メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定進路状況部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報ことばの力トライアル中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置アクセス京水海洋同窓会

 
 

 

 

 

COUNTER

Total 平成31.4~214229

COUNTER

Total 平成30年度  1155284
 

COUNTER

Total 平成24.3~5518676

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 

マリンバイオ部

 

日誌

マリンバイオ部の活動を紹介します
12345
2019/06/23new

カメへの餌やり(朝の管理)

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№379

 カメへの餌やり 

朝の餌やりの様子を紹介します。


朝の餌やり


ニホンイシガメ
餌を待っています。


餌を近づける


口を目一杯あけて食べます。


順番に与えます。


お腹がいっぱいになりました。
08:00
2019/06/20new

メダカの飼育管理

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№378

 メダカの飼育管理 

朝の飼育管理の様子を紹介!


給餌


受精卵の回収


検卵して、孵化用水槽へ受精卵を収容しています。


孵化間近の発眼卵


孵化仔魚の回収


孵化仔魚


油膜の除去
水面の油膜を新聞紙で除去しています。


朝の短時間で、多くの作業を行っています。


 各種メダカ 

メダカ(野生種・栗田産)


幹之(改良品種)


楊貴妃(改良品種

この他、白メダカ、朱赤透明鱗(しゅせきとうめいりん)、ダルマメダカの飼育、繁殖も行っています。

08:00
2019/06/16

ハーフオレンジレインボーの成長

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№377

ハーフオレンジ レインボー稚魚の管理

6月10日(月)

上から撮影


横から撮影
大きくなってきました。


サイズを測定
全長:8mm~12
mm

 飼育管理の様子 


給餌


底掃除


換水は、水槽上部に設置した水槽から滴下する方法で行っています。排水は、カップを使って汲み出しています。稚魚の動きが早いため、すくってしまうことはありません。

08:00
2019/06/12

タツナミガイの貝

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№376

5月26日(日)
斃死したタツナミガイの解剖を行いました。


5月16日(木)
近くの漁師さんの刺し網で漁獲されたタツナミガイが届きました。


タツナミガイ
・アメフラシの近縁種
・海藻を食べる
・貝から進化した名残の貝殻を、体内に持つ


解剖開始


体内の貝殻を取り出す


取り出した貝殻
巻貝から進化した名残でしょうか、少し巻いています。

進化の不思議に触れることができる、貴重な解剖体験になりました。
08:00
2019/06/08

まんざいうお!?

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№375

5月26日(日)
部員がヒレジロマンザイウオを持ち込みました。


炎天下の元、中津桟橋スロープに放置されていたため少し乾燥していました。


堅いウロコと丈夫な皮、見慣れぬ姿に興味津々。


全長63cm


・スズキ目 シマガツオ科
・熱帯、温帯域の沖合に生息。
・肉食性

08:00
2019/06/05

細流で採集

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№374

5月19日(日)
山間部の細流で、生物調査を行いました。


ナガレホトケドジョウを探しています。


見つけた!


ナガレホトケドジョウを採集
この細流では、本種しか魚類を確認できませんでした。


シュレーゲルアオガエルもいました!
・田んぼや湿地に生息する。
・日本固有種

◆ 水槽設置 ◆

採集したナガレホトケドジョウを水槽に収容


元気そうです。
今回採集した個体は、前回採集した個体より胴が長く、体色が濃いようです。


今回採集した個体(舞鶴市)
胴が長く、体色は濃い茶色。


2017年に採集した個体(福知山市)
胴が短く、体色は薄い茶色。

山間部の細流という、狭く閉鎖的な環境に生息しているためか、生息地によって形体に違いがあるのかもしれません。
08:00
2019/06/03

ホウボウの稚魚

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№373

5月10日(金)
本校桟橋において、ホウボウの稚魚を採集することができました。


ホウボウの稚魚


水面を漂っているところを採集しました。


全長測定:約2㎝

長期飼育を目指して頑張ります。
08:00
2019/06/01

ナガレホトケドジョウ繁殖から約1年

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№372

ナガレホトケドジョウの繁殖成功から、1年以上が経ちました。

現在の飼育状況を紹介します。


2月2日(土) 撮影


底掃除


換水


15個体が元気にしています。


5月21日(火) 撮影

来年は、繁殖に挑戦したいと思います。

08:00
2019/05/28

ハーフオレンジ・レインボーの繁殖に挑戦

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№371

ハーフオレンジ・レインボーの繁殖に挑戦中!

産卵行動が見られたため、魚巣を投入してみました。


ハーフオレンジ・レインボー 親魚
トウゴロウイワシ目 メラノタエニア科
原産地:インドネシア(ニューギニア島西部)
全長:8㎝前後  寿命:約3年
美しい体色が人気の熱帯魚です。
玄関「魚魚わ~るど」で展示していました。


採卵水槽
金魚の採卵に使用している魚巣を投入したところです。


ふ化水槽
採卵開始から1週間後に、魚巣を回収しました。


5月13日(月)
収容から数日後、ふ化を確認しました。
小さな白い点が見えるでしょうか?


初期餌料は
アルテミアです。


摂餌状況を観察


5月16日(木) 撮影
毎日、大きくなっていることを感じられます。
連日ふ化し、約100個体の稚魚を得られました。
順調に育てて、展示したいと考えています。
08:00
2019/05/26

福ダルマの稚魚

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№370

5月7日(火)、福ダルマの孵化が始まりました。


ふ化状況を確認


孵化仔魚


5月17日(金)
数日前から泳ぎ始め、エサを食べています。


エサのアルテミアを準備


塩分と培養液の汚れを落とすため、よく洗います。


アルテミアを給餌
朝、昼、夕の、1日3回給餌しています。


稚魚用の配合飼料も併用して給餌しています。

現在、順調に成長中です。

08:00
12345