希望する高校を
 主体的に選択できる制度をめざして
~京都市・乙訓地域公立高校の新しい教育制度を決定~
 
 公立高校の特色ある学校づくりをさらに推進し、生徒一人一人の進路希望や学習ニーズにより柔軟に応えられるようにするとともに、中学生が自らのキャリア形成に向けて、目的意識を持って、これまで以上に主体的に高校を選択できるよう、新しい教育制度を構築します。
 
 
 

☆新制度の概要

1 全日制普通科の教育制度~「類・類型制度」の廃止~
 普通科第Ⅰ類と第Ⅱ類を廃止し、「普通科」として一本化
 志願時ではなく、合格後に、希望や学力状況に応じてコースを選択
 体育などの普通科第Ⅲ類は、普通科の中の専門的なコースとして存続
 
2 通学区域~通学圏の統合~
 普通科の通学区域を京都市北・南通学圏(2通学圏)から1通学圏に統合
 21校から選択が可能
 
3 入学者選抜制度
 (1) 受検機会の複数化
   これまでどおり複数の受検機会を確保
 前期選抜(2月中旬)→中期選抜(3月上旬)→後期選抜(3月下旬)
   ※名称は仮称
 (2) 前期選抜
   現在2月に実施している、学科等によって異なっている選抜(推
 薦入学、特色選抜、適性検査)を廃止し、「前期選抜」として一本化
 (特別入学者選抜の枠組は残し、原則これまでと同じ方式で実施)
 (3) 中期選抜~総合選抜制度の廃止~
   現在、普通科第Ⅰ類で実施している総合選抜制度を廃止し、各
 高校が学科ごとに合格者を決定する単独選抜制度を導入
 (4) 後期選抜
   前期選抜及び中期選抜を実施した後、なお相当の欠員がある
 場合に実施
 
4 新制度の実施時期
  平成26年度入学者選抜(現在の中学校2年生対象)から実施
 
5 その他
 ・新制度の詳細については、入学者選抜要項で後日決定します。
 ・他の通学圏にも共通することについては、併せて見直しを行いま
 す。
 
 新制度【広報資料はこちら】.pdf
 
 
(参考)新しい制度の決定まで
 ▼新制度決定.pdf【平成25年1月】
 ▼京都市・乙訓地域公立高校の新しい教育制度(案)に対する
   府民のみなさまからの意見募集について
   
意見募集実施【平成24年10月】
   募集意見に対する考え方.pdf【平成25年1月】
 ▼京都市・乙訓地域公立高等学校教育制度に係る懇談会
   【平成23~24年8月】
   
 

☆前期選抜

 
現在、学科等によって異なっている選抜(推薦入学、特色選抜、適性検査)を廃止し、「前期選抜」として一本化
 (特別入学者選抜の枠組は残し、原則これまでどおり)
 
■募集人数
 ①普通科:募集定員の30% [現行:15%]
 ②職業に関する専門学科:募集定員の70% [現行:50%]
 ③現「適性検査」実施学科等:募集定員の100%

■選抜方法
 ①各高校が学科ごとに合格者を決定する単独選抜制度
 ②中学校からの報告書を必須。それに加えて、学力検査、面接、
  作文・小論文、実技、活動実績報告書の検査項目を組み合わ
  せたA~Cの3つの方式を設定し、各高校の裁量により実施。
  配点比率は事前に明示  → 各高校の検査項目一覧へ(PDF)   
 
     
 A方式共通
(学力検査実施)
共通学力検査(国・数・英)または独自学力検査
作文・小論文、面接、報告書、活動実績報告書
 B方式
(学力検査なし)
 面接、作文・小論文、報告書、活動実績報告書
 C方式
(学力検査と実技検査)
共通学力検査(国・数・英)または独自学力検査
実技検査、作文・小論文、面接、報告書、活動実績報告書
 

☆中期選抜

 
現行の普通科第Ⅰ類で実施している「総合選抜制度」を廃止し、各高校が学科ごとに合格者を決定する「単独選抜制度」を導入
 
■選抜方法
 ①学科を問わず、統一した方式で実施
 ②第1志望内で2校(学科)まで順位をつけて志願可能。2段階で
  選抜
  →各校の募集人数のうち、まず第1順位で志願した者の中から
    90%まで合格者を決定し、次に、第2順位志願者と合わせて
    残り10%の合格者を決定
 ③第2志望まで志願可能。第1志望者の選抜後、なお欠員がある
  高校においては、第2志望者で合格者を決定
  (第1志望と合わせて3校(学科)まで志願可能)
 ④共通の学力検査(5教科)と報告書により総合的に判断して選抜
 

☆後期選抜

 
前期選抜及び中期選抜を実施した後、なお相当の欠員がある場合に実施
共通の学力検査と報告書、面接により総合的に判断して選抜