文部科学省指定 令和2年度WWLコンソーシアム構築支援事業


 京都府教育委員会では、文部科学省より令和2年度「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業」の管理機関として指定を受け、取組を進めております。
 

 

〇 構想名

  未来を創る課題解決先進国の人材育成  ~京の智から地球の智へ~
 

〇 構想計画

  ◆歴史と伝統に育まれた「京の智・日本の智」と、各国・各地域における
   「世界の智」を、高度かつ先進的な学びや協働学習により「地球の智」へ
  ◆グローバルな社会課題「『豊かさ』の価値の再創造による持続的な未来
   社会の創出」に取り組み、京都モデル「ALネットワーク京都」を研究開発
     ◆京都モデル実現に向け、京都府独自の3つの京都戦略を設定、課題解決先進
   国を目指す
   ①「高度で先進的な学びの機会の提供」
     ・・・大学教育の先取り履修や海外インターンシップ等
   ②「グローバルかつ多様な協働学習の機会の創出」
     ・・・ICT活用による遠隔教育や京都府WWL高校生サミットの開催等
   ③「研究開発内容の共有と継続的な成果普及」
    ・・・オンライン情報共有システム「京都府WWLプラットフォーム」の活用
 

〇 実施体制

 ◆管理機関 京都府教育委員会
 ◆事業拠点校 京都府立鳥羽高等学校
 ◆事業共同実施校 京都府立福知山高等学校
 ◆事業協働機関京都大学、京都府立大学、福知山公立大学、クィーンズランド工科大学、復旦大学、国立民族学博物館、総合地球環境学研究所、JICA関西、京都文化博物館、片岡製作所、堀場製作所、NTT西日本、岡墨光堂、松栄堂、冷泉家時雨亭文庫、金剛能楽堂
 ◆事業連携校 【府立】洛北高校、嵯峨野高校、桃山高校、南陽高校、グローバルネットワーク京都校
【府外】秋田県立秋田南高校、九里学園高校、千葉県立成田国際高校、沖縄県立那覇国際高校
【海外】ハンヨン高校(韓国)、上海市嘉定一中、西安交通大学
附属中学、台中市立台中工業高級中等學校、ヌヴェール高校(フランス)
 
お知らせ
10月24日
 京都府WWL高校生サミット及び
  京都府WWLフォーラム 開催!
 ★フォーラムの申込みはこちら