COUNTER

Total 平成30.4~317116

COUNTER

Total 平成29年度  1488510
 

COUNTER

Total 平成24.3~4466278

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 

 
海洋科学科の取組を紹介します
12345
2018/06/13new

Welcome to our school!

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月13日(水)、アメリカ・デルレイビーチ市から高校生訪問団7名が来校されました。
 デルレイビーチ市は、宮津市と姉妹都市提携を締結しており、高校生訪問団は、2年ぶりに来校されました。
 海洋科学科の生徒は、歓迎式典やロープワークを通して交流を深めるとともに、国際親善に貢献することができました。

              英語での歓迎式典(3年生)

          ジェスチャーでの部活動紹介(2・3年生合同)

             ロープワーク交流(2年生)

                 記念撮影(全校生徒)
10:55 | 今日の出来事
2018/06/08

3年集中実習5日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月4日(月)~8日(金)の5日間、3年生がキャリアトライアル(集中実習)に取り組みました。
 5日目の6月8日(金)は、2年生と合同で、福井県小浜市に校外見学に向かいました。
 福井県立大学小浜キャンパスでは、海洋生物資源学部 教授 瀬戸 雅文 先生より、「若狭湾の特徴から海の恵みを解析する」というテーマで講義をしていただきました。講義の中では、海洋科学科で研究テーマとして取り扱っているマナマコの放流技術についても触れていただきました。
 福井県立大学海洋生物資源臨海研究センターでは、海洋資源学部 教授 富永 修 先生より、地域の特性を活かした研究活動を御紹介いただき、「鯖街道の街」として取り組むマサバや福井県の天然記念物であるカマキリ(地方名:アラレガコ、アユカケ)等の養殖について学習しました。
 福井県水産試験場栽培漁業センターでは、主任研究員 川代 雅和 様より、マナマコの人工採苗についての講義の後、施設を見学させていただき、現在飼育中であるマナマコ幼生についての意見交流等もできました。
 海洋科学科の研究活動や希望進路実現に直結する、大変貴重な機会になりました。お世話になった皆様、ありがとうございました。

福井県立大学海洋生物資源学部 教授 瀬戸 雅文 先生

福井県立大学海洋資源学部 教授 富永 修 先生

福井県水産試験場栽培漁業センター 主任研究員 川代 雅和 様
18:41 | 今日の出来事
2018/06/07

3年集中実習4日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月4日(月)~8日(金)、海洋科学科3年生がキャリアトライアル(集中実習)に取り組んでいます。
 4日目である6月7日(木)は、1,150個のイワガキを京都府漁業協同組合へ上場した後、研究班に分かれて発表会に向けての打合せを行いました。

漁協職員の方から、自動選別機の取扱いの説明を受けました。

イワガキ班、ナマコ班、海洋ごみ班に分かれ、今後の研究日程や発表内容について打ち合わせました。
18:19 | 今日の出来事
2018/06/07

3年集中実習3日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月4日(月)~8日(金)、海洋科学科3年生がキャリアトライアル(集中実習)に取り組んでいます。
 3日目である6月6日(水)は、2年生と合同で、今季最後のイワガキ出荷準備実習を実施しました。
 
 3年生がリーダーシップを発揮し、けじめのある清々しい実習をすることができました。

2・3年生の代表が、海面筏で育成中のイワガキを収穫しました。
※合羽の下にライフジャケットを着用しています。

1,150個のイワガキを明日出荷します!
18:12 | 今日の出来事
2018/06/05

3年集中実習2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月4日(月)~8日(金)、海洋科学科3年生がキャリアトライアル(集中実習)に取り組んでいます。
 2日目である6月5日(火)は、研究機関を訪問させていただき、専門性の向上に取り組みました。
 最初に、国立研究開発法人水産研究・教育機構 日本海区水産研究所宮津庁舎を訪問し、資源生物部 部長 塚本 洋一 様より、国レベルの水産研究の動向や資源管理の効果等を学習しました。
 次に、京都府農林水産技術センター海洋センターを訪問し、研究部長 上野 陽一郎 様より、京都府の水産や環境に優しい養殖について学習しました。今回は、栽培環境コースの生徒と共に講義を受講し、互いの研究活動に関連する質問を積極的にすることができました。
 
 お世話になった皆様、ありがとうございました。

国立研究開発法人水産研究・教育機構 日本海区水産研究所宮津庁舎 資源生物部 部長 塚本 洋一 様の講義

国立研究開発法人水産研究・教育機構 日本海区水産研究所宮津庁舎 資源生産部 主任研究員 清水 健 様による施設見学

京都府農林水産技術センター海洋センター 研究部長 上野 陽一郎 様の講義
20:27 | 今日の出来事
2018/06/05

3年集中実習1日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月4日(月)~8日(金)、海洋科学科3年生がキャリアトライアル(集中実習)に取り組んでいます。
 1日目である6月4日(月)は、ナマコの人工採苗に取り組みました。
 京都大学フィールド科学教育研究センター舞鶴水産実験所より澤田 英樹 先生をお迎えし、助言を受けながら、また、先輩方の残してくださったマニュアルに沿って行いました。
 昨年よりも数は少なかったですが、無事、受精卵を得ることができました。大切に育てていきたいと思います。

親ナマコに生殖腺刺激ホルモン(クビフリン)を投与しました。

澤田先生にライトをお借りして、受精卵を確認しました。
20:08 | 今日の出来事
2018/06/05

東海大学講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月5日(火)、東海大学海洋学部 航海工学科海洋機械工学専攻 教授 山﨑 啓市先生を講師にお迎えし、海洋科学科2・3年生を対象に出前授業をお世話になりました。
 同専攻には、船舶設計や機械工学を学ぶため、多くの先輩方が在学されています。
 南極観測船「しらせ」の建造にも関わってこられた山﨑先生の講義を受け、海洋機械工学に興味を持った生徒もいました。
 山﨑先生、ありがとうございました。

20:05 | 今日の出来事
2018/06/05

はだしのコンサート

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月3日(日)、網野町琴引浜において、「はだしのコンサート2018」が開催され、海洋ごみ研究の一環として、海洋科学科から有志(2年生2名、3年生3名)が参加しました。
 普段、調査を進めている栗田湾とは異なり、琴引浜は外湾で観光客も多いという特徴があります。美しく見える琴引浜でも、栗田湾よりも多くのレジンペレット(プラスチック製品の原料)が散乱しており、海洋ごみ問題の深刻さを実感しました。
 お世話になった皆様、ありがとうございました。


19:48 | 今日の出来事
2018/06/05

知財講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
  6月5日(火)、平成30年度「知的財産に関する創造力・実践力・活用力開発事業(独立行政法人 工業所有権情報・研修館)」の一環として、「知的財産権とはなにか?」をテーマに講演会を開催し、航海船舶コース2・3年生の生徒とともに海洋科学科3年生が受講しました。
 
 知的財産権について身近な事例を挙げながら説明していただき、知的財産権制度の基本的知識と考え方を学ぶことができました。また、本校においても、パテントコンテストへの応募に挑戦したいと思います。
 講師としてお世話になりました大西特許事務所 弁理士 大西 正夫 様、ありがとうございました。

19:38 | 今日の出来事
2018/05/31

アサリ測定

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 5月31日(木)、前日に宮津あさり組合から寄贈していただいたアサリ稚貝の測定を行いました。
 全数調査はできませんでしたが、360個を調査したところ、平均殻長6.29±1.84mm、殻高4.47±1.38mmでした。
 稚貝が小さく、ノギスを用いた細かい作業を伴う実習になりましたが、集中して実施することができました。

19:12 | 今日の出来事
12345