ひとつ前に
戻る
インターンシップ活動

インターンシップを実施している学校です。
学校名内容
山城高校文理総合科が海外研修において現地日本企業を訪問し、研修を行う。
清明高校保育園、幼稚園、企業にてインターンシップを行った。
清明高校高齢者福祉施設において3日間のインターンシップを行った。
鴨沂高校地元商店街(出町桝形商店街)などで職場体験を行う。
鴨沂高校特別養護老人ホームや保育園において職場体験を行う。
鳥羽高校就職希望生徒を対象に3日間の職業体験を行い、勤労への意欲を高める。
桂高校専門学科研究班が地元農家と連携
桂高校専門学科研究班が京の伝統野菜を用いて、地域の和菓子屋やケーキ屋と商品の共同開発を行う。
東稜高校山科経済同友会と連携し、加盟企業にて職業体験を行う。
洛水高校1年生全員を対象として12月にキャリア教育の一環として、5日間の職業体験を行う。
洛水高校2年生就職希望生徒が地元企業で3日間の職場体験を行う。
京都すばる高校会計科2年生が京都信用金庫で2回の職場体験、グループワーク。課題解決型連携授業も実施。
京都すばる高校情報科学科3年生が、コンピュータ関連企業のSky株式会社にて職場見学とワークショップの体験。
向陽高校病院を訪問し、看護体験を行う。
向陽高校京都市・乙訓地域で保育体験を行う。
西乙訓高校看護志望の生徒が、済生会京都府病院など複数の病院で看護体験に参加する。
城陽高校ふれあい看護体験として、看護師体験を行う。
城陽高校高校生のための保育・福祉職業体験
西城陽高校1年生家庭基礎の授業で地元幼稚園を訪問し保育実習を行う。
西城陽高校夏休みを中心に看護・保育体験を実施。
京都八幡高校3年生の生活科学コースや選択科目で、幼稚園実習・保育園実習を行う。
田辺高校地元企業を3・4日間訪問し、職業体験を行う。
木津高校システム園芸科の生徒が、和束茶カフェで呈茶実習を行う。
木津高校情報企画科の生徒が、地域の企業で職場体験を行う。
農芸高校農業土木コースの生徒が地元企業を7日間訪問し、職業体験を行う。
須知高校地元の病院で理学療法士体験や看護士体験を行う。
須知高校地元の保育園で保育の体験学習を行う。
綾部高校(東定)地元企業で数日間、職場体験を行う(希望者)。
福知山高校地元の病院を1日訪問し、職場体験を年2回行う。また、学校に地元の医師を招き、講話を聞く。
福知山高校地元の製薬会社を訪問し、職場体験を行う。
工業高校2年生全員対象、地元企業に協力いただき、5日間就業体験を行う。
大江高校地元企業を3~5日訪問し、就業体験を行う。
西舞鶴高校地元の病院を訪問して、医療に関する実習体験を行う。
西舞鶴高校就職希望者対象に、地元企業で就労体験をする。
宮津高校建築科2年生が夏休みに職場体験を行う。
宮津高校キャリア体験として希望者が職場体験を行う。
宮津高校(伊根)4年生の勤労体験学習において、年間を通して地元企業で職業体験を行う。
宮津高校(伊根)希望者は、1~3年生時にインターンシップを行う。
海洋高校海洋科学科が、漁業協同組合においてイワガキの出荷について学ぶ。
海洋高校海洋工学科航海船舶コースが、新日本海フェリー、第一中央内航株式会社、昭陽汽船株式会社において大型船の運航について学ぶ。
加悦谷高校地元保育施設で3日間の職業体験を行う。
加悦谷高校地元福祉施設で3日間の職業体験を行う。
峰山高校産業工学科2年生が地元企業等で5日間の職業体験に取り組む。
峰山高校普通科生徒が地元企業の協力を得て、大学の研究と企業活動との関係や企業における研究・開発の実際について学ぶ。
峰山高校(弥栄)2年生を対象に地元企業を5日間訪問し、職業体験を行う。
網野高校企画経営科1年生が、地元企業の協力を得て丹後王国「食のみやこ」で販売実習を行う。
網野高校(間人)3年生が地元企業を4日間訪問し、職業体験を行う。(9月)
久美浜高校1年生を対象とし、事前学習、職場体験、事後学習、体験発表による交流を実施する。
久美浜高校生産科学系列(2・3年生)は先進企業見学を、福祉系列(2・3年生)は施設実習を行う。
盲学校夏季休業中に2週間、病院・治療院・老人福祉施設等で就業体験を行う。
聾学校8月、1月、2月に職場体験実習を1~2週間実施。
▲topへ