COUNTER49618

       城陽市立   北城陽中学校 
 更新日: 令和元年(2019年) 5月22日    

  

北城陽中学校のホームページへようこそ。 生徒の活動の様子などを更新していきます。

 
城陽市立 北城陽中学校 ホームページ
 
平成31年度「あい学習」研究
 
平成30年度「あい学習」研究
 

1月30日 「あい学習」校内授業研究会

愛知文教大学の「学びの共同体研究会スーパーバイザー」倉知雪春先生をお招きし、校内授業研究会を行いました。
5時間目は、倉知先生に全学級の授業を見ていただき、6時間目は、塚田先生に1年生数学の公開授業研究会をしていただきました。
倉知先生には、「どの学級も学び合いを行っている。2年間の進歩が見られる。」「塚田先生の授業は、生徒の学びに向かう強い意欲を高めるとても良い授業だった。」と、お褒めの言葉をいただくと同時に、今後の授業研究の在り方についてご示唆をいただきました。
              どの授業でも「あい学習」を行っています。                  塚田先生による研究授業

先生が生徒のつぶやきに耳を澄ませてます。  生徒の意欲をかき立てる言葉がけ   授業が終わった後も考えるのに夢中です。
 

11月16日 「京都府中学校教育研究会 理科教育研究大会」

本校で、「京都府中学校教育研究大会 理科教育研究大会」の授業公開が開催され、
片山先生が3年生の授業を公開しました。
透明半球を使って太陽の動きを探求する授業を、「あい学習」で行いました。
京都府各地から授業を見に来られていましたが、とても実りある発表となりました。

 
 

8月27日 校内研修

学びの共同体スーパーバイザーで愛知文教大学の倉知雪春先生を講師にお招きし、校内研修を行いました。
①各学年、各教科の担当より、NRTや学力診断テストの結果を受けて、学力分析の発表
②倉知先生からのご講演
③教科部会で2学期の「あい学習」の授業構想

倉知先生には、ご講義と模擬授業を行っていただき、「学びの共同体」の授業を具体的に教えていただきました。
また、ビデオを流していただき、実際の授業についての解説もいただきました。
 

6月28日 社会科研究授業・事後研究会

3年生社会科の研究授業を行い、その後に事後研究会を行いました。
授業は、生徒達がボードを囲んで深く考え、主体的に学ぶ様子が見られる、とても充実した内容でした。
【研究授業の概要】
◎「第1次世界大戦の後、なぜ2度目の世界大戦が起きたのか」
 ①パリ不戦条約
  (世界各国の不戦条約の締結とその後)
 ②共有の課題 「第二次世界大戦時の国際関係図の作成」
  (ボードに国名カードを貼り付け、関係を書き入れる)
 ③ジャンプの課題 「なぜ、第2次世界大戦が起きたか」
  (ボードに出来事や条約などのカードを貼り付け、なぜ再び世界大戦が起きたかを書き入れる)




【事後研究会】
①授業者から ②グループ討議 ③グループ発表
その後、学びの共同体研究会スーパーバイザー倉知雪春先生による講評と講義を受けました。
授業や研究の推進について倉知先生からもほめていただき、また課題についても丁寧に教えてくださいました。