学校便り

 

 「JENESYS2.0」2016年度中国高校生訪日団として、中国浙江省から28名の高校生が、北嵯峨高校を訪れました。主に2年3組の生徒と交流をしました。お互いの自己紹介から始まり、日本文化として折り鶴を中国の高校生に体験してもらいました。また、校内ツアーでは、日本の高校の授業風景や部活動などを見学していただきました。英語やジェスチャーなどで意思疎通を図りましたが、英語でのコミュニケーション力の重要さを改めて認識する機会になった生徒も少なくなかったでしょう。これをきっかけに国際的な視野を育み、日々の学習にもさらに意欲的に取り組んでほしいと思います。