↑中学生の皆様へ↑

2023年4月入学生向け動画
https://youtu.be/-LfmAUW00nY
 

メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定広報資料・海洋だより分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿航海実習メディア情報中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置アクセス連携企業京水海洋同窓会
 





 

COUNTER

Total 令和4.4~211236

COUNTER

Total 令和3年度  762536
 

COUNTER

Total 平成24.3~7699199

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail [email protected]
 

マリンバイオ部

 

日誌

マリンバイオ部の活動を紹介します
12345
2022/06/15

ペルマト 繁殖

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№789

5月上旬、ペルマトが繁殖しました。

ペルヴィカクロミスプルケール
国内ではペルマトの呼び方で流通しています。シクリッド科の魚であるため、子育てを行います。


5月21日(土)
5月上旬に繁殖を確認しました。
5月下旬頃になると、時々稚魚を連れた親を観察できるようになりました。


5月31日(火)

稚魚移動

6月11日(土)
稚魚を別の水槽へ移動させました。


稚魚収容


移動完了


6月13日(月)
落ち着いた様子です。


稚魚の数は23個体です。
12:00
2022/06/10

玄関大水槽展示

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№788

6月5日(日)
釣り調査で採集した魚を、玄関大水槽に収容しました。



ネンブツダイ
釣り調査で採集


スズメダイ
釣り調査で採集


メジナ
カゴ調査で採集

水槽がにぎやかになりました。
12:00
2022/06/09

本校桟橋魚類相調査(釣り)

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№787

6月4日(土)
本校桟橋において、釣りによる魚類相調査を行いました。

















釣果の一部は展示予定です。
12:00
2022/05/29

グリーンネオンテトラ展示

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№786

5月23日(月)
本校玄関の水槽にグリーンネオンテトラを収容し、展示を始めました。

90㎝水槽
№781で紹介した水槽


グリーンネオンテトラ
小型のカラシンの仲間です。
近縁種にはネオンテトラ、カージナルテトラなどがいます。
ネオンテトラよりも赤色の部分が小さく、体側のブルーのラインが特徴的で、光の当たり方で緑がかって見えます。

~同じ水槽の仲間たち~

コリドラス・パンダ
小型のナマズの仲間


アピストグラマ ♀
南米に生息するシクリッドの仲間

12:00
2022/05/28

ハーフオレンジ レインボー 展示

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№785

5月22日(日)
本校玄関の水槽にハーフオレンジ レインボーを収容しました。

5月14日(土)

90cm展示用水槽準備



5月23日(月)

展示開始


ハーフオレンジ レインボー(F2
2020年10月に繁殖させた個体群です。

12:00
2022/05/24

サケガシラ 解剖

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№784

5月19日(木)
漁師さんからサケガシラをいただきました。




フリソデウオ科 サケガシラ


全長170㎝


宮津市田井 定置網漁業で混獲


解剖


カタクチイワシを捕食していることがわかりました。また、卵巣を確認することができました。
12:00
2022/05/14

アルビノ楊貴妃 産卵開始

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№783

5月になり、アルビノ楊貴妃が産卵を始めました。

アルビノメダカ(楊貴妃)


採卵


受精卵収容


親魚
楊貴妃の繁殖中に、偶然に生れたものです。

楊貴妃
2004年に誕生した、現在のカラーメダカブームの火付け役になった品種です。
12:00
2022/05/10

肺呼吸をする魚 「肺魚」飼育10年

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№782

プロトプテルス・エチオピクスの飼育を始めて10年が経ちました。

プロトプテルス・エチオピクス
5月5日(木・祝)、飼育開始から10年を迎えました。
肺魚であるため、水面に口を出して呼吸をしている姿を観察できます。


10年前



60cm水槽で飼育していました。


現在

120cm水槽で飼育中


本種はアフリカ肺魚の一種で、その中でも最大の種です。野生下では全長が180cmに達する個体もいます。また、祖先は約4億年前のデボン紀に誕生しました。このため古代魚とも呼ばれています。
アフリカは乾季になると水が干上がります。この時、粘液を分泌して泥の繭を作って夏眠を行い、次の雨季まで泥の繭の中で過ごします。肺呼吸は、乾季を乗り切るために獲得した特殊な能力です。
12:00
2022/05/07

水草水槽を組む

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№781

2月27日(日)
水草水槽を組み始めました。

2月27日(日)~3月31日(木)
作業の様子

















少しずつ組みあげました。


注水



4月15日(金)

少し水草が育ってきました。
12:00
2022/04/21

玄関でクラゲを展示

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№780

玄関でクラゲの展示を始めました。

4月9日(土)

水槽設置




生体を収容




ミズクラゲ
世界中に生息し、日本近海で最も普通に見られるクラゲです。


栽培漁業実習棟ではアカクラゲを飼育しています。

4月13日(水)


アカクラゲ
日本近海では春から夏にかけてよく見られます。長い触手に毒性の強い刺胞を持っています。
12:00
12345