高等学校における通級による指導

 平成30年度から、高等学校においても通級による指導が可能になりました。平成30年度現在、京都府においては、府立清明高等学校で自校通級が実施されています。

◎「通級による指導」とは
 大部分の授業を通常の学級で受けながら、一部、障害に応じた特別の指導を特別な場(通級指導教室)で受ける指導形態で、障害による学習上又は生活上の困難を改善し、または克服するため、特別支援学校学習指導要領の「自立活動」に相当する指導を行うものです。
 
高等学校における特別支援教育推進のための拠点校整備事業(平成29年度)
 府立清明高等学校が拠点校として研究を行いました。

・発達障害等に関する通級担当教員等専門性向上事業(平成30年度)
※準備中です!

◁ 「特別支援教育」のページにもどる