京都府教育情報ポータルサイト(「京育ナビ」)へ
京都タイムスリップ 遺跡でつづる京都の歴史

『京都タイムスリップより』
「京都タイムスリップ−遺跡でつづる京都の歴史−」は、京都府内に所在する主な遺跡を、写真やイラストで説明しています。また、発掘調査の様子などもあわせて紹介しています。
→内容紹介  →動作環境、セキュリティについて

 京都府埋蔵文化財調査研究センターのご紹介
京都府埋蔵文化財調査研究センターマーク
(財)京都府埋蔵文化財調査研究センターは、府内の埋蔵文化財の調査・研究・保存・活用を通じて、京都府の歴史と文化を解明し、埋蔵文化財等の歴史遺産を後世に伝えていくことを目的として、昭和56年(1981)に京都府によって設立されました。京都府や国などが進める公共事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査を実施するとともに、調査・研究成果を府民のみなさまに紹介するための普及啓発事業などを行っています。

(財)京都府埋蔵文化財調査研究センターホームページ
 http://www.kyotofu-maibun.or.jp/

謝辞等
  • 編集作業では(順不同)京都府立乙訓教育局 藤原敬氏・奥村久夫氏、京都府立鳥羽高校 神谷まり子氏、京都府立東稜高等学校 川上由起氏、京都府立亀岡高等学校 岡田晃治氏の指導・助言を得ました。
  • イラストは早川和子氏・村上優美子氏の協力を得ました。
  • 遺跡紹介をおこなうにあたっては当調査研究センターが発掘調査を行った資料のほか、(順不同・敬称略)京都府教育委員会、京丹後市教育委員会、与謝野町教育委員会、宮津市教育委員会、舞鶴市教育委員会、福知山市教育委員会、綾部市教育委員会、南丹市教育委員会、亀岡市教育委員会、長岡京市教育委員会、宇治市教育委員会、城陽市教育委員会、京田辺市教育委員会、木津町教育委員会、加茂町教育委員会、山城町教育委員会、京都府立山城郷土資料館、京都府立丹後郷土資料館、独立行政法人京都国立博物館、泉屋博古館からの資料提供を得ました。
  • このCD-ROM(コンテンツ)は、平成17年度文化庁埋蔵文化財保存活用整備事業国庫補助金によるものです。

内容紹介
 ○ 「京都タイムスリップ」は、京都府内に所在するいろいろな遺跡を写真とイラストを用いて説明したものです。京都
   府内を4つの地域に区分し、各地域の代表的な遺跡を項目別(所在地や名称、年代、性格など)から検索できる
   ようにしてあります。発掘調査の進め方や調査の様子なども御覧いただけます。
 ○ 「京都タイムスリップ」は、遺跡をとおして見た京都府の歴史について、府民のみなさまに理解を深めていただく
   ことを目的に、(財)京都府埋蔵文化財調査研究センターが設立25周年記念事業の一環として作成した普及啓発
   CD−ROMです。
 ○ 本WEBは、 「京都タイムスリップ」CD-ROMのコンテンツを、より広く、さまざまな分野で活用していただくことを
   目的に、京都府教育情報ポータルサイト並びに当調査研究センターのWEBサイトに掲載することとしました。
    掲載にあたっては、CD-ROMの使用画像をWEB掲載用に加工しています。

動作環境、セキュリティについて
 1)動作環境
  Pentium 400MHz以上/PowerPC G3以上
 2)対応OS
  Windows98SE/ME/2000/XP 及び MacOS 9/MacOS X
 3)動作対象ブラウザ
  Internet Explorer5.x / 6
  Safari 1.x / FireFox 1.x
  ※JavaScriptを有効にしてください
  ※上記より新しいバージョンでは動作しない可能性があります


Copyright © 2006 Kyoto Prefecture Research Center for Archaeological Properties.
当コンテンツは、財団法人京都府埋蔵文化財調査研究センター(京都府向日市寺戸町南垣内40-3、電話075-933-3877)が
著作権を有しています。無断転載はご遠慮下さい。