第2章 子どもスポーツ充実プラン

 プランの目標

 子どもの頃から身体を動かす楽しさやスポーツの楽しさを十分味わうことにより、生涯にわたってスポーツに親しむ習慣や能力を培い、豊かなスポーツライフの基盤を育む子どもスポーツ活動の充実

5年間のあゆみ


 具体的目標と現状

 具体的目標
(1) 自分の好きな運動やスポーツ活動を1つ以上見つけ、体育の授業以外にも、それに継続的に取り組む。
(2) 体力の指標となる数値を、親の世代の子どもの頃(我が国の子どもの体力が最も優れていた時期)より高める。
(資料 「京都府の子どもたちの体力の現状について」参照)

 現状(成果)
(1) 府内公立小学校第1~6学年の児童における「週1~2回以上の運動やスポーツの実施率(体育授業を除く)」
平成20年度 男子80.8% 女子69.8%
平成17年度 男子75.7% 女子66.3%
「京都府児童生徒の健康と体力の現状調査」(京都府教育委員会)
この項目について調査をはじめた平成17年度の数値と比較してみると、男女ともに実施率が向上しており、子どもたちの運動やスポーツに対する考え方に前向きな変化が見られます。
このことは、運動やスポーツを楽しむ「機会や場」の提供・充実に向けた取組や「運動嫌い」をなくすための学校における体育授業の工夫改善等による効果であるとも考えられます。
(2) 体力の指標となる数値(新体力テストの結果)
ピーク時(昭和50年代)に比べ依然低迷しているが、
低下に下げ止まりの傾向
「京都府児童生徒の健康と体力の現状調査」(京都府教育委員会)
京都府の子どもの新体力テストの結果は、ここ数年、個々の項目においては記録の向上が見られるものもありますが、全国の小学5年生と中学2年生を対象に実施された平成20年度全国体力・運動能力・運動習慣等調査(文部科学省)よると、京都府の体力調査8種目の合計点 (80点満点)は、次のとおりの結果となっています。
小学5年生 男子: 54.39点(府平均) 54.18点(全国平均)
女子: 54.45点(府平均) 54.84点(全国平均)
中学2年生 男子: 41.89点(府平均) 41.50点(全国平均)
女子: 48.15点(府平均) 48.38点(全国平均)
「平成20年度全国体力・運動能力・運動習慣等調査」(文部科学省)
この結果を見る限り、本府の子どもの体力・運動能力は、全国平均とほぼ同等であると考えられます。