綾部市立吉美小学校 Ayabe KIMI elementary school「笑顔・元気・夢いっぱい そして思いやり」
 

日誌

進捗状況
2018/09/20new

「自立と貢献」 かさ揃えと牛乳パック揃え(9/20)

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
小中一貫教育の教育目標の冒頭「自立と貢献」の意味を機会あるごとに児童に伝えています。
ある雨の日の朝、昇降口をみるとほぼ全ての傘がきれいに巻かれていました。夏休み前、児童に「おうちでもくつ傘揃えを実行しましょう」と伝え、学校だよりでもその旨をお伝えしましたが、夏休みの間も実践してくれていたのが分かります。
ある保護者の方が「家でも傘を巻くようになった」と話してくださいました。気にしていただき、伝えてくださるだけでも嬉しいです。「自分で決めたことをやり続ける」この「自立」の姿を求めています。

一方「貢献」の姿。給食委員会が見事に揃えている牛乳パック。箱いっぱいに詰めていました。みんなのために、次に扱う業者さんのために頑張る「貢献」の形です。



13:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/09/20new

小中一貫だより(9/20)

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
綾部中学校ブロックで作成し、一緒に発行しているものです。
綾中ブロックだより①.jtd

綾中ブロックだより 第2号(最終版).jtd
11:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/08/29

幼小連携 暑中見舞い葉書きをツールに

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
7月に全校で取り組んだ暑中見舞い葉書き。もともとは市内の皆様のご寄付からなる郵便局の取組です。本校でも各学年から出そろった暑中見舞い葉書きで校内コンクールを行い、日頃お世話になっている方々にお出ししました。
今日はそのお相手の1つ、吉美こども園の年少さんからお返事が届きました。5年生は1学期に交流したこども園の年少さんに出した児童があったようです。お散歩の途中に学校に立ち寄ってくれた年少さん、5年生の担任の先生に手渡ししてくれました。暑中見舞い葉書きをツールに同じ取組をしたこども園と小学校。これも小中一貫教育のひとつです。

17:21 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/08/21

小中一貫教育リーダー学習会

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
8月6日 綾中ブロックの生徒会・児童会の役員が綾部中学校に集まり、リーダー研修をしました。綾中の生徒会から「生徒会とは」をテーマに話を聞き、その後は自分の学級をよくするためにできることを考え、交流します。
そして、絆プロジェクトのランプシェードづくりです。この作り方を覚えて各校で広めるのもリーダーの仕事です。
中学生の姿から小学生のリーダーが学ぶリーダー学習会も今年で3年目。小中一緒に育てるリーダーが力を発揮しています。





16:15 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/06/20

校風の定着に向け 今日の昇降口

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
毎朝、昇降口をまわり、くつの様子と傘の様子を見ています。今日は傘の本数も多かったのですがほとんどの傘が巻いてありました。また、長靴を履いてきた児童も多かったのですが、それもきちんと置かれていました。




13:05 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/06/04

小中一貫教育の進捗状況

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
綾部市の小中一貫教育を進めるにあたり、ブロックの校風作りがいわれています。綾部中学校ブロックの目指している校風は「挨拶・掃除・くつ揃え」のできる学校です。
ここでは
1 地域やPTAとともに行う挨拶運動
2 児童が行う掃除の風景
3 昇降口(くつ かさそろえ)
の様子を広く発信し、校風の定着を目指していきます。
 また、教育目標である「自立と貢献~夢を持ち 仲間とともに 未来を切り拓こどもの育成~」に向かう進捗状況もお知らせします。
 来校される方々に、
玄関を入ってすぐに目に入る児童昇降口の下駄箱と傘立てが「きれいだな」といわれるよう心がけていきます。
 
12:58 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/05/10

校風の定着 くつそろえ

Tweet ThisSend to Facebook | by 吉美小学校サイト管理者
きれいに揃った下靴が並んだ下駄箱に感心しています。これは6年生の下駄箱です。
何も触っていませんがこのところ続けてこのようにきれいに揃っているのです。
小中一貫教育のもう一つのテーマの実現に先頭になって取り組んでいることが伝わる下駄箱です。

13:09 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)