COUNTER

Total 平成29.4~876679

COUNTER

Total 平成28年度   956709
 

COUNTER

Total 平成24.3~3537325

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 
 
海洋科学科の取組を紹介します
12345
2017/08/19

【資源調査実習⑤】

Tweet ThisSend to Facebook | by ネットワーク管理担当
 8月19日(土)午前9時現在、経ヶ岬の東4マイルを航行中で、午前10時40分頃入港予定です。
 今朝、イルカが5頭、船首について、生徒もうれしそうに見ていました。
09:00
2017/08/19

【資源調査実習④】

Tweet ThisSend to Facebook | by ネットワーク管理担当
 8月18日(金)23時30分に全ての調査を無事終了しました。
06:00
2017/08/18

【資源調査実習③】

Tweet ThisSend to Facebook | by ネットワーク管理担当
 8月17日(木)日没後の曳網の様子です。



 採取の様子です。



 資源調査は、順調に進み、生徒は元気で実習に取り組んでいます。
09:00
2017/08/17

【資源調査実習②】

Tweet ThisSend to Facebook | by ネットワーク管理担当
 8月17日(木)15時
 試し曳網の様子です。



 試し曳きでの採取物です。


16:00
2017/08/17

【資源調査実習①】

Tweet ThisSend to Facebook | by ネットワーク管理担当
 8月17日(木)~19日(土)、海洋科学科が取り組んでいます日本海のクロマグロ仔稚魚の資源調査実習の様子をお知らせします。

 8月17日(木)13時30分
 実習船「みずなぎ」は、海洋科学科3年11名・同2年4名を乗せ、資源調査実習に出航しました。




14:30
2017/07/26

南水研リハーサル

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 平成29年度3年生学習・研究成果中間発表会において最優秀賞となった海洋科学科が、7月27日(木)、ファミリーイン今子浦(兵庫県香美町)において開催される「平成29年度日本海南部地区高等学校水産教育研究協議会生徒研究発表」に出場することが決定しました。
 本校代表として、練習を重ねて完成度を高め、日本海南部地区代表に選ばれるよう、頑張ります。

 
発表題「日進月歩~ナマコ研究の新たな歩み~」
写真 左から
武田 将哉(大成中学出身)、崔 聖京(凌風中学出身)、清水 朔蔵(笠置中学出身)
09:56 | 今日の出来事
2017/07/15

栗田中学校

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
【キャリアプランニング・サポート】
 栗田中学校3年生22名が実習船「みずなぎ」の体験乗船をされました。
 3年海洋科学科の生徒が海洋観測や操舵体験のサポートを行いました。
 楽しく学んでいただけるように、クイズを取り入れたり、マンツーマンで教えるなど、興味を持って学んでいただけるよう工夫をしました。
 ありがとうございました。


16:53 | 今日の出来事
2017/07/14

海浜清掃

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 7月8日(土)、フィッシング技能コンテスト(全国水産高等学校長協会主催)を開催しました。
 それに先立って、参加者全員で海浜清掃を実施し、海洋科学科は海洋ごみ研究の一環として、環境省が定めるガイドラインに従って、ごみの分類を行いました。


10:19 | 今日の出来事
2017/07/14

支部コン

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 7月8日(土)、京都大学において、日本水産学会近畿支部前期例会「支部コン」が開催され、3年海洋科学科4名が参加しました。
 「支部コン」とは、大学教員や研究者が、他府県の研究機関や民間企業等との横のつながりを強固にし、近畿の水産業が抱える問題の解決を効果的に図ることを目的とした、研究活動上のコンパのことを言います。
 ナマコ班の崔 聖京くん(凌風中学出身)、武田 将哉くん(大成中学出身)は、ナマコの種苗生産時に発生するカイアシ類の駆除方法について専門的な意見を聞くことができました。また、イワガキ班の西 昇太郎くん(鹿ノ台中学出身)、山口 勇希くん(橋立中学出身)は、イワガキ天然採苗の時期や新しい採苗器の可能性についての話題提供を行いました。
 参加者は大学教員や大学院生、各県の水産試験場職員等でしたが、これまで経験してきた研究発表会よりも自由な雰囲気で意見を出したり質問ができ、研究活動を大きく前進させることができるヒントをいただきました。
 ありがとうございました。

10:19 | 今日の出来事
2017/06/29

学科内予選

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 7月7日(金)、平成29年度3年生学習・研究成果中間発表会が開催されます。
 6月27日(火)、海洋科学科3年生の学科内予選を実施し、2年生22名が視聴しました。
 代表2グループは、日本海南部地区生徒研究発表の本校代表に選ばれるよう、頑張ってください。

【海洋科学科代表】
ナマコ2班「日進月歩~ナマコ研究の新たな歩み~」
 (清水 朔蔵(笠置中学出身)、武田 将哉(大成中学出身))
イワガキ3班「イワガキのブランド化に向けて~水産物を観光資源に~」
 (井上 由真(宮津中学出身)、山下 慶悟(城北中学出身)、中川 翔伍(中京中学出身))
18:49 | 今日の出来事
12345