第3章 競技スポーツ充実プラン

今後5年間のステップ


 次世代の優れた指導者の育成を図ります

 昭和63年の京都国体から20年を経て今日まで築き上げられてきた強化体制を基盤とし、その上に新たな手法や発想を加え、より一層の本府の競技力の向上に努めます。



<NOTE>
この欄は、以下の『 』で示す計画当初版各施策と今回の改定との関連を示しています。
Ⅰ 優れた競技者を育成するための効果的な強化体制の構築に努めます
 3 『トップレベルを目指すための指導者(コーチングスタッフ)の育成・活用』
トップレベルの指導者については、新たな課題(指導方法の継承や次世代の育成)に対応しています。
Ⅱ 府民に夢と感動を与える京都府関係選手の育成と強化を進めます
 3 『国民体育大会に向けた京都府代表選手(チーム)の強化と支援』
 4 『国内最高レベルの競技会で活躍する京都府関係選手(チーム)への支援』
 これらの内容については、今後も継続させ、より効果的な施策展開を図ります。
国際レベル、国内最高レベルの競技会で活躍する京都府関係指導者への支援
 国内最高レベルの競技会で活躍する京都府関係選手(チーム)に対しては、これまでから京都府の大きな競技力向上の柱となるものとして、その活動を支援してきました。
 これに加え、我が国を代表する監督・コーチとして、国際レベルの競技会で手腕をふるう京都府関係の指導者もまた京都府のスポーツ界の大きな資産となっています。
 今後は、このような指導者の活動を選手・チームと同様に、支援するとともに、その指導者が持つトップレベルの強化の観点や指導方法を京都府の指導者が共有できるような体制づくりに努めます。
次世代のトップレベルを目指す指導者の育成
 昭和63年の京都国体開催を契機として、多くの優秀な指導者が育ち、今なお活躍をしています。
しかし、20年の歳月を経て、これらの指導者も年齢が進み、次の20年でその中の多くが、選手やチームを指導する立場ではないことが予想されます。
 優秀な指導者も、永年の競技指導の経験を経て成長するものであり、有望な若手指導者に、トップレベルの指導方法や戦略・戦術等を学ぶ機会を設け、次世代のトップレベルを目指す指導者を育成します。