↑学校説明会要項公開しました。
 

メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定進路状況部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報ことばの力トライアル中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置お魚MAPアクセス京水海洋同窓会
 



 

 

COUNTER

Total 令和2.4~160936

COUNTER

Total 平成31年度  706490
 

COUNTER

Total 平成24.3~6171944

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 
海洋科学科 Marine Science Course
 国公立大学や私立4年制大学等上級学校への進学や公務員を目指します。

コースの特徴 01.
 普通科に近いカリキュラムで学習し、さまざまな学部への進学にも対応します。
コースの特徴 02.
 キャリアトライアルや大学・関係(専門)機関との連携を通して専門性を高めます。キャリアトライアルは、一定期間、集中して実習に取り組むことにより専門性を深める授業形態です。
コースの特徴 03.
 研究活動やプレゼンテーションに力を注ぎ、思考力やコミュニケーション能力を磨きます。
 
海洋科学科の取組を紹介します
12345
2020/07/09new

イワガキ、海で育つ

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月30日(火)及び7月7日(火)の3年「課題研究」では、イワガキ稚貝(赤ちゃん)を挟み込んだ育成ロープを海面筏に垂下しました。

        カキ養殖の現場と同じ実習内容です。

      合計93本の育成ロープを垂下できました。
17:43 | 今日の出来事
2020/07/09new

イワガキの赤ちゃん

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月23日(火)の3年「課題研究」の授業では、昨年11月に垂下したイワガキの採苗器(ホタテガイの貝殻)にイワガキの稚貝(赤ちゃん)が付着しているか確認しました。

      採苗器の両面を確認し、記録を取ります。

    イワガキの稚貝は何個付着しているでしょうか?
17:15 | 今日の出来事
2020/06/30

森里海連環学講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月16日(火)、海洋科学科2・3年生を対象に、森里海連環学講演会・座談会を実施しました。
 「森里海連環学」とは、京都大学が提唱する生態系と人間社会のつながりを科学的に解明する文理融合型学問のことで、本校海洋科学科では、海洋ごみ問題に関する研究活動を通じて連携をさせていただいております。
 講演会では、地域住民や釣り人と連携したアマゴに関わる調査・研究内容について御紹介いただきました。
 座談会では、イワガキ育成、マナマコ資源増殖、海洋ごみ問題のそれぞれの研究班で進めている実験計画についての貴重な御助言を賜りました。研究活動を開始したこの時期に、実験の目的や計画を再考する良い機会になりました。
 京都大学フィールド科学教育研究センター センター長 教授 徳地 直子 先生、特定助教 赤石 大輔 先生、ありがとうございました。

            講義の様子

          徳地先生、赤石先生との座談会

        海洋ごみ問題研究班と記念撮影
11:02 | 今日の出来事
2020/06/10

イワガキの上場

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月10日(水)、2年海洋科学科の生徒がキャリアトライアルに取り組みました。
 2・3年生の実習で出荷準備ができたイワガキ550個を京都府漁業協同組合へ運び、上場しました。漁協職員の方からは、「今年も大変大きく、身入りも良いイワガキですね。」と高い評価をいただきました。上場したイワガキは、生食用に浄化された後、地元舞鶴の他、京阪神や関東圏に出荷されるそうです。
 また、セリや漁協内の見学、講義の受講を通して、京都府内の水産についての魅力や課題を学ぶことができました。
 京都府漁業協同組合 指導課・販売課の皆さま、ありがとうございました。

     上場前のイワガキ(実習船「かいよう」上で)

        自動選別機で重量毎に選別

       京都府の水産についての講義
17:50 | 今日の出来事
2020/06/08

イワガキ出荷準備実習

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月3日(水)の2年「総合実習」では、イワガキ出荷準備実習を実施しました。
 生徒が出荷準備しているイワガキは、本校桟橋で採苗し、海面筏で5~7年間育成したものです。出荷準備実習では、大型のイワガキを選別し、フジツボやホヤなどの付着生物を除去しました。
 6月10日(水)には、海洋科学科の生徒が育成管理をしたイワガキ約500個を京都府漁業協同組合に上場する予定です。

 大きく育ったイワガキ(生徒の手の大きさと比べてください!)
18:56 | 今日の出来事
2020/06/04

海面筏での実習

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 6月2日(火)・9日(火)の3年「課題研究」では、実習船「むそう(2トン)」でカッターを曳航して海面筏まで移動し、イワガキ管理実習を実施しました。
 足場が不安定であり、手を伸ばせばすぐに海面という慣れない環境下での実習でしたが、ライフジャケットを着用し、安全に留意して実習を行うことができました。

   写真 左がカッター、右が実習船「むそう」

      海面筏でのイワガキ管理実習
17:55 | 今日の出来事
2020/05/28

グローブ引継ぎ

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 5月28日(木)の2年「キャリアチャレンジⅡ(総合的な探究の時間)」では、3年生よりグローブ観測の引継ぎを実施しました。
 グローブとは、「環境のための地球学習観測プログラムGLOBE (Global Learning and Observations to Benefit the Environment)の略称で、本校は平成25・26年度から3期連続の指定を受けています。
 3年生の海洋ごみ研究班の生徒が中心となり、観測項目を丁寧に説明しました。

15:52 | 今日の出来事
2020/05/28

ロープワーク

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 5月27日(水)の2年「総合実習」では、イワガキ出荷準備実習を実施しました。
 イワガキ出荷準備実習では、イワガキの付着物を除去した後、出荷日までパールネットに入れて桟橋で蓄養しますが、そのときに必要なロープワーク「ダブルシートベンド(二重つなぎ)」の確認を行いました。

15:45 | 今日の出来事
2020/05/26

ナマコ人工採苗

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 5月26日(火)の3年「課題研究」では、マナマコの人工採苗に取り組みました。
 新型コロナウイルス感染症拡大防止のための休業中には、教員が交代で親ナマコの飼育管理を行い、今回は良い状態の親ナマコを使用することができました。

   親ナマコに生殖腺刺激ホルモンを注入

   放精を確認(白い糸状に見える)
19:33 | 今日の出来事
2020/05/22

研究活動、始動!

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋科学科
 5月22日(金)、1ヶ月ぶりの「課題研究」では、3年生が研究活動の計画を練りました。
 写真はナマコ育成班の生徒が活動計画を話し合った後、人工採苗の手順を確認している様子です。



17:07 | 今日の出来事
12345