学校便り

 

高大連携事業 2017/07/24 

 
 
 

 7月15()16(日)の2日間、長浜バイオ大学で高大連携事業『自分の設計図を調べてみよう~お酒に強い?弱い?~』を実施しました。本校2年の理系の生徒約10名が大学の設備を利用して、黒田先生のご指導の下、PCR法及び電気泳動法を用い、自分の遺伝子を実際に扱うというDNA鑑定の体験をしました。また2日目は『DNA鑑定の光と影』という講義を受けた後、グループディスカッションをしてその結果を発表しました。

 DNAを実際に操作するだけでなく、生徒の多くが苦手とする実験・データ整理・データ分析・プレゼン発表という過程を大学の研究の場で体験でき、論理的展開・プレゼン発表力の育成が図れました。また、遺伝子操作の功罪について議論を深めるという社会科学的アプローチも体験できました。