↑キャリアプランニング・サポート申込↑

↑中学生の皆様へ↑
 

メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置お魚MAP活躍する先輩たち(キャリアモデル)アクセス京水海洋同窓会
 




 

 

COUNTER

Total 令和3.4~10340

COUNTER

Total 令和2年度  714307
 

COUNTER

Total 平成24.3~6735658

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 
海洋科学科 Marine Science Course
 国公立大学や私立4年制大学等上級学校への進学や公務員を目指します。

コースの特徴 01.
 普通科に近いカリキュラムで学習し、さまざまな学部への進学にも対応します。
コースの特徴 02.
 キャリアトライアルや大学・関係(専門)機関との連携を通して専門性を高めます。キャリアトライアルは、一定期間、集中して実習に取り組むことにより専門性を深める授業形態です。
コースの特徴 03.
 研究活動やプレゼンテーションに力を注ぎ、思考力やコミュニケーション能力を磨きます。
 
海洋科学科の取組を紹介します
12345
2021/04/14new

3年海洋科学科実習開始

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 4月12日(月)、3年生海洋科学科の実習が始まり、育成イワガキの出荷準備実習に取りかかりました。今年も順調にイワガキが大きく育っています。

 
 
 
11:20
2021/04/14new

2年生学科開き(海洋科学科)

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 4月12日(月)、2年生は初めて実習服に袖を通し海洋科学科の一員となりました。その後、学科開きとしてのオリエンテーションを受けました。

 
 2年間使用する実習服を業者様より受け取り、気持ちを引き締めました。

 
 実習に対する心構えや姿勢などについて、真剣に聴きました。
11:20
2021/03/30

日本水産学会

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 3月28日(日)、令和3年度日本水産学会春季大会高校生ポスター発表がオンライン開催されました。本校からは、食品経済コース、マリンバイオ部とともに、海洋科学科からも2年生5名が参加し、「マナマコ生体体表に寄生する生物の駆除方法の検討」と題したテーマで発表しました。
 お世話になりました皆様、ありがとうございました。

11:37 | 今日の出来事
2021/03/30

森里海シンポジウム

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 3月13日(土)、第6回森里海シンポジウム・ポスターセッション(主催:日本財団・京都大学森里海連環学教育研究ユニット)がオンライン(ウェビナー※)で開催され、海洋科学科2年生5名が参加しました。
 午前中は、全国各地の高校生による森・里・海に関連するポスターセッションが行われました。本校からは、「寄生虫から親ナマコを守れ!」と題したテーマでの発表を行い、企画賞を受賞しました。
 午後からは、一般視聴者も含めたシンポジウムが開催され、環境省や企業等におけるSDGsの取組等について視聴するとともに、パネリストとして議論に参加しました。
 お世話になりました皆様、ありがとうございました。

※ウェビナーとは、web上でのセミナー機能のこと。
11:37
2021/03/01

各種表彰

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 3年間の努力の成果として、卒業に際し多くの生徒が表彰を受けました。日々の積み重ねがすばらしい結果につながりました。おめでとうございます。
 今年度の卒業生は、全員がマリンマイスター顕彰及び京都府教育委員会教育長表彰を受賞しました。これは、昨年に引き続き、2年連続です。

※以下、主に専門教育に関わる表彰、海洋科学科の生徒のみ掲載

【公益財団法人 産業教育振興中央会会長表彰】
 山根 建太朗(大阪・交野市立第四中学出身)

【全国水産高等学校長協会理事長表彰】
 上原 幹正(洛北中学出身)

【全国水産高等学校長協会マリンマイスター顕彰表彰】

 上原 幹正(洛北中学出身)
 小田 光真
(寺戸中学出身)
 小野  恩
(大阪・長尾西中学出身)
 川﨑 康平
(大阪・東香里中学出身)
 川原 朋也
(大阪・高槻市立第九中学出身)
 喜捨 蒼士
(弥栄中学出身)
 小林 亜圭
(青葉中学出身)
 小室 志織
(橋立中学出身)
 坂根 杜季
(橋立中学出身)
 杉本  楓
(加悦中学出身)
 仲里 友成
(大宮中学出身)
 中島 美幸
(栗田中学出身)
 西上 喜一
(桃陵中学出身)
 橋村 哉汰
(奈良・大瀬中学出身)
 平山 愛果
(青葉中学出身)
 藤本 凌大
(宮津中学出身)
 三谷 優斗
(勝山中学出身)
 村田 魁誠
(滋賀・彦根市立南中学出身)
 森田 瑠菜
(白糸中学出身)
 山下 幹太
(橋立中学出身)
 山根建太朗
(大阪・交野市立第四中学出身)

【全国水産高等学校長協会マリンマイスター顕彰表彰 特別表彰】
 上原 幹正、山根建太朗

【京都府教育委員会教育長表彰】
 上原 幹正、小田 光真、小野  恩、川﨑 康平、川原 朋也、
 喜捨 蒼士、
小林 亜圭、小室 志織、坂根 杜季、杉本  楓、
 仲里 友成、
中島 美幸、西上 喜一、橋村 哉汰、平山 愛果、
 藤本 凌大、
三谷 優斗、村田 魁誠、森田 瑠菜、山下 幹太、
 山根建太朗

【学校表彰】
 学習成績優秀賞 小室 志織
14:00 | 今日の出来事
2021/02/26

海洋プラ問題を解決するのは私たちだ!

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 海洋科学科では、研究活動の一環として「海洋ごみ問題」を取り扱っています。
 3年海洋科学科 川﨑 康平くんは、校内の研究活動にとどまらず、学校外で貴重な経験をしたそうです。
 2020年8月に募集のあったオンラインプログラム「海洋プラ問題を解決するのは君だ!~高校生×研究×社会問題解決プログラム~(運営:IHRP実行委員会)」に応募しました。課題提出や書類選考もありましたが、3倍の難関を見事突破し、予選を通過しました。
 半年間、グループで活発なオンラインミーティングが展開され、最終発表では優秀グループに選ばれました。さらに、2月24日(水)にパシフィコ横浜で開催されたサステナブル・ブランド国際会議2021横浜において、研究や議論した内容を発表したそうです。
 川﨑くんは、「全国各地の高校生と研究を進めたり、研究者との交流を通じて、視野が広がりました。大学でも海洋ごみ問題の解決に近づくよう、研究を進めたいと思います。」と感想を語りました。

         ペットボトル製のトロフィー
20:13 | 今日の出来事
2020/11/10

由良川クリーン作戦

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 11月8日(日)、京都府立綾部高等学校東分校(由良川キャンパス)分析化学部主催「第8回由良川クリーン作戦」が開催され、海洋科学科から2・3年生25名が参加しました。例年、4月に実施していますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために延期され、秋の実施となりました。
 今年は大雨による増水がないためか、これまでに経験のないような雑草が生い茂る中、ごみを回収しました。
 その後の生徒交流会では、水生昆虫調査やマイクロプラスチック調査を実施しました。
 お世話になりました皆様、ありがとうございました。


     身長よりも高い雑草に囲まれてのごみ拾い

          約200名で40㎏のごみ回収


  由良川から引き込む農業用水でのマイクロプラスチック調査

            水生昆虫調査
09:19 | 今日の出来事
2020/11/10

「海の京都」調査隊

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 10月31日(土)、「『海の京都』調査隊」の皆様が来校されました。今回の「『海の京都』調査隊」には、日本財団等が主催する「海と日本プロジェクトin京都2020」事業の一環として、京都文教短期大学付属小学校の児童17名が参加されました。
 海洋科学科は、本校桟橋に隣接する砂浜において、「海洋ごみ問題」に関連する学習講座を担当しました。
 世界的な環境問題である「マイクロプラスチック」について、作製した標本をもとに、御家族や友人と話し合ったり、プラスチックに頼った生活を変容するきっかけにしていただきたいと思います。
 来校いただきました皆様、ありがとうございました。

      マイクロプラスチックに関する学習

      砂浜でのマイクロプラスチック採集

     マイクロプラスチックの標本作製
09:18 | 今日の出来事
2020/11/10

京大森里海ラボ

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 10月31日(土)、京都大学森里海連環学教育研究ユニット・フィールド科学教育研究センター主催「京大森里海ラボbyオンライン」が開催され、海洋科学科から2年生3名が参加しました。例年、京都大学が所有する実習施設等を訪問しますが、今年度はWeb上での開催となりました。
 参加前には、全国10校の高校生や京都大学の大学院生等と、Slack(オンラインビジネスチャットツール)を通じて、「私の残したい風景、その理由」というテーマで交流を深めました。
 当日は、ZOOM(オンライン会議システム)での参加となりました。午前中は講演会の視聴、午後はMiro(オンラインホワイトボード)を用いたKJ法での意見交流に参加しました。
 お世話になりました皆様、ありがとうございました。

         Slackを用いた意見交流会

      ZOOM、Miroを用いたグループワーク
09:18 | 今日の出来事
2020/09/03

教育実習生との交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 今年度も、本校を卒業した大学生が、教育実習生として海洋高校に帰ってきました。
 9月3日(木)、海洋科学科2・3年生が教育実習生と意見交流会を実施しました。
 今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、オープンキャンパス等の実施が縮小されており、現役大学生との意見交流会は大変貴重な機会になりました。

    福山大学生命工学部4回生 横澤 凪 先生
  (平成29年度 本校海洋資源科栽培環境コース卒業)
16:12 | 今日の出来事
12345