京丹後市立かぶと山小学校
京丹後市立かぶと山小学校
所在地:〒629-3441 京都府京丹後市久美浜町神崎1603番地  電話:0772-83-0204 電話・ファックス:0772-83-1527 メール:kabutoyama-es@kyoto-be.ne.jp

 

久美浜学園小中一貫教育

天気予報

 

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

カウンタ

COUNTER289959

学校概要

1 はじめに

平成30年度、かぶと山小学校は開校6年目になります。
児童の学力の充実・向上を目指し、「学級経営の充実」「安心・安全の確保」をキーワードに重点的に取り組みます。

 各学年の児童数(5月1日現在)
学年     1年     2年    3年    4年     5年    6年    全 校
児童数 20名  25名  28名  27名  29名  25名   154名
  
2 平成30年度かぶと山小学校の教育について
(1)経営方針
 「京都府教育振興プラン」「丹後教育グランドデザイン」「京丹後市教育委員会指導の重点」
を基に、学校教育目標達成に向けて本校教職員が一丸となって、知恵を出し合い、汗を流
し、保護者の皆様、地域の皆様のご支援を頂きながら教育を推進します。

(2)学校教育目標(*久美浜学園共通目標)
   ふるさとを愛し 意欲的に学び やさしい心をもち 根気強く努力する子どもの育成

(3)目指す子ども像(*久美浜学園共通目標)
   (知)意欲的に、質の高い学力を身につけようとする子
   (徳)自ら正しく判断、行動し、豊かな心をもつ子
   (体)心身を鍛え、粘り強く最後まで、協力して取り組む子
 

(4)目指す学校の姿
      ○いごこちのよい学校
     ○学力向上を図る学校
      ○家庭・地域に開かれ、信頼のある学校

(5)平成30年度の目標達成に向けて
学校教育目標具現化、目指す児童像達成に向けて、教育活動を推進します。
ア いごこちのよい学校づくり
〇自己肯定感、豊かな人間関係の育成
教師が児童のよさを評価したり、よさを作り出すよう手立てを打ち、やり切らせたりし自信を持
たせる。また児童同士がお互いのよさを認められるように、教師は児童同士がつながるよう
に支援します。
〇規範意識の高揚(ルールを守る)
ルールを守ることを大切にする。いじめの早期発見、早期解消に努める。人間関係のトラブルの解消の取組を通して、自己と他者との折り合いの付け方等について学ばせる。
イ 学力向上を図る学校
〇基礎学力、質の高い学力の育成
・分かる、できるを大切に授業をし、反復練習して基礎学力の定着を図る。
・学習規律(チャイム行動、姿勢、聞き方・話し方)の確立を図る。
・言語活動(話す、聞く、書く)を充実させる。
・学習内容の習熟のため家庭との連携を深め、家庭学習を充実させる。
・補習の充実に努める。
ウ 家庭・地域に開かれ、信頼のある学校
〇安心・安全の確保
・PTAとともに朝の立ち番、登下校の見守り活動をする。
・見守りボランティアさんのネットワークの構築、連携による安全確保。
・久美浜交番、神野駐在所、湊駐在所等関係諸機関との日常的な連携。
〇教育相談の充実
・気楽に子育てについて話せる関係づくりに努める。
〇地域の自然、歴史、産業等から学ぶ
・保護者、地域の皆様のご協力をお願いします。
〇学校便り、ホームページ等による情報発信

 

アクセスマップ

アクセスマップ

かぶと山小学校へのアクセスは、こちらからご覧ください。(Googleマップ)

※かぶと山小学校は、旧神野小学校校舎を使用して開校しました。
 

校歌

かぶと山小学校校歌
                    <作詞:濱岡 均   作曲:藤原 哲也>
1 松江の海は おだやかに
  遥かに高い かぶと山
  仰げば希望 もえてくる
  前へ進もう たくましく
  力あふれる かぶと山小学校
 
                 2 日間の松原 わたりくる
                   潮の香りに つつまれて
                   強く大きく のびてゆく
                   心はずませ 学びあう
                   いのち育む かぶと山小学校

3 野山や海の めぐみ受け
  平和な郷の この丘に
  楽しい声が こだまする
  明日の夢も 語りあう
  絆ふかめる かぶと山小学校
 

沿革史

沿革史
 平成25年4月1日  かぶと山小学校開校