第2章 子どもスポーツ充実プラン

今後5年間のステップ


 アクションテーマ

「好きになり」、「進んでする」子どものスポーツ環境づくり


 平成20年3月に告示された小学校および中学校の新学習指導要領では、豊かな心や健やかな体を育むために、運動やスポーツ体験の意義が改めて見直されています。体育、保健体育教科においては、「生涯にわたって健康を保持増進し、豊かなスポーツライフを実現すること」が改訂の基本方針とされ、子どもの体力の長期的な低下傾向を踏まえ、小・中学校において授業時数が増加されるなど、学校教育活動全体を通じた体力向上に係る取組が推進されることになっています。
 しかし、子どもたちが生涯にわたって継続的に運動やスポーツ活動に取り組むためには、子どもたち自身が運動やスポーツ活動を好きになり、自らが進んで運動やスポーツ活動に親しむ習慣を身に付けさせることが重要です。