綾部市立吉美小学校 ayabe kimi elementary  school「笑顔・元気・夢いっぱい そして自分から」
 

日誌

新規日誌3
12345
2019/10/19new

児童総会 前期から後期へ

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
18日6校時、前期から後期の委員会への引き継ぎ式も兼ねた児童総会がありました。
司会進行は全て子ども達の手でおこないます。
まず、前期の委員会の反省です。委員長・副委員長が前にでて、代表委員会・生活環境委員会、保健体育委員会、図書委員会、給食委員会、放送委員会の順に出来たこと、出来なかったこと,後期に引き継ぎたいことなどを伝えていきました。そして代表委員全員が前に立ち、一人一人のがんばりと成長を振り返りました。それらの姿から、こういった役をもつ経験が子ども達を成長させるのだと感じました。


次に、後期の委員会が同じように目標を伝えました。
そしていよいよ引き継ぎです。ステージの上で委員会のファイルが手渡されました。

最後に各学年の学級委員がそれぞれ前に立ち同じように反省と目標を伝えました。
全てが終わるといつものように感想交流です。1年生から4年生ですがたくさんの児童が手を挙げること、声が大きくなってきたこと、自分の考えを伝えようという意識が見えます

最後に校長から「委員会や係活動は自分たちの生活の中でもっとよくしたいと思ったことを自分たちで解決するために考えて、提案して、取り組むためにあります。みんなで良い学校にしましょう」と話がありました。
12:30 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/10/19new

周回走実施10/17

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
17日は今年度から開催する周回走の日でした。これまでは校外を走るマラソン大会でしたが、体育の時間で練習する内容を体育の時間の公開で という趣旨に則り、形を変えたものです朝の練習を実施しないという働き方改革の観点から、そして児童にどんな力を付けたいか、そのために必要な行事は何かを話し合った結果です。
また本校の環境の良さも後押ししています。変形とはいえ300mのトラックがとれるのは幸運です。
当日は朝早くからたくさんの保護者や地域の皆様に応援に来ていただきました。その声援を受け、これまでの練習以上の自己ベストの記録を出して満足感でやりきった児童の顔が輝いていました
素晴らしかったのが、全員が順位ではなく、自分のタイムの更新を喜んでいた姿です。そこに行事の焦点が当たっていたのが感じ取れました。
応援団のメッセージも嬉しかったようです。


低学年  200M×4回


中学年  300m×4回


高学年  300m×5回



07:31 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/10/03

緑化ポスターコンクール

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
緑化ポスターコンクーに応募した4年生のうち3名が入賞しました。賞状が届いたので校長室で表彰式を行いました。
絵は心を表します。心を高めて、豊かにしていくことが 人に伝わる作品を生み出す気がします。
これからも頑張って豊かな絵を描いてほしいです。

08:25 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/10/01

クラブ活動計画立案

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
今日は今年度のクラブ活動をどんな目当てで進めるかを決める日です。
5つの教室に分かれて、それぞれ、「めあて」を決めていました。
「スポーツクラブ」「研究工作クラブ」「日本文化クラブ」「パソコン・伝統遊びクラブ」「家庭・芸術クラブ」 
どのクラブも きみっ子応援団にお世話になり、地域の先生やPTAの方々が指導してくださるのが本校の特徴です。

そのためか、クラブの目標を決めるための意見にも「こうしの先生に感謝の気持ちを持ち・・・・」や「来てくださった先生のお話をしっかり聞き・・・」というものがでているのです。
クラブ活動を楽しみにしている様子が伝わってきました。

15:34 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/09/30

周回走に向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
今年度から、校外でのマラソン大会を校内での周回走としました。練習時間の確保が難しくなり、少ない練習で長い距離を走ることへの危険性と校外を走る安全面での配慮など、さまざまな理由からです。
しかし、少しでも良い環境で走らせたいと、グラウンドに200mトラックと300mのトラックをつくることになりました。
そこで、今日、子どもたちが帰った後、先生方がグラウンドでそのトラックづくりです。

200mは 学力テストにも出ていたように、直線距離と円の組み合わせです。さあ、実施です。子どもたちに参加させたいくらい盛り上がっていました。

300mは幅が不足し、なんと「アイスクリーム型」変則トラックに決定!

みんなで協力して測定、ペグ差し、最後の仕上げに、とやり終えました。

良い周回走になりますように。
17:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/09/27

上靴持ち帰りの日

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
今日は1か月に1度の「上靴持ち帰りの日でした。静まり返った昇降口を見ると、下駄箱も空っぽです。欠席者以外1つも残っていません。聞くと、先生方が自分の学級の児童の上靴の持ち帰り忘れがないように徹底して声をかけられたそう。持ち帰る袋がない子には新聞紙で包んであげた学級もあったと聞き、やさしい担任と、新聞に包まれた上靴を抱えて持ち帰る子の姿が目に浮かんで温かい気持ちになりました。
 決めたことは徹底してやり切る
 優しく、温かく声をかける

そんな吉美小学校です。


18:48 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/09/25

今日の学校

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
運動会も終了し、校内も落ち着きを見せています。市民新聞にも吉美地区市民大運動会の様子が掲載されていました。改めて校区の皆様のご尽力のたまものだと感謝しております。敷地に入る坂道の下に咲いているコスモスが風に折れていました。綾部もしなやかなコスモスが倒れるほど強い風でした。一茎手折って玄関に鶏頭とともにさしました。
子どもが寄ってきて「どんな俳句ですか?」「何の花ですか?」と尋ねてくれます。4月からずっと続けてきて、環境として馴染んでいるようで嬉しいです。

11:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/09/24

300000アクセスを超えて

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
運動会が終わり、2連休となりましたが、この間もHPにたくさんアクセスをいただき、ついに300000を超えました。4月からすでに40000をゆうに超える勢いです。後半もこどもたちの様子、学校の様子、地域の皆様の応援を全国に向け発信していきたいと思います。ありがとうございます。
19:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/09/22

運動会開催Ⅱ

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
児童の予定していた競技もすべて行うことができました。雨模様になったところは自治会の競技を入れていただくなど、本当に子どもたちのことを優先に進めてくださいました。皆様のご協力で令和元年度の運動会が大成功に幕を閉じました。

低学年の玉入れ ちょうど雨の上がったところ

123年の表現 「ぶんぶん」という掛け声に思わずにっこり

高学年のリレーはさすがに白熱していました。

全校の綱引き どの色も精一杯力を出し切りました。

勝っても負けてもいい笑顔

456年の表現 きみになにができるか 「たくさんできるよ」

委員会の仕事もがんばっていました。高学年として運動会を支える大切な仕事です。

16:20 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/09/22

運動会開催

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
今朝早く 工業団地方面の朝焼けの光を受けて有岡の空に大きな虹がかかりました。運動会開催します。

準備が始まります。公民館長の挨拶です。

目標も掲げました。子どもたち一人一人のメッセージが集まっています。

入場行進もスムーズにできました、地域の皆さんと共にできる喜びにあふれています。「今朝の子どもたちはやる気でいっぱいだった!」とロール隊の民生委員さんに教えていただきました。

公民館長の挨拶は「つけたい力に向かうきみっこ」の話でした。共有していただき、伝えていただき本当にうれしいです。

06:50 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
12345

フォトアルバム

カウンタ

COUNTER307897

学校所在地

京都府綾部市立吉美小学校

〒623-0006
京都府綾部市有岡町田坂16
TEL  0773-42-0295
FAX  0773-42-0369
E-mail
kimi-es@kyoto-be.ne.jp

 

大きな地図で見る