を目標にしています。

夏休みも終わり、明日は練習試合です。

夏休みのまとめとして
やってきたことに自信をもって全力で戦いましょう。

 

がんばれ。久御山中ソフト部!!

 


17:42
2018/08/24

夏季大会

| by manager

 

こんにちは。

 

久御山中ソフトボール部です。

 

暑い熱い夏が終わろうとしています。

連日行われている甲子園も大阪桐蔭の優勝で幕を閉じました。

ソフト部も暑さに負けず自分たちの目標に向け進み続けています。

 

<夏季大会の結果>

予選リーグ VS東城陽0-8負 VS城陽1-3負 

 

王者、東城陽中に序盤は0-0と健闘しましたが、
最後はソフトボールをよく知っているさすがの戦いで完敗。

城陽中戦では最終回まで0-1と負けていた中、キャプテン井口の同点タイムリーで追いつき、1-1と緊迫した戦いができました。

最後の最後で1球の大切さ、怖さを知り負けてしまいましたが、久御山中ソフト部にとって大きな経験となりました。

 

 

東城陽中には秋0-35、春0-16、そして夏0-8。

城陽中にも0-20で負けていた秋と比べると

この短期間でここまでの戦いができるようになったことは

部員たちが本気で努力してきた証です。

チームの成長を大きく感じた大会でした。

チーム目標である『公式戦1勝』は達成できず、
3年生は引退これで引退です。
結果は残念でしたが、1つの目標に本気で立ち向かった

その日々こそが今後につながるはずです。

最後にキャプテンが同点打を打ったこと、
またチームとして最後勝ちきれなかったことなど
なにかソフトの神様が久御山中ソフト部に伝え、
教えてくれたのだと思います。

夢をもち、新しい目標をもってまた本気で進んでいってほしいと思います。

 

3年生、お疲れ様でした。ありがとう。

 



16:39
2018/07/03

真の実力を得るために

| by manager


こんにちは。

久御山中学校 ソフトボール部です。



6月が終わりいよいよ勝負の7月に入りました。

6月の練習試合結果は以下の通り↓

VS
 仰木中(滋賀) 3-10
VS
 瀬田中(滋賀)5-7

VS
 打出中(滋賀)12-4

VS
 北大津高(滋賀)0-23


VS
 維孝館中 2-7
VS
 宇治中 0-17

VS
 仰木中(滋賀)2-3

VS
 東城陽1-9


VS
 城陽中 3-5●

VS 北宇治中 0-13●

 

1勝9敗

高校生や、全国クラスのチームをはじめ様々な学校と試合をさせてもらいました。

練習試合を重ねていくごとに

着実にできなかったことができるようになってきています。

 

しかし、惜しくてもいい試合をしても、負けは負け。


部員たちに日頃から言っていることがあります。

 

久御山中ソフト部はどの学校より、どの部活より負けることが多い。

だからこそ学べることがたくさんあり、学んでいかないといけない。

夏季大会は技術があるチームが勝つわけではない。

当たり前のことを当たり前にできるチームが最後は勝つ。

最後追い込まれたときには本当の自分、本当のチームの姿が出る。

だからこそ、本当の自分を変えていく必要がある。

奇跡であろうがその奇跡が本当に自分たちのほしいタイミングで起こることは1つの実力。

奇跡を呼び起こす理由がそのチーム、その選手にはある。

すべて合わせて

夏季大会で勝てるチーム、それが本当に強いチーム。

そこで結果を出すために本気でやっている。と。

 

秋季大会、

久御山中ソフト部は0-35、0-20で負けました。

 

この差を埋めるためには相当の努力をしていかなくてはいけません。

力の差は歴然。

サッカー日本代表も予選リーグ突破30%といわれていましたが、

最高の準備と、各自それぞれが役割を果たすことで奇跡を呼び起こしました。

 

 決勝トーナメント敗退後のインタビューを聞いても、
仲間を大事にし、チーム一丸になってたのがわかります。

やはり奇跡を起こすだけのチームがそこにはあるように思えました。


日曜日の試合では0-20で負けていた城陽中に3-5と健闘しました。

少しずつ、少しずつチームが変わりつつあります。

 

 

夏季大会まで残り数週間。

0-20も3-5も負けは負けです。

毎日1パーセントずつ近づき、追いつき追い越してみせます。

 

夏には惜しかった、いい試合だったなどの言葉ではなく、

[勝利]という形で城久、山城に波乱を起こします。

 


久御山中ソフト部は本気で取り組みます!!


12:44
2018/05/29

3C

| by manager

こんにちは。久御山中学校ソフトボール部です。


週末は久御山高校、京都明徳高校へお世話になり、
技術的なことをはじめ、ソフトをする上で大切な考え方を学びました。



(↑ 新しい動きも、周りを見て正しい動きを考え、やろうとすることが大切)

Cchallengechangechance
まず挑戦してみる。
それが今の自分たち(自分)をチェンジするための、チャンスになるはずです。

そして挑戦してみようと思える周りの雰囲気が勇気に変わると思います。

今の自分を変えるために、今のチームを変えるために、
未知の自分に挑戦
する勇気をもってほしいです。

(↑ 話の聞き方。みんなが学ぼうとしている雰囲気を感じました)


週末の試合結果

久御山中 0001  1
下京中    1123  7


久御山中  003  3
桃山中     010  1


久御山中  020  2
東城陽中  145  10

1勝2敗

《試合内容》
先週苦しんだピッチャー2人が安定した投球を見せ、打たれはしたものの前回とは見違える内容でした。
しかし、守備ではあと少しのところでボールが落ちたり、抜けたりと今までとは違うミスの形ではあったものの悔しい結果となりました。

この一週間ピッチャー2人は完全別メニューで
投球の基礎、基本をただひたすら行いました。
地味でつまらない練習でしたが、課題と向き合い、
前向きに取り組もうとした心が結果となり出たのだと思います。




(↑ 道具1つ1つをきっちり丁寧に並べることは丁寧なプレーにつながります)


ソフトボールは本当の自分の性格(本性)がプレーに出ます。

試合ではいろんな環境や感情の中でプレーをし、結果を出さなくてはいけません。
都合のいい時は誰でもがんばれます。
余裕がある時は誰でもいいプレーができます。

自分で都合のいい環境や余裕がある状況をつくり出す。
そのための準備が大切です。

夏季大会はなにがあるかわかりません。
技術以外の部分が勝負を決める。

久御山中ソフト部は夏季大会に向けて本気で取り組みます。









13:44
2018/05/22

夢に全力!!

| by manager

こんにちは!

久御山中ソフト部です。


寝屋川市立第九中学校にいってきました。
数年前に全日本の大会で全国出場をしている学校です。

また大阪の強豪南郷中と共に、3校で打撃、走塁、守備に分かれ、
合同練習を行い、午後から試合をさせてもらいました。

同じソフトボールをしている中学生が、
大阪のとても厳しい雰囲気の中で自分を磨いている姿を目の当たりにし、
部員たちもなにかを感じてくれたと思います。


《試合結果》



      久御山中     0    0     2     2        
南郷中    10    0     0    10


久御山中    1  0  1     2
寝屋川九    2  0  5     7


この日はピッチャーの調子が悪く、制球に苦しみました。

しかし、常に全員が調子がいいなどありえません。
調子が悪いときこそ本当のチーム力が試されます。


久御山中の大きな課題がこの試合で見つかった気がしました。






別の日には広野中学校へいき、
広野中、木幡中、音羽中と試合をしました。

前回の課題を受け止め、
しんどくなった場面での弱い自分に向き合うことを
この日のテーマとして取り組みました。


広野中までは坂道が多く続き、自転車ではとても厳しい道のりです。

『坂道で一度も自転車を降りない』
『自分に妥協しない』

ソフトボールとは無関係ないようで
ソフトボールは性格がプレーに出るスポーツです。

また、自分だけができても意味がありません。

『全員で乗り越えてみせるという思い』
『自分に負けそうになった部員を周りがどう頑張らせるか』

これがチームが強くなるポイントだと思います。

《試合結果》

久御山中  0 2 0   2
音羽中   3 1 2   6


久御山中  0 0 2   2
広野中    3 0 0   


久御山中  0 0 0 8   8
木幡中    1 0 1     0    



朝から身体と心を追い込み、それから試合をする。
あえてベストではない環境を作り弱い心を引き出す。
弱い自分に勝てない限り、強い相手には勝てません。

どんな相手にも、どんな場面でも
14人全員が力を合わせチーム一丸を意識し、戦う。
これが久御山ソフトでスタイルです。




大阪の強豪校や宇治地区、京都市内の
力のある学校とやらせてもらい、
たくさんの課題に気づくことができました。

目標達成に向けて、
チームが勝つためにはなにが大切なのか、
自分にはなにができるのか、など
もっと考え、行動し、チーム力を上げ、
本当の強さをものにしていきましょう!!!




頑張れ!久御山ソフト部!!

夢(目標)に全力!!


 


08:23
2018/05/07

祝 1勝

| by manager

こんにちは!久御山中学校ソフト部です。

春季大会が終わり、2週間が経ちました。

「先生、昼からも練習がしたいです。学校に帰って練習していいですか」

これは前回西城陽高校へお世話になった日の部員たちが帰りに言った言葉です。


西城陽高校は高校ソフトの中でも強豪で、厳しいと有名な学校です。

技術ももちろんですが、それよりも本気で取り組む高校生の姿を見て、
なにかを感じてほしいと思い、
この日を設定しました。

ハードだったはずですが、
部員たちはその思いをしっかり感じとってくれたのだと思います






そこから1週間、








『ゴールデンウィーク8連戦』



結果

西城陽中 3  2    5  
久御山中 10 1   11 

西宇治中(宇治準優勝)   0 4 2    6
久御山中            2 0 0    2


久御山中  2 1 2   5
東宇治中  0 1 0   1  


木津中   4 4    8
久御山中  1 0    1


南城陽中(城久優勝) 4 5   9
久御山中         1 0   1


久御山中  0 1 16    17
西城陽  2 0 0     2


久御山中  0 1 1    2
西小倉中  1 1 0    2


久御山中  2 12   14
東宇治中  0  0   0


4勝3敗1引





強豪南城陽や西宇治にも十分戦えていました。




『チームで戦い、チーム勝つ』

これが久御山ソフトです。


GWは試合、合同練習も含め、本当に疲れたと思います。

努力は必ず報われる。
練習量は裏切らない。

これを全員で証明してみせましょう。



今週末には山城スプリングマッチがあります。
初戦は木津中です。

公式戦1勝に向けてがんばりましょう!!




がんばれ!!久御山ソフト部!!!


















17:31
2018/04/24

春季大会

| by manager


こんにちは!

久御山中ソフト部です。


4月21日、22日に春季ソフトボール大会がありました。

3試合目からの試合でしたが、会場に1番に到着し、
試合会場つくりを行いました。

さらに、試合まで今できる最大の準備をし、試合に挑みました!


結果は

久御山 1000   1
南城陽 1172  11

久御山 000  0
東城陽 754  16 

予選リーグ敗退

残念!!悔しい!!!


『1勝』 というチーム目標は夏にお預けです。

しかし、グランドで足を揃えてアップする姿、

グランド移動の際は走って移動する姿、

負けたあとでも試合を見て学ぼうとする姿、

など

今までとは違う久御山中ソフト部がいました!

変わろう!という雰囲気がこの大会は感じる場面が多々見受けられました。





秋季大会では35-0で負けていたチームが
気持ちを少し入れ替えるだけでこれだけの試合ができるようになります。

技術面では大きな差はありますが、まずは本気で取り組むことが大切です。

『チームで勝つ』 ことにこだわり
部員全員で練習し、夏に向けて準備していきます。

伸びしろたくさんの久御山中ソフト部!

新しく1年生が4人加わり、

これからが楽しみです☆

がんばれ!久御山中ソフト部!!






19:40
2018/04/17

新ソフトボール部

| by manager

おはようございます☆

4月からソフトボール部顧問になりました安藤です。
今井先生と共にがんばっていきたいと思います。

よろしくお願いします!

ここまでソフトボール部は一度も勝利をあじわったことがありません…。
試合をするたびに大敗し、負けてきました。


4月から久御山中ソフト部は変わります。

テーマは『超変革』。

目標の『1勝』   に向けて本気で努力します。




先週から朝練習がはじまりました。

日曜日も悪天候でグランドが使えない中、
体育館で200スイング以上バットを振り、
乾いたグランドで守備の基礎を鍛えました。

部員全員で努力して、目標達成に向けてやっていきます。


努力は必ず報われます。結果を出し、この努力を実らせましょう!

練習風景↓



↑ランニングも足を合わせて!まずは仲間意識を高めていきましょう!


↑↓チームのために、一人一人が行動することでチームワークが生まれます。



↑まずはバント練習。チームで勝つことを意識していきます。


今週末には春季大会があります。

南城陽中、東城陽中と対戦です。

どちらも山城トップクラスのチーム!

勝つために今できることを一所懸命やり、
今までとは違う久御山中として、挑みましょう!


がんばれ!
新久御山中ソフト部!!





11:57
2018/03/30

小さなことから少しずつ・・・

| by manager
“「礼儀」と「統率力」を身につけて、応援されるチームになる”
 去年の夏季大会の反省を踏まえて、今、自分たちに、チームに足りないものが何かを明確にし、「目標」を決めて冬~春と練習に励んできメンバーたち。
一生懸命に頑張る姿は本当にかっこよく、頼もしく感じられました。
 技術の向上はもちろんですが、仲間意識も高くなりはじめ、チームとしてのまとまりも出てきました。しかし
、完成度100%には程ほど遠く、まだまだまだまだ・・・努力が必要なのが現状です。
練習をする中で、不安や不満は少なからずあるでしょう。でも、人間は不思議なもので、だからこそ頑張れているようです。きっと現状に満足していたら変わろうとしないですよね。


そこで、みんなに伝えたいことがあります。

それは・・・、小さなことから始める。少しずつでいいから続ける。ことです!!

まずは、春季大会1勝を目指して、練習のときから全力でプレーしていきましょうv(^^)v


  

13:33
2017/09/26

悔しさの先に・・・

| by manager

3年生から引き継ぎ、新チームで挑んだ城久秋季大会

結果は思うように揮えませんでしたが、一人一人が全力でぶつかる姿、チームが一丸となって戦う姿は本当にかっこよかったです


「失敗は成功のもと」

校長先生のことば通り、今大会は子どもたちにとって次の目標へのステップにつながる良い学びの場となったようです

子どもたちの今後のさらなる成長に、期待可能性を込めて・・・







19:52
2016/11/25

寒さに負けず・・・

| by manager
 

今日でテストも終わり、クラブが再開されました。

みんなの「クラブを心待ちにしていました!」と言わんばかりに、元気にグランドへ飛び出していく姿を見て、とても微笑ましかったです!

ただ・・・
最近は北風がビュービュー吹いてとにかく寒い!

でも、子どもは風の子です。
寒さに負けず、これからもみんなで頑張っていきましょう!
16:38
2016/11/25

トップから学ぶ!

| by manager
 この週末、日本女子ソフトボール1部リーグの決勝トーナメントが東京の神宮球場で行われます。さすがに現地に行くのは難しいですが、今年の日本一が決まるこの土日はテレビ放送もあるようですので、観て何かを学んでほしいと思います。


16:38