COUNTER

Total 平成29.4~910159

COUNTER

Total 平成28年度   956709
 

COUNTER

Total 平成24.3~3570805

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 
 
海洋技術コースの取り組みを紹介します。
12345
2017/11/24new

溶接に関する講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 11月20日(月)、京都職業能力開発短期大学校(ポリテクカレッジ京都)を会場に開催された、「平成29年度第1回ポリテクカレッジ京都特別講演会(アーク溶接と自動化)」に、海洋技術コース2年生が参加させていただきました。


 大阪大学大学院工学研究科 教授 浅井知 様による講演会でした。


 講演の内容は、先日受講したアーク溶接技能講習で学んだ内容を復習するとともに、溶接技術の発展的な内容も学ぶことができました。
 また、質疑応答の時間には、講師の先生から本校生徒に対して、「水中溶接についてどのようにしているのか?」等の質問をいただきました。
07:00 | 今日の出来事
2017/11/22new

海洋技術コース2年生「総合実習」

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 海洋技術コース2年生「総合実習」の様子です。


 溶接技術を活用して、サッカーゴールの修繕を行いました。
 生徒は、「習得した溶接技術で、ゴミステーションを作ったり、サッカーゴール修繕ができることに、やりがいと達成感を感じます。」とコメントしていました。
14:00 | 今日の出来事
2017/11/16

課題研究「CAD」

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 11月15日(水)、海洋技術コース3年生「課題研究『CAD』」の様子です。


 「課題研究『CAD』」班は、CADで図面を作製し、テーブルベンチ製作に取り組みました。


 図面を基に、寸法、勾配を正確に墨付けを行い製材していきました。
18:40 | 今日の出来事
2017/11/15

峰山高校弥栄分校「奈具丘祭」

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 11月11日(土)、「京都府立峰山高等学校弥栄分校」様を会場に開催された、「奈具丘祭」に参加させていただきました。


 「奈具丘祭」に参加させていただくのは、3回目となりました。今年度は、海洋技術コースと食品経済コース合同で実習製品を販売させていただきました。


 海洋技術コースからは、ウニ・ヒトデ堆肥。食品経済コースからは、弥栄分校農園芸科から提供していただいた野菜を使用したカボチャマフィン、お魚ハンバーグ、海洋高校ブイヤベースラーメンを販売させていただきました。どの商品も1時間程度で完売することができました。


 振る舞い餅の、餅突き体験もさせていただきました。


 ファッションショーでは本校の部活動紹介をするとともに、各部活動のユニフォームの一部を紹介させていただきました。写真は、弥栄分校家政科に作製していただいた「丹後ちりめんエプロン」を着用して特別出演させていただいた様子です。
19:50 | 今日の出来事
2017/11/15

全国アマモサミット2017in伊勢志摩

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 11月11日(土)及び12日(日)、三重県志摩市で開催された、「全国アマモサミット2017in伊勢志摩」に参加しました。
 
 全国から集まった藻場造成の専門家や高校生から京都府以外の海洋環境の現状や、環境改善の取組方法ついて多くのことを学びました。
 
 本校生徒も、天橋立に隣接する阿蘇海で取り組んでいる研究活動(アマモ場造成)について発表を行い、質疑応答では貴重な助言並びに温かいエールをいただきました。

 今回の取組で学んだ幅広い知識を生かし、研究活動の更なる発展に取り組みたいと思います。
19:31
2017/11/13

海洋技術コース3年生「作業潜水」

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 11月7日(火)、海洋技術コース3年生「ダイビング」の様子です。


 作業潜水実習に取り組みました。作業潜水では、陸上から水中に足場資材を運搬し、水中で足場を組立て、完成した足場を陸上に釣り上げるという作業で、危険を伴う実習です。


 マスクダイバーは、ドライスーツを着用し、水中作業を動画で記録します。


 水中では、主にヘルメットダイバーが組立て作業を行います。


 玉掛け作業及びクレーン作業は、オペレーターとコミュニケーションを取りながら作業を行います。


 送気員の役割も重要です。写真は、マスクダイバーへの送気コンプレッサーの異常の有無を確認しているところです。


 監視員は作業中、モニターで水中作業の様子を確認し、陸上作業員とコミュニケーションを取りながら、作業を指揮します。


 水中動画記録の様子です。


 無事足場を水中で組み立て、釣り上げることができました。今回の作業潜水実習を通して、作業効率を改めて考え、コミュニケーションをとることの重要性を学ぶとともに、指差呼称や作業安全確認の必要性を学びました。
07:10 | 今日の出来事
2017/11/13

課題研究「潜水」

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 11月8日(水)、課題研究「潜水」の様子です。


 「aqua pi」での水中画像撮影や水温測定では、課題であった水漏れは克服されました。


 今回は、よりアマモに近い所に測器を設置するため、アマモの高さや、角度調整を細かく行いました。再度画像撮影や水温測定にチャレンジします。


 「aqua pi」設置後、マリンバイオ部による、魚類相調査では陸上から3個体のソラスズメダイが、水中では5個体を確認することができました。
07:08 | 今日の出来事
2017/11/10

鉄筋引張試験

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 11月6日(月)、海洋技術コース3年生「総合実習」の様子です。


 本時は、鉄筋の引張試験を行いました。引張試験は、試験結果で得られた鉄筋の試験値を、JIS規格に規定されている引張強さや降伏点、伸びの値と比較し、鉄筋の強度(引張強さ)等を測定する試験です。


 試験結果を基に、計算により試験に用いた鉄筋の品質を判定しました。
07:00 | 今日の出来事
2017/11/06

水中グライダー①

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 10月31日(火)、2年生「土木基礎力学」の様子です。
 「土木基礎力学」では、アルキメデスの原理やベルヌーイの定理等を用いて「水理学」を学習しています。それらの知識を活用して、「水中グライダー」の作製に取り組みます。

 学んだ知識を基に仮説を立て、設計しています。

 作製した「水中グライダー」がどのように水中を飛行するのか楽しみです。
08:39
12345