↑第2回学校説明会 申込受付中です。
 

メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定進路状況部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報ことばの力トライアル中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置お魚MAPアクセス京水海洋同窓会
 





 

 

COUNTER

Total 令和2.4~311200

COUNTER

Total 平成31年度  706490
 

COUNTER

Total 平成24.3~6322208

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 
食品経済コース
Marine Economics and Sea Processed Food Manufacturing Group
 水産食品の製造・加工・流通を学び新製品の開発に取り組みます。

コースの特徴 01.
 地産地消を基本に地元の魚介類を素材にした製品を生産し、コンテストでの入賞を目指します。
※令和元年度和菓子甲子園近畿大会出場、シーフード料理コンテスト水産庁長官賞
コースの特徴 02.
 元宝ヶ池プリンスホテル総料理長神田正幸シェフや大和学園京都栄養専門学校の講師による指導を年8日以上行い、専門的な技術を身に付けます。
コースの特徴 03.
 本校の食品製造実習室は、保健所から「飲食店営業」、「菓子製造業」等の許可を受けており、毎月1回校内でレストランを営業したり、イベントで販売したりしています。
 
食品経済コースの取組を紹介します。
12345
2020/09/17new

キャリアプランニング・サポート

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品経済コース
 9月14日(月)、「キャリアプランニング・サポート」で来校された与謝野町立石川小学校5年生に「食品加工」を体験していただきました。食品経済コース3年生が作業の指導や加工を手伝い、地元で漁獲されている新鮮な魚の加工方法やおいしさを知っていただくことができました。


 地元で漁獲されたマアジを使用し、てんぷら(さつま揚げ)を作りました。
08:00
2020/09/16new

全国高校生料理コンクールにむけて

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品経済コース
 9月15日(火)、食品経済コース3年生が、「第51回FHJ-日清製粉グループ全国高校生料理コンクール」に向けての作品を製造しました。上位入賞を目指してがんばっています。


 5月の新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、行事等が中止となる中で、自粛期間中に構想を開始しました。


 出品予定作品1(アカモクとさつまいもの手打ちうどん)


 出品予定作品2(鯖水煮缶詰を使ったガレット)
17:40
2020/09/16new

食育王予選大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品経済コース
 9月14日(月)、福井県主催の「第14回全国高校生食育王オンライン選手権大会」が開催され、食品経済コース3年生5名、2年生1名が参加しました。
 予選大会では食育に関わるクイズをWEBで回答し、授業や実習で身に付けた知識を活用することができました。予選を通過できれば、11月15日(日)に開催される決勝大会に出場します。


 食育に関する知識を深め、今後の実習や地域への発信に繋げていきます。
17:30
2020/09/15new

スイートポテト製造

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品経済コース
 9月11日(金)、食品経済コース3年生が「総合実習」において、地元のサツマイモを使用したスイートポテトを製造しました。今後も地元の食材にこだわり実習していきます。


 宝ヶ池プリンスホテル 元総料理長 神田正幸シェフによるレシピを参考にしました。
 今後のレストランで販売する予定です。
12:30
2020/09/14

高校生レストラン

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品経済コース
 9月12日(土)、本校を会場に毎月定例の高校生レストランを実施しました。
 新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策を何度も話し合うとともに、コロナ禍の中でもできる最高をおもてなしを考えて実施しました。
 今後も、新型コロナウイル感染症拡大防止の中でのおもてなしの在り方について深めていきたいと思います。


 「三密」を避けるための屋上レストランは今月も好評でした。


 レストランの待ち時間を利用して、マリンバイオ部が育てたメダカについて説明しました。


 今月から再開したスイーツタイムは、地元の高校生にも評判でした。


 スイーツタイムに提供したイチゴとブルーベリーのパンケーキです。
 元宝ヶ池プリンスホテル総料理長神田正幸シェフの監修です。

 次回は
 宮津浜町パーキング会場 9月23日(水) 15:00~17:00
 本校会場        10月10日(土) 11:00~13:30
です。
17:54
2020/09/12

レストラン準備

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品経済コース
 9月10日(木)、食品経済コース2年生が「総合実習」において、ブイヤベースラーメンスープを製造しました。これまで受け継がれてきた味に仕上げられるように慎重に取り組みました。今回製造したスープは9月12日(土)に、レストランで販売予定です。


 今回は地元のヤナギをベースにスープを作りました。
11:00
2020/09/10

子どもの知的好奇心をくすぐる体験事業

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品経済コース
 9月8日(火)、食品経済コース3年生が、京都府教育委員会事業「子どもの知的好奇心をくすぐる体験事業」の一環として、京都工芸繊維大学 情報工学・人間科学系 准教授 西崎友規子先生に「ものづくりに活かす心理学」の講演をしていただきました。
 心理学について、画像や動画を使って説明していただき、今後の接客や商品開発に際して、必要なお客様の心理について学ぶ機会となりました。

 4~5人ごとにタブレットを持つことで、活発なグループワークができました。


 ログノートにメモを取り、自宅学習でレポートに仕上げます。
11:00
2020/09/10

第11回全国和菓子甲子園近畿大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品経済コース
 9月8日(火)、リモートによる第11回全国和菓子甲子園近畿大会がありました。
 8月の書類選考を勝ち抜いた4校がプレゼンテーションを行い、11月の全国大会を目指しました。昨年度、果たせなかった近畿大会突破を目指してがんばりました。
 全国大会の出場校は、9月10日(木)頃に発表される予定です。


 審査員の方からいただいた和菓子の専門的な質問にも対応することができました。


 本校の他、兵庫、大阪、奈良から各1校が選ばれていました。
07:00
2020/09/09

サメ類の活用に向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品経済コース
 9月4日(金)、食品経済コース3年生が、近海のサメ類約60kgを調査、一次加工をしました。
 京都府北部でほとんど活用されていないサメ類の調査を行うとともに、地元の飲食店の方々に使っていただきやすいように一次加工することで、水産資源の保全や活用に貢献したいと思います。


 ナヌカザメ、ホシザメ、シロザメ、シュモクザメ、アブラツノザメを確認しました。
07:30
2020/09/08

缶詰の塗膜腐食等に関する研究

Tweet ThisSend to Facebook | by 食品経済コース
 9月4日(金)、食品経済コースが、試作した缶詰の塗膜腐食等を調べるために開缶検査を行いました。
 缶詰の新製品を開発する際には、数か月の恒温検査により、内容物の変質や缶の内面の塗膜腐食の進行状況を観察していく必要があります。今回は、1学期に試作した水産未利用資源の水煮缶、スイーツ缶に加え、昨年度の3年生からから引き継いだ水産未利用資源の水煮缶の検査を行いました。
 今後も、数か月から数年単位で、新しい缶詰の開発を継続していきたいと思います。


 課題研究「食品製造班」が中心になって検査しました。


 過去の先輩が発表されたとおり、塩水のみの缶詰では塗膜腐食が進行していました。


 桑のわらびもち缶です。
 味の変化はありませんが、外観が大きく変化しました。
 今後、原因について調べていく予定です。
07:00
12345