府立高校改革推進計画に基づく第1次実施計画

府立高校改革推進計画に基づく第1次実施計画(平成16年4月実施)を発表しました。

 
府立高校改革推進計画に基づく第1次実施計画(平成15年7月)
 
 第1次実施計画.pdf    参考資料.pdf
 
 中学生から選ばれる高校づくり・希望する高校を選べるシステムづくり」を観点として、「新しい多様で柔軟な教育システムの構築」及び「主体的な選択ができる入学者選抜制度への改善」を目指し、学科の改編や通学区域の拡大、選抜制度の改善などの具体的な施策を示したものです。
  
  
 
府立高校改革の第1次実施計画の骨子決定(平成15年5月)
 1 学校の設置・学科の改編(実施時期 平成16年4月)
   中高一貫教育校の設置    府立洛北高校 併設型の府立中学校を新設
   総合学科の設置              府立南丹高校 普通科(第Ⅰ類)と商業科を総合学科に改編し、普通科(第Ⅱ類)と併置
   普通科総合選択制の導入  府立洛東高校 現行の類型制(第Ⅰ類)に加え、総合選択制を導入

 2 通学区域・選抜制度の改善(実施時期 平成16年4月)
   通学区域の拡大   山城地域  山城北・南通学圏を1通学圏に統合
   選抜制度の改善   山城地域  普通科単独選抜へ移行
 

絵文字:矢印 右府立高校改革推進計画トップページに戻る