COUNTER

Total 平成29.4~645550

COUNTER

Total 平成28年度   956709
 

COUNTER

Total 平成24.3~3306197

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 

マリンバイオ部

 

日誌

マリンバイオ部の活動を紹介します
12345
2017/09/20new

テナガエビ生産2017

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№217

「テナガエビ生産」の様子を紹介します。

◆ 由良川系テナガエビ ◆

6月28日(水) ふ化(1R)
「由良川系テナガエビ」からふ化した個体です。


9月9日(土) 体長約4㎝~5㎝
現在約50尾程飼育中です。かなり減耗しました。

◆ 親エビ管理 ◆

親エビは共食いに気を付けながら、大切に管理しています。

◆ 採苗(2R) ◆


白い点がテナガエビの浮遊幼生です。
8月26(土)日~9月6日(水)の期間にふ化したものを収容しています。
1Rの生残率が悪かったため、再挑戦しているところです。

◆ プランクトン給餌 ◆

浮遊幼生に給餌するアルテミアを分離しているところです。


分離が完了したアルテミア(動物プランクトン)


アルテミア給餌

安定生産技術の確立を目指して毎日頑張っています。
23:34
2017/09/18

ミニ見ニ水族館訪問

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№216

9月9日(土)、「ミニ見ニ水族館」を訪れました。
個人宅のガレージを改装して水槽を設置、一般公開されています。

◆ ミニ見に水族館 ◆

場所:福知山市観音寺


水族館を管理する上原さんと説明を聞く部員
飼育管理や生物採集について、丁寧に説明していただきました。


ガレージの水槽
多くの淡水魚が飼育されています。


飼育されている淡水魚たち


ガレージの外にも水槽があり、タナゴ類が繁殖していました。

◆ ビオトープ ◆
自宅近くにビオトープがあるということで、案内していただきました。

手作りビオトープ


メダカ、タナゴ、ホトケドジョウ等、希少生物が繁殖していました。


製作方法や管理について、多くの質問に答えていただきました。


魚類以外にも多くの生物が生息しています。


タナゴの繁殖用に、ドブガイをいただきました。
タナゴの親もいただいたので、繁殖に挑戦したいと思います。


福知山高校がビオトープを作っておられ、経過観察のその資料を見せていただきました。

◆ 記念撮影 ◆

タナゴの繁殖やビオトープ作り等、興味深い話をしていただきました。
今後の活動に活かしたいと思います。
ありがとうございました。

※ビオトープ:動植物が安定して生活できる空間のことです。
21:38
2017/09/16

生物採集

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№215

9月9日(土)、魚魚わ~るどで展示する生物の採集を行いました。


生物採集の様子


きれいな昆虫
糞虫(フンチュウ)と呼ばれる、いわゆるフンコロガシの仲間です。
しかし、日本ではフンを転がすほどの大型の種類はいません。
採集した個体は「オオセンチコガネ」だと思われます。
飼育が難しいため、放しました。


サワガニを捕まえた。


大きなサワガニ
魚魚わ~るど等で展示したいと思います。
08:00
2017/09/13

日常の活動

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№214

毎日行っている部活動の様子を紹介します。
   
朝は水温測定、1日の作業内容の確認と追加、給餌から始まります。

  
予定に沿って水槽掃除等を行います。
生物が相手のため、時に思わぬ作業もありますが、臨機応変に対応しています。
夕方は給餌、水温測定、施設設備の点検を行い、部活動が終了します。

桟橋での生物観察や老人ホームへの水槽展示等もあり、活動は多岐に及びます。
22:00
2017/09/09

ハナオコゼ展示

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№213

9月2日(土)、魚魚わ~るどに「ハナオコゼ水槽」を設置しました。

水槽設置


ハナオコゼ  アンコウ目  カエルアンコウ科
やや暖かい海の流れ藻に付いて回遊し、肉食性で大食のようです。
夏から秋にかけ、本校桟橋でまれに採集されます。


寿命は約1年ほどと、大変短いです。
しかし、できるだけ長期間展示できるように、丁寧に飼育したいと思います。

08:00
2017/08/30

うりんぼう

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№212

マリンバイオ部は今年、イサキの種苗生産にチャレンジしています。
大量に漁獲されることがないため、市場での流通量が少ない魚種です。

◆ 8月6日(日) 水槽掃除 ◆

水槽が汚れてきたため、水槽移動を行いました。
定期的に水槽を移動させ、掃除を行っています。


イサキの種苗(6月6日(火)採卵)
背中にイノシシの幼体、ウリボウのような縞模様が見られます。
この姿からイサキの稚魚は「うりんぼ」「うりんぼう」とも呼ばれます。
成長とともに、この縞模様は消えていきます。


スズキ目 イサキ科
おいしい魚ですが、成長が遅いため、あまり養殖されていません。
釣りの対象魚としても有名です。


◆ 8月24日(木) 給餌の様子 ◆

1年生が中心となり掃除や給餌を行っています。


摂餌の様子
全長約8㎝に育ちました。(№202で大小選別の様子を紹介)
08:00
2017/08/27

夏休み中の活動②

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№211

夏休み中の活動風景です。
毎日様々な作業を行っていますが、その一部を紹介します。

◆ 魚魚わ~るど管理 ◆

古代魚水槽 掃除


水槽設置棚 拭き掃除


アユモドキ水槽 換水


120㎝淡水魚水槽 掃除


120㎝淡水魚水槽 外部濾過セッティング


120㎝海水魚水槽 給餌

◆ 栽培漁業実習棟 ◆

ヒーターのセッティング 稼働状況確認


ミノカサゴへの給餌


ミノカサゴ
近隣の小型定置網で漁獲された個体です。良く馴れています。


砂利掃除 水槽掃除 水槽掃除

◆ 外部展示水槽管理 ◆

特別養護老人ホーム「天橋園」
週に1度訪問し、ガラス面掃除等を行っています。

◆ 元気な展示生物達 ◆

ニホンヒキガエル
お魚MAPスタンプラリーでは、いつも人気です。


ドンコ
人に良く馴れ、水槽を覗くと寄ってきます。

生物を良い状態で飼育・展示できるように、日々メンテナンスを行っています。
08:00
2017/08/26

何だこれ? ドロイシガニ

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№210

8月12日(土)、実習船「みずなぎ」の三野船長から、変わった生物をいただきました。

◆ ドロイシガニ ◆

正面から撮影
ドロイシガニ オウギガニ科
水深15m〜100mの砂泥底に生息しています。(刺し網漁業の混獲生物)


真上から撮影
体中に毛が生えています。


後ろから撮影
ほとんど動きません。


変わった姿に、思わず覗き込んでしまいます。
まだ餌付いていませが、なんとか飼育を続けたいと思います。


◆ タコノマクラ ◆

タコノマクラ タコノマクラ科
ウニの仲間で、1㎜程度の棘(とげ)を持ち、直径は10㎝前後、厚さは3㎝程です。


砂底を好み、砂や泥に紛れるように生息しています。
一度聞くと忘れない、インパクトのある名前です。
飼育が大変難しい生物ですが、できるだけ長く飼育したいと思います。
(刺し網漁業の混獲生物)
08:00
2017/08/23

河川調査(2回目)

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№209

◆ 身近な河川の生物調査(2回目)◆


8月12日(金)、身近な河川の生物調査を行いました。


COD測定(パックテスト)
CODパックテストは、水の汚れ(有機物を指標)を大まかに測定できます。
薬品を化学反応させ、消費される酸素量で水の汚れを示します。
値が大きいほど水が汚れていると言えます。



COD:2
前回は「4」でしたが、雨の影響で増水していたため、低い値でした。
(前回:マリンバイオ部活動報告№207)


水温測定 22.0℃


ヌマチチブ
前回の調査より増水していたため、あまり多く採集できませんでした。


モクズガニ(稚ガニ)
08:00
2017/08/20

クラゲ水槽設置

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№208

8月10日(木)、魚魚わ~るどにクラゲ水槽を設置しました。


水槽を設置し、注水しています。


流向、水量等の調整


ミズクラゲを2個体収容しました。


給餌しています。エサはアルテミア(ブライン・シュリンプ)です。


クラゲは水槽での飼育が大変難しい生物です。
試行錯誤を続けながら展示していきたいと思います。

08:00
12345