↑学校説明会要項公開しました。
 

メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定進路状況部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報ことばの力トライアル中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置お魚MAPアクセス京水海洋同窓会
 



 

 

COUNTER

Total 令和2.4~161151

COUNTER

Total 平成31年度  706490
 

COUNTER

Total 平成24.3~6172159

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 

マリンバイオ部

 

日誌

マリンバイオ部の活動を紹介します
12345
2020/07/10new

ウニの発生

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№509

ムラサキウニの発生観察

6月10日(水)に採苗した幼生の観察を継続していました。

関連HP
2020年6月 №501 プルテウス幼生

6月25日(木)

プルテウス幼生 6腕期

6月29日(月)

プルテウス幼生 8腕期


顕微鏡観察

幼生の餌(キートセロス)を順調に培養できず、着底まで観察することができませんでした。



12:00
2020/07/02

フクロウの羽根

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№508

6月
校内でフクロウの羽根を拾いました。


フクロウの羽根


顕微鏡観察


×40
フクロウの羽根で間違いないようです。


×100
羽の先が細く鉤状の構造をしているため、裂けた羽が修復します。


羽根を裂いてみる


指でなぞると


鉤状の構造がマジックテープのようにはたらき、元に戻る。

黒潮寮に在寮する部員の話では、時々夜中に鳴き声が聞こえてくるそうです。
12:00
2020/06/28

「ヤマセミ」発見

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№507

ヤマセミの撮影に成功!

6月22日(月)

舞鶴市漆原

ヤマセミ(山翡翠)
ブッポウソウ目 カワセミ科
日本に生息するカワセミ類では最大。
山地の渓流や淵で魚を捕まえる。
全国的に個体数を減少させている。

レッドデータリスト
京都府:絶滅危惧種
環境省:なし

2019年9月30日 撮影

舞鶴市漆原

2019年8月16日 撮影

舞鶴市岡田由里

2019年6月1日 撮影

舞鶴市岡田由里

2019年5月20日

舞鶴市漆原

2018年7月28日 撮影




非常に警戒心が強く、撮影が難しい鳥です。
09:00
2020/06/27

マツカサウオ 採集

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№506

6月19日(金)本校桟橋にて、
マツカサウオを採集しました。



マツカサウオ
全長約5cm


飼育水槽設置


収容
飼育に挑戦です。

6月23日(火)



餌付いたマツカサウオの個体と
一緒に飼育しています。
09:00
2020/06/26

イサキ産卵

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№505

6月中旬
イサキの産卵が始まりました。

6月19日(金)採卵

採卵は朝一番に行う。


親魚:2017年自家生産個体

関連HP
2017年8月 №212
2017年7月 №202


卵観察




卵径を測定 
平均卵径:0.875mm


受精卵収容


翌日には孵化
平均全長:2.28mm


孵化仔魚観察

種苗生産に成功すれば、完全養殖の成功になります。
12:00
2020/06/25

トビウオの稚魚を採集

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№504

6月17日(水)
トビウオの稚魚を採集しました。

本校桟橋魚類相調査





トビウオの稚魚


ダツの稚魚


水槽に収容


6月19日

配合飼料を与えると食べました。


12:00
2020/06/23

ハーフオレンジレインボー玄関展示

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№503

6月14日(土)
ハーフオレンジレインボー 展示水槽

展示用水槽に生体を収容し、
展示を開始しました。


移動作業の様子  

展示水槽のガラス面掃除


排水


生体を移動


濾過系統の調整


完了

展示のハーフオレンジレインボーは、
昨年繁殖させた個体です。

12:00
2020/06/22

和金 産卵

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№502

和金の繁殖

6月になり、
和金が追尾行動を始めました。


オスがメスを追う「追尾行動」
産卵期に見られる。


数回、採卵を行った。


発眼卵


6月15日(月)孵化仔魚
順調に孵化が続いています。

継代飼育を続けている金魚です。
12:00
2020/06/21

プルテウス幼生

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№501

6月10日(水)
ムラサキウニが
放卵放精しました。


海洋技術コースが駆除したウニ


放精、放卵により
水槽水が白く濁る。

顕微鏡観察




精子


受精卵を水槽に収容
飼育できるか挑戦です。

6月11日(木)顕微鏡観察



プルテウス幼生を確認


4腕後期であることが分かりました。
15:36
2020/06/20

きれいに脱皮~アカシマモエビ~

Tweet ThisSend to Facebook | by マリンバイオ部
マリンバイオ部活動報告№500

6月9日(火)
アカシマモエビ脱皮

石に脱皮殻があるのを発見


きれいに脱皮しています。


脱皮が終わったアカシマモエビ

12:00
12345