↑中学生の皆様へ↑
 

メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿国内航海実習メディア情報中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置お魚MAP活躍する先輩たち(キャリアモデル)アクセス連携企業京水海洋同窓会
 





 
 

COUNTER

Total 令和3.4~630517

COUNTER

Total 令和2年度  714307
 

COUNTER

Total 平成24.3~7355835

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 

海洋散歩

トップページについてお知らせします。
12345
2022/01/20new

トップページを更新しました(1月20日)

| by 副校長
 黒潮寮生が除雪に大活躍!(1月14日(金))
 この日は新たな積雪が約20cmありましたが、本館周辺を黒潮寮生(写真)が、南門周辺を生徒会本部役員がそれぞれ担当し、朝から爽やかな汗を流しました。


08:00
2022/01/19new

トップページを更新しました(1月19日)

| by 副校長
 大学教員による講演会(オンライン)
 1月13日(木)、海洋科学科2・3年生を対象に、北海道大学大学院水産科学研究院 教授 髙津 哲也 様によるオンライン講演会をお世話になりました。
 北海道大学水産学部の紹介後、髙津先生が研究テーマの1つとされている、噴火湾におけるアカガレイ資源管理と持続的な漁業の在り方についての考察を解説していただきました。
 北海道大学水産学部(北海道函館市)と本校が、画像と音声による双方向通信で接続されています。教室で受講した生徒(写真)は、スクリーンの他配布資料、グループごとに配置されたタブレット端末も用い、ICT技術を駆使しながらの専門性の高い講義に触れることができ、将来の進路を展望しながら研究活動への意欲を高めました。


07:00
2022/01/18new

トップページを更新しました(1月18日)

| by 副校長
 鮭フレーク製造実習
 1月13日(木)、食品経済コース2年生が、ロシア産のベニザケを用いて鮭フレーク製造実習を行いました。
 水産物は、水分含量が多く微生物も繁殖しやすい等の理由から鮮度の低下が速いとされ、付加価値を高めるためには保存性を高めることも重要です。
 本日製造した鮭フレークは一定期間の保存ができるため、これからの販売実習にて販売する予定です。


09:00
2022/01/17new

トップページを更新しました(1月17日)

| by 副校長
 1月11日(火)、いよいよ新年度の準備の時期
 本校男子寮(黒潮寮)で週1回行っている定例会の様子です。
 この日は、寮生活における反省点や改善策、重点目標等について意見交流した後、上級生から下級生へと役割分担の引継や申し送り事項の確認を行いました。
 3年生が在寮できる期間もわずかとなりました。そして、新入寮生への対応も話題に上がる時期になってきました。


08:00
2022/01/14

トップページを更新しました(1月14日)

| by 副校長
 マリンバイオ部活動(日本財団 海と日本プロジェクト)動画配信!
 本校マリンバイオ部は、イサキの完全養殖やテナガエビの繁殖等、さまざまな活動成果が高く評価されていますが、この度、日本財団様主催の『海と日本PROJECT in 京都 2021』の一環で、11月に取材いただき、「未来の熱源人材 京都府立海洋高校マリンバイオ部」として動画配信していただいていますので、是非御覧ください。

 こちらをクリック → https://www.youtube.com/watch?v=oyi1UC08jgY

 解説(ホームページより)
 日本財団 海と日本プロジェクトの一環として、未来の海に対する熱い想いを持つ子どもたち「未来の熱源人材」を取材した。近畿地方唯一の水産海洋系・単独専門高校の京都府立海洋高校では、マリンバイオ部が部活動で、様々な魚や生き物を養殖している。3年の今村泉仁さんは、地域振興のために名産品を生み出したいという想いで、テナガエビの養殖を行っている。生き物の体の構造に関心がある稲波悠真さんは、骨格標本を製作することで、生き物の不思議を解き明かしてきた。将来目標は学芸員になることだ。小林祐斗さんは、先輩の代から研究を引き継ぎイサキの完全養殖に成功した。将来は研究をつづけることで水産業を盛り上げたいと語る。


☆ 本校受検の際、前泊が必要な方へ
  「本校受検の際、前泊が必要な場合の宿泊先について」を掲載しています。

17:00
2022/01/13

トップページを更新しました(1月13日)

| by 副校長
 令和4年度大学入学共通テスト受験生徒激励会
 1月12日(水)、今週末に行われる大学入学共通テストに先だっての激励会を実施しました。
 本校からは6名が受験します。このメンバーは本校で進学を目指す生徒の代表で、日頃から各講座での授業だけでなく進学補講(海洋プロジェクト)等でも、普通教科を中心とする学力向上のため、意識向上等含め仲間を牽引する役割も尽くしてきました。
 この度は、大海原(普通教科を中心とする実力で大学進学を目指して勝負する同志たちの競いの場)に出て、揺られ(揉まれ)ます。


14:00
2022/01/12

トップページを更新しました(1月12日)

| by 副校長
 ふるさとみやづ学~高校生立志編~(第1回) 於:京都府立海洋高校
 1月11日(火)、本校において、「ふるさとみやづ学~高校生立志編~」が開催され、城﨑宮津市長様を始め山本教育長様等宮津市の関係の皆さまに御来訪いただき、生徒会本部役員10名が参加させていただきました。
 本会では、第7次宮津市総合計画に基づき、「橋をつなごう」共創のまちづくりへ というテーマで城﨑市長から講話をいただいた後、日頃宮津市に対して考えていることや地域振興のために必要なことは何か等について座談会をお世話になりました。
 宮津市の皆さま、ありがとうございました。


13:00
2022/01/11

トップページを更新しました(1月11日)

| by 副校長
 3学期始業日 
 1月11日(火)、令和3年度第3学期の始業日を迎えました。
 感染症対策のため、体育館での始業式実施こそ叶いませんでしたが、冬季休業中大きな事故等もなく、全校生徒が、この学び舎に集うことができ安堵しています。
 一日も早くコロナが収まりますことを願っております。
(写真は、放送による始業式〔2年生HR〕の様子)

 なお、暴風警報発表のため臨時休業とした12月17日(金)の回復は、1・2年生が2月19日(土)<代休日なし>、3年生は本来休業日としていた2月1日(火)を登校日として充てることとします。

 ※ 始業式での校長式辞(→ こちらをクリック)


14:00
2022/01/07

トップページを更新しました(1月7日)

| by 副校長
 年末に積もった雪も溶けてきました。海洋高校の学び舎が、生徒の皆さんの登校を心待ちにしています。
 
生徒の皆さんへ
 3学期始業日は、1月11日(火)<予定どおり>です。
 定刻登校してください。始業式については、各教室での放送による実施を予定しています。
 新型コロナウイルス感染症 新規変異株「オミクロン株」を含め、感染拡大も心配されています。交通機関での移動時等も含め、各自が感染症対策を万全にしましょう。


16:30
2022/01/06

トップページを更新しました(1月6日)

| by 副校長
 越冬する熱帯魚たち
 (写真はミノカサゴとイシガキフグ)
 回遊性の小さい動物が海流に乗って分布地域を離れて流れてくることを、「無効分散」などと呼ばれていますが、本校桟橋周辺にも、対馬暖流に乗ってくるのでしょうか、夏から晩秋にかけて多くの種類の熱帯魚が観察できます。
 ミノカサゴ、イシガキフグ、ハリセンボン、ソラスズメダイ、キンチャクダイ、アミモンガラなどですが、水温が低下して困っているところ、本校栽培漁業実習棟の水槽で加温してあげると元気になることが多いです。中には餌付けして長期間飼育している魚もいます。
 このような例は、年々種類・量ともに増えてきているのだとか。


13:00
12345