Copyright and All rights Reserved Kitakuwada High School 2011
 
お知らせ

7月16日(土)第98回全国高等学校野球選手権京都大会3回戦

7月16日(土)わかさスタジアム京都第3試合に3回戦が行われました。
対戦相手は、開幕戦勝利から勢いに乗る洛西高校。
初回先頭の花倉が2塁打で出塁すると、磯部のバントと相手のミスで1点を先制。
その後もチャンスをつくり、北桑田ペースで試合は進みました。
そして4回、吉田、高乘の連打、川面が送りバントを決め、清水の3塁打と花倉のヒットで3点を追加。その裏、1点はとられるも、先発吉田の好投と8回途中からリリーフした橋本がぴしゃりとしめ、4対1で試合終了。

北桑田  100300000 4
洛西   000100000 1

 
本日も炎天下の中、吹奏楽部をはじめ、たくさんの方に応援に来ていただき、ありがとうございました。
次戦は7月19日(火)わかさスタジアム京都で第1試合(9時開始予定)です。
シードの日星高校と新加入した京都工学院高校との勝者と対戦します。
温かいご声援をよろしくお願いします。
 

 
 

7月12日(火)第98回全国高等学校野球選手権京都大会2回戦

7月12日(火)
太陽が丘球場第1試合、京都明徳高校と対戦しました。
3回無死満塁から四死球やヒットで得点されるが、3塁手の小林がホームゲッツーを完成させ3点で防ぐ。
5回1死満塁から橋本、吉田、高乗のヒットや犠牲フライで逆転に成功。
6回雨の強い中、花倉、橋本のヒットでさらに追加点。
その後、雨が強くなり、約1時間30分の中断。
雨がやみ、グラウンド整備後試合開始。
球場の温度は上がり、しんどい中両チームともピンチを切り抜け得点が動かないまま最終回へ。
9回、川面の犠牲フライで待望の追加点が入り、試合終了。

北桑田  000042001 7
京都明徳003000000 3
 
結果7対3で勝利しました。
雨の中、たくさんの方に応援に来ていただき、ありがとうございました。
また、グランド整備もスムーズに、そしてきれいにしていただきありがとうございました。

次戦は7月16日(土)わかさスタジアム京都で第3試合(14時開始予定)です。
開幕戦を勝利し、勢いに乗る洛西高校と対戦します。
温かいご声援をよろしくお願いします。
 

7月10日(日)開会式そして選手宣誓

雨天順延された開会式が7月10日に行われました。
北桑田高校の選手たちは、プラカードを持つマネージャーを先頭に、堂々とした行進しました。
そして、主将花倉君の選手宣誓。
大きな声でハキハキと立派な選手宣誓でした。
大きな拍手に包まれ、夏の大会が開幕しました。
北桑田高校の初戦は7月12日(火)太陽が丘球場にて9:00試合開始です。
 

開会式が延期に

開会式が9日、雨天のため、10日9:55からに順延になりました。
そのため、プラカードは各校から出ることになり、北桑田高校は3年生の野球部マネージャーが担当します。主将花倉君の選手宣誓とともに、堂々と行進する姿をお楽しみください。
 

7月9日(土)第98回全国高等学校野球選手権京都大会開会式選手宣誓に!!

7月9日から始まる高校野球101年の夏。
なんと今年の選手宣誓は北桑田高校主将の花倉和大君です。
あたたかいご声援よろしくお願いします。
初戦は7月11日(月)太陽が丘球場、第1試合(9:00開始)で、京都明徳高校と対戦します。
 

平成28年度春季京都府高等学校野球大会2次戦

5月3日峰山球場で、春季大会で優勝した京都翔英高校との対戦は1対5という結果でした。
中盤に1点を取られるも、6回2死1塁から清水のライトオーバーの3塁打で同点に追いつくことができました。
終盤には4点を失いましたが、強打の京都翔英打線に粘り強く戦うことができ、夏に可能性を残す試合となりました。
 

平成28年度春季京都府高等学校野球大会1次戦ゾーン決勝

4月24日(日)晴天の中、1次戦ゾーン決勝が行われました。
相手は乙訓高校を接戦で制した紫野高校。
立ち上がりから両投手の好投で、4回まで無安打が続きました。
その後両チームとも四死球やヒットで、チャンスは作るも無得点。
ゲームが動いたのは6回。
先頭の小林がセンターの頭上を越える3塁打でチャンスを作ると、
続く岩佐が左中間を破る2塁打で先制に成功。
そして、清水のヒットで2点目を取りました。
その後は両チームとも0が並び、2対0でゲームセット。
2次戦へ進出することができました。
この試合で北桑田高校は無安打無得点試合を達成していました。
この日も遠い中、たくさんの方に応援に足を運んでくださり、ありがとうございました。
ベスト8をかけた次戦は5月3日峰山球場で12:30から、強打の京都翔英高校と対戦します。
あたたかいご声援をよろしくお願いします。
 

 
 

平成28年度春季京都府高等学校野球大会1次戦2回戦

4月17日(日)雨天のため、予定より2時間30分遅れて春季大会が北桑田高校で行われました。
相手は花園高校。
初回、1死満塁のチャンスを作るも無得点。
その後、北桑田のミスもあり、徐々に点数をいれられ6回を終わって4点差に。
しかし、7回磯部のホームランをきっかけに、4連打で同点に。
岩佐の好走塁で1死3塁。続く、吉田の犠牲フライで逆転に成功。
その後も、花倉の2塁打や吉田のホームランで追加点を挙げ、8で6勝利することが出来ました。
次戦の1次戦ゾーン決勝は、24日(日)12:30から、乙訓高校のグラウンドで紫野高校と対戦します。
温かいご声援をお願いします。
 

 
 

平成27年度秋季大会敗者復活決勝戦

9月12日(土)乙訓高校のグラウンドにて、敗者復活決勝戦を行いました。
相手はこの夏4強の乙訓高校。
初回の守りでは、2死3塁のピンチをファーストゴロに打ち取り無失点。
お互い連打の出ないまま8回まで0が並ぶ。
9回3つの四死球で満塁のチャンスを作ると、吉田が三塁線を抜く2点タイムリーで先制し、
その裏を3人で締め、ゲームセット!
2次戦進出を決めました。

9月14日に抽選会があり、2次戦の初戦は北嵯峨高校を決勝で破った
嵯峨野高校に決まりました。
9月19日(土)10時から、太陽が丘球場で行われます。
保護者の方、地域の方々の大きな支えにより、選手共々頑張ることができています。
引き続き温かいご声援をよろしく願いします。
 

平成27年度秋季大会敗者復活3回戦

9月6日(日)北嵯峨高校にて、敗者復活3回戦が行われました。
あいにくこの日は雨の予報でしたが、試合が始まるまではなんとか天気がもっており、
予定より時間を早めて試合は始まりました。
対する相手は田辺高校。
初回ピンチの場面では、センター磯部のホームへの好返球により、無失点に。
2回、先頭の吉田がレフトスタンドへ飛び込むホームランを放つと、
投げても吉田が、雨の降る中を無失点に切り抜ける。
中盤清水・吉田の連続タイムリーで追加点をあげて、5対0。
6回雨が強くなる中、3点は奪われましたが、7回雨とグラウンドの回復が見込めないことから
雨天コールドで勝利をおさめることができました。
次戦はゾーン決勝です。
9月12日(土)乙訓高校グラウンドにて12:30から、春に負けた乙訓高校と対戦します。
グラウンドへは車の乗り入れはできませんが、温かいご声援をよろしくお願いします。
 

平成27年度秋季大会敗者復活2回戦

8月30日、北桑田高校のグラウンドにて、
敗者復活2回戦が行われました。
相手は昨日乙訓高校と3対4の熱戦を繰り広げた京都八幡高校。
初回、無死一塁を三振ゲッツーで切り抜けると、
その裏、2死2,3塁から清水の打球のエラーや吉田、高乘の長短打もあり、
一挙に5点を先制。
2回には岩佐の犠牲フライで追加点。
3回、4回も着実に得点を重ね、9得点。
投げては吉田が被安打2の完封。
結果9対0の7回コールド勝ちでした。
次回は田辺高校と対戦します。
応援よろしくお願いします。
 

平成27年度秋季大会敗者復活1回戦

8月29日東宇治高校のグラウンドにて、
敗者復活1回戦が行われました。
相手は夏ベスト8の城南菱創高校。
初回、磯部、橋本、岩佐の3連打で満塁とすると、
清水、吉田のヒット、高乘のレフトオーバーで5点を先制し、
波に乗るとその後も花倉、岩佐、吉田の長打で着実に得点を重ね、
10対2で7回コールド勝ちとなりました。
次回は乙訓高校と京都八幡高校の敗者と対戦します。
応援よろしくお願いします。
 

平成27年度秋季大会1次戦1回戦

8月22日(土)塔南高校グラウンドにて、
秋季大会1次戦1回戦が行われました。
対戦相手は夏ベスト4の塔南高校。
夏休み中、毎日必死に練習してきた北桑田高校新チーム。
試合は初回2死2塁のピンチで、レフト前ヒットを打たれましたが、
レフト高乗のダイレクトのバックホームで0点。
また、1死2,3塁の場面では、ライトへのフライを打たれましたが、
ライト清水のバックホームにより、タッチアップをした3塁走者もアウトでチェンジと、
要所を守りスコアボードには0が並びました。
投手吉田、捕手岩佐の息もぴったりで7回に1点を失いましたが、
失点はこの回の1点だけ。
打つ方ではチャンスを広げることができず0点に。
結果は0対1で敗退しました。
この日もたくさんの方々に応援に来ていただき、ありがとうございました。
この悔しさをバネに練習し、来週の敗者復活戦に臨みます。
 

第97回全国高等学校野球選手権京都大会3回戦

3回戦の相手は左の好投手を要する同志社高校。
試合はお互い0点が並ぶ投手戦。
ピンチの場面ではセンター仲江のファインプレーもありました。
2点を取られた終盤では、キャプテンの一打で1点を返し、
最終回も降り逃げ、近藤のヒットで2死1,2塁まで追い上げました。
結果は1対2で敗退しましたが、たくさんの方々のご支援・ご声援のおかげで
最後まで粘ることができました。
ありがとうございました。
 

第97回全国高等学校野球選手権京都大会2回戦

7月13日(月)11:45太陽ヶ丘球場で、2回戦が行われました。
対する相手は木津高校。
初回2死2,3塁の場面で先発起用された岩佐がその期待に答え、
ライトフェンス直撃の2塁打と川瀨のヒットも続き、4点を先制。
投げては今大会初先発の川瀨が1,2回を0点に抑えるが、
3回につかまり1点差に。
その後は逆転されてもすぐ追いつく展開となったが、渡辺のタイムリーヒットに
近藤の好走塁や村上のスクイズもあり、着実に加点していった。
そして8回、田尻のセンターオーバーによって、3時間を越える試合に終止符を打ちました。
しんどい場面を経験し、それを乗り越えての勝利に、また1つ北桑田のナインは成長しました。
3回戦は好投手を擁する同志社高校と対戦します。
本日も平日の中、たくさんの方々に応援に来ていただき、ありがとうございました。
次は7月16日(木)わかさスタジアム京都にて、第3試合14:00試合開始です。
 

 

 
 

第97回全国高等学校野球選手権京都大会開幕

7月11日(土)第97回全国高等学校野球選手権京都大会が開幕しました。
10時から開会式が行われた後、熱い夏の戦いが始まりました。
そして初戦が北桑田高校対南丹高校。
北桑田先攻でゲームは始まりました。
ゲームが動いたのは3回。
1死から仲江・花倉のヒット、村上の送りバントで2死2,3塁。
ここで相手のパスボールの間に2点を先制しました。
5回には2死2塁から近藤のセンター前ヒットで1点を追加し、
7回は近藤のレフトの頭を越える2塁打で追加点。
そして9回、渡辺の3塁打とパスボールでダメ押し点。
投げては小東の安定したピッチングに、それを支えるキャッチャー田中を中心としたバック。
開幕戦の独特な雰囲気のもとですが、選手たちはのびのびと終始北桑田のペースで
ゲームを進めることができ、5対0の完封勝ちとなりました。
本日は本当にたくさんの方々に応援に来てくださり、ありがとうございました。
2回戦は7月13日(月)太陽ヶ丘球場で第2試合11:00試合開始です。
 

 

 

 
 

5月13日 春季大会 準々決勝

ベスト4をかけて、晴天の中わかさスタジアム京都で京都学園高校と対戦しました。
2回裏先頭の4番が右中間を抜くタイムリーツーベースを放つと、5番の進塁打の後、
6番のレフトへの犠牲フライで先制しました!
投げては先発投手が要所をしめるピッチングで被安打4の完封勝利でした。
前回の試合でエラーが4つありましたが、今回は見事に0。
落ち着いてプレーができ、声を掛け合いながら、日に日に選手は成長しています。
ベンチ・スタンドともに一体となってつかんだ勝利でした。
暑い中、応援にきて下さった方々、いつも応援して下さっている方々、ありがとうございます!
準決勝は5月19日(土)12時からわかさスタジアム京都で、鳥羽高校と対戦します。
翌20日(日)は決勝または3位決定戦が行われます。
皆様の温かいご声援をよろしくお願いします。
 

 

 
 
COUNTER15677
2013年4月18日から