COUNTER

Total 平成30.4~92882

COUNTER

Total 平成29年度  1488510
 

COUNTER

Total 平成24.3~4242044

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 
 
海洋科学科の取組を紹介します
12345
2018/04/20new

宮津湾ナマコ調査&天然採苗試験

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 4月17日(火)、海洋科学科3年生10名が宮津湾ナマコ資源量調査及び天然採苗試験に取り組みました。
 午前中は宮津なまこ組合、京都大学フィールド科学教育研究センター舞鶴水産実験所、京都府水産事務所及び京都府農林水産センター海洋センターが実施されている宮津湾ナマコ調査に参加させていただきました。
 ナマコの漁期は、資源保護のためすでに終了していますが、本校で人工採苗に使用する親ナマコ8尾を提供していただきました。昨年度に引き続き、人工採苗が成功するよう、がんばります。
 午後は宮津市、宮津なまこ組合及び本校が実施する天然採苗試験用の採苗器を海面筏に垂下しました。
 お世話になりました皆様、ありがとうございました。
 

(午前の実習の様子)重量が1kgを超えるナマコも多く、資源保護の成果が表れているようです。

(午後の実習の様子)今年度は水深1mに採苗器を設置しました。
08:30 | 今日の出来事
2018/04/16new

由良川クリーン作戦

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 4月15日(日)、由良川丹波大橋下の河川敷において、第6回「由良川クリーン作戦(京都府立綾部高校由良川キャンパス分析化学部主催)」が開催され、本校から31名が参加しました。
 同校は本校と共に文部科学省指定事業GLOBE第10期(平成25・26年度)及び12期(平成29・30年度)の指定を受け、河川と海洋の水質調査や環境保全活動等を通して連携を深めています。
 
 
クリーン作戦後は、生徒交流会として、由良川の河川の指標生物を観察しました。
 由良川には豊かな生態系が形成されており、この自然を保全するためにも、本校で研究している「海洋ごみ問題」を啓発し、研究をさらに推進していく必要があるという思いを新たにしました。

由良川レンジャーと一緒に「がんばるぞ!」

増水した由良川の水深を身を持って学びました。

200名以上の参加者が約300kgのごみを回収しました。

クリーン作戦終了後は、生徒交流会として、水生生物の観察をしました。

綾部高校由良川キャンパス分析化学部のみなさん、ありがとうございました。
11:45 | 今日の出来事
2018/03/27

「由良川クリーン作戦」へのお誘い

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 海洋科学科では、グローブ事業や海洋ごみ研究の一環として、府立綾部高等学校分析化学部主催の「由良川クリーン作戦」に参加します。
 年々参加者が増え、昨年度の参加者数は約150名(本校25名を含む)でした。
 みなさんも私たちと一緒に、美しい由良川を守る取組に参加しませんか?

1 日程 平成30年4月15日(日)9時30分~11時
2 場所 丹波大橋下河川敷(河川敷に直接お越しください。)
3 当日の流れ
   9時    受付開始
   9時30分 あいさつ、当日の説明
   9時45分 河川敷へ移動、清掃開始
  10時30分 清掃終了、挨拶
  11時    解散
4  詳しくは、綾部高校東分校のHPで御覧ください。
16:50 | 連絡事項
2018/03/05

全国青年・女性漁業者交流大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 3月1日(木)~2日(金)、グランドアーク半蔵門(東京都千代田区)において、「第23回 全国青年・女性漁業者交流大会」が開催されました。この大会は、全国の青年・女性漁業者が日頃の研究や実践活動の成果を発表し、交流することで、水産業や漁村の発展と活性化を図ることを目的としています。去る12月に開催された全国水産・海洋高等学校生徒研究発表において最優秀賞を受賞した海洋科学科3年生3名(武田 将哉(大成中学出身)、清水 朔蔵(笠置中学出身)、崔 聖京(凌風中学出身))が参加させていただき、3月2日(金)に受賞作品「日進月歩~宮津ナマコ産業の夜明け~」を発表しました。
 3年生3名にとって、高校生活最後のプレゼンテーションということもあり、これまでの感謝の思いを込めて発表しました。視聴していただいた皆様、事務局としてお世話になりました全国漁業協同組合連合会漁政部の皆様、ありがとうございました。
 なお、日頃の研究活動で連携させていただいている宮津なまこ組合様も「資源管理・資源増殖部門」において、農林水産大臣賞を受賞されました。おめでとうございます。

約700名の漁業・水産業関係者に向けたパフォーマンス

農林水産大臣賞を受賞された宮津なまこ組合 代表 栗田 紘一 様との記念撮影
18:35 | 今日の出来事
2018/03/01

各種表彰

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 3年間の努力の成果として、卒業に際し多くの生徒が表彰を受けました。おめでとうございます。
 日々の積み重ねがすばらしい結果につながりました。


※以下、主に専門教育に関わる表彰、海洋科学科の生徒のみ掲載
【公益財団法人 産業教育振興中央会会長表彰】
清水 朔蔵(笠置中学出身)

【京都府産業教育振興会会長賞】
西 昇太郎(鹿ノ台中学出身)

【全国水産高等学校長協会理事長表彰】
糸井 里彩(橋立中学出身)

【マリンマイスター顕彰特別表彰】
糸井 里彩(橋立中学出身)(全国最高得点獲得)
清水 朔蔵(笠置中学出身)
崔   聖京(凌風中学出身)
西 昇太郎(鹿ノ台中学出身)
平 多加志(網野中学出身)
吉田   稜(大住中学出身)

【京都府教育委員会教育長表彰】
2年ぶり2度目の全員受賞です。
糸井 里彩(橋立中学出身)
井上 由真(宮津中学出身)
大浦 圭佑(栗田中学出身)
小倉 成海(栗田中学出身)
川野 寛生(東百舌鳥中学出身)
木佐一良生(宮津中学出身)
後藤 虹海(橋立中学出身)
佐藤 萌夏(太秦中学出身)
柴田 莉緒(城南中学出身)
清水 朔蔵(笠置中学出身)
髙山 慎平(北城陽中学出身)
武田 将哉(大成中学出身)
谷口 宗立(栗田中学出身)
崔   聖京(凌風中学出身)
中川 翔伍(中京中学出身)
永濵 陽平(伊根中学出身)
西 昇太郎(鹿ノ台中学出身)
西野 渓心(栗田中学出身)
平 多加志(網野中学出身)
譽田   惇(豊中第十六中学出身)
真下 佳苗(加佐中学出身)
松木 悠弥(瑞穂中学出身)
宮﨑 佑樹(栗田中学出身)
山口 勇希(橋立中学出身)
山下 慶悟(城北中学出身)
山添 惠弘(橋立中学出身)
吉田 伊吹(城南中学出身)
吉田   稜(大住中学出身)

【学校表彰】
 学習成績優秀賞 崔 聖京(凌風中学出身)
 教育活動学校表彰 糸井 里彩(橋立中学出身)
09:50 | 報告事項
2018/02/19

KYOTO地球環境の殿堂

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 2月10日(土)、国立京都国際会館において、第9回KYOTO地球環境の殿堂 併催事業として、「京都環境文化学術フォーラム学生ポスターセッション」が開催されました。海洋科学科が研究活動として取り組んでいる「漂流ごみ調査」及び「マイクロプラスチック調査」について、2年生4名が発表しました。
 また、国際シンポジウム終了後には、殿堂入りされたカリフォルニア大学名誉教授 ミゲール・A・アルティエリ氏、デューク大学名誉教授 マーガレット・アン・マッキーン氏、ニューハンプシャー大学名誉教授 デニス・L・メドウズ氏との対話にも参加し、英語でマイクロプラスチックについて紹介し、研究活動への激励をしていただきました。
 ポスターを御覧いただいた皆様、京都環境文化学術フォーラム事務局の皆様、そして、殿堂入りされた3名の先生方、ありがとうございました。
 Thank you for taking your time for us!

衆議院議員 田中 英夫 様にもポスターを御覧いただきました。

「小さな敵を探せ!~日本海で見つけた大きな問題~」
(写真左から)藤原 甲那(江陽中学出身)、下戸 宥人(峰山中学出身)

「京都から広がる調査の輪~中型実習船を活用した漂流ごみ調査方法の検討~」
(写真左から)寺島 香帆(伏見中学出身)、原 明日輝(修学院中学出身)

殿堂入りされた3名の先生方と海洋ごみについて対話させていただきました。

殿堂入りされたデニス先生と記念撮影をしました。
16:47 | 今日の出来事
2018/01/09

生徒研究発表最優秀賞受賞

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 12月7日(木)、宮崎市民プラザにおいて、「第26回全国水産・海洋高等学校生徒研究発表大会」が開催されました。
 日本海南部地区の水産・海洋高校の代表として、本校海洋科学科3年生の3名が出場しました。本校で継続して取り組んできたマナマコの天然採苗及び人工採苗、そして宮津湾の漁業者との資源増殖の取組を、「日進月歩~宮津ナマコ産業の夜明け~」と題して発表しました。宮津湾での課題を受け、科学的データを積み重ねてきたこと、先輩から受け継いだ課題を1つ1つ解決してきたこと等が高く評価され、本校としては、10年ぶり2回目の最優秀賞を受賞しました。
 応援いただいた皆様、主幹校の宮崎県立宮崎海洋高等学校の皆様、ありがとうございました。
 
 先輩役と後輩役のやりとりで、会場中が引き込まれる発表を展開できました。

写真左から
  崔 聖京(凌風中学出身)、武田 将哉(大成中学出身)、清水 朔蔵(笠置中学出身)
13:51 | 報告事項
2017/08/19

【資源調査実習⑤】

Tweet ThisSend to Facebook | by ネットワーク管理担当
 8月19日(土)午前9時現在、経ヶ岬の東4マイルを航行中で、午前10時40分頃入港予定です。
 今朝、イルカが5頭、船首について、生徒もうれしそうに見ていました。
09:00
2017/08/19

【資源調査実習④】

Tweet ThisSend to Facebook | by ネットワーク管理担当
 8月18日(金)23時30分に全ての調査を無事終了しました。
06:00
2017/08/18

【資源調査実習③】

Tweet ThisSend to Facebook | by ネットワーク管理担当
 8月17日(木)日没後の曳網の様子です。



 採取の様子です。



 資源調査は、順調に進み、生徒は元気で実習に取り組んでいます。
09:00
12345