【普通科特進エリア】進路学習会を実施しました!
【 2021/12/22 】
キャリア教育推進部進路担当による講話
1,2年生合同進路学習会の様子
ベネッセによる模試分析の様子
2年生の大学調べの様子

1、2年生の特進エリアは、冬季進学補習の間、進路学習会を実施しています。1、2年生合同で、キャリア教育推進部進路指導担当部長からの講話を聞いたり、ベネッセコーポレーションの方から模試の分析報告を聞いたり、志望校について調べたりと、3日間様々な取り組みをしています。進路について考え、これからどんなことをしていけばよいか考え、行動に移せるきっかけになればいいなと願っています。生徒ひとり一人の希望進路実現に向けて、木津高校はこれからもサポートを続けます!

 
 
【普通科特進エリア】探究活動~「問い」を考える~
【 2021/04/23 】
「問い」を考える①
「問い」を考える②

2年生特進エリアでは、今年度、LHRの時間を活用し「防災」をテーマに探究活動を行っていきます。今回のLHRの活動を報告します。

今回のテーマ:「問い」を考える

探究活動を進めていく中では、「問い」を明確にすることがとても大事です。そこで、研究テーマについて深めるために、どのような「問い」を設定するのがよいのか、皆で考えてみました。活動は、まだまだ始まったばかりです。皆さんに発表できる日を目指して、活動は続きます。

 
 
【普通科特進エリア】2年進学特講、やり切りました!
【 2021/02/09 】

2学期から始まった、2年生の進学特講が、本日最終回を迎えました。最終講義は「数学」でした。文系、理系に分かれて、それぞれが学習に励みました。4月になれば高校3年生となり、いよいよ受験生です。引き続き進路についてしっかりと考えて、準備を進め、よいスタートがきれるよう期待しています。

生徒の感想を紹介します。

特講が始まった頃は、帰るのが遅くなるので「嫌だなぁ」と思うことが多かったです。しかし、回数を重ねるうちに、自分に力がついてきていることを実感しました。今は、進学特講に取り組んで「よかったなぁ」と思っています。来年、進学特講に取り組む後輩たちも頑張ってほしいと思っています。

 
 
【1年生普通科特進】「大学での学びと高校で身につけてほしい力」について講義を実施しました。
【 2021/01/20 】

1月20日(水)のLHRの時間に、1年普通科特進エリアで、京都文教大学・短期大学社会連携部長の名塩様にお越しいただき、「大学での学びと高校で身につけてほしい力」について講義していただきました。

大学と高校の授業の違いや大学生活と高校生活の違い、大学を選ぶ時にみるポイント、コロナによる授業や面接のオンライン化などたくさんの話をしていただきました。その中でも特に強調されていたのは、「大学は多様な価値観を学ぶために行く」のであり、そこで「自ら考える力が重要になる」という点で、生徒の感想にも多く挙げられていました。

1年3学期も早くも半分が過ぎようとしています。講義の中でもありましたが、わからない事をそのままにせず時間をかけてでも着実に取り組むことで、進路実現につなげてほしいと思います。

<以下、感想より抜粋します>

・成績や学力などの高校生としての基礎は大事だが、それ以上になぜそれをやるのか、やったことによってどういう力が身につきどこで活かすのかを考えてみたい。

・学力ももちろん必要ではあるけれど、考える過程がすごく大切と聞いて、どんな時でも頭を使つかった考える力を養っていく

・気になる学校はちゃんと見に行き、学校の空気などに触れて肌で感じることが大切だと感じました。

・志望校は決まってもまだ本当にしたいことが見つかっていないから、とりあえず基礎となる高校の勉強で自分の苦手教科を人並みにできるようにしようと思う。

 
 
【普通科特進エリア】進学特講、頑張っています!
【 2021/01/12 】
2年 数学講義①
2年 数学講義②
1年 国語講義①
1年 国語講義②

普通科特進エリアでは、国語・数学・英語の3教科の基礎をしっかりと定着させ、学習に取り組む集団作りを強化するために「進学特講」を実施しています。

2年生特進エリアは、進学特講を10月よりスタートして、今日で6回目を迎えました。今回は数学の講義で「数列」を学習しました。

1年生特進エリアは、今日が1回目の進学特講でした。1回目は国語の講義で「古典文法」について学習しました。

進学特講は、2月半ばまで続きます。限られた回数ですが、国語・数学・英語の力に磨きをかけていきましょう!!

 
 
【1年生普通科特進エリア】龍谷大学キャンパス見学に行ってきました!
【 2020/10/28 】

1年特進エリアでは進路学習の一環として龍谷大学キャンパス見学に行ってきました。現地では約1時間の滞在でしたが、大学からのガイダンス及びキャンパス見学を行い、濃い時間を過ごせました。1年生はまだまだ大学のイメージが沸いていない生徒も多いと思いますが、中庭が広く開放感のあるキャンパスの雰囲気やおしゃれな大学生の様子を見て、生徒たちのモチベーションが刺激されたようでした。

1年特進エリアでは、今後も進学に関する様々な取組を通して、学力を身につけ希望進路の実現に向けて頑張っていきたいと思います。

 
 
オンライン進路学習会実施!!
【 2020/08/05 】
オンライン進路学習会開講!
見守る先生方
進路セミナー①副校長
教科セミナー①数学
教科セミナー②国語
教科セミナー③英語
閉講にあたって(学年部長)

1年生特進エリアを対象として、「オンライン進路学習会」を実施しました!木津高校では、初めての試みです。
生徒とともに1週間前から事前準備をして、8月5日(水)の当日を迎えました。9:00~12:00という短い時間でしたが、いつもと違う学習環境で、進路について考え、また各教科の学習方法を学ぶ機会となりました。

<オンライン進路学習会の内容>
進路セミナーⅠ「予測困難な社会に必要な力について」(副校長)
教科セミナー①数学「復習の仕方」
教科セミナー②国語「古文の読み方」
教科セミナー③英語「ライティングレッスン」
進路セミナーⅡ「My学習スタイルの形成/定着~1年夏・秋に意識してほしいこと」(進路担当)
閉講にあたって(学年部長)

 
 
【3年生普通科連携コース】環境ゼミでSDGsに関する授業を実施しました
【 2020/07/02 】

3年連携コースの環境ゼミではSDGsに関する授業を行いました。

SDGs成立までの国際的な背景や概要について学んだ後は、7月1日から全国で開始されるレジ袋有料化について、①なぜこの制度ができたのか(背景)、②どのような制度か(具体的な方法)、③自分たちの生活や行動にどのような影響があるか、という3つの問いを立てて、それぞれインターネットを使って調べました。

また、別の日には調べた内容のうち①~③の問いを一つ選び、調べた内容とそれに関する自分の意見を3分間で発表しました。

調べてきたデータを黒板に書いたり、絵も使いながらの発表は、10人のメンバー全員が頑張って行い、お互いの発表を聞くことで、プラスチックゴミに関する問題や日本・世界の取り組みについて、学ぶことができました。

 
 
【3年連携コース】木津川の水質について学びました!
【 2019/09/27 】

 3年生連携コースでは、9月20日(金)の3・4時間目に淀川管内木津川河川レンジャーアドバイザーの山田信人先生を迎え、「いつまでも泉のように」と題して、木津川の水質環境の変化について、講義をしていただきました。

 山田先生は元々木津高校で教鞭をとられ、化学部の水質調査と環境改善の取り組みで、多大な功績を残されました。今回は木津高校時代の話から、退職後に河川レンジャーとして活動された話をつなげ、約30年間に渡る、木津川の水質環境の変化について講義をしていただきました。

 また、授業の後半では、木津高校近くの用水路の水、木津高校の水道水、醤油を1適加えた水の3種類でCODのパックテストを行いました。用水路の水はそこそこ高い数値がでましたが、木津高校の水道水はきれいであることがわかりました。また、水道水に醤油を1滴加えるだけで、かなりCODが上昇する事を体感し、食べ残しなどを下水に流すと環境負荷をかけていることを実感することができました。

 木津川は古くは泉川と呼ばれたように、きれいで人々の生活に身近な川でした。現在は鮎が遡上するCODレベルに近い所まできれいになってきていますが、マイクロプラスチックなどのゴミ問題もあり、課題がないわけではありません。きれいな木津川を守るためにも、木津川について学び、ひとりひとりが環境に配慮した行動ができるようにしていきたいです。

 
 
【3年連携コース】2・3年合同出前授業「未来のために知っておきたい、海とプラスチックの話」
【 2019/05/11 】

 5月9日(木)。この日は大阪商業大学公共学部准教授の原田禎夫先生をお招きし、「未来のために知っておきたい、海とプラスチックの話」と題して出前授業を実施していただきました。

 現在、私たちの生活では安価で便利なプラスチック製品が大量に生産・消費されていますが、近年大きな問題として注目されています。リサイクルやゴミとして処理されなかったものだけでなく、劣化や風化によって環境中にあふれ出すプラスチックは年々増加しており、最終的には海に流れ出て行きます。これらのプラスチックは2050年には全世界の魚の量をも上回るという予測がされています。環境中のプラスチックは生態系への影響にとどまらず、私たち人類の健康にも深刻な影響があると考えられています。世界ではプラスチックのレジ袋を禁止するなど、さまざまな取り組みが始まっていますが、日本の対策は遅れている現状です。

 今回の出前授業では、プラスチックが生態系に与える影響や世界の動きだけでなく、実際に亀岡市で行われている活動や政策についても教えていただき、私たちひとりひとりが意識を変えて、行動していかなければならないことがよくわかりました。生徒達は最後まで集中して耳を傾けていました。

 今後の連携の授業や課題研究に向けても、「循環型の経済」や「環境への配慮がかっこよい」と思えるような仕組みやデザインを考えるなど、大事な視点を学べたと思います。連携コースでは今後も様々な連携を通して、探求的な学びを行い、実践につなげる取り組みをしていきたいと思います。

 
 
3年連携コース「伝える力」最終発表会!
【 2018/01/29 】
生徒代表による開会のあいさつ
最初は「歴史・文化」班の発表です
鯖街道について調べたことを発表しています
2番目は「文学・心理」班の発表です
マスコットキャラクター「きこりん」
園児が塗った塗り絵の実物も持ってきました
会場全体に塗り絵を見せています
3番目は「理科・環境」班です
クマムシについて
校内の過ごしやすい場所について
校内でみられる動物について
最後は「観光・情報」班で宇治の観光について

1月22日(月)。平成29年度3年生連携コース5期生の課題研究発表会を行いました。

2年生連携コースの生徒や、見に来ていただいた先生方の前で、これまで取り組んできた成果を発表しました。

以下が発表内容です。

①「歴史・文化」班(6名)

題目:「食文化」

テーマ:なくなっていく食文化について

内容:若狭湾から京へ鯖などの海産物を運ぶ「鯖街道」に着目し、実際に現地に行って街道の様子や関係業者の方へインタビューを行いました。漁業や料理店などの後継者がいないことや、鯖などの海産物の漁獲量が減ってきていることなど、文化の継承に課題があることを発表しました。

②「文学・心理」班(11名+1体)

題目:「色と心」

テーマ:色彩心理について

内容:色彩心理をテーマに、前半は幼稚園児が塗り絵をするときに、暖色や寒色、中間色などどのような色を好んで使う傾向があるのかを調べました。後半は、夏目漱石の文学作品にどのような色が多く登場するのかを調べ、漱石がノイローゼだった頃の作品に登場する色使いが、白や黒などモノトーンが多かったことなどを発表しました。

③「理科・環境」班(13名)

題目:「木津高校環境調査~生物・環境~」

テーマ:校内の「クマムシ」・「過ごしやすい場所」・「校内を利用する動物」について

内容:理科・環境班はさらに3グループに分かれて、木津高校内の環境調査をしました。「クマムシ」班は校内のどこに・どのうようなコケにクマムシが生息しているのかを調べました。「過ごしやすい場所」班は温度や湿度を測定し、同じ時間帯でも、どの場所が涼しく、どの場所が暑いのかなどを調べ、最後はピックアップした2地点について、どうすればもっと利用者が増えるのか提案を行いました。「動物」班は校内でこれまでに確認された動物情報を集めました。

④「観光・情報」班(7名)

題目:観光地を探る

テーマ:京都の有名な観光地、宇治について

内容:世界遺産などのある観光地、「宇治」について調べました。近いこともあり、なんとなく知っている宇治という場所を改めて調べ直して、発見したことなどを観光プランとしてまとめました。

 
 
【3年連携シリーズ⑥】インターネットと消費生活のトラブルについて学ぶ!
【 2017/11/21 】

【3年連携シリーズ⑥】

11月20日に京都府山城広域振興局の消費生活相談員である木戸明美様を講師に迎え、「インターネット・消費生活における諸問題について」と題して講義をしていただきました。

前半はパワーポイントやワークシートを用いて、主にSNSやインターネットのモラルやマナーについて講義を聞いたり、話し合ったりしました。何気ない投稿が炎上したり、個人情報の特定につながったり、将来の就職や結婚などの際にトラブルになり得ることなど、なんとなく知っているようでも、そこまで想像していなかったようなことが、現実に起こっていることを学びました。

後半は4人1組で準備していただいた人生ゲームを行って、消費生活のロールプレイを行いました。「株って買っといたほうがいいん?」や「(地震が起こるマスに停まり)しまった!地震保険入ってた方がよかった・・・」など様々な声が聞こえてきました。

最後に、近いうちに成人年齢が18歳に引き下げられる話や未成年と成人とでは問題が起こったときに責任の重さが変わってくることなど話していただき、3年生にとっては自分に直接関わってくる問題として考えることができました。

 
 
【シリーズ3年連携⑤】中間発表会を実施しました!
【 2017/11/11 】

【シリーズ3年連携⑤】

11月10日金曜日。この日の3年連携の授業では課題研究の中間発表会を行いました。

4つの分野「理科・環境」、「歴史・文化」、「文学・心理」、「観光・情報」毎に10分間でこれまで行ってきた研究と今後の展望について発表しました。

良いところもありましたが、やはり中間発表会ということで課題がたくさん見つかりました。

多くのチームに共通するところで、内容面がまだまだ不十分ということもありますが、発表面でも原稿を読んでいるだけで伝わらない、パワーポイントが見にくかった、画像引用に関する著作権の問題などがあり、次回の本番の発表へ生かしてもらいたいです。

今回見つかった課題を真摯に受け止めて、よい課題研究を行ってくれることを期待しています。

 
 
【3年連携シリーズ④】学校説明会で連携の取り組みを発表しました!
【 2017/11/08 】

11月3日(金・祝)に第2回学校説明会が開催されました。

連携コース3年生では、代表の生徒が中学生や保護者の方を前に連携コースの取り組みについて発表しました。

大勢を前に緊張したと思いますが、2年次の取り組みや現在の分野別に分かれて行っている内容などをパワーポイントを用いて発表しました。

終わってからも、「緊張したけど、楽しかった」という感想も聞かれ、またひとつステップアップしたのではないかと思います。

 
 
【3年連携シリーズ②】完成!校内イラストマップ
【 2017/06/17 】

【3年連携シリーズ②】完成!校内イラストマップ

3年生連携コースでは5月に校内のイラストマップづくりに取り組み、先日その発表会を行いました。

各分野で工夫を凝らしたものができ、第2職員室前の廊下に展示してありますので、一度ご覧ください。

各分野で作成したマップは以下の通りです。

<文学・心理分野>

校内に咲く花の花言葉などを紹介した『校内を彩る花・木をうたう』

<歴史・文化分野>

日本遺産である製茶工場とその周辺を紹介した『製茶工場周辺マップ』

<観光・情報分野>

食堂の人気メニューや行き方などを紹介した『学生の憩いの場』

<理科・環境分野>

1班:2つある中庭の樹木を紹介した『中庭の樹木』

2班:校門周辺の樹木を紹介した『校門樹木マップ』

3班:食堂周辺の樹木や草花を紹介した『植物マップ~食堂周辺』

文学・心理班作成の「校内を彩る花・木をうたう」マップの発表風景
歴史・文化班作成の「製茶工場」マップの発表
観光・情報班の「学生の憩いの場」マップの発表
理科・環境班の「校門の樹木」マップの発表
「シラカシ」の紹介プレート
第2職員室前の廊下に完成したマップを展示しています
春に赤くなる紅葉「デショウジョウ」の紹介プレート
校門付近に多く植えてある「ツツジ」の紹介プレート
理科・環境班作成の「植物マップ~食堂周辺」
観光・情報班作成の食堂に関して紹介した「学生の憩いの場」
理科・環境班作成の「校門樹木マップ」
理科・環境班作成の「中庭の樹木」
 
【3年連携シリーズ①】校内イラストマップづくり
【 2017/05/15 】

【3年連携シリーズ①】校内イラストマップづくり

今年度も連携コース(3年)の様子をシリーズで発信していきます!

現在、3年生の連携コースでは校内イラストマップづくりをしています。

「文学・心理」、「社会・文化」、「理科・環境」、「情報・観光」の4つの分野に分かれて、各分野でテーマを設定して取り組んでいます。

例えば「理科・環境」分野なら校内のどこに何の樹木があるかを調べてイラストマップを作成し、さらに各樹木に紹介のプレートを設置する予定です。

5月末に完成予定ですが、各分野でどんなマップが完成するか楽しみです。

 
 

MENU

2022.7.21
生徒が教えるパソコン教室
2022.7.22
生徒が教えるパソコン教室
2022.7.23
就職四者面談予備日
2022.7.25
就職四者面談
2022.7.26
就職四者面談
2022.7.27
農業クラブ府連盟大会
2022.7.28
就職企業見学(~8月8日)
2022.7.31
第2回全統共通テスト模試(マーク)