第1章 生涯スポーツ推進プラン 

今後5年間のステップ


 アクションテーマ

府民スポーツの新たな「広がり」づくり


 本計画で示す「府民(成人)の週1回以上のスポーツ実施率」は、平成20年度調査では 40.0%となり、目標の50%を達成するためには、あと10.0%の向上が必要です。
 そのためには、次のようなスポーツ活動に関する広がりが必要であり、その手だてを考えなければなりません。
 スポーツに親しむ人々の数の広がり
 「スポーツをやりたくても機会(時間の余裕や場所)がない人」や「スポーツをささえたいと思う人」への手だて
 スポーツを一緒にしたいと思う相手や仲間の広がり
 家族や地域の人々と日常的に気軽にスポーツに親しむことができる手だて
 スポーツを始めて、スポーツを続ける期間の広がり
  子どもの頃から、身近なところで生涯にわたってスポーツを続けることができる手だて
 スポーツが持つ魅力の広がり
 スポーツによる住民の協働性、創造性を活かした地域力向上の手だて