↑中学生の皆様へ↑
 

メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定進路状況部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報ことばの力トライアル中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置お魚MAPアクセス京水海洋同窓会
 





 

 

COUNTER

Total 令和2.4~549174

COUNTER

Total 平成31年度  706490
 

COUNTER

Total 平成24.3~6560182

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 

 

実習船「みずなぎ」

実習船「みずなぎ」からのお知らせです。
12345
2020/12/25

消火講習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 12月23日(水)、航海船舶コース3年生が本校グラウンドにて消火講習を行いました。
 本校の航海船舶コースは、5級海技士(航海)の養成施設となっており、卒業と同時に5級海技士(航海)の筆記免除と資格申請に必要となる救命講習、消火講習、航海英語、レーダー観測者の4つの講習が免除となっています。今回は、その中の消火講習を行いました。
 実施に際しては、消防署に「火災と紛らわしい煙又は火炎を発する恐れのある行為の届出書」を届出するとともに安全確保に努めました。


 グラウンドにて消火器等の説明をしています。


 粉末消火器


 泡消火器


 CO2消火器
13:00
2020/12/15

2船総合実習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 12月11日(金)、2年生航海船舶コースの科目「総合実習」にて、本校桟橋の錆打ち(錆落とし)及び塗装作業を行いました。
 11月27日(金)の実習では錆打ちのみとなりましたが、今回は錆打ちを行った後、錆止め塗装を刷毛塗りする工程まで体験しました。
 これらの作業は、船体や漁具などの補修やメンテナンスとして船員や漁業者の日常業務であり、生徒にとって有意義な実習を行うことができました。


 作業前にミーティングを行いました。


 電動カップブラシを用いて金属面を磨きました。


 刷毛で錆止め塗料を塗りました。
17:00
2020/12/15

海洋観測(12月)

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 12月11日(木)、航海船舶コース3年生が実習船「みずなぎ」に乗船し、海洋観測を行いました。
 観測地点は、栗田湾、舞鶴湾、宮津湾、由良川沖の各地点です。
 12月になりましたが、海況も穏やかで日が照ると暖かく、過ごしやすい天候の下で観測ができました。

 CTDの観測終了後、真水で海水を流しています。


 自船の位置を海図に記入しています。
 ブリッジでは他にも見張りの他、気圧、風向、風速など気象の観測も行っています。
15:00
2020/12/04

総合実習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 11月27日(金)、航海船舶コース2年生が、総合実習の授業で本校桟橋の錆打ち(錆落とし)作業を行いました。
 短い時間でしたが、机上での学習だけでなく、実際の現場で必要とされる力を伝えることができました。
 今回は、錆打ち作業のみとなりましたが、錆打ち作業後は錆びにくくさせる塗料を塗り、乾いたら元の色を塗るという作業になります。塗装作業については今後指導していきたいと思います。

 最初に各種道具の説明をしています。


 ゴーグルを着用し安全対策を万全にした上で、桟橋の先端(金属部分)を錆打ちしています。


 ピッチングハンマーとワイヤーブラシを使用します。
10:00
2020/11/27

2船 総合実習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ

1120日(金)、2年生航海船舶コースの科目「総合実習」において、実習船「みずなぎ」乗組員が「底曳網」の構造や取扱についての講義を行いました。

 2年生航海船舶コースは、先週初めての底曳網実習を行いました。見学を中心とした実習であったため、網について詳しく知ることができずにいました。

今回、実際に「みずなぎ」で使用する網を用いた講義を行うことで理解を深め、次の底曳網実習をより充実したものとしてほしいです。


網の構造については模型を用いて講義を行いました。


網をまとめる作業の練習。次回、船上で実践します。


13:00
2020/11/27

底曳網漁業実習(栽培環境コース3年生)

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 11月17日(火)、3年生栽培環境コース20名が実習船「みずなぎ」に乗船し、底曳網漁業実習を行いました。
 栽培環境コースは、普段「みずなぎ」での乗船実習はしていないのですが、科目「海洋生物」の学習内容にも関連させ、京都府の沿岸から沖合に生息する生物相について学び、市場に流通する魚類がどのように漁獲されているかを知る機会として、今回の底曳網漁業実習を行いました。


 漁場に着くまではブリッジでの見張り実習をします。


 漁獲した魚を魚種ごとに分類します。
11:00
2020/11/18

2年生 底曳網漁業実習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 11月13日(金)、航海船舶コース2年生が底曳網漁業実習を実習船「みずなぎ」で行いました。今回が2年生にとって最初の底曳網漁業実習となりました。
 例年では5月に最初の底曳網漁業実習を実施しますが、新型コロナウイルス感染症対策による臨時休業があり、延期となっていました。
 初めての操業となるので投・揚網作業は見学を行い、漁獲物の選別や計量・記録作業を中心に行いました。今回学んだことを忘れずに、次回から積極的に作業への参加をしてもらいます。


投・揚網作業は見学しました。


漁獲物の重量計測をしています。


魚体のサイズを記録しています。


ナヌカザメ。低利用魚ですが本校では加工しています。


アカムツ(別名:ノドグロ) 高級魚として扱われています。

15:00
2020/11/12

第2級海上特殊無線技士試験対策講習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 11月14日(土)、本校にて「第2級海上特殊無線技士」の試験が行われるため、実習船「みずなぎ」の通信長および通信士による試験対策講習を数回にわたり実施しました。
 この資格を取得すると、主に小型船舶の無線機器やレーダーを取り扱うことができるようになります。よって、「小型船舶操縦士」の免許と同時に取得を希望する生徒もあります。
 受講者は航海船舶コースの生徒だけではなく、他学科・コースの生徒や、1年生からも多くの参加があり、合格に向けて真剣に取り組む様子が見られました。


 試験対策講習の様子
18:00
2020/11/12

事前学習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 11月10日(火)、航海船舶コース2年生が13日(金)に行われる底曳網漁業実習の事前学習のため実習船「みずなぎ」を訪船しました。
 初めての底曳網ということで投網作業や漁獲物の選別、計量作業の手順などについて学びました。


 生徒食堂にて網の投網の仕方を説明しています。


 「みずなぎ」船尾では計量の仕方を教えています。
17:00
2020/11/12

底曳網漁業実習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 11月4日(水)~6日(金)、航海船舶コース3年生が宿泊を伴う底曳網漁業実習を行いました。
 今回の実習では、沖ギス(和名:ニギス)が600kg漁獲され、その他にもカレイ類やタイなど大漁となり、船上では選別作業や計量測定など大忙しとなりました。
 3年生にとって宿泊を伴う実習はこれで最後となりましたが、自分に与えられた作業をしたり、声をかけあいながら仲間と実習に取り組む姿があり、充実した実習になったと思います。

 4日(水)本校出港前に氷を準備します。
      氷は鮮度維持や漁獲物を出荷するときに使います。


 砕氷機を使い細かくしています。




 5日(木)漁獲された沖ギス(ニギス)


 6日(金)栗田湾にて錨泊したときの様子です。
      3年生は「みずなぎ」での錨泊を経験していなかったため、短い時間で  
      したが、錨泊の練習をしました。
16:00
12345