メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定進路状況部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報ことばの力トライアル中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置アクセス京水海洋同窓会
 

 

 

 

COUNTER

Total 平成31.4~347670

COUNTER

Total 平成30年度  1155284
 

COUNTER

Total 平成24.3~5652117

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 
海洋技術コース Marine Engineering Study Group
 海洋土木や作業潜水を学びマリンエンジニアを目指します。

コースの特徴 01.
 水深10mプールや沿岸水域を利用して、スクーバダイビングやマスク・ヘルメット潜水技能を習得します。
コースの特徴 02.
 外敵生物(ヒトデ、ウニ)の駆除や堆肥化、環境改善(アマモ場造成)、海洋観測装置(Aqua-pi)の開発を通して、海洋環境の改善や地元水産業の発展に貢献します。
コースの特徴 03.
 海洋土木に関する測量や施工・溶接技術を学ぶなど、幅広い専門分野に触れます。
 
海洋技術コースの取り組みを紹介します。
12345
2019/08/22new

兵庫県立西宮今津高等学校との交流

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
7月31日(水)、海洋技術コース2,3年生が、兵庫県立西宮今津高等学校の2
3年生を対象に里海環境学習を実施しました。



 アマモについてパワーポイントで説明した後、実物を実体顕微鏡で観察しました。


 海洋技術コースの取組である堆肥作りについて説明しました。


 プールでは、施設の見学に加えダイビング器材に触れていただきました。
09:53
2019/07/25

【海洋技術コース】潜水業務見学

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 7月22日(月)、海洋技術コース2・3年生24名が、國富株式会社 神戸営業所様が施工されている、新日本海フェリーのプロペラ研磨の潜水業務を見学しました。


 本日の潜水作業内容について、國富株式会社呉営業所 所長 桒垣隆嗣 様(本校卒業生)から説明していただきました。
 プロペラ研磨は、フェリーの燃費向上を目的として行われているようです。更にフェリーを陸に上げず、ダイバーが潜水して作業を行うことによりコストの削減ができるということでした。


 普段目にすることができない、実際の作業現場には迫力がありました。


 水中動画で作業の様子を見せていただきました。


 最後に、減圧のために浮上してきたダイバーに質問をしました。
 見学に行った生徒の中には、将来ダイバーを目指す生徒もおり多くの質問が出ました。
 國富株式会社 呉営業所 所長様をはじめ、作業の手を止めて対応していただいた皆さま、ありがとうございました。
15:20 | 今日の出来事
2019/07/22

【海洋技術コース】堆肥販売

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 7月18日(木)、海洋技術コース3年生が、久美浜保育所様にて堆肥販売及び堆肥普及活動をさせていただきました。


 ウニ・ヒトデ堆肥の説明を、園児たちにわかりやすく丁寧に説明させていただきました。子どもたちは、「ヒトデ見たことあるー。ウニおいしいー。」等の意見が沢山でて、堆肥に関して興味津々の様子でした。


 夏野菜に堆肥を追肥しました。


 久美浜保育所の皆様、ありがとうございました。
13:45 | 今日の出来事
2019/07/17

【海洋技術コース3年生】課題研究

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 7月12日(金)、海洋技術コース3年生「課題研究」の様子です。


 【課題研究CAD班】
 7月14日(日)「建築CAD検定」に向けての対策演習を行いました。


 【課題研究潜水班】
 本時は、全面マスク潜水で水中有線電話を初めて使いました。


 水深:3m ヒラムシ
 最近よく見かけるようになってきました。カキ等の貝類を捕食するようです。


 水深:3m ネンブツダイ
 少し見ない間に大きく成長していました。


 水深:4m マゴチ
 30cm前後のマゴチが砂に隠れていました。


 陸上では、テンダー(陸上支援員)がダイバーと通信を行いました。
 水中有線電話は、今後の作業潜水や環境学習時に、水中カメラを用いた「水中散歩」等で活用していきます。
18:35 | 今日の出来事
2019/07/12

【海洋技術コース】夏野菜収穫

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 7月10日(水)、海洋技術コース3年生が、ヒトデ堆肥の施肥により試験栽培を行っている夏野菜を収穫しました。


 この日は、トマト、万願寺トウガラシ、キュウリ、ジャンボニンニクを収穫しました。今年の野菜は例年に比べ色鮮やかです。


 収穫した野菜は、職員室の先生に配達しました。担当した生徒は、後日野菜の味の感想を聞くのを楽しみにしている様子でした。
08:40 | 今日の出来事
2019/07/12

【海洋技術コース2年生】総合実習(測量・溶接)

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 7月10日(水)、海洋技術コース2年生「総合実習」の様子です。
 本時は、測量実習班班と溶接実習班に分かれて実習を行いました。


 溶接実習では、溶接の基本であるビート練習を繰り返し行いました。


 測量実習では、セオドライド(角度を測る測角機械)の据え付け方法を学びました。
08:38 | 今日の出来事
2019/07/10

【海洋技術コース3年生】総合実習

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 7月8日(月)、海洋技術コース3年生「総合実習」の様子です。


 本時は、ゴミステーション製作実習を行い、ゴミステーション製作で最も慎重に行わなければならない、丁番の取り付けを行いました。
09:50 | 今日の出来事
2019/07/10

【海洋技術コース3年生】3年生研究成果中間発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 7月8日(月)、「令和元年度3年生研究成果中間発表会」が開催され、海洋技術コースから代表2グループが発表しました。


 【発表題】
 新たな技術で創る美しい里海「阿蘇海」~工学・土木・海洋学を用いた新たな挑戦~
 【発表者】※左から
 橋本 倖弥(3年・宇治市立槇島中学出身)
 嶋田 英莉(3年・宮津市立宮津中学出身)
 坂本ほのか(3年・和歌山市立東中学出身)
 【内容】
 阿蘇海の水質と底質を改善し、親水機能や産業価値を向上させるための方法や先輩方の研究内容を引き継ぎながら、今後の啓発活動等について発表をしました。


 【発表題】
 ウニの可能性
 【発表者】※左から
 我藤 雅基(3年・舞鶴市立城北中学出身)
 小方 遼人(3年・京田辺市立田辺中学出身)
 油小路侑乃佑(3年・大津市立志賀中学出身)
 【内容】
 ウニ駆除による磯焼けの改善について、磯焼けの現状を把握しながら、ウニ駆除をしている実験区と、駆除していない対象区の比較について発表しました。
09:50 | 今日の出来事
2019/07/08

【海洋技術コース3年生】ヒトデ堆肥連携

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 7月5日(金)、海洋技術コース3年生が、トリガイ漁で混獲されたヒトデを回収するとともに、ヒトデ堆肥連携を行いました。


 トリガイ漁から、帰ってこられた漁師さんから直接ヒトデを受け取らせていただきました。


 地元漁師さんは、トリガイを丸のみにしてしまうヒトデに困っておられる様子でした。さらに、「本来廃棄しなければならないはずのヒトデを堆肥として有効利用していただけるのはありがたい。」と嬉しい感想を聞かせていただきました。


 宮津市地域おこし協力隊 寺田俊介様は、ヒトデ堆肥製作を、地域おこしの一環にしていくために、宮津市内のビニールハウスでヒトデ堆肥を製作されています。
 ビニールハウス内は温度が高く、発酵速度も速いとのことでした。


 約30kgのヒトデを配達させていただきました。
08:45 | 今日の出来事
2019/07/05

【海洋技術コース2年生】ヒトデ堆肥切り返し

Tweet ThisSend to Facebook | by 海洋技術コース
 7月4日(木)、海洋技術コース2年生が、ヒトデ堆肥の切り返しを行いました。


 7月1日(月)に混ぜ込みを開始して、すでに発酵温度は60度まで上がっていました。発酵途中の堆肥は、鼻を刺すような匂いがします。


 今回初めて元肥を発酵させてから混ぜ込みをしたところ、写真上部のように1日でヒトデの形がなくなりました。黄色く見える粒のようなものがヒトデです。
 現在約1tのヒトデ堆肥を発酵させています。
20:01 | 今日の出来事
12345