学校便り

 
 
 

 3月12日(月)、避難訓練及び主権者教育を行いました。

 今回は調理室で火災が起こったという設定で、生徒と教員は速やかに、体育館に避難しました。目標の10分以内での避難は達成されました。実際に災害や火災が発生した場合も、今回のように速やかに行動しなければなりません。

 避難訓練に引き続き、体育館で、主権者教育も行われました。公民科教員による講義を通して、政治的教養を身につけることの大切さや、主権者としての自覚を再認識できたと思います。