綾部市立何北中学校


  『地域に学び、地域に貢献、そして夢の実現』
      ~地域とともに歩む学校~

  
   学校・生徒の様子はメニューの各項目をクリックしてご覧ください。
     (日常の様子は一貫教育関係及び日誌です)

  FAX番号は 0773-49-1357 です。変更をお願いします。
「ホームページか適切に表示されない場合の対応方法」へのリンク
http://www.kyoto-be.ne.jp/mirainet/osirase/nc/
 

学校紹介

校舎の写真

本校は、綾部市の北西部、犀川(一級河川由良川の支流)流域に広がる田園地帯の中央部に位置し、自然に囲まれ、教育には恵まれた環境にあります。生徒は授業を大切にし、家庭学習の習慣化を図って学力の定着・向上に努めています。また年間各行事の成功を目指し、成就感を得られるよう生き生きと活動をしています。

<本校の歴史>
 昭和22年5月5日に京都府教育委員会の告示をもって、京都府何鹿(いかるが)郡組合立何北(かほく)中学校として開校しました。
 初代松本重喜校長の教育にかける情熱とともに関係者や地域住民の理解と熱意によって校舎が新築され、昭和28年3月には当時の文部大臣、岡野清豪氏の御臨席のもとに竣工式を挙げるまでに至りました。
 この校舎は、地域の良材により、柱は2階までの立派な通し柱を使用した堅牢で美しく、しかもアカデミックな雰囲気を持つ木造の立派な建築物なので、文部大臣より優良施設校として表彰を受けました。
 その後、この校舎は60年の風雪に耐え、平成25年度卒業式に於いて約5,600名の卒業生を送り出してきました。現在も当時の姿をそのまま残しております。都会に出ている卒業生が帰省してきたときには、子どもや孫たちを連れて懐かしそうに本校を訪れ、在学当時の思い出話をおもしろおかしく聞かせている光景を目にすることも多くあります。
 阪神・淡路、東日本大震災の教訓もあり、平成23年度に木造校舎の耐震診断が行われました。それに伴い平成24年7月末より1月中旬まで大規模な木造校舎の耐震補強工事が施工されましたが外観はほとんど変わっておりません。平成25年度末には新体育館が新築され、平成26年4月16日に竣工式を行いました。
 平成26年7月に生徒、保護者、地域の皆様に参加いただき旧体育館お別れ会を実施しました。その後7月後半から10月にかけて懐かしい旧体育館の解体工事が行われました。
 11月には整地された跡地に大きな駐車スペースと新しい自転車小屋が完成しました。


 <本校の特色>
 生徒数は昭和37年度の586名が在籍の最高数と記録されています。その後、少子化、過疎化が進み、平成29年度は生徒数48名、教職員20名の小規模校になっております。
 「本校は小さくても何かで光ろう」を合い言葉にして、生徒会を中心として地域の皆様方のご支援をいただいて書き損じはがきを集める「ダルニー奨学金」活動を行っています。さらに、生徒の良さや可能性を最大限に伸ばそうと教科学習や部活動、生徒会活動を教職員が組織的に指導し、生徒全員が応えて頑張っております。
 平成29年度からは何北ブロック小中学校共通教育目標を「地域に学び、地域に貢献、そして夢の実現」と改め、地域のみなさんからふるさとを愛する心を学び、学んだことを地域での行事やボランティア(福祉)活動等をとおして実践することで、自分の夢の実現につなげていける子どもたちを育てたいと考えています。人を大切にし、いじめや差別のない明るくて楽しく、「明日も学校に行きたい」という学校づくりに努めています。
 

生徒数


 生徒数(平成31年度)

 
 1年
 2年
 3年
 合計
 男子
 9  910
 28
 女子
 7  7 8
 22
 合計
161618
 50
 

何北中学校校歌

作詞  小島吉雄
作曲  下総皖一

1 犀川の ながれのほとり
  緑濃き高倉が丘
  この丘に白雲流れ
  窓のべに朝日かがやく
  意気高し若人われら
  希望あり何北中学
  
2 秋霧はよし深くとも
  とぶ鳥はわれらがしるし
  大空に光をもとめ
  たゆみなく学びはげまん
  意気高し若人われら
  理想あり何北中学

3 ああ友よ道はひと筋
  百草の青きをふみて
  巣立ち行く心豊かに
  いつの日も正しく生きん
  意気高し若人われら
  未来あり何北中学
 

沿革

昭和22年4月
 学校改革により、何鹿郡組合立何北中学校として創立独立校舎がないため、志賀、物部小学校に併設
 初代校長 松本重喜氏 
 教職員10名  生徒数361名

昭和26年8月
 校舎建築第1期工事完了

昭和27年11月
 施設優良校として、文部大臣より表彰

昭和28年3月
 体育館の竣工

昭和28年5月
 台風13号による犀川の洪水のため水道ポンプ室流失、運動場の崖崩れ、校下の被害甚大

昭和28年10月
 優良子ども銀行として京都府知事より表彰

昭和29年5月
 日本職業指導協会研究指定校として1年間の研究成果を発表

昭和30年3月
 学校茶園完成(22アール)

昭和30年4月
 志賀郷村、物部村の綾部市併合に伴い、綾部市立何北中学校となる。

昭和30年5月
 産業教室竣工

昭和30年8月
 何北中学校後援会誕生

昭和30年11月
 文部省指定による産業教育研究成果を発表

昭和31年8月
校歌制定 作詞 大阪大学教授   小島吉雄氏        
     作曲 東京芸術大学教授 下総皖一氏

昭和31年11月
 生徒貯金組合が大蔵大臣、日本銀行総裁より表彰を受ける

昭和32年4月
 特別教室増築完成
昭和32年5月
 校内放送設備完成

昭和33年11月
 学校簡易水道完成

昭和35年1月
 給食調理室完成。学校給食始まる

昭和37年3月
 運動場拡張工事完成

昭和39年3月
 制服制定

昭和40年11月
 文部省指定による同和教育研究成果を発表

昭和41年8月
 女子ソフトボール部、京都府大会を勝ち抜き近畿大会に出場

昭和42年3月
 東便所改築完成

昭和42年11月
 産業振興法による技術家庭科の研究成果を発表

昭和43年4月
 NHKより放送教育研究委嘱を受ける

昭和44年1月
 放送教育の研究成果を発表

昭和45年6月
 全校生徒教職員「万国博覧会」見学(汽車利用)
 
昭和46年2月
 京都府PTA協議会長より何北中学校育友会が表彰受ける
昭和46年7月
 男子バスケットボール部、中丹大会を勝ち抜き府大会出場

昭和47年7月
 女子ソフトボール部、市内総体優勝
昭和47年9月
 岩石園完工

昭和48年7月
 女子ソフトボール、女子バスケットボールが市総体で優勝

昭和49年7月
 女子ソフトボール、女子バスケットボールが市総体で優勝
昭和49年10月
 グランドピアノ購入、文化祭でピアノ開き実施

昭和50年4月
 西便所改修工事完成
昭和50年7月
 府中体連陸上競技大会において、女子走り高跳びで優勝(1m46)

昭和51年4月
 産業教室増改築竣工式挙行

昭和52年7月
 男子バレーボール部、男子ソフトテニス部団体、男子卓球個人市総体で優勝

昭和53年7月
 男子バスケットボール部が市総体で優勝

昭和54年6月
 ピアノ開き兼校内音楽祭実施
昭和54年7月
 男子バスケットボール部、女子バスケットボール部市総体で優勝

昭和55年7月
 野球部、男子バスケットボール部、女子バスケットボール部市総体で優勝
 体育館床板前縁改修工事実施

昭和56年7月
 男子バスケットボール部市総体で優勝

昭和57年7月
 男子バスケットボール部、男子ソフトテニス部団体、男子ソフトテニス部個 
 人、男子卓球部個人で市内総体優勝
 男子バスケットボール部、中丹大会優勝し府大会に出場

昭和58年5月
 学校茶園茶摘み実施 収穫量511kg

昭和59年2月
 大雪のため南校舎、北校舎の屋根瓦多数と軒樋が大破し落下、被害甚大
昭和59年7月
 野球部、男子バスケットボール部が市内総体で優勝

昭和60年7月
 女子バスケットボール部、女子卓球部団体、個人が市内総体で優勝

昭和61年7月
 男子バレーボール部、中丹大会で優勝し京都府大会出場

昭和62年5月
 市中陸上競技大会で女子低学年、女子総合で優勝
昭和62年7月
 市内総体で男子バレー部、女子卓球部個人で優勝

昭和63年2月
 京都府教育委員会指定による道徳教育研究成果を発表

昭和63年7月
 市内総体で男子バレーボール部、女子卓球部団体・個人で優勝
 男子バレーボール部、中丹大会で優勝し府大会出場

昭和63年10月
 京都国体にブラスバンド部出場

昭和64年1月
 上水道工事完了
平成元年7月
 通信陸上大会男子三種Bで3年男子優勝

平成2年9月
 体育館の緞帳の寄贈を受ける

平成4年3月
 西便所改修工事完成

平成4年9月
 北校舎(教室棟)内装改修工事完了
 学校週五日制の最初の土曜休業日となる(12日)

平成4年12月
 バレーボール男子、近畿中学選抜大会中丹予選を2位で通過し府予選出場

平成5年2月
 北校舎に情報教室設置、コンピューター16台設置

平成5年8月
 南校舎(本館)内装改修工事完了

平成5年11月
 「豊かな心を育てる何北ブロック・親子フェスティバル」開催

平成6年3月
 体育館、渡り廊下屋根瓦の全面葺き替え完了

平成7年6月
 図書館蔵書(百万円分)寄贈を受ける

平成8年4月
 京都府より農業教育支援事業(H8.9)の指定を受ける

平成8年8月
 体育館の床、天井などの内装改修工事完了

平成9年2月
 ナホトカ号事故による重油流出除去作業にボランティア参加

平成9年10月
 創立50周年記念事業の実施と記念誌の発行

平成9年11月
 駅伝男子京都府大会出場

平成10年3月
 給食調理室一部改良工事完了

平成10年4月
 ボランティア活動普及事業にかかる指定校(H10~12)

平成10年8月
 東西便所簡易水洗に改修

平成10年11月
 駅伝男子府下大会出場

平成11年2月
 心豊かな何北の子の集い(何北ブロックいじめ防止対策連絡協議会主催)

平成11年9月
 給食室改修 図書館データベース完成、コンピューター未来ネット接続

平成13年8月
 コンピューター生徒一人に一台導入

平成13年9月
 心豊かな何北の子の集い(何北ブロックPTA主催)

平成13年11月
 駅伝男子京都府大会出場

平成14年4月
 「地域ふれあい体験活動」府指定校(~15年)

平成14年10月
 市内中学新人卓球女子団体優勝

平成15年11月
 地域ふれ合い体験交流フォーラム開催(営農センター)

平成16年1月
 グラウンドフェンス一期工事完了

平成16年10月
 台風23号襲来 近畿北部に大きな被害

平成17年1月
 グラウンドフェンス二期工事完了

平成18年9月
 市内中学新人卓球女子団体優勝

平成19年7月
 市内総合体育大会卓球女子団体優勝

平成20年10月
  市内中学新人卓球女子団体優勝

平成21年8月
  産業教室床全面張り替え(綾部建築業組合等奉仕作業)

平成21年9月
  市内中学新人バスケ男子優勝

平成22年度
 11月駅伝男子京都府大会出場 29位  
 京都府健康教育推進優良校「健やか奨励賞」受賞
 毎日カップ中学校体力つくりコンテスト「優良賞」受賞

平成23年度
 5月修学旅行「沖縄県」に急遽変更  東日本大震災、福島原発事故を考慮
 国民文化祭京都府大会 綾部市「里山合唱フェスティバル」出演曲(ひめゆりの塔)     
 11月駅伝男子京都府大会出場 27位

平成24年度
 7月末より1月中旬にかけて木造校舎2棟、給食調理室の耐震補強工事を施工

平成25年度
 4月~7月グランド南側壁面の傾斜改変工事完了
 7月~3月新体育館完成
 9月 台風18号により大雨特別警報が発令され由良川流域で水による甚大な被害が発生

平成26年度
 4月 新体育館竣工式
 7月 旧体育館お別れ会 7月~9月旧体育館解体工事
11月 自転車小屋完成 

平成27年度
11月 小中一貫教育の発表の場として
    「何北ブロック小中音楽交流会」を開催

平成28年度
11月 小中一貫教育の発表会として
    「何北ブロック小中音楽会」の参観と報告会を開催
 

学校所在地

〒623-0362
京都府綾部市物部町高倉前8番地
電話 (0773)49-0002
FAX (0773)49-1357
メール kahoku-jhs@kyoto-be.ne.jp