メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定進路状況部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報ことばの力トライアル中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度臨時休業措置アクセス京水海洋同窓会

 
 

 

 

 

COUNTER

Total 平成30.4~675593

COUNTER

Total 平成29年度  1488510
 

COUNTER

Total 平成24.3~4824755

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 

ヨット部

 

日誌

ヨット部の活動を紹介します
12345
2018/07/03

琵琶湖強化練習会

Tweet ThisSend to Facebook | by ヨット部
 6月17日(日)、24日(日)の2回に分けて、滋賀県ヤマハヨットハーバーでの練習会に参加し、1年生11名が練習に励みました。
 両日ともに、梅雨の合間の稀少な晴天と良い風に恵まれ、初めての琵琶湖で終日帆走練習に取り組むことができました。

 陸上練習の様子

 練習に使用したミニホッパーの艤装の様子

 ミーティングの様子
08:51
2018/06/15

第30回近畿高等学校ヨット選手権大会

Tweet ThisSend to Facebook | by ヨット部
 6月7日(木)~10日(日)、和歌山セーリングセンター沖において、第30回近畿高等学校ヨット選手権大会 兼 平成30年度全国高等学校総合体育大会ヨット競技予選会が開催され、420級に小坂 幸紘(3年:旭東中学出身)・橋角 樹(2年:城北中学出身)・角 宙明(2年:園部中学出身)の3名、レーザーラジアル級に大西 海斗(3年:宮津中学出身)・原 明日輝(3年:修学院中学出身)・長谷川 雅基(2年:二条中学出身)の3名が出場した他、1年生3名が補助員として参加しました。
 今大会からレーザーラジアル級のレースが始まり、世界大会に出場が決まっている日本代表の選手も多数出場するなど、非常にレベルの高いレースとなりました。
 結果としては、入賞することはできませんでしたが、日本代表の選手と競い合うことで、多くを学び、技術向上へと繋げることができました。
 今後は、11月の兵庫県芦屋で行われる新人戦に向けて、2年生と1年生が中心となって技術向上に取り組んでいきます。
 応援いただき、ありがとうございました。
H30.近畿大会結果.pdf

 420級スタートの様子(和歌山セーリングセンター撮影)

 レーザーラジアル級スタートの様子(和歌山セーリングセンター撮影)

 大会後の積み込み作業
13:18
2018/06/15

OP級 関西選手権 運営ボランティア

Tweet ThisSend to Facebook | by ヨット部
 6月2日(土)・3日(日)、田井宮津ヨットハーバー(宮津市)にて、小学生と中学生が出場するヨットレース(OP級 関西選手権)が開催され、ヨット部1年生11名が大会運営ボランティアとして参加しました。
 当日は晴天と良い風に恵まれ、運営を通してヨットの知識や技術を学ぶ良い機会となりました。

 運営船の準備

 レースに使用するマークの準備

 レース後の表彰式
13:12
2018/06/01

平成30年度京都府総合体育大会ヨット競技会

Tweet ThisSend to Facebook | by ヨット部
 5月19日(土)~20日(日)、滋賀県立 柳が崎ヨットハーバー沖において、平成30年度京都府高等学校総合体育大会ヨット競技会 兼 第73回国民体育大会セーリング競技京都府選手選考会が開催され、6名が出場、7名が大会運営・補助員として参加しました。
 19日は10m/s前後の強風の中で420級を3レース、20日は2~5m/sの軽風の中でレーザーラジアル級を3レース行いました。
 国体予選では、各級で優勝することはできませんでしたが、先輩から引き継ぎ、積み上げてきた高い技術を発揮し、全国上位の選手にも劣らないレースを見せてくれました。
 今後は、6月のインターハイ予選や、秋の新人戦に向けてさらなる技術向上を図ることを目標に練習に取り組んでいきます。応援いただき、ありがとうございました。

【少年男子420級】
 国体予選2位(京都府総体2位入賞)
  金山 大生(3年・成和中学出身)・小坂 幸紘(3年・旭東中学出身)
【少年男子レーザーラジアル級】 
 国体予選2位(京都府総体優勝)
  長谷川 雅基(2年・二条中学出身)
 国体予選4位(京都府総体3位入賞)
  吉岡 智基(3年・網野中学出身)
 国体予選6位(京都府総体5位)
  野田 開斗(3年・石尾中学出身)
【少年女子レーザーラジアル級】
 国体予選2位(京都府総体2位入賞)
  赤野 七海(3年・白糸中学出身)

 420級 レース前の様子

 レーザーラジアル級 レース前の様子

 表彰式後 柳が崎ヨットハーバー
11:00
2018/04/25

1年生乗艇練習

Tweet ThisSend to Facebook | by ヨット部
 4月21日(土)、2・3年生は国体予選、インターハイ予選に向けた練習に取り組み、1年生はヨットの基本知識の座学と、先輩の指導の下で乗艇練習を行いました。当日は、28℃を超える初夏のような陽気と強弱のある風で、充実した練習を行うことができました。

 先輩が操船するヨットの船首に乗って出艇

 沖で先輩と交代しながらの乗艇練習
08:29
2018/04/09

第16回びわこウィーク兼北信越・近畿水域420級選手権大会

Tweet ThisSend to Facebook | by ヨット部

 平成30年3月24日(土)~3月26日(月)、琵琶湖の柳ヶ崎ヨットハーバー沖を会場に、第16回びわこウィーク兼北信越・近畿水域420級選手権大会が開催され、本校から420級で金山 大生(2年・スキッパー・成和中学出身)・小坂 幸紘(2年・クルー・旭東中学出身)のペア、シングルハンド級レーザーラジアルで赤野 七海(2年・白糸中学出身)と長谷川 雅基(1年・二条中学出身)の4名が出場し、3名が大会運営として参加しました。

 本大会は、420級世界選手権代表選考も兼ねての大会であり、今年度は過去最多の420級41艇、FJ級17艇、シングルハンド級43艇と合計101艇が参加する大きなレースとなりました。

 大会1、2日目は天候に恵まれ、安定した風で6レースを行うことができ、3日目最終日も1レースを行うことができました。結果としては、入賞することはできませんでしたが、選手として出場した部員だけでなく、京都府主催のレース運営にスタッフとして携わった部員も多くのことを学んだ良い機会となりました。

 5月19、20日に琵琶湖柳ヶ埼ヨットハーバーで行われる国体予選、6月9、10日に和歌山セーリングセンターで行われるのインターハイ予選に向けて、目指すべき目標と課題と向き合い、今後も練習に励んでいきたいと思います。応援のほどよろしくお願いします。

420級最終成績.pdfシングルハンド級最終成績.pdf


 レース開始前の練習の様子(1日目)

 シングルハンド級スタートの様子(2日目)

 柳ヶ崎ヨットハーバーで運営艇の準備をする様子
19:05
2018/01/26

近畿高等学校ヨット技術・合同研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by ヨット部
 平成30年1月6日(土)~1月8日(月)、和歌山セーリングセンターにおいて「近畿高等学校ヨット技術・合同研修会」が実施され、本校からも参加しました。昨年北陸地方で発生したヨット練習中の死亡事故を受けて、安全のためのルールに重点を置いた研修会となりました。
 近畿だけでなく、北信越、中部、四国からも選手が集まり、総勢70名以上、40艇以上のクルーで、交流を深めることもできました。
 6日は高いうねりと10m/s近い風、7日は10m/s以上の風と寒さも伴う過酷な海況でしたが、参加した2年生2名と1年生1名は全て完走し、技術向上へと繋げることができたと思います。
 この研修会の経験を基に、安全にもより高い意識をもって練習に取り組んでいきます。

 練習レースの様子(6日)

 10m/s以上の風での艤装、出艇準備(7日)
12:43
2018/01/26

3年生引退レース

Tweet ThisSend to Facebook | by ヨット部
 12月16日(土)、栗田湾にて3年生引退レースを実施しました。進路に対する取組や悪天候等で昨年度より遅い12月の実施となりましたが、京都府代表も含まれる3年生チームを相手に1・2年生が身に付けてきた技術を発揮するよい機会となりました。試合には、顧問やOBも参加し、普段では見られないレース展開となりました。
 結果は、引退してなお高い技術を維持している3年生チームの勝利となり、1・2年生は、先輩の姿を見て、さらなる技術向上に励む思いを強くしました。
 また、3年生には卒業後もヨットを続ける生徒もおり、今後も本校ヨット部を支えるOBとして活躍することと期待しています。

 引退レースの様子

 3年生集合写真(レーザーラジアル級艇前)
12:23
2017/11/16

第6回近畿高等学校選抜ヨット選手権大会出場

Tweet ThisSend to Facebook | by ヨット部
 11月10日(金)~12日(日)の3日間、芦屋市にある兵庫県立海洋体育館沖において開催された、「第6回近畿高等学校選抜ヨット選手権大会」に、2年生6名、1年生3名が出場しました。
 1日目は10m/s以上の風が吹く厳しいコンディションでしたが、全力で試合に臨みました。2日目は一転して穏やかな海況でのレースとなり、日々の練習の成果を発揮することができました。
 SR級では、吉岡智基(2年・網野中学出身)が強風の中でも安定したレース展開をし、優勝することができました。また、レーザーラジアル級でも、長谷川雅基(1年・二条中学出身)が初出場ながらも、今年度国民体育大会上位の選手を含む、全国レベルの選手にも劣らないレース展開をし、4位と健闘しました。
 今大会を通して身に付けた技術や経験を基に、来年のインターハイ、国民体育大会出場を目指して練習に励みたいと思います。
420級18位  金山 大生
小坂 幸紘
(スキッパー 2年・成和中学出身)
(クルー 2年・旭東中学出身)
レーザーラジアル級 4位(総合4位)長谷川 雅基(1年・二条中学出身)
SR級1位(総合7位)吉岡 智基(2年・網野中学出身)
 4位(総合14位)赤野 七海 (2年・白糸中学出身)
 5位(総合15位)原 明日輝 (2年・修学院中学出身)
 7位(総合17位)角 宙明(1年・園部中学出身)

8位(総合18位)
  
大西 海斗
橋角 樹
(2年・宮津中学出身)
(1年・城北中学出身)
第6回近畿選抜着順.pdf

 1日目 第1レース開始前

 2日目 レースの様子

 SR級 表彰式
20:07
2017/10/18

第72回国民体育大会セーリング競技会出場

Tweet ThisSend to Facebook | by ヨット部
 10月1日(日)~4日(水)、愛媛県新居浜マリーナにおいて開催された、第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」セーリング競技会に、少年男子420級で宿見玲緒(スキッパー 3年・白糸中学出身)及び野口悠耶(クルー 3年・洛西中学出身)のペア、少年男子レーザーラジアル級で尾崎秀典(3年・岐阜市立長森中学出身)が出場しました。
 大会期間中は、安定しない風の中でのレースとなり、リタイアや失格するチームが多数出る中を走りきり、最終結果で少年男子420級は39チーム中31位、少年男子レーザーラジアル級は40チーム中22位と健闘しました。また、順位には繋がりませんでしたが、全国の上位層にも劣らないレース展開をし、非常に高いレベルまで成長した姿を見せました。
 今大会を通して身につけた技術や精神を、後輩へと繋ぎ、来年のインターハイ、国民体育大会入賞を目指して練習に励みたいと思います。
 京都府セーリング連盟様を始め、応援していただいた多くの関係者の皆様、ありがとうございました。
 (大会成績表)
愛媛国体少年男子420級成績.pdf愛媛国体少年男子レーザーラジアル級成績.pdf

 トライアルレースでの京都選手団出艇風景

 少年男子レーザーラジアル級尾崎 3日目午前のレース(愛媛県セーリング連盟撮影)

 少年男子420級宿見・野口 2日目のレース(愛媛県セーリング連盟撮影)

 少年男子420級 強風となった3日目午後のレース(愛媛県セーリング連盟撮影)

10:28
12345