学校便り

 

平成30年3月1日、春一番とともに、冬の寒さが和らぐ中、第41回卒業証書授与式を挙行いたしました。あいにくの雨ではありましたが、卒業生357名は力強い一歩を踏み出し北嵯峨高校を巣立っていきました。

4年前、卒業生達が入学する少し前に、「後10年~20年で、今ある仕事の47%が自動化される(コンピュータに取って代わられる)」という予測が欧米で発表されていました。それから4年の間で、テクノロジーをはじめとする様々なものは、さらに急激なスピードで変化を続けています。

社会はこれからも私たちの予想を上回る形で発展していくと考えられますが、それぞれの目標に向かい道を切り拓いてくれることを期待しています。