やましろ未来っこサイエンスラリーを実施しました!
【 2022/08/05 】

「やましろ未来っこサイエンスラリー」とは、山城通学圏の小中学生を対象に行われている行事で、新型コロナウイルス感染症拡大前は毎年行われていました。今年は3年ぶりに開催できることとなり、木津高校では8月4日(木)に改良めだかの選別体験を行いました。

小学5年生から中学2年生の18名の生徒とその保護者に参加していただきました。

本校のめだかガーデンで飼育している40種類以上の改良めだかを観察しながら、お気に入りの改良めだかを選別しました。

改良めだかの歴史・選別方法・飼育方法・生態系への影響など、盛りだくさんの内容でしたが、皆さんとても熱心に取り組んでくれていました。

改良めだかに興味を持ち、何年後か一緒に木津高校で改良めだかや色々な生き物の観察・研究ができるといいですね!

プレゼントした改良めだかの飼育・繁殖がうまくいくことを祈っています。

来年度もぜひ実施したいと思います。申込締め切り日より前に定員に達してしまいましたので、来年度はぜひ早めに御検討ください!!

 
 
【科学部】野生のミナミメダカの観察会を行いました!
【 2022/07/25 】

毎年恒例のミナミメダカの観察会を行いました。

京都府南部には、カダヤシが侵入しておらず、ミナミメダカが観察できるという貴重な場所が複数あります。昨年度に比べ、アメリカザリガニの姿もほとんど見られず、少し安心しました。

野生のミナミメダカを観察することによって、自然との共存の大切さについて考える良い機会ができました。今後は、「自然と共生するまち 木津川市」の実現に向けて、木津高校科学部は生態系保全の啓発活動も行っていきます。

 
 
【科学部】城山台小学校にて出前授業を実施しました!
【 2022/07/12 】

7月8日(金)に、木津川市立城山台小学校にて5年生を対象に出前授業を行いました。

城山台小学校5年生のみなさんには、色とりどりの品種改良めだかの観察を通して、めだかの生態についてより詳しく学んでいただきました。 また、品種改良メダカや準絶滅危惧種のニホンイシガメなどの交雑を通して、生態系の保全について考えていただきました。

引退前の3年生を中心に講演を行い、これまで練習してきた成果が発揮できました!

1年生にとっては初めての出前授業でとても緊張していましたが、積極的に小学生に声かけをしていました!

小学校・中学校の先生方へ

・『めだかの品種改良』、『生態系の保全』などの出前授業を承ります。

・品種改良めだかの生体、品種改良めだかの卵をお譲りすることができます。

※御要望がございましたら、科学部顧問の大内(0774-72-0031)まで御連絡ください

 
 
【8/2特色体験セミナー】改良メダカプレゼント企画があります!
【 2022/07/04 】

8月2日(火)の特色体験セミナー終了後、ABCマーケットにて野菜や草花の販売が予定されています。

ABCマーケットで野菜や草花を購入していただいた方に、改良めだか引換券をプレゼントします!

木津高校の生徒がつくった美味しい野菜、きれいな草花を購入した後は、科学部が育てた美しいめだかをぜひ見にきてください。

木津高科学部が大切に育てた高級めだかを手に入れることができる滅多にない貴重な機会です。特色体験セミナーの申込期限は7月11日(月)までとなっておりますので、御注意ください。


【注意事項等】

・改良めだかのプレゼントは先着順となります。イベントはお譲りできるめだかがなくなり次第終了とさせていただきます。

・引換券は8月2日当日のみ有効となります。また、一人でも多くの方にめだかをプレゼントできるように、一家族で1枚のみの引換券の利用とさせていただきます。

・京都府南部は、野生のめだかが生息している貴重な地域です。品種改良めだかを絶対に逃がさないように御協力ください。

・新型コロナウイルス感染拡大状況や荒天などの理由により、急遽イベントを中止することもあります。

・上のめだかの写真はイメージです。当日の管理状況により、プレゼントできるめだかの品種や数は変更します。

・1日以上前から水を汲み置いていただくと、めだかの移し替えがスムーズになります。

 
 
【科学部】熱中症対策!!
【 2022/06/27 】

例年より早く、猛暑がやってきました。

めだかは38℃ぐらいの水温まで耐えることはできますが、このままだと近いうちに40℃の水温を超えてしまいそうだったので、至急遮光ネットを設置しました。

7・8月には出前授業や改良めだかプレゼント企画を予定しています。

お楽しみに!!

 
 
【科学部】桃園小学校で出前授業を実施しました!
【 2022/05/13 】

科学部の活動時間と小学校の授業時間が合う時間が設定できず、高校生による出前授業は今年度は実施できなくなりました...。

昨年度からの繋がりで楽しみにしてくれている小学生がたくさんいると聞き、残念な思いをさせるわけにはいきませんでしたので、今回は顧問だけで出前授業に臨みました。 来年度こそは科学部みんなで出前授業に行きたいです。

桃園小学校5年生のみんなには、色とりどりの品種改良めだかの観察を通して、めだかの生態についてより詳しく学んでいただきました。 また、品種改良メダカや準絶滅危惧種のニホンイシガメなどの交配を通して、生態系の保全について考えていただきました。 「めだかがさらに好きになった」、「生き物は最後まできちんと飼育する」などの声をいただき、とても嬉しかったです。5年後、木津高校で一緒に生物の研究ができると嬉しいです!

小学校・中学校の先生方へ

・『めだかの品種改良』、『生態系の保全』などの出前授業を承ります。

・品種改良めだかの生体、品種改良めだかの卵をお譲りすることができます。

※御要望がございましたら、科学部顧問の大内(0774-72-0031)まで御連絡ください。

 
 
【科学部】今年度も生物飼育、がんばります!!
【 2022/04/15 】

新入生が入部し、生物実験室やめだかガーデンが賑やかになりました。科学部Tシャツも作成し、昨年度よりも生物飼育や生態系保全活動に力を注いでいきたいです!今後も入部可能ですので、めだかの品種改良や生物飼育に興味がある生徒は顧問の先生に声をかけてください。

これからはめだかの繁殖シーズンの到来です。元気で美しいめだかを育てていきます!

小学校・中学校の先生方へ

・『めだかの品種改良』、『生態系の保全』などの出前授業を承ります。

・品種改良めだかの生体、品種改良めだかの卵をお譲りすることができます。

※御要望がございましたら、科学部顧問の大内(0774-72-0031)まで御連絡ください。

 
 
【科学部】ダルマメダカ 真冬の繁殖
【 2022/01/14 】
冬場の繁殖用水槽
三色ラメダルマ
楊貴妃出目パンダダルマ
楊貴妃出目パンダダルマ

寒さが厳しい時期がやってきましたが、生物室内には一足早く春、いや春を通り越して夏の環境の水槽を設置しました。

メダカは18℃以上の水温と13時間以上の日照を感じ取り産卵するようになるので、その環境を整えた水槽を設置しました。

繁殖対象のメダカは『三色ラメダルマ』と『楊貴妃出目パンダダルマ』の二種類で、両方ともダルマ体型の改良メダカです。

ダルマメダカは、背骨が部分的に癒着して短くなり体長が普通種体型の半分程度しかない体型のメダカです。体長が短くなった影響で背中が盛り上がります。泳ぎが苦手で水温や水質の変化に敏感なところがあり、飼育、産卵が難しいのも特徴です。

ダルマメダカの形質発現は、遺伝子をもっていることはもちろん、高めの水温の条件が必要です。

中級者向けのダルマメダカの繁殖・飼育は手こずることも多いですが、4月の新入生をたくさんのダルマメダカで迎えることができるように頑張ります!

 
 
【科学部】初詣&清掃活動を行いました!
【 2022/01/05 】

飼育しているメダカやニホンイシガメなどの健康祈願・長寿祈願のために、近所の御霊神社へ初詣にいってきました。

科学部にとって、昨年度の活動は大きく活動内容を変更する年となりました。

今年はその新しい活動を飛躍させていきたいです。

道中、木津駅周辺のゴミ拾いを行いました。残念ながら、たくさんのタバコの吸い殻やペットボトルのゴミを収集することになりました。今年度も、環境保全啓発活動にも力を注いでいきたいです!

 
 
【科学部】城山台小学校にて出前授業を実施しました!
【 2021/12/06 】

12月3日(金)に、木津川市立城山台小学校にて5年生を対象に出前授業を行いました。

大雨警報による休校で7月には実施できませんでしたが、何とか冬眠前に実施できてよかったです!

城山台小学校5年生のみなさんには、色とりどりの品種改良めだかの観察を通して、めだかの生態についてより詳しく学んでいただきました。 また、品種改良メダカや準絶滅危惧種のニホンイシガメなどの交雑を通して、生態系の保全について考えていただきました。

今回の出前授業は、本校2年生が研修旅行のため、1年生メインでの実施となりました。

不安でいっぱいでしたが、無事に乗り越えたことで自信もつきました!

これで木津高校のめだかは冬眠に入ります。

来年度も色々な学校で出前授業ができるように、研究に励みます!!

小学校・中学校の先生方へ

・『めだかの品種改良』、『生態系の保全』などの出前授業を承ります。

・品種改良めだかの生体、品種改良めだかの卵をお譲りすることができます。

※御要望がございましたら、科学部顧問の大内(0774-72-0031)まで御連絡ください

 
 
【科学部】怪しいスープ作り(亀とめだか冬眠準備)
【 2021/10/27 】

科学部では、怪しいスープを作る活動を積極的に行っています笑

10月に中旬頃から、朝夕の気温がぐっと下がり、クサガメとめだかの活性も落ちてきました。

木津高校で飼育している亀(アダルトサイズ)とメダカは、冬場に加温飼育をせずに屋外で越冬させます。というか、飼育容器100個も教室に入りません。

越冬には色々な手段が紹介されていますが、落ち葉を使った越冬に決めました。

落ち葉をそのまま使うと灰汁が生体にとって良くないので、二週間程度水に漬けておいて十分に灰汁抜きをします。

飼育容器が100個以上あるので落ち葉採集も一苦労ですが、かわいい亀とめだかのために頑張ります!

 
 
【科学部】出前授業(木津小学校)を実施しました!
【 2021/10/15 】

10月15日(金)、木津川市立木津小学校にて4年生の生徒を対象に出前授業を行いました。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、これまで生徒の参加ができていませんでしたが、やっと今回は科学部生徒による出前授業を実施できました。

科学部生徒による初めての出前授業は、NHKによる撮影や京都新聞の取材もあり、かなり緊張しましたが、何とか無事に終えることができました。

木津小学校4年生のみんなには、色とりどりの品種改良めだかの観察を通して、めだかの生態についてより詳しく学んでいただきました。 また、品種改良メダカや準絶滅危惧種のニホンイシガメなどの交雑を通して、生態系の保全について考えていただきました。 「来年のめだかの観察がとても楽しみになった」、「生き物を飼う前によく調べる」、そして、「高校は木津高校の科学部に入りたい!」などの感想をいただき、とても嬉しかったです。

小学校・中学校の先生方へ

・『めだかの品種改良』、『生態系の保全』などの出前授業を承ります。

・品種改良めだかの生体、品種改良めだかの卵をお譲りすることができます。

※御要望がございましたら、科学部顧問の大内(0774-72-0031)まで御連絡ください

 
 
【科学部】☆高級めだかプレゼント企画☆(10月16日木津高校学校説明会・部活動体験にて)
【 2021/10/05 】

10月16日(土)の学校説明会・部活動体験終了後、ABCマーケットにて野菜や草花の販売が予定されています。

ABCマーケットで野菜や草花を購入していただいた方に、高級めだか引換券をプレゼントします!

木津高校の生徒がつくった美味しい野菜、きれいな草花を購入した後は、科学部が育てた美しいめだかをぜひ見にきてください。

尚、11月13日(土)の学校説明会では、高級めだかプレゼント企画は実施しませんので、ぜひこの機会にお立ち寄りください。


【注意事項等】

・高級めだかのプレゼントは先着順となります。イベントはお譲りできるめだかがなくなり次第終了とさせていただきます。

・引換券は10月16日当日のみ有効となります。また、一人でも多くの方にめだかをプレゼントできるように、一家族で一枚のみの引換券の利用とさせていただきます。

・京都府南部は、野生のめだかが生息している貴重な地域です。品種改良めだかを絶対に逃がさないように御協力ください。

・新型コロナウイルス感染拡大状況や荒天などの理由により、急遽イベントを中止することもあります。

・上のめだかの写真はイメージです。当日の管理状況により、プレゼントできるめだかの品種や数は変更します。

・1日前から水を汲み置いていただくと、めだかの移し替えがスムーズになります。

 
 
【科学部】☆高級めだかプレゼント企画☆(9月18日木津高校学校説明会にて)
【 2021/09/04 】
オロチ
清流きりゅう
プラチナ星河リアルロングフィン × ブルージェイ
紅帝 天女の舞
サファイア × 夜桜
プラチナ星河リアルロングフィン × ブルージェイ

インスタグラムでは、めだかの動画も配信しています!

好評につき、第2弾高級めだかプレゼント企画を開催予定です!!

9月18日(土)の学校説明会終了後、ABCマーケットにて野菜や草花の販売が予定されています。

ABCマーケットで野菜や草花を購入していただいた方に、高級めだか引換券をプレゼントします!

木津高校の生徒がつくった美味しい野菜、きれいな草花を購入した後は、科学部が育てた美しいめだかをぜひ見にきてください。


【注意事項等】

・高級めだかのプレゼントは先着順となります。イベントはお譲りできるめだかがなくなり次第終了とさせていただきます。

・引換券は9月18日当日のみ有効となります。また、一人でも多くの方にめだかをプレゼントできるように、一家族で一枚のみの引換券の利用とさせていただきます。

・京都府南部は、野生のめだかが生息している貴重な地域です。品種改良めだかを絶対に逃がさないように御協力ください。

・新型コロナウイルス感染拡大状況や荒天などの理由により、急遽イベントを中止することもあります。

・上のめだかの写真はイメージです。当日の管理状況により、プレゼントできるめだかの品種や数は変更します。

・1日前から水を汲み置いていただくと、めだかの移し替えがスムーズになります。

 
 
【科学部】めだかガーデン パワーアップ!!
【 2021/08/28 】

科学部の夏休みは、DIY三昧でした!

これまでは地面にプラスチック容器を置いて飼育していましたが、暑さでメダカが死んでしまったり、動物に食べられることも多かったです。そこで、容器をおける棚を設置することに決めましたが、できるだけ予算を抑えるために、自分達で作ることにしました。

ベニヤ板を切ったり、ペンキを塗ったり、イレクターパイプを組み立てたり...

猛暑や長い大雨にペースを狂わされましたが、何とか夏休み中に増設完了しました。

いつかは『めだかキングダム』と呼べる設備を目指して、これからも増設を続けていきます。

これから秋にかけて、今年最後の産卵シーズンです。

たくさんの品種改良めだかを増やしたり、品種改良に力を入れていきます!

 
 
飼育生物の紹介 『ニホントカゲ(幼体) 』
【 2021/08/24 】

5本のストライプ模様と、鮮やかな青色の尾が特徴的です。

野生では地中・地表の無脊椎動物を好んで捕食します。

科学部では、夏休み中にじっくりと信頼関係を築くことができましたので、人工飼料を手から食べてくれるようになりました!

 
 
【科学部】新しい仲間!ニホンイシガメ!!
【 2021/08/18 】

待ちに待ったニホンイシガメが、とうとう孵化しました。

100円玉より少し大きさしかありませんが、姿形はもう立派な亀です。

孵化したての亀のお腹には、卵嚢と呼ばれるものがついています。

これは、卵黄の部分と生体が繋がっているもので、孵化して数日間は、餌を食べずに卵嚢から栄養を吸収します。

京都府の準絶滅危惧種に指定されているニホンイシガメ、科学部で大切に育てていきたいと思います。

 
 
【科学部】めだかプレゼント企画、無事終了!
【 2021/08/04 】

昨日の特色体験セミナー後に、科学部はめだかプレゼント企画を実施し、無事に終了しました。日頃から手間暇かけて育てた品種改良めだかを気に入っていただき、とても嬉しかったです!

行列ができたときは、焦ってしまって選別作業のミスも生じましたが、来ていただいた方たちが温かく見守ってくれたおかげで、なんとかやりきることができました!

今後の部活動体験や学校説明会でもイベント許可が出れば、ぜひやりたいと思います!!

イベントはもちろん、部活動体験にもぜひ参加してください。

 
 
【科学部】ニホンヤモリの紹介です
【 2021/07/24 】

科学部では、ニホンヤモリも飼育・観察しています。これまで、オス1匹を単独飼育していましたが、順調に飼育できるようになったことと、ちょうど良いサイズのメス個体を見つけたので、お見合いさせました。ファーストインプレッションは悪くなさそうです。今後の飼育・観察がさらに楽しみになりました。

 
 
【科学部】ミナミメダカ観察会
【 2021/07/24 】

ミナミメダカの観察会を行いました!京都府南部には、カダヤシが侵入しておらず、ミナミメダカが観察できるという貴重な場所が複数あります。野生のミナミメダカを観察することによって、自然との共存の大切さについて考える良い機会ができました。今後は、「自然と共生するまち 木津川市」の実現に向けて、木津高校科学部は生態系保全の啓発活動も行っていきます。

 
 
【科学部】ニホンイシガメ卵の観察
【 2021/07/08 】

今日は城山台小学校で出前授業!...の予定でしたが、生憎の大雨で小学校が休校になってしまいました。

残念ですが、次の機会によりよい出前授業ができるように準備していきたいです。

出前授業がなくなってしまったので、本日は本校で管理しているニホンイシガメの卵の途中観察を行いました。

ライトを当ててみると、まだ亀の形にもなっていない小さな胚や血管を観察し、生命の神秘に触れることができました。

孵化にはまだ1ヶ月以上かかります。

ゆっくりでいいので、無事に生まれてきてほしいです!

 
 
【科学部】☆高級めだかプレゼント企画☆(8月3日木津高校特色体験セミナーにて)
【 2021/07/01 】

今では、1匹数千円から数万円で取引きされることもある品種改良めだか、科学部の飼育下でもどんどん繁殖しています。

最初は糸くずのような小さな稚魚(針子と呼ぶ)も、すくすく成長しており、毎日の観察が楽しくて仕方がありません!

そんな品種改良めだかの美しさを一人でも多くの人に知ってもらいたく、次のような企画を考えました!!

8月3日(火)の木津高校特色体験セミナー終了後、ABCマーケットにて野菜や草花の販売が予定されています。

ABCマーケットで野菜や草花を購入していただいた方に、めだか引換券をプレゼントします!

木津高校の生徒がつくった美味しい野菜、きれいな草花を購入した後は、科学部が育てた美しいめだかをぜひ見にきてください。

【注意事項等】

・高級めだかのプレゼントは先着順となります。イベントはお譲りできるめだかがなくなり次第終了とさせていただきます。

・引換券は8月3日当日のみ有効となります。また、一人でも多くの方にめだかをプレゼントできるように、一家族で一枚のみの引換券の利用とさせていただきます。

・京都府南部は、野生のめだかが生息している貴重な地域です。品種改良めだかを絶対に逃がさないように御協力ください。

・新型コロナウイルス感染拡大状況や荒天などの理由により、急遽イベントを中止することもあります。

・上のめだかの写真はイメージです。当日の管理状況により、プレゼントできるめだかの品種や数は変更します。

・1日前から水を汲み置いていただくと、めだかの移し替えがスムーズになります。

 
 
【科学部】ニホンイシガメ はじめました!
【 2021/06/14 】

ニホンイシガメの卵を譲り受けました。

ニホンイシガメは日本固有種のカメで、関東から南の池、沼、川、水田などで自然に生息しています。現在では、生育環境の悪化や、ミシシッピアカミミガメなどの外国産ヌマガメの帰化によって、日本での生息数が減っているのが現状です。環境省のレッドリストでは「準絶滅危惧種」というカテゴリーに入っています。

科学部の活動として、孵化までの卵の観察を続けていきます。いずれはニホンイシガメを通して、自然環境保全等の啓発活動にも取り組んでいきたいです。

【画像1】自然化では土の中に産卵しますが、飼育下では異なった産卵方法をすることもあります。

【画像3】正常に発生を進めるために温度が低くなりすぎたり高くなりすぎたりしないようにする必要があります。また、ニホンイシガメの性決定は温度によって左右されます。温度管理方法によって、ニホンイシガメの性別をコントロールすることもできます。

【画像4】カメの卵の上下を動かすと、中で発生している胚が黄身に押しつぶされてしまうことがあるので、常に上の位置が分かるようにマジックなどで印を付けておいたほうが安心です。また、産卵直後は少し透けて見えるような卵殻ですが、有精卵であれば時間の経過とともに受精卵の位置を中心に白濁が見られます。

 
 
【科学部】クサガメ、一時保護しました。
【 2021/06/03 】

6月2日(水)18時半頃、1匹のクサガメが科学部のもとに届けられました。

届けてくれた生徒によると 「車からスコップを持った大人が降りて、田んぼに何かを置いて行った。何を置いたのか見に行くとカメさんが逃がされていた。」 とのこと。

本校科学部では動物の引き取り活動は一切行っていませんが、飼育下にあったクサガメを見捨てるわけにいきませんので、一時保護することに決めました。もともとそこに生息していた生き物であっても、少しでも人間の飼育下にあった生き物を逃がすことは許されません。

このクサガメの命も大切ですし、このクサガメを生態系破壊の悪者にするわけにはいきません。 飼育していた方がこの投稿を見たら、勇気を出して申し出てほしいです。

 
 
【科学部】出前授業を実施しました!
【 2021/05/30 】

5月28日(金)、京田辺市立桃園小学校にて、5年生の生徒を対象に出前授業を行いました。

本来であれば、顧問と科学部の生徒で実施する予定で準備を進めておりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言が発出されたため、本校生徒の校外での活動が禁止となってしまいました。とても悔しい思いでいっぱいです。

楽しみにしてくれている小学生にも残念な思いをさせるわけにはいきませんので、今回は顧問だけで出前授業に臨みました。 緊急事態宣言が終われば、次こそは科学部みんなで出前授業に行きたいです。

桃園小学校5年生のみんなには、色とりどりの品種改良めだかの観察を通して、めだかの生態についてより詳しく学んでいただきました。 また、品種改良メダカや準絶滅危惧種のニホンイシガメなどの交配を通して、生態系の保全について考えていただきました。 「めだかがさらに好きになった」、「生き物は最後まできちんと飼育する」などの声をいただき、とても嬉しかったです。

小学校・中学校の先生方へ

・『めだかの品種改良』、『生態系の保全』などの出前授業を承ります。

・品種改良めだかの生体、品種改良めだかの卵をお譲りすることができます。

※御要望がございましたら、科学部顧問の大内(0774-72-0031)まで御連絡ください。

 
 
【科学部】ベビーラッシュ!
【 2021/05/10 】

自作した産卵床を気に入ってくれたようで、たくさん産卵してくれるようになりました。

そして、ゴールデンウィーク明けには約500匹の稚魚が孵化しました。

本校で育てている品種改良めだかには『楊貴妃』、『錦』、『紅龍』、『三色』、『ラメみゆき』、『龍の瞳』、『オロチ』、『夜桜』、『緑光』、『サファイア』など、約20種類の品種を飼育しており、違う品種をかけ合わせる品種改良にも挑戦しています。

今は針子と呼ばれる小さい稚魚の時期で特徴が分かりづらいですが、6月下旬にはカラフルな品種改良めだかが水槽を彩ってくれることでしょう!

 
 
【科学部】品種改良めだか 産卵床を自作しました!
【 2021/04/26 】

こんにちは、木津高校科学部です!今週も新入部員が増え、益々にぎやかになってきました!!

さて、例年より気温が低い4月でしたが、ようやく春の温かさを感じられるようになってきました。

品種改良めだかの行動も活発になり、求愛行動もたくさん見られるようになりました。これからの科学部はめだかの採卵準備で大忙しです。まずは品種改良めだかが産卵しやすい産卵床を準備しなければいけません。

めだか専門店で販売されている産卵床はもちろん使いやすいですが、自分で試行錯誤して作るのもめだか飼育の醍醐味です。

この日は、100均グッズを集めて産卵床を自作しました。最初はどう作ればいいのか困惑している生徒もいましたが、どんどん作業に慣れてきて、たくさんの産卵床を作ることができました。品種改良めだかが喜んで、たくさん産卵してくれると嬉しいです!

コロナ禍で野外活動ができないのは残念ですが、その分、飼育しているめだかをじっくり観察したり、めだかグッズを自作してスローライフを楽しむのもいいですね。

 
 
【科学部】新体制でのスタート&『めだかガーデン』(仮称)の完成!
【 2021/04/20 】

新たに1年生が3名が科学部に入部し、今年度は7人体制でスタートすることになりました。これからは品種改良中のめだかの繁殖シーズンが到来しますので、まだまだ人手不足です。今後も入部可能ですので、めだかの品種改良や生物飼育に興味がある生徒は顧問の先生に声をかけてください。

さて、春休み中から設置計画をしていた『めだかガーデン』(仮称)が完成しました!この場所で多くの品種改良めだかを飼育することが可能になりましたので、本格的に品種改良の準備を進めていきます。6月頃には色鮮やかでキラキラしたたくさんの品種改良めだかが『めだかガーデン』(仮称)を彩ってくれることでしょう。

 
 
【科学部】改良めだかの卵 孵化が始まりました!
【 2021/04/12 】

4月に入り、めだかの産卵が始まりました。

科学部では3月から一部の改良めだかを25℃の水温で飼育し、産卵を促していました。そして、その個体から採取していた卵の孵化がいよいよ始まりました。この稚魚たちはどんな形質が発現するのか、今後が楽しみです。

これからは屋外の個体の産卵もどんどん始まりますので、飼育容器が賑やかになっていきます。

写真が小さくて見えないですか?

稚魚のかわいさは実物で見ないと伝わりません。

今週は部活動体験週間です。ぜひ生物実験室に科学部の体験に来てください!

 
 
【科学部】生物室に展示水槽を作成しました!
【 2021/04/01 】

今日から新生活がスタートしました!

科学部では、品種改良メダカの飼育や研究に力を入れています。

新1年生が品種改良メダカに興味を持ってほしいという気持ちを込めて、『清流きりゅう(青透明鱗体外光メダカ)』の展示水槽を作成しました。

部活動体験のときに、ぜひ見に来てください!!

 
 

MENU

2022.7.21
生徒が教えるパソコン教室
2022.7.22
生徒が教えるパソコン教室
2022.7.23
就職四者面談予備日
2022.7.25
就職四者面談
2022.7.26
就職四者面談
2022.7.27
農業クラブ府連盟大会
2022.7.28
就職企業見学(~8月8日)
2022.7.31
第2回全統共通テスト模試(マーク)