学校便り

 

 第33回京都府高等学校総合文化祭が、9月18日(日)~12月18日(日)の日程で開催されています。11月3日(木・祝)には、吹奏楽部門が長岡京記念文化会館で行われ、本校吹奏楽部が出演し「『指輪物語』よりⅠ魔法使いガンダルフ」と「センテニアル」を演奏し大きな拍手をいただきました。
 また、同日、郷土芸能部門も京都市東部文化会館で行われました。本校郷土研究部が「六斎踊り」のうち『四つ太鼓』『越後獅子』を上演し、奨励賞を受賞しました。
 11月6日(日)には、器楽・管弦楽部門が長岡京記念文化会館で行われ、本校クラシックギター部が出演し「亡き王女のためのババーヌ」と「『空、空気そして微笑み』よりⅡ.こだまのファンタジア」を演奏しました。ガラスのコップを使った演奏は京都では初披露(?)大きな拍手をいただきました。
 それぞれの部活動の生徒たちは日頃の成果を精一杯発揮していました。