学校便り

 

 12月に引き続き3年7組の生徒達が盲学校で"フロアーバレーボール"を体験しました。フロアーバレーボールは目隠しをした前衛の選手に後衛が指示を出してプレーするので、障害の有無にかかわらず共に楽しめるスポーツです。生徒達は最初はとまどっていましたが、ラリーが続くようになると笑顔がこぼれていました。体験することによって気付くことがたくさんあったようです。
お世話になった盲学校の先生、生徒のみなさんありがとうございました。