メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定進路状況部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報ことばの力トライアル中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置アクセス京水海洋同窓会
 

 

 

 

COUNTER

Total 平成31.4~341278

COUNTER

Total 平成30年度  1155284
 

COUNTER

Total 平成24.3~5645725

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 

 

実習船「みずなぎ」

実習船「みずなぎ」からのお知らせです。
12345
2019/08/01

イカ釣り実習(後半)

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ

 7月24日(水)から7月25日(木)の2日間、1年生希望者を対象に「イカ釣り実習」を実習船「みずなぎ」で行いました。7月22日(月)~7月23日(火)は前半組の実施で、今回は後半組です。

 1年生にとって、宿泊を伴う乗船実習は今回が初めてとなり、普段の学校生活では学べないさまざまなことを学ぶことができました。特に生活面や規則面では多くのことを学べたように思います。後半となる今回は前半に比べ、風が弱まるなど海況の回復がみられたため、船酔いをする生徒も少なく終始元気な様子でした。

 操業が始まるとそれぞれの持ち場に着き、初めて触るイカ釣り漁具を試行錯誤しながら扱っていました。最初の1杯目が釣れると、後に続くようにたくさん釣れ始め、1人で10杯近く釣った生徒もいました。

 全体での釣果は170杯でした。潮流が弱かったこともあり、前半の47杯を大きく上回りました。


 航海中はブリッジにて航海当直を行いました。海図への位置の記入方法を乗組員より教わります。

 
 定点及び漁場にて海洋観測を行いました。

 

 操業の様子。手巻きの釣り糸を自ら「シャクり」、イカを狙います。


 「釣れた!」


11:00
2019/08/01

イカ釣り実習(前半)

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 7月22日(月)~23日(火)に、1年生対象の1泊2日でのイカ釣り実習を行いました。
 今回の実習は、2年生での学科・コース選択の際に、航海船舶コースを志望する生徒を中心に行われ、イカ釣り以外にも船舶の運航や海洋観測、船内生活等を重点的に指導し、今後の学科・コース選択に生かせるよう取り組みました。


 出港時の様子(船首)


 集合操練


 漁場到着
 手釣りのやり方を教わっています。


 スルメイカが釣れました。


 学校帰港後、船内の掃除をしました。(お風呂場)
08:00
2019/07/23

2年生航海船舶コース 海洋観測実習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ

 718日(木)、航海船舶コース2年生が、実習船「みずなぎ」による海洋観測実習を行いました。

 航海船舶コースとしては2度目の海洋観測実習となり、まだぎこちなさが残るものの、自ら進んで行動する様子が見られました。

 次回の乗船実習は9月の国内航海実習となります。いよいよ始まる本格的な航海実習に向け、更なる成長を期待します。

 野帳記入係は観測点毎に観測結果を記録します。


 ブリッジでは操舵や見張りなどの航海当直を行います。

18:00
2019/07/04

海洋観測(6月)

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 6月27日(木)、航海船舶コース2年生が実習船「みずなぎ」での海洋観測を行いました。

 生徒はCTD(海底までの各水深における水温、塩分等を測定できる装置)や透明度板、表面水温等の海洋観測や操舵室での見張り等の当直業務に取り組み、空き時間には、生徒食堂にてラジオから流れる気象通報を聞き、実際に天気図を作る課題に生徒は取り組んでいました。

 出港時の作業風景


 生徒食堂にて天気図の作成


 海洋観測の様子


07:00
2019/07/03

1年生水産基礎実習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ

 6月24日(月)及び6月25日(火)の2日間、1年生の水産海洋基礎(実習)を、実習船「みずなぎ」で行いました。

 水産海洋基礎(実習)はさまざまな実習を通して水産・海洋の基礎を学び、2年生から始まる学科・コース別のより専門的な授業に向けた初めの1歩となります。

 「みずなぎ」では、実際に洋上を航行し、乗組員による船内各部の案内や航海船舶コースの実習内容の説明、船員の職務についての講義を行いました。


 ブリッジでワッチ(航海当直)や計器類の説明を受けています。

 機関管理室では機関士によるエンジンの説明が行われました。
18:00
2019/07/03

国際航海実習(3年航海船舶コース)

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 6月3日(月)~18日(火)にかけて3年航海船舶コースが国際航海実習に取り組みました。
 済州島(韓国)を始め、鹿児島、神戸、長崎と各寄港地での活動(大学訪問や造船所見学等)や平和学習等も行うなど、水産以外の分野でも見識を深めました。
 また、当初予定していた台湾へは天候の都合で行くことはできませんでしたが、生徒は24時間体制の見張り業務や食事当番、慣れない船内生活等の過密なスケジュールの中でも、充実した表情で実習に取り組んでいました。



  済州島での入港の様子


 毎朝、日の出とともに国旗と校旗を揚げます。
 済州島では韓国旗も揚げていました。


 当直業務

 3年航海船舶コース14名
17:00
2019/05/31

税関講習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ

 5月24日(金)、大阪税関舞鶴税関支署様より2名が税関船「あおば」(全長28.5m、73t)にて来校され、税関についての講習をお世話になりました。
 当日は、6月3日(月)~18日(火)に行われる3年生航海船舶コースの国際航海実習に向けての事前学習として、実習船「みずなぎ」の生徒食堂にて講義をしていただきました。
 その後、税関船「あおば」への乗船、薬物探知犬の実演を、生徒、教職員、乗組員が、体験、見学させていただきました。


 実習船「みずなぎ」生徒食堂にて講義を受けています。


 税関船「あおば」


 実際に薬物探知犬の体験をしています。


12:00
2019/05/31

総合実習(2年航海船舶コース)

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 5月23日(木)、航海船舶コース2年生が総合実習の時間を利用し、実習船「みずなぎ」にて訓練記録簿や非常操舵に取り組みました。
 午前中は、5つの班に分かれて訓練記録簿と船首、船尾に分かれて、入出港作業やロープワーク等に取り組みました。
 午後は、舵機室にてブリッジにおける操舵ができなくなった場合の非常操舵の確認と船内掃除を行いました。
 非常操舵では、実際に体験して緊急時にすぐ行動できるよう、1人1人が気を引き締めて取り組みました。


 訓練記録簿の様子


 船首での入出港作業の説明をしています。


 船尾での入出港の説明をしています。


 舵機室での様子
 油圧ポンプの確認、舵が左右に動いているかを確認しています。
08:00
2019/05/16

2船底曳網漁業実習(5月)

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 5月7日(火)~10日(金)まで、2年航海船舶コースの底曳網漁業実習を行いました。
 新年度になり、2年生は航海船舶コースとして初めての実習でしたが、海、船、魚と触れ合える有意義な実習となりました。
 実習前半は、慣れない様子でしたが、後半になるにつれ時間の合間を見て生徒同士で話をし、「あれをやっておこう」、「これを済ませておこう」という前向きかつ具体的な会話が出てきていました。
 今後の底曳網漁業実習や航海実習等、成長する姿を見られるのが楽しみです。


 午後出港のため、午前中は各班に分かれて海洋観測と底曳網の説明を受けています。


 船尾にて出港準備をしています。(伊根港)


 魚の加工をしています。


 海洋市場の準備をしています。
17:00
2019/03/13

プロペラの整備

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 現在、山口県下関市のドックにて上架し、整備中の実習船「みずなぎ」ですが、3月6日(水)、7日(木)は、推進機関としては、最も重要な板舵、プロペラを取り外し、工場内に移動し点検、整備を行う工程で進められています。
 これは、5年に1度の定期検査のみ実施されます。


 通常の状態
 写真左 舵板 右 プロペラ


 舵板を取り外し、プロペラを引き抜いています。


 屋内に運び込み、整備します。
17:00
12345