府立高校改革推進計画に基づく第2次実施計画
府立高校改革推進計画に基づく第2次実施計画(平成18年4月実施)を発表しました。
 
 
府立高校改革推進計画に基づく第2次実施計画(平成17年3月)
 
  第2次実施計画.pdf     参考資料.pdf
 
 府立高校改革推進計画に基づく具体的計画を計画期間(10年程度)の中で、複数回に分けて策定していくこととしており、第1次実施計画では府立洛北高校への中高一貫教育の導入、山城地域の選抜制度改善などの施策を具体化しました。
 第2実施計画では、中高一貫教育の充実や新しい時代に対応する専門学科の充実、通学区域の弾力化、選抜方法の改善などの施策を具体化しました。
 
1 新しい多様で柔軟な教育システムの構築
  中高一貫教育の充実   園部高校に併設型の府立中学校を新設
  新しい時代に対応する専門学科の充実
    自然科学系専門学科の新設(桃山高校、南陽高校、亀岡高校、西舞鶴高校)
    商業に関する学科の改編 (大江高校)
  普通科の特色づくりと多様化   大江高校に「普通科総合選択制」を導入
 
2 主体的な選択ができる入学者選抜制度への改善
  
通学区域の弾力化と新しい入学者選抜方法
    口丹・中丹・丹後通学圏の選抜制度改善(前期特色選抜導入/通学区域の弾力化)
    長期欠席者特別入学者選抜(不登校等による長期欠席者に係る特別選抜の実施)