井手町立井手小学校







 
新規フォトアルバム2

井手小学校を開きます。
3枚
井手小学校

登録者:井手町立井手小学校サイト管理者 | 2018/05/23(4票)

平成31年度学校長あいさつ・基本方針

令和2年度 

                                      
                                                                                                                      


「一人一人を大切にした教育の推進をめざして」

井手町立井手小学校  校長 中 島  智 幸

 

 本校は、「地域とのつながりの中で、子どもを包み込み、はぐくむ学校」を教育目標として、教職員が「個々の力を発揮する」、「協働して活動する」、「学校組織として子どもたちと向き合う」ことを大切にしています。

 教育目標の実現に向け、次の3つことを重点として取り組んでいます。

 

 1つめは、子どもたちの「学力の向上」です。

本校では、教師の授業力や指導力を高め、子どもの事実をもとに教育実践を積み重ねてきました。今年度は、校内重点研究主題を「個に焦点を当てた取組を通して、学力向上を目指す」とし、「伝え合う力」を育成する中で、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を推進し、「知識及び能力」「思考力、判断力、表現力」「学びに向かう力、人間性等」の資質・能力の向上を図っていきます。

また、教師が児童をしっかり「教え」「ほめる」ことによって成功体験を数多くさせ、自己肯定感を高めていくことも大切にしています。

 2つめは、「集団のきまりを理解させ、人を思いやり尊重する心を育てる」ことです。

本校では、「あらゆる教育活動、地域活動を通した人権教育の推進」を進めています。いじめ事象に対しては、未然防止、早期発見、早期対応が徹底できるシステムを機能させるとともに、教職員の人権意識の高揚を図っています。また、子どもたちにルールを守る大切さを教えながら、丁寧なコミュニケーションによる豊かな心を育成しています。

 3つめは、「地域総がかりで子どもをはぐくむ」ための実践です。

「いでっ子応援隊」の協力により、保護者・地域と連携した幅広い教育活動を行い、「まちづくり教育」を推進しています。子どもたちが、保護者・地域の方々と様々な場所や場面で関わり、多くの人々に見守られ、応援していただいているという思いを持たせる機会がつくられています。

 

本校は、これらの一人一人を大切にした教育の推進を通して、たくさんの人と繋がり、人が好き、ふるさと井手町が好きといえる子どもたちを育てていきます。



令和2年度 学校教育方針.pdf

 

 

<><>><><>><><>><><>><><>><><>><><>><><>><><>><><>><><>><><>><><>><><>><><>>

令和2年度

 

 教  育  方  針

 

 

 

 

                                                                                    井手町立井手小学校

                                      令和2年4月1日

1 教育目標

    地域とのつながりの中で、子どもを包み込み、はぐくむ学校

 

 (1)めざす学校像

     一人一人を大切にし、思いや願いが実現する学校

 

 (2)めざす児童像

     よく考え、健康で、仲間を大切にする児童

 

 (3)めざす教職員像

     個々の力を発揮し、協働して活動する教職員

 

 

2 学校経営方針(中期経営目標)

  (1)子どもたちの学力向上をめざし、学校の組織力、教師の授業力・指導力の向上を図る。

 

  (2)集団のきまりを理解させ、人を思いやり尊重する心を育てる。

 

  (3)地域総がかりで子どもをはぐくむための実践に取り組み、「まちづくり教育」を推進する。

 

3 本年度の重点

(1)  子どもたちの学力向上をめざし、学校の組織力、教師の授業力・指導力の向上を図る。

    ア 基礎・基本の定着を図るために、授業改善や学力を下支えする取組を充実させる。

    イ 家庭と連携し、発達段階に応じた家庭学習習慣の定着を図る。

ウ 主体的・対話的で深い学びの充実を図る。

エ 成功体験を増やし、児童の自己肯定感や自己有用感を高める。

    オ 非認知的能力(我慢強さ、継続する力等)やことばの力を育成する。

 

(2)   集団のきまりを理解させ、人を思いやり尊重する心を育てる。

    ア 全校児童に安全帽を着用させることをとおして、ルールを守る大切さを教える。

    イ 身近な人権問題をとおして、人権感覚を向上させるとともに実践的な態度を育成する。

    ウ 丁寧に話を聴くなど、児童を納得させることに心がけ、心を耕す指導に努める。

    エ 教育活動のあらゆる場面で「好きな者同士を許す」という指導放棄をしない。

    オ いじめ・不登校の未然防止、早期発見、早期対応を充実させる。特にいじめ事象については、重大事態に至ることのないよう、校内いじめ対策委員会を機能させる。また、気づきチェックリストの活用や教職員の人権感覚のさらなる高揚を図っていく。

    カ 特別支援教育を推進し、発達障がい等を含む特別な配慮を必要とする児童を支援する。

 

(3)   地域総がかりで子どもをはぐくむための実践に取り組み、まちづくり教育を推進する。

ア 「いでっ子応援隊」の計画的な取組をとおして、地域と連携した幅広い教育活動に努める。

イ 家庭や地域と連携し、基本的な生活習慣の向上を図る。

ウ 学校評議員会や見守り隊と協力し、安全な生活を営む実践力を育てる。

エ 地域行事に積極的に参加し、地域と学校との繋がりを強める。