↑中学生の皆様へ↑
 

メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置お魚MAP活躍する先輩たち(キャリアモデル)アクセス連携企業京水海洋同窓会
 





 

 

COUNTER

Total 令和3.4~413313

COUNTER

Total 令和2年度  714307
 

COUNTER

Total 平成24.3~7138631

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 
海洋科学科 Marine Science Course
 国公立大学や私立4年制大学等上級学校への進学や公務員を目指します。

コースの特徴 01.
 普通科に近いカリキュラムで学習し、さまざまな学部への進学にも対応します。
コースの特徴 02.
 キャリアトライアルや大学・関係(専門)機関との連携を通して専門性を高めます。キャリアトライアルは、一定期間、集中して実習に取り組むことにより専門性を深める授業形態です。
コースの特徴 03.
 研究活動やプレゼンテーションに力を注ぎ、思考力やコミュニケーション能力を磨きます。
 
海洋科学科の取組を紹介します
12345
2021/09/29new

環境の調査・観測

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 9月27日(月)、2年海洋科学科総合実習の様子です。

 「環境の調査・観測」として、海水の比重測定の実習を行いました。
 用意された海水の比重と水温を測定し、海水の比重換算表を用いて「塩分量」の計算を行い、知識や技術を深めることができました。

 

 
06:00
2021/09/25new

結索・編網

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 9月21日(火)、2年海洋科学科の総合実習の様子です。
 
 「結索・編網」として、ロープワークと編網実習を行いました。
 編網実習では、網針と目板を使って結節(かえる又)を作り、編み地製作の技術を身に付けました。

   

   

 

 

 

   
07:30
2021/09/16

水生生物の測定・調査

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 9月14日(火)、2年海洋科学科の総合実習の様子です。

 「水生生物の測定・調査」として顕微鏡の操作実習を行いました。接眼ミクロメータ及び対物ミクロメータを用いて、プレパラート内の生物を測定し、顕微鏡下での生物測定の原理の理解と技術を身に付けました。

 

 
06:00
2021/09/15

イワガキ育成用海面筏での実習

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 9月13日(月)、3年海洋科学科の科目「課題研究」の授業で、本校が栗田湾に設置しているイワガキ育成用海面筏で実習を行いました。
 筏に垂下し育成しているイワガキを回収し、パールネット(丸籠)に入れて本校桟橋に垂下しました。イワガキは、順調に大きく育っています。

 〔筏での実習風景〕
 

 
06:00
2021/09/11

漁業技術検定受検

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 9月9日(木)、2年海洋科学科の生徒が「令和3年度 漁業技術検定」を受検しました。
 この検定は、漁業に関する技術と知識を問う検定として、筆記部門(30問)及び実技部門(漁具製作、ロープの結び合わせ及びつなぎ合わせ方)の2分野で構成され、それぞれ正答率70%の基準を満たして合格となります。
 夏季休業前から科目「総合実習」で学んできた内容を基に、日々の家庭学習等に取り組み、全員合格を目指して頑張りました。

 〔漁業技術検定の様子〕
 
 筆記部門

 
 実技部門(漁具製作)

 
 実技部門(ロープスプライス)

 
 実技部門(ロープワーク)

 
 実技部門(ロープワーク)
06:00
2021/09/08

水産学会近畿支部「水産のお仕事勉強会」に参加

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 9月4日(土)、日本水産学会近畿支部(京都大学農学部事務局)主催による「水産のお仕事勉強会」がオンライン(ZOOM)で開催されました。
 海洋科学科の希望生徒12名が、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各家庭において各自の端末を使用して参加しました。
 今回、水産業各分野の4社 様から仕事の概要について紹介していただき、水産分野の現状や課題への理解を深めるとともに水産関連産業への関心を高め、進路実現の一助とすることができました。
 関係者の方々、大変お世話になり、ありがとうございました。

 ※主催者 様より撮影等が制限されており、写真の掲載は、していません。
06:00
2021/08/27

生徒研究発表地区大会最優秀賞受賞

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 第59回日本海南部地区高等学校水産教育研究協議会 生徒研究発表大会が開催され、DVD審査の結果、最優秀賞を受賞しました。
 新型コロナウイルス感染症拡大防止のために活動制限がかかり、ナマコ飼育に新たな課題が生まれましたが、その解決に向けて取り組んだ内容を発表しました。
 この結果を受けて、12月に沖縄県で開催予定の全国大会への出場が決定しました。
 現在も、4回目の緊急事態宣言が発令され、十分に飼育管理ができない状況にありますが、「できないこと」よりも「今できること、今しかできないこと」に目を向けて頑張っていきます。応援のほど、よろしくお願いします。

DVD審査の画像より 左から
今村 泉仁(詳徳中学校出身)
宇野 心音(江陽中学校出身)
吉岡 未来(栗田中学校出身)

09:30 | 今日の出来事
2021/08/20

京都府立丹後郷土資料館との連携事業中止のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 8月19日(木)から、京都府に緊急事態宣言が発令されたことに伴い、京都府立丹後郷土資料館が臨時閉館することになりました。
 つきましては、8月21日(土)、28日(土)及び9月4日(土)に予定しておりました「本校生徒による海洋ごみに関する研究説明」を中止いたします。
 楽しみにしてくださった皆様には申し訳ありませんが、御理解のほどよろしくお願いいたします。
14:24 | 連絡事項
2021/08/19

海洋科学科航海実習②

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 8月6日(金)、日帰りの日程で、海洋科学科航海実習(みずなぎ乗船・2日目)を行い、6名が参加しました。
 昨日参加した生徒が中心となり、本日から参加した生徒に実習内容を教えながら、操船や航海当直、ニューストンネットによるマイクロプラスチック調査、ライントランセクト法による漂流ごみ調査を行いました。
 今後、調査したデータを分析し、研究発表等で活用していきたいと思います。

 〔本日のニューストンネット調査海域〕
  1 福井県小浜湾沖合
  2 京都府経ヶ岬沖合本校独自の定点(AラインOb-3)
  3 京都府宮津市黒崎沖合

 ※当初の計画では、1泊2日の航海実習を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止(まん延防止等重点措置の発出)により、日帰り行程に変更して実施しました。

 〔6日の航海実習の様子より〕
 
 乗組員から指示を受け、出航前の準備

 
 航行中は15分毎に、海図に船位を記入

 
 漂流ごみの目視調査

 
 マイクロプラスチック調査(ニューストンネット曳網)

 
 ニューストンネットに入ったマイクロプラスチック等を回収
17:00
2021/08/08

海洋科学科航海実習

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 8月5日(木)、日帰りの日程で、海洋科学科航海実習(みずなぎ乗船)を行い、10名が参加しました。
 みずなぎ航行中は、操船や航海当直、ニューストンネットによるマイクロプラスチック調査及びライントランセクト法による漂流ごみ調査を行い、充実した航海実習とすることができました。
 今回の実習で身に付けた知識を進路等でも生かしてほしいと思います。

 〔本日のニューストンネット調査海域〕
  1 福井県敦賀湾沖合
  2 福井県小浜湾沖合

 〔航海実習の様子より〕
 

 

 

 

 

 
06:00
12345