Now Loading...

Now Loading...

教育内容

 

 平成27年6月17日(水)、1年生を対象に、城陽TAGバンクを中心に様々な職業人を招き、働く意義や社会とつながる大切さについてお話しをいただきました。生徒達が社会の中でどのような役割を果たしながら自分らしい生き方を実現していくかについて考え、進路意識や学習意欲を向上させるよい機会になりました。

 「城陽TAGバンク」とは、本校生を応援していただくための人材バンクのボランティアです。
 
 今回は、警察官・バレエダンサー・寿司職人・看護士・税理士・社会福祉・自動車部品開発等、様々な職業人の方々にお話しいただきました。 

 生徒からは、
「みなさん、自分の仕事に自信と誇りを持っておられると思いました。そして何より自分の仕事や、やっていることが大好きなんだなと思います。すごく一生懸命話してくださったので、どの仕事もとても魅力的でした。自分も好きなことを仕事にできたらいいなと思います。人の役に立つために、社会人になったら一生懸命誇りを持って仕事をしたいと思いました。」
「今まで私は自分はなりたい職業はあったけれど、それは自分が知っている職業の範囲内でのことだったんだなと思い知らされました。世の中にはたくさんの種類の職業があって、その職業についている人はそれぞれその仕事をすることへの熱意やプロ意識ややりがいや誇りを持っていることが伝わりました。」
等の感想がありました。