↑中学生の皆様へ↑

2023年4月入学生向け動画
https://youtu.be/-LfmAUW00nY
 

メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定広報資料・海洋だより分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿航海実習メディア情報中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置アクセス連携企業京水海洋同窓会
 





 

COUNTER

Total 令和4.4~225697

COUNTER

Total 令和3年度  762536
 

COUNTER

Total 平成24.3~7713660

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail [email protected]
 
海洋科学科 Marine Science Course
 国公立大学や私立4年制大学等上級学校への進学や公務員を目指します。

コースの特徴 01.
 普通科に近いカリキュラムで学習し、さまざまな学部への進学にも対応します。
コースの特徴 02.
 キャリアトライアルや大学・関係(専門)機関との連携を通して専門性を高めます。キャリアトライアルは、一定期間、集中して実習に取り組むことにより専門性を深める授業形態です。
コースの特徴 03.
 研究活動やプレゼンテーションに力を注ぎ、思考力やコミュニケーション能力を磨きます。
 
海洋科学科の取組を紹介します
12345
2022/07/04new

研究成果中間発表会学科内予選会

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月28日(火)、3年海洋科学科が、7月8日(金)に予定されている「令和4年度3年生研究成果中間発表会」に向けて、学科内予選会を実施しました。
 2年海洋科学科は、研究活動を行っている3年海洋科学科6グループ(海ごみ班、イワガキ班、ナマコ班)の発表を視聴し、研究活動に対する意欲を高めました。

 〔学科内予選会の様子〕
 
 
 
 6グループの中から、海洋科学科の代表として2グループが選出され、7月8日(金)に校内で発表します。
09:00
2022/07/01new

国際交流会(フランス)

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月24日(金)放課後、海洋科学科の希望生徒を中心に「フランス・フィ二ステール地方のギルビネック水産高校生との国際交流会」を実施しました。
 オンライン(ZOOM)を通して、互いの学校紹介や食の文化(水産物)をテーマにした交流会を行いました。コロナ禍ですが、異国の水産・海洋系分野を学ぶ高校生との交流を通して、国際的な視野を広げる取組となりました。
 
 〔交流会の様子〕
 
 ギルビネック水産高校生からの紹介
 
 本校からの紹介
 
 本校伝統の缶詰「京の鯖」を試食されました。
 
 最後に、全員で記念写真を撮影しました。

※EMBAビジネススクール日本語学科  責任者  早川裕子 様には通訳等をお世話にな  
り、ありがとうございました。
09:00
2022/06/30

海ごみ講座(八木東小来校)

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月24日(金)、南丹市立八木東小学校5年生27名が来校され、コラボ推進プログラムの一環として、「海ごみ講座」を体験していただきました。
 3年海洋科学科の海ごみ班が中心に対応し、寸劇やクイズなどを通して海洋環境について学んでいただきました。
 
 〔体験の様子〕
 
 
 
12:00
2022/06/23

イワガキ採苗器の調査

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月20日(月)、2年海洋科学科の科目「総合実習」で、本校の防波堤で垂下実験しているプラスチック製採苗器(中村化学工業(株)様が開発された採苗器)を引き上げ、イワガキの付着状況を調査しました。
 昨年10月に垂下したものを3ヶ月後の1月に確認し、さらに半年経過した今回再調査し、データを記録し、丸籠(パールネット)に入れて再垂下しました。

 〔実習の様子〕
 
 
 
 
09:00
2022/06/17

海ごみ教室出前授業

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月14日(火)、海洋科学科海ごみ班6名が与謝野町立市場小学校を訪問し、4年生を対象とした「海ごみ教室出前授業」を行いました。
 本校に隣接する栗田海浜の様子を身近に感じていただけるように、オンライン(ZOOM)で中継しながらマイクロプラスチックの調査方法やクイズを取り入れた説明を、3年海洋科学科全員で行い、海洋ごみの現状について学習していただきました。

 〔取組の様子〕
  
 
 
 
 一定の距離を取り、新型コロナウイルス感染症防止対策を講じながら実施しました。
09:00
2022/06/15

イワガキ上場実習

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月15日(水)、海洋科学科が本校で育成しているイワガキを、京都府漁業協同組合本所 様に上場(出荷)するため、出荷準備を整えました。

 〔出荷準備の様子〕
 

 6月16日(木)、昨日出荷準備の整った本校育成イワガキを、実習船かいようを用いて京都府漁業協同組合本所 様に上場しました。
 同組合では、300g以上に育ったイワガキを「丹後の海 育成岩がき」という商品名で他の漁業者の生産物とともに、20時間の紫外線殺菌処理をされたのち、生食用として地元の他に首都圏や京阪神を中心に出荷されるそうです。今年度は、本校のイワガキ243個が基準をクリアしました。
 これからも「丹後の海 育成岩がき」を、多くの方々に召し上がっていただき、水産業を盛り上げていきたいと思います。
 
 〔上場の様子〕
 
 
 
 
 上場後は、京都府漁業協同組合職員 様から、施設内や競り市の様子を見学させていただき、水産業の魅力に触れることができました。
 お世話になりました皆様、ありがとうございました。
12:00
2022/06/14

海ごみ講座(安詳小、栗田小来校)

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月9日(木)、午前に亀岡市立安詳小学校5年生110名、午後から宮津市立栗田小学校3年生18名が来校され、「海ごみ講座」を体験されました。
 3年海洋科学科が担当し、ポイ捨てごみが環境にどのような悪影響を与えているかについて、寸劇を交えながら分かりやすく説明を行いました。
 
 〔安詳小学校体験の様子〕
 
 
 

 〔栗田小学校体験の様子〕
 
 
 
12:00
2022/06/09

イワガキ出荷準備

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月6日(月)、2年海洋科学科が、本校で育成したイワガキの出荷準備に取りかかりました。
 イワガキに付着したフジツボ等の付着物を除去したのち、300g以上が、「丹後の育成 岩がき」としてのブランド名がつきます。第一次産業の大変さについて実習を通して理解することができました。

 〔実習の様子〕
 
 フジツボ等の付着物除去作業

 
 付着物除去後のイワガキ
09:00
2022/06/07

ロープワーク講座(松原中)

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月3日(金)、松原市立松原中学校2年生136名が来校され、コラボ推進プログラムの一環として、「ロープワーク講座」を体験していただきました。
 3年海洋科学科が担当し、寸劇を交えてロープワークの結び方や日常でも活用できる方法等について学んでいただきました。

 〔体験の様子〕
 
  
 
 
 
 
12:00
2022/06/03

海ごみ講座

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 5月30日(月)、南丹市立園部第二小学校5年生51名が来校され、コラボ推進プログラムの一環として、「海ごみ講座」を体験していただきました。
 2年海洋科学科が担当し、寸劇や本校に隣接する栗田浜で砂の中に埋もれているマイクロプラスチックの調査について、学んでいただきました。

 〔園部第二小学校5年生体験の様子〕
 
 

 5月31日(火)、与謝野町立市場小学校4年生23名と、オンライン(ZOOM)をつなぎ、学校紹介を中心とした交流会を実施しました。
 3年海洋科学科が担当し、プールや食品工場、栽培漁業実習棟、みずなぎ等の紹介をしたのち、海ごみ班による環境に対する質問を行い、和やかに交流を深めることができました。今後、海洋ごみ問題の現状について出前授業で学習していただく予定です。

 〔市場小学校4年生との様子〕
 
 
 
09:00
12345