↑中学生の皆様へ↑
 

メニュー

お知らせ学校概要学校行事予定分掌学年部水産科(5つの学科・コース)普通教科実習船資格・検定進路状況部活動・生徒会図書室寄宿舎(黒潮寮)下宿メディア情報ことばの力トライアル中学生の皆様各種証明書奨学金他援護制度警報等による臨時休業措置お魚MAPアクセス京水海洋同窓会
 





 

 

COUNTER

Total 令和2.4~330435

COUNTER

Total 平成31年度  706490
 

COUNTER

Total 平成24.3~6341443

所在地・連絡先

京都府立海洋高等学校
〒626-0074
京都府宮津市字上司1567-1
TEL 0772-25-0331
FAX 0772-25-0332
mail kaiyou-hs@kyoto-be.ne.jp
 

 

実習船「みずなぎ」

実習船「みずなぎ」からのお知らせです。
12345
2020/09/16

国内航海実習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 9月7日(月)~11日(金)3年生航海船舶コースが、新潟方面への国内航海実習に取り組みました。
 台風10号による強風と高い波で、出港を1日遅らせるなど予定の変更もありましたが、無事国内航海実習を終えることができました。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の対応により、本来6月に予定されていた国際航海実習が中止となり、その代替として今回の新潟方面への国内航海実習を行いました。
 3年生にとって集大成と言える実習、1週間という短い実習でしたが、乗組員の指示で行動するだけでなく考えて行動する姿や、班で話し合い役割を分担するなど一人一人の成長を感じました。


 2等通信士により無線設備の説明を受けています。


 非常操舵の見学をしています。



 8日(火)の本校出航時の準備の様子(船首)


 9日(水)新潟港に入港するための準備の様子(船首)
10:00
2020/08/18

中学生学校説明会

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 8月3日(月)・4日(火)に中学3年生対象、5日(水)に中学1・2年生対象の学校説明会をそれぞれ行いました。
 実習船「みずなぎ」では、海洋観測(CTD、透明度板、表面水温)や船内の案内と、短い時間ではありましたが、参加された方々に興味を持って見ていただくことができました。
 3日間で約250名の中学生が説明会に参加し、海洋高校の魅力を知っていただきました。今後の進路決定に生かしてほしいと思います。


 航海船舶コース3年生による船内案内の様子


 「みずなぎ」乗組員による海洋観測
11:00
2020/07/28

1年生イカ釣り体験実習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ

 7月22日(水)・23日(木・祝)、1年生希望者を対象とした「イカ釣り体験実習」を実習船「みずなぎ」において実施しました。例年は2回に分けての実施としていますが、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として1回のみ(一晩)の実施となりました。

 1年生の希望者、特に2年次より航海船舶コースを志望する者を対象として、実際に航海当直や漁労作業を体験することで、自身の将来や学科・コース選択の参考とすることを目標としています。

 海況は穏やかではあるものの初めての沖合への航海となり、船酔いに苦しむ姿も見られましたが、漁場到着後は揺れも落ち着き元気にイカ釣りに取り組むことができました。

 釣果はスルメイカ202杯となり、昨年の207杯とほぼ同じ結果となりました。


入出港作業を見学しています。2年生からは作業に参加します。


イカ釣り中の様子

 

釣れてニッコリ


釣れたイカはサイズ(胴長)・重量を記録しました。
18:00
2020/07/28

海洋観測(7月)

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 7月17日(金)、航海船舶コース2年生が実習船「みずなぎ」にて海洋観測を行いました。
 今回2年生は、2回目の海洋観測となり作業は前回の反省、注意されたことを意識しながら取り組んでいました。
 乗船実習を繰り返し、どんどん成長していくのが楽しみです。

 出港前の準備作業(船尾)


 海洋観測の様子(CTD)
16:00
2020/07/27

イカ釣り体験実習の準備

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ

 7月16日(木)、実習船「みずなぎ」で、来週22日(水)・23日(木)と実施を予定している1年生の「イカ釣り体験実習」の準備(艤装)を行いました。

 「イカ釣り」は、夜間に強力な照明である「集魚灯」を点灯し、光に集まる習性を持つイカ(スルメイカ)をおびき寄せ、擬餌針により釣り上げる漁業です。

 集魚灯を備え付けることで、通常とは変わった漁船らしい印象を受ける外観となっています。


船尾甲板上部に集魚灯を取り付けています。


「みずなぎ」ではLEDとハロゲン電球の2種類の集魚灯を使います。


少し見た目が変わりました。

17:00
2020/07/03

施設点検

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 6月23日(火)、事務部からの提案により、床上クレーンを使用している漁業実習棟の施設点検及び*危険予知訓練(KYT)を行いました。
 参加者として事務部、保健部、技術職員、船員が参加し、点検チェックシートを参考にしながら施設の点検を行いました。

 *危険予知訓練(KYT)
 工事や製造などの作業に従事する作業者が、事故や災害を未然に防ぐことを目的に、その作業に潜む危険を予想し、指摘し合う訓練のこと。

 危険予知訓練用テキストから参考にしたイラストです。


 テキストを見て危険であると感じることを話し合いました。


 文部科学省のHPに掲載されている学校用施設点検チェックシートになります。


 漁業実習棟2階非常階段から点検を行っています。
13:00
2020/06/29

海洋観測 3年航海船舶コース

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ

 6月25日(木)、航海船舶コース3年生が、実習船「みずなぎ」による海洋観測実習を行いました。今回は由良川河口沖の6ポイントにて実施しました。

 3年生の乗船実習は臨時休業や実習を自粛する必要があったため、回数が少なくなっています。今回の実習を契機に、より積極的に取り組み、最大限の学びや経験をしてほしいです。




船首にて作業内容の確認を受けています。


水色計を用いて海の状態を確認しています。


採水バケツで海水を採り、表面水温を計測します。

10:00
2020/06/25

海洋観測(6月)

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 6月19日(金)、航海船舶コース2年生にとって待ちに待った実習船「みずなぎ」での実習を行いました。
 日帰りでの海洋観測でしたが、ブリッジでの見張りや操舵、入出港作業時の船首、船尾作業等1つ1つの作業が初めてで、乗組員の指示を受け取り組んでいました。
 これから乗船実習を重ねていきますが、まず、船乗りとしての第1歩を踏み出すことができました。

 船首配置の様子




 船尾配置の様子


 ブリッジでの様子(操舵、見張り)
16:00
2020/06/12

事前学習

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ
 6月10日(水)、航海船舶コース2年生が実習船を用い、沖合で1日かけて行う海洋観測の事前学習を行いました。
 2年生は、新型コロナウイルス感染症の影響により、実習船「みずなぎ」を使用した実習ができず、19日(金)に初めて海洋観測を行います。
 事前学習として海上での作業を想定し、観測機器を実際に作動させ、ブリッジではレーダー等の航海計器を使用しました。


 CTD(海洋観測機器)の使い方を説明しています。



 船内案内として機関長より機関室の説明を受けています。
18:00
2020/06/11

水産基礎実習 みずなぎ乗船

Tweet ThisSend to Facebook | by みずなぎ

 6月1日(月)・2日(火)・8日(月)・9日(火)の4日間、1年生の水産海洋基礎(実習)を実習船「みずなぎ」において実施しました。感染症対策のため少人数の乗船として、4日間に分けた実習となりました。

 1年生は水産に関する基礎知識を習得するため、水産海洋基礎(実習)を履修します。今回の乗船実習では航海当直や入出港作業、海洋観測及びロープワーク等を見学・体験することで、船舶運航や海洋に関する基礎を学びました。

 2年次から航海船舶コースを希望する生徒やコース選択を迷っている生徒、特に船舶・海洋に関する就職・進学を目指す生徒にとって今回の実習が参考となれば幸いです。


生徒及び乗組員・教員のマスク着用、実習前後の船内アルコール拭き、船内常時換気など感染症対策を行いました。


ブリッジにて双眼鏡を用いた見張りを体験しました。


CTD(海洋観測機器)を海底まで降ろしていく補助を体験しました。
※CTDとは水深ごとの水温や塩分濃度等で測定する海洋観測機器


船尾デッキにてロープワークを練習しました。
15:00
12345