京丹後市立久美浜小学校

所在地:〒629-3410 京都府京丹後市久美浜町3369番地  電話:0772-82-0021  ファックス:0772-82-1479  メール:kumihama-es@kyoto-be.ne.jp
 

久美浜学園小中一貫教育

天気予報

 

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

カウンタ

COUNTER522869

校長室

校長室より
12
2019/04/20

平成31年度久美浜小学校の教育がスタートします。

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

平成31年度 久美浜学園

久美浜小学校の教育がスタートします!

 

例年になく、積雪がほとんどなかった今年の冬。しかしながら、4月に入り寒い日が少し続きましたが、校庭の桜も一気に咲き誇りました。保護者の皆様をはじめ、地域の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

いよいよ、平成31年度がスタートするとともに、4月1日には、新年号「令和」も発表され、新たな気持ちでのスタートとなります。また、久美浜中学校区小中一貫教育「久美浜学園」も4年次を迎え、改めて、ねらいを明確にした取組の継続と、学校生活の中心である授業の進め方も含めた充実した保幼小中間の連携を一層進めていきます。そして、7校園所が、ともに生き生きと学ぶ子ども達を育む場となるよう取り組んでいきます。

さて、久美浜小学校にも、子ども達の元気な声が戻ってきました。本年度は、新入生15名と転入生1名の新しい仲間を迎え、全校児童107名で平成31年度のスタートを切ります。また、10名の教職員が新たに加わり、全24名の教職員で教育活動を推進していきます。

真面目で落ち着いて学べる久美小の子ども達が自ら進んで取り組んだり、仲間と共に高まり合ったりできるよう、昨年にも増して様々な教育課程と指導を工夫してまいります。また、学習内容の基礎基本が確実に身に付き、学び合い高まり合える授業づくりを行い、そのための基盤となる支え合える学級づくりを大切に進めてまいります。そして、成長する子どもたちの姿を通して、家庭や地域の皆様に更に信頼される学校を目指していきたいと考えています。

保護者、地域の皆様の絶大なるご協力のもと、久美浜小学校の教育が進んでいます。そのことに感謝申し上げ、今後も教職員一同「一生懸命」がんばってまいります。どうか今年度も、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

京丹後市立久美浜小学校

校 長 山 副 雅 彦


13:51
2019/03/22

卒業・進級おめでとうございます。

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 

卒業・進級おめでとうございます

 

 近年温暖化を言われつつもたくさんの雪に覆われていた丹後の冬。しかし今年は雪が積もることなく、子どもたちは安全に登校できました。雨の多い冬でしたが、久美浜湾をわたる風にも、いよいよ春の香りが漂い、満開の梅から桜へとうつろぐ頃となりました。あす20日はいよいよ卒業証書授与式。久美浜小学校を卒業し、新たな道へ進まれる19名の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

4月に近年にない23名もの大勢の可愛い1年生を迎え、110名でスタートした平成30年度も終わろうとしています。学級の仲もよく、1年生から大人気の卒業生。いつも学校のリーダーとしてやさしくかかわり、いろんな取組を進めてくれました。毎日の通学班はもちろん、学校生活や児童会活動、学校行事などすべてにおいて立派な活動を進めてくれました。5年生を引っ張りながら進めた運動会、大縄大会に向けて、1年生との練習会も2学期から取り組んでくれました。6年生を送る会で披露してくれた歌「変わらないもの」はみんなの心に響く素晴らしい歌声でした。そんな卒業生の皆さんは「あんな6年生になりたい。」と下級生誰もが思えるようなそんな存在でした。こうした成果は大きな行事だけでなく、日々の落ち着いた学習や課題を話し合う日々の活動がベースにあったことに間違いありません。4月からは中学生として、それぞれの将来の道に向かってより深い学びや広い活動を進めることとなります。学習や部活動など、これまで以上に厳しいことが待っています。しかし、自分の可能性を信じて、くじけず精いっぱい突き進んでほしいと思います。

卒業生の保護者の皆様にお喜び申し上げます。この6年間、毎日子どもたちの成長を願い温かく学校へ送り出していただきました。また、本校の教育に対して深いご理解・ご協力をいただきありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 

さて、平成30年度は久美浜学園小中一貫教育の3年次として、保育所・幼稚園から小中学校への連携がより進み、中学校3年生卒業時の具体的な目指す姿や大切にしたい指導などを話し合うことができました。その結果、教職員の相互理解がまた一歩確実に進みました。今後も、目指す姿に向かって系統的な指導方法を明らかにして具体的に取り組んでいく所存です。

 久美浜小学校ではこの1年も、「チーム久美小」を合言葉に教職員が協働して何事も進めることを大切にしてきました。子どもたちの取組をまず認め、良さを感じ取りながら進めること、子どもたちの人とのかかわりの機会を授業や活動においても意図的に増やし、互いに意見を出し合って自分の考えを深めることを大切にしてまいりました。何よりもすべての教職員が、子どもたちの伸びた力を認め、肯定的な雰囲気で日々の教育活動を進めることができたことは大きな進展だと考えています。その結果、保護者、地域の皆様に支えていただきながら、真面目で一生懸命な子どもたちの姿に高めることができました。今後も学年に応じた取組を進める中で、自分の将来の夢の実現に向けて自ら進めていける子にしていきたいと考えています。

 最後に、保護者の皆様、地域の皆様には本校の教育活動や子どもたちの安全確保、健全育成につきまして、深いご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございました。どうか平成31年度も引き続き、ご理解・ご支援をよろしくお願いいたします。1年間本当にありがとうございました。

 平成31年3月19

         京丹後市立久美浜小学校

           校長  小石原 敦

               教職員一同


17:18
2019/01/07

3学期スタートです!

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

あけましておめでとうございます

~平成31年、新たな気持ちでスタートを~

 

 あけましておめでとうございます。

昨年末は雪の気配もありましたが、比較的穏やかな新年となりました。保護者の皆様、地域の皆様におかれましては、ご家族お揃いで輝かしい新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。昨年は本校の教育活動の推進につきまして格別のご理解・ご協力を賜りありがとうございました。

さて、平成31年がスタートしました。今年は天皇陛下のご退位により元号が変わり、新しい時代の幕開けとなります。教育界では新しい学習指導要領の平成32年実施に向けた移行期2年目となり、完全実施に向けた準備も待ったなしとなります。まさにこれからの進むべき教育を推進する大切な年となります。3学期はわずか52日(6年生は51日)という短い期間ですが、今の学年をまとめ、次の学年に向けて準備を進める大事な学期となります。

また、久美浜学園保幼小中一貫教育も3年次を終えようとしています。久美浜学園として保幼小中一貫教育を通して、学園のすべての先生方が中学校3年時の卒業時の姿をイメージすることを目指して進めてまいりました。将来にわたる目標をきちんと見据えながら今の指導をすることはとても大事なことです。全員で随分と論議をし、共通理解も進んできました。次の段階として、さらにスムーズな進学を目指して学習方法等を共通化したり、環境を整えたりしていくことを目指していきます。また、何よりも一人一人の子どもたちが進学に向けての力をきちんと付けきっていくことも重要です。そのためにもこの3学期はまさに全学年にとっての1年間、6年生にとっての6年間のまとめとしての特別な学期ではありますが、1・2学期と同様日々の授業や活動こそが大事だと考えております。

そのためにも、まずは教職員自らが明るく元気に進め、さらにはそれぞれの考えや取組の良さを認めることを大切に取り組んでまいります。そして、授業も取組もアイデアを更に工夫して進めてまいります。子どもたちの力を伸ばすために、今後もご家庭や地域の皆様に様々な場面でご協力をお願いすることも多いと思いますが、どうかよろしくお願いたします。

3学期も、すべての教職員が力を合わせて教育活動を進めてまいります。引き続きのご支援・ご協力をお願い申し上げます。

平成31年1月7日

           京丹後市立久美浜小学校

             校長  小石原 敦


18:01
2018/12/21

平成30年度 第2学期終了にあたって

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

本日、2学期の終業式を終えました。まずは全校児童110名が大きな事故や事件に遭うことなく、2学期を終えることができたことを大変嬉しく思います。また、2学期の初めは、日本各地で大雨による被害が発生しました。本校でも数日間の臨時休校もありました。冬になると今度は暖冬で、12月に25度近くになる日もありました。そんな様々な気象状況の中、子どもたちが元気に登下校できましたのも、保護者、家庭、地域そして久美っ子見守り隊の皆様方のご支援のお陰と感謝申し上げます。また、多くの取組や行事など本校の教育活動にご理解・ご協力をいただきましたこと、厚くお礼申し上げます。更に、過日は保護者アンケートをお世話になりありがとうございました。集計した保護者の皆様の声を真摯に受け止め、今後の教育活動に生かしていきたいと思います。

さて、今学期を3つに分けて取り組んできたことから振り返ってみます。

まず、2学期初めからマラソン大会までの1期を「チャレンジ~やればできる~」として取組ました。9月は3日間も大雨警報が出て休みなるなど、雨が続いて朝マラソンも十分にできませんでした。しかし、マラソン大会に向けて、自分の目標を決め、それに向けて取り組んだり、学級全員で支え合ったりして取組ました。そんな風にして地道に取り組んだおかげで、今年もマラソン大会には全員が参加できました。友達や保護者・地域の皆様の応援が力となって、挑戦し、努力し続けていくことの大切さを学びました。

マラソン大会の後、学習発表会までの2期は「スクラム~心を一つに~」として取組ました。それまで学級で付けてきた力をしっかり発揮できるようにみんなで考え、話し合って、学習発表会の中身を作り上げていきました。1年生でも練習が終わるたびに担任の先生と一緒に振り返りをして次の練習につなげていました。特に、見に来ていただく方にどうすればうまく伝わるのかということを一生懸命考えた学級もありました。そのような取組を通して、成果がしっかり発揮でき、今年も素晴らしい発表会になりました。保護者や地域の皆様からも本当にたくさんの感動したという感想をいただくことができました。

そして学習発表会から終業式までの3期は「ハートtoハート~つながりあおう~」に取り組みました。人権旬間を中心に、読書旬間や給食感謝週間も一緒になって、自分や友達のよいところを見つけ、自分も周りの人も幸せにしていこうと考えました。廊下歩行の当たり前ルールの取組も、児童会のいいところ見つけの取組や全校遊びも、すべて自分も周りの人も幸せになるための考える機会にしてきました。こうした取組を通して、みんなの心がやさしくそして自分も大事なんだと気持ちが広がることとなりました。

こうしてその時々にあったテーマをみんなで一緒になって取り組んでいったおかげで、久美浜小学校はまた一段成長できたと感じています。子どもたちと教職員が一緒になって高まった2学期でした。こうした取組ができましたのも、保護者や地域の皆様のご支援・ご協力があったからこそと思います。そのことを大切に、今後さらに一人一人の子どもたちが力一杯成長できますよう、教職員一堂励んでいきます。

明日からは子ども達が楽しみにしている冬休みです。年末年始は、家庭や地域での伝統行事も多くあり、家族や地域社会の一員としての自覚を養う良い機会です。家族での団らんを大切にして心のふれあいを深め、子どもたちにとって楽しく有意義な冬休みになればと願っています。また、冬休みは、生活が不規則になることもあると思います。年明けの規則正しい生活習慣作りをよろしくお願いします。学校でも交通事故や不審者に対する安全指導は行いましたが、ご家庭でも安全に過ごすことができるように十分話し合ってください。地域の皆様におかれましても、子どもたちが安全に過ごせますようお力添えをお願いいたします。

それでは、ご家族お揃いで、よいお年をお迎えください。
   平成301221
                  京丹後市立久美浜小学校
                   校長   小石原 敦

 


15:36
2018/08/29

第2学期スタート

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

平成30年度 久美浜小学校 第2学期のスタートにあたって

 

暑い暑い夏休みが終わり、いよいよ第2学期がスタートしました。39日間の静かな学校に元気いっぱいの子ども達の声が戻り、これでこそ学校と思えます。それにしても今年の夏は、7月初旬の大雨特別警報に始まり、それ以降も7月下旬と8月下旬に2度台風の接近により避難所も開設されましたが、それ以外ではほとんど雨も降らず、まさに猛暑と言える状況でした。異常なほどの高温が続き、今後も厚い日々が続きそうです。本日の子どもたちの様子から、大きな事故の報告もなく、みんな元気に夏休みを過ごせたようです。これも保護者・地域の皆様の温かいご支援・ご協力のおかげです。

また、夏季休業中には大変暑い中PTA地区プールの開設をお世話になりました。保護者の皆様方のご協力により、子どもたちも元気いっぱいプールで楽しむ機会を得ることができました。本当にありがとうございました。

さて、本日より79日間に及ぶ2学期が始まりました。保護者様、見守り隊の皆様をはじめとする地域の皆様には2学期も学校の活動への参加や見守り活動等大変お世話になります。暑い日が続きますので、ぜひ体調を考え無理のないようよろしくお願いします。

2学期は祖父母参観を皮切りに、6年修学旅行やマラソン大会、市駅伝競走大会、学習発表会などの行事を行います。そうした行事を節目として年間テーマであります『進んで取り組む児童の育成』を目指します。今年もマラソン大会・駅伝大会までを2学期第1期、学習発表会までを第2期、そして最後の1カ月を第3期とし、それぞれの期間に応じて具体的なテーマを設定し、評価を繰り返しながら子どもたちの生きる力を育んでいきます。

2学期Ⅰ期のテーマは「チャレンジ! ~やればできる~」です。この時期は「一人一人」に目を向けて、「挑戦する力、個を高める」ことを進めていきます。朝マラソンやマラソン大会など、苦しいこともありますが、一人一人が自分自身の高まりが感じられるような取組にしていきます。また、日々の授業では、学校の重点研究テーマ「言語活動の充実 ~話し合い活動を通して~」に基づき、すべての学級で子どもたちの発達段階に応じて、自分の考えたことや素朴な疑問などを積極的に発信し、友だちと交流することを通して、考えを深めたり、新たな考えを見つけたりすることで思考力を高めていきます。そのために夏季休業中には教職員自身の研修会を持ち、様々な指導方法について学び合いました。日々の授業で少しずつ確実に力を積み上げていくことを通して、子どもたちに『進んで取り組む力』を付け、確かな学力につなげていきたいと考えています。

また、そうした取組を効果的に進めるためには、基盤となる学級が安心して学べる集団になっている必要があります。学級内の様々な活動や児童会等の異年齢活動を通して、仲間との人間関係づくりを進めていきます。子どもたちの力を更に伸ばし、楽しい学校生活を送るために、ご家庭にも様々な場面でご協力をお願いすることもありますが、どうかよろしくお願い致します。

2学期も、各学級担任をはじめ全てのスタッフが力を合わせて、教育活動を進めていきたいと思います。引き続きのご理解・ご支援をお願いいたします。

平成30年829

京丹後市立久美浜小学校

校長  小石原 敦

 


08:44
2018/07/20

平成30年度 第1学期終了!

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

本日で第1学期が終了しました。
 今年は、6
月から蒸し暑い日が多く、7月初めに出された警報の後は、猛暑が続きました。いつもなら、暑さに耐えきれない様子を見せる子ども達も、昨年度設置して頂いた空調設備のおかげで、快適な環境のもと、元気に1学期のまとめに取り組んできました。

71日間の1学期でしたが、4月の始業式が遠い昔のように感じるほど、たくさんの事がありました。中でも、運動会は1学期最大の取組であり、6年生を中心として集団の力を高めて来ました。また、6月は久美っ子学習ルールを見直し、学力向上を目指しました。家庭学習がんばり週間では、ご家庭の協力も得ながら家庭学習の習慣化も図りました。

春からこの間、色々な行事、学習活動に取り組み心身ともに成長してきました。ひとりひとりがそれぞれの課題に一生懸命取り組むことで、一歩一歩改善が図られてきました。

1学期の間、保護者・地域の皆様の温かいご理解とご支援に心よりお礼申し上げます。また、登下校中、大きな事故・事件等もなく1学期を終えることができたのは、PTAや久美っ子見守り隊、スクールガードリーダー等多くの皆様のお力添えのおかげです。深く感謝申し上げます。

さて、明日から児童が楽しみにしている夏休みが始まります。子ども達にとって、楽しく充実した夏休みになってほしいと思います。この期間、海水浴等で地域外の方も多く入って来られます。普段より交通量が増えると思われます。安全に楽しく過ごせるよう学校でも指導しておりますが、各ご家庭でも自転車の乗り方、海やプールでのきまり、花火や火遊び、危険な場所での遊び、不審者への対応につきまして、再度、指導して頂きますようよろしくお願い申し上げます。
  平成30年7月20日
                  京丹後市立久美浜小学校
                   校長  小石原 敦


10:21
2018/04/06

平成30年度のスタートにあたって

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者
 厳しく大雪だった今年の冬。3月後半からは急に暖かくなり、校庭の桜も一気に咲き誇りました。保護者の皆様、地域の皆様におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

 いよいよ平成30年度がスタートしました。一昨年から久美浜中学校区小中一貫教育「久美浜学園」がスタートし、昨年は2年次として、「理解と対話」をテーマに中学校卒業時の生徒の姿を常に意識した一貫教育をめざして進めてきました。今年は3年次として、ねらいを明確にした取組の継続と、最も大切な授業の進め方も含めたより充実した保幼小中の連携を進めていきます。そして、その結果として7校園所が共に生き生きと学ぶ子どもたちを育む場となるよう取り組んでいきます。

 久美浜小学校は、今年度新入生23名を迎え、全児童110名でスタートを切ります。また、6名の教職員が新たに加わり、全20名の教職員で新たな「チーム久美小」を昨年にも増して構築し教育活動を推進します。伝統となってきた真面目で落ち着いて学べる久美小の子どもたちが自ら進んで取り組んだり、仲間と共に高まりあったりできるよう、様々な教育課程と指導を工夫してまいります。そのためにも、この2年間力を注いできた子どもたちが学びあい高まりあえる授業づくりを、またそのための基盤となる支え合える学級づくりを大切に進めてまいります。そして成長する子どもたちの姿を通して、家庭や地域の皆様に更に信頼される学校を目指していきたいと考えています。

保護者、地域の皆様の絶大なるご協力のもと、久美浜小学校の教育が進んでいます。そのことに感謝申し上げ、今後も教職員一同「一生懸命」がんばってまいります。どうか今年度も、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

平成30年4月6日

                  久美浜小学校長   小石原 敦
14:16
2018/03/23

ご卒業おめでとうございます

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

ご卒業おめでとうございます

 

 近年になく厳しかった今年の冬。そんな季節を乗り越え、久美浜湾をわたる風にも、ほのかに春の香りが漂ってまいりました。22日はいよいよ卒業証書授与式となりました。久美浜小学校を卒業し、新たな道へ進まれる20名の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

4月に11名の可愛い1年生を迎え、107名でスタートした平成29年度も終わろうとしています。どんなときにも学校のリーダーとして模範を示し取り組んでくれた卒業生。この一年間、見違えるほど心も体も大きくなりました。毎日の通学班はもちろん、学校生活や児童会活動、学校行事などすべてにおいて立派な活動を進めてくれました。「学級を一つに」と常に担任の先生から教えていただき、一歩一歩様々な取組を通して、仲間を信じ、仲間と共に活動することを身につけていきました。そんな卒業生の皆さんは「あんな6年生になりたい。」と下級生誰もが思えるようなそんな存在でした。特にみんなで取り組んだ学習発表会での合奏やダンスはとても難しく、ちょっと無理じゃないかとも思えた時もありましたが、本当に練習を重ね立派な発表をしてくれました。あきらめずにやりきること、思いを強く持てばできるんだということを教えてもらったと思います。また5年生と取り組んだ駅伝競走大会でも、全員の思いを乗せ、10年ぶりのトロフィーという結果にもつながりました。こうした成果は大きな行事だけでなく、日々の落ち着いた学習や課題を話し合う日々の活動がベースにあったことに間違いありません。4月からは中学生として、それぞれの将来の道に向かってより深い学びや広い活動を進めることとなります。学習や部活動など、これまで以上に厳しいことが待っています。しかし、自分の可能性を信じて、くじけず精いっぱい突き進んでほしいと思います。

保護者の皆様に心よりお喜び申し上げます。この6年間、毎日子どもたちの成長を願い温かく学校へ送り出していただきました。また、本校の教育に対して深いご理解・ご協力をいただきありがとうございました。心より感謝申し上げます。

さて、平成29年度は久美浜学園小中一貫教育の2年次として、保育所・幼稚園から小中学校への連携がより進み、目指す姿を一致させて子どもたちに力を付けていく取組が進みました。特に、教職員自らが話し合い活動を進める中で、教職員の相互理解がまた一歩確実に進みました。今後、目指す姿に向かって更に系統的な指導方法の確立に努めていく所存です。

 久美浜小学校ではこの1年も、「チーム久美小」を合言葉に教職員が協働して何事も進めることを大切にしてきました。子どもたちの取組をまず認め、良さを感じ取りながら進めること、子どもたちの人とのかかわりの機会を授業や活動においても意図的に増やし、互いに意見を出し合って自分の考えを深めることを大切にしてまいりました。まだまだ不十分な部分もありますが、診断テスト等に現れる学力も全体として確実に伸ばすことができてきました。また、全校欠席ゼロの日が近年にないほど多くなるなど心も体もたくましくなってきたと感じています。今後も学年に応じた取組を進める中で、自分の将来の夢の実現に向けて自ら進めていける子にしていきたいと考えています。

 最後に、保護者の皆様、地域の皆様には本校の教育活動や子どもたちの安全確保、健全育成につきまして、深いご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございました。どうか平成30年度も引き続き、ご理解・ご支援をよろしくお願いいたします。1年間本当にありがとうございました。

 平成30年3月20

                        京丹後市立久美浜小学校

                         校長  小石原 敦

                             教職員一同


13:01
2018/01/09

第3学期のスタートにあたって

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

あけましておめでとうございます

~平成30年、新たな気持ちでスタートを~

 

 あけましておめでとうございます。

昨年末は早くから積雪があり、今年のお正月も、積雪はないものの寒さ厳しい年の始めとなりました。

保護者の皆様、地域の皆様におかれましては、ご家族お揃いで輝かしい新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。昨年は本校の教育活動の推進につきまして格別のご理解・ご協力を賜りありがとうございました。おかげさまで、久美浜小学校児童の様々な力を一歩ずつ伸ばせたのではないかと思っております。

さて、平成30年がスタートしました。今年は国レベルでは新しい学習指導要領の平成32年実施に向けた移行期間に入ります。道徳の教科化は全国的に今年4月より完全実施となりますし、小学校の5・6年生の英語科と3・4年生の外国語活動についても本市では4月より先行実施する予定です。その他、移行期間に伴う各教科の変更等も始まり、まさにこれからの進むべき教育を推進する大切な年となります。3学期はわずか52日(6年生は51日)という短い期間ですが、今の学年をまとめ、次の学年に向けて準備を進める大事な学期となります。先ほど述べた新しい教育課程に向けた準備も滞りなく進めてまいります。

また、久美浜学園保幼小中一貫教育も2年次を終えようとしています。久美浜学園として保幼小中一貫教育を通して、スムーズな進学を目指して学習環境等は確実に整えてきました。また、教職員の意識も、6年生だけでなく全学年が中学校卒業時(目指す姿)を意識した指導を進めようという考えになってきていることは今後の大きな推進力となって行くと思います。一方で、何よりも一人一人の子どもたちが進学に向けての力をきちんと付けきっていくことが重要です。そのためにもこの3学期はまさに全学年にとっての1年間、6年生にとっての6年間のまとめとしての特別な学期ではありますが、1・2学期と同様日々の教育活動こそが大事だと考え、教職員一同全力で向かっていく所存です。

具体的には、今年度の重点である「言語活動の充実」その中でも「話し合い活動」を日々の授業の中で適切に位置づけ、様々な意見を知ることで自分の考えを深めること、折り合いをつけて諸問題を解決する力を付けることなどを進めてまいります。また、各教科の基礎的・基本的な内容の確実な定着を図るための「わかる授業」「力を付ける授業」を展開することを日々積み重ねてまいります。更には、子どもたちの心を豊かにする仲間づくりを進めるためにも各学級での学年に応じた取組のほか、大なわ大会や6年生を送る会などの児童会活動にも取り組んでいきます。そうした取組を進める過程で、子ども同士の違いを認め自分の思いと友達の思いを繋げていくことを丁寧に行いながら絆を深めていきたいと思います。そのためにも、まずは教職員自らが明るく元気に進めること、さらにはそれぞれの考えや取組の良さを認めることを大切に取り組んでまいります。子どもたちの力を伸ばすためにもご家庭や地域の皆様に様々な場面でご協力をお願いすることも多いと思いますが、どうかよろしくお願いたします。

3学期も、すべての教職員が力を合わせて教育活動を進めてまいります。引き続きのご支援・ご協力をお願い申し上げます。

平成30年1月9日

                      京丹後市立久美浜小学校

                       校長  小石原 敦


10:28
2017/12/22

79日間の第2学期が終了!

Tweet ThisSend to Facebook | by ホームページ管理者

本日、2学期の終業式を終えました。全校児童107名が大きな事故や事件に遭うことなく、2学期を終えることができたことを大変嬉しく思います。また、欠席者が減り、全児童が登校する日が増えた(59日/149日中)ことも嬉しいことでした。これもひとえに、保護者、家庭、地域そして久美っ子見守り隊の皆様方のご支援のお陰と感謝申し上げます。また、多くの取組や行事など本校の教育活動にご理解・ご協力をいただきましたこと、厚くお礼申し上げます。更に、過日は保護者アンケートをお世話になりありがとうございました。保護者の皆様の声を真摯に受け止め、今後の教育活動に生かしていきたいと思います。

この2学期は、「進んで意欲的に取り組む児童の育成」をめざして、教育活動テーマを設定して取り組んできました。マラソン大会・駅伝大会、学習発表会、終業式を一つの節目としながら、「やってみよう」「伝えよう」「つながろう」をテーマとして、様々な教育活動を工夫してきました。「やってみよう」では、苦手なことも得意なことも諦めずやってみる、チャレンジする経験とたくましい心が育ってきました。「伝えよう」では、思いや考えを持ち、それを伝える力が高まっていきました。さらに、授業や取組の中で、考えを聞いたり話し合ったりする力も伸びてきました。「つながろう」では、友達や自分の良さに気づけるようにし、自己肯定感が高まるようにしました。そして、自分も友達も大切にする気持ちが高まりました。2学期の教育活動の中で、子ども達は充実感や達成感を感じ、自分の成長を感じていると思います。先日聞いた講演の中で「人は認められる、ほめられることで、意欲を持って前向きに進んでいける。」という話を聞きました。ぜひ、この2学期をふり返り、お家で「こういうところをがんばったね。こういうところがいいね。」という言葉をかけてあげて欲しいと思います。

さて、明日からは子ども達が楽しみにしている冬休みです。年末年始は、家庭や地域での伝統行事も多くあり、家族や地域社会の一員としての自覚を養う良い機会です。家族での団らんを大切にして心のふれあいを深め、子どもたちにとって楽しく有意義な冬休みになればと願っています。また、冬休みは、生活が不規則になることもあると思います。年明けの規則正しい生活習慣作りをよろしくお願いします。学校でも交通事故や不審者に対する安全指導は行いましたが、ご家庭でも安全に過ごすことができるように十分話し合ってください。地域の皆様におかれましても、子どもたちが安全に過ごせますようお力添えをお願いいたします。

ご家族お揃いで、よいお年をお迎えください。
   平成29年12月22日
                  京丹後市立久美浜小学校
                   校長   小石原 敦

 


11:14
12